fc2ブログ
24onnsenn01.jpg



日本は山国のため、
連なる山々沿いにはだいたい温泉がある。



多くの人は温泉が好きでしょうし、
単純泉、硫黄泉をはじめ泉質があるから、
体質とか皮膚に合う所、
そしてそこでしか味わえない美味しい料理。




(T ^ T)たまに私のように、
あまり温泉が好きでもない人や、
家族がお風呂の湯船につからないという方もいて、
入浴に関しては好みや入り方が分かれたりする。




特にインバウンド(海外の皆さん)や、
もともと祖父母が
湯治に通っていたという人もいて・・


所柄、電気が通じていないランプの宿、
昔のままの古い宿が残されていて、
それが却って新鮮で、
不便な状態が斬新だから好きという人も多い。




宮城県にも蔵王や栗駒山沿い、
山形、秋田、岩手の県境には、
温泉好きな方が集まる名湯が ー



そのために、
今年の方角を聞きに、
いらっしゃるお客様も少なくないけれど。
たまに温泉が好きではない方も。




「家族に聞いて来てと言われても、
Yさんは一緒には行かないですよね
好きな方が多いのに割りと珍しいですね」




少し困った顔をされたので、
余計なことを言ってしまったのかと思った。




「・・〇さんだったら分かると思うのですが」



その次に出た話が、
結構、納得ができる内容だった・・。




お客様Yさんは、
お祖母ちゃんが温泉好きで、
幼稚園に通う前には親の了解を得て、
近めの所に度々行っていた・・。



祖母が好きだったという、
その宿が今は残っているのかも、
既に分からないそうだけれど。


外観から古めかしく、
中も小さいには迷路のようで、
行くたびに楽しかったという。




ただ、何度目かに行った時 ー


慣れてはいたけれど、
同じくらいのどもはいないので、
手持ちぶさたで、
部屋以外の所にも遊びに行ってみた。




どもには、
相変わらず迷路のような旅館は、
廊下を曲がってからも、
また長い廊下と違う部屋があって、
探検好きなYさんをうきうきさせた。



その日はちょっと違っていて・・・


そのまま進むと、
部屋から女のが出て来て、
年齢も背格好も同じくらいな感じだった。



嬉しくなって、
そのに話しかけると、
ニコニコ笑いながらついてきた。



今来た廊下や、
反対側にある二階の違う廊下、
下まで降りて、
厨房や大浴の入り口にまで行って遊んだ。




最初は遊び疲れていて、
すぐに眠ってしまったけれど・・


たぶん、
それが二日くらい続いたのだという・・


部屋に帰ると夕食が卓上に並んでいて、
昨日と今日も楽しかった出来事を、
お祖母ちゃんにも話してみた。



うんうんと聞いていたけれど、
祖母は少しけげんな顔をしていたようだった。



「あら、あっちにそんな場所あった?
Yと同じくらいのどもっていたかしら」



嫌な感じがしたし、
心配だったお祖母ちゃんは、
仲居さんに頼んで、
孫が昼間に一人で違う棟に行くようなら、
ついて行って欲しいと伝えてみた。




次の日にも祖母が長湯をしに行くと、
Yさんは前と同じ場所へとむかった。




「あれ?お孫さんだよね」




たまたま掃除をしていた仲居さんが、
出入り禁止の棟に行こうとするYさんを見つけた。



早足だったから急いで後を追ったら、
施錠されていたはずの廊下へ行こうとしている。



「ちょっと待って!
Yちゃん、そっちは行けないんだよ」



叫ぶ声に気付いた・・・


「だっておばちゃん
昨日もその前もこん中の子と遊んだよ」



この中の子って・・・



後からお祖母さんが聞いた話では、
そちらの棟で事故があったそうで。
それ以降は、
棟ごと立ち入り禁止にしていたはずだという。



「ウソじゃない、女の子がいたー!」


泣きながらYさんが言っていたそうで。


24onnsenn02.jpg


それから、
お祖母さんもご両親も心配して、
いつもの旅館はしばらくやめて、
滞在する場所も変えたそうだった。


子どもながらにショックだった彼女は、
違う温泉に祖母と行くのもやめてしまった。



「・・女の子はいい子だったし、
私は恐くなんて無かったのですが
回りから騒がれてしまうと・・・」




「・・普通はその事故関係の子とか
またはピュアな幼児期には、
本当に不思議な体験をするから


大人なら入れなかったのに、
子どもならそこに入れたり
古くからいた座敷わらしと遊んだか
そのような感じかもしれませんね」




「良かった、
少しでも分かって頂けるなら
家族も、
小さかったから夢でも見たんじゃないか
幻覚じゃないのかとか、
今でも信じてなくて・・・」




日本は何せ紀元前からの、
とても古い歴史を持つ国だったりする。


戦争も多々あったし、
その度に統治する人も変化して来た。



これはどの国にもあることだけれど、
事故や火事だとか、
地震、山崩れ、山津波など、
長い時代の中で起きて来た事は山ほどある。




「様々な方が
不思議な体験をしているのを、
お話しして行かれますし


実は私も古い宿やビンテージじゃなく、
百年以上も経つ建物や、
骨董品は好きでも買いません


素敵ですが、
古い物の価値とは違うモノ、
住んでいた、使っていた、
人のが強くこもる場合も多いもので」




「私も同じです
今はもう不可能な作品とか品物は
とても素敵とは感じますが

宿だけでなくて、
良いとか悪いとかじゃなくて感覚的に
古い家や武家屋敷なんかも苦手です」




(T ^ T)もちろん、
彼女と私の価値観が似ているだけで、
骨董品、古いお屋敷、旅館や建物は、
今の技術ではもう作れない作品でもある。



意匠が魅力的だし、
もう無い素材とか技術とか職人技、
どれを取っても代わるものは無かったり。




・・ただ、否定などではなく、
そうしたがはっきり分かる人間には、
苦手という物になってしまう。




「・・お祖母様は
亡くなられたとお聞きしましたが」




「はい、亡くなるまで、
思い出したように言われていました


あんたには恐い思いをさせて悪かったって
最後は認知症だったのですが
それでもたまにそんな風に・・」




宿だけではなく、
誰もいない空間を見ながら、
何かと話しているような孫娘を、
祖母は心配していたそうだった・・。



・・でも、その時の子は、
ずっと寂しい思いをして
そこにいる子だったのかもしれない。



ただ・・

違う世界に引っ張られることもあるので、
感受性の強いお子さんは気をつけて下さい。





「霊感は隔世遺伝をする事が多く
もしかしたら孫娘が
自分に似ているのも分かっていたのでは」




「・・なるほど、
他の家族はバカにしますが
私と祖母は、
好きな事や不思議な話も好きでした」




それだけでは無いにしても、
彼女のお祖母ちゃんは、
似ている部分も
可愛かったのかもしれないと思った。




さて ー

好きな方には素敵であっても、
好まない人には反対になってしまう物。



お子さんを連れて温泉に行く際には、
せっかく良い所なのにトラウマにはならないよう、
ある程度、
子どもの特性を考えてあげてくださいね。


・・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。






ハート見えないだけで
↓色々な故人がたくさんいたり・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 05me03 (2)


02/20|霊から学ぶことコメント(0)TOP↑
24aim01.jpg



巷は受験のまっただ中。


お母さんでもあるお客様からは、
たまに愚痴のようなLINEが来る。



「娘もイライラしているのは分かるのですが
私も仕事と気遣いで疲れます」




(T ^ T)なるほど・・

フルタイムで仕事をしている方も多いし、
細かい事務処理とか、
対人面で疲れそうな販売とか、
仕事は何でも大変だと思う。



その息子、娘さんたちを考えれば、
自分が受験生だった時代の事を思い出すし、
戚の子たちの時にも、
双方がいつもとは違うピリピリ空気になるし。




そんな時期だけれど ・・


昨年、受験勉強中のお子さんが、
LINE通話で会話での鑑定をというご希望で。


お受けしてみたら、
なんとなくその娘さんの気持ちも、
分からなくない気がした。



じゃない人に聞いてみたい事があるとかで」



「おばあちゃんの年齢でも良かったら



それで構わないとの事だったので、
お話をすることになった。



大学受験を控えたその子は、
(以降 カナちゃんとします)
面識も無いし、
当たり前だけど遠慮がちに話していた。




「せっかくだから
カナちゃんが聞いてみたかったとか
違う人に話してみたかった内容を話してみて」



それから彼女は、
ゆっくり疑問だったことを話し出した。



とりとめのない話や、
様々なお話をした中で、
カナちゃんが一番、
他の人に聞いてみたかったようなのは ー



「生きている中で、
高い目標を持たなくてはダメなのか?」


、何も目的がなくても良いのか?」



考えながら話していたけれど、
これはなかなか
単純な内容ではなかったので、
進めながら彼女は何を迷っているのか、
などを話した。




「なぜ、目標とか
目的にこだわるのが疑問なかな?」



「・・父が小さい頃からそんな話ばかりしていて」



カナちゃんのお父さんは、
誰もが聞けば分かる
超難関国立大学を卒業し、
東京に本社がある企業の支社に勤務している。



・・浪人とは無縁なくらい、
仙台でも小中も有名な学校、
偏差値の高い高校以降、大学まで、
ずっと迷いなくこれまでを生きて来たと思う。




全て行きたい学校、大学受験し、
若い頃からの目標だった系統の会社にも入社した、
そんなお父さんの言わば口ぐせが、



常に高い目標を持つように」



( ̄▽ ̄;)たぶんお父さんは、
そんな意識を持ち続けて、
彼には安泰した道を進んで来たのだと思う。




だけど ー


教育熱心なために、
彼女や弟さんが少し成績が下がっても、

「良い大学に行けないと、
現代でもつまらない人間になるから」

というように、
常にそんな感じで叱咤激励をしていた。




カナちゃんは、
、国立大学を目指しているけれど。


成績を良くするのは理解出来ても、
のような大企業にはあまり興味が無いし。

アニメの推しがいたりするし、
入学してから先を考えてもと思っている。




「オバサンの時代辺りは
大卒が当たり前だったけれど、
は多種多様だから何がどう良いかなんて、
入学してみないと分からないし


お父さんに取っては高い目標は、
良い学校や大学に入って、
さらに有名企業に勤務することだったから、
子供にも同じような道を薦めたいのかな」




「それで、
自分が達成した話ばかりするんでしょうか?
私がやりたいとか、
は何も決めていないのを否定するのって」


 24aim02.jpg



昔は、いやもよくあるものです。

が偏差値が高い大学に入っている、
または苦労したために、
その方がよいという事を強いてしまう。


よい大学に入れば、
ちゃんと成績も単位も落とさなければ、
先に待遇が良い会社や
職場が待っているという結果。



いや、こうしてまだたくさんのが、
良く言えば、
子供の将来を心配しているのかもしれない。




が、それも価値観が合う子なら、
納得して頑張るとも思うけれど、
全ての人が有名企業に入りたい訳でもなく、
企業じゃなく大学の研究室にいて、
特殊な研究をしたり開発をしたり。


学んだことをネット配信したり、
勉強を教えて行くのが好きとか、
実に様々な道が選べると思う訳です。




「カナちゃんは
曖昧ながらやりたい事ってあるの?」



「大学に好きなゼミがあるので
受験が上手く行けばですが、
入学してからさらに先を考えたいです




(´・ω・`)普通に
よく出来た娘さんじゃないですか。



は子のためとは思い、
成功した
(最後まで生きてみないと分かりませんが)
自らの人生を見本のように強いたりするけれど。


いくら子とはいえ、
DNAは似ても人格も考え方も別だから、
全く同じような人生とはならないもの。



小さい頃から、
嫌になるくらい道を強制していたら、
かなりトラウマにもなるでしょうし。


例えば失敗を許さないタイプの、
完全主義ならば、
子供がその親に対して、
良い子であるよう嘘をつくようになってしまう。




あなたのお子さんが何をしたいのか?


親と同じような考えなら構わないけれど。
違うのなら 2人、3人で話ながら、
ゆるくアドバイスしながらでも良いと思う。




家柄が超面倒くさい名門の家だと、
なかなか後継者がハードな立場になり、
親ではなく祖父母に道を敷かれた方も。



が。。


私の持論だけで無くても、
お子さんの基本的な学力、
能力を把握しないと、
負担だけになるようなら、
却って道を外してしまう事もある。



ワガママを言っているのでは無いなら、
子供の話を聞いてから、
沿ったアドバイスをして行くのは、
割りと理想的だと思いますが・・。




・・何日かして、
カナちゃんのお母さんからLINEが。



「父親なりに心配していますが
でも、娘はお父さんとは違うから
目標がなくても
入学してから決めても良いって
〇さんに言って頂いて安心したようです」




「そうなんですか
でもそちらの家では違うならば
反対に余計だったのかなとも考えたり」




「夫はそうかもしれませんが
私はもう成人になる訳だし
本人がやりたい事を
やって欲しかったので良かったです」



なるほど・・・。

お母さんも同じような意見だったので安堵。




最初に大学や学歴ありきという考え方が、
今でも先々を考えたなら、
ある意味、間違いでは無いのも理解出来る。



ただそれを押し付けるだけだと、
現実性に欠けるとしても、
未来に、
ささやかな子どもの夢が無くなってしまう。



特にある程度の年齢になったら、
既に個人としての自覚が芽生え、
高い目標とかナントカじゃなくても、
やってみたい事や、
先に進みたい道も考えるようになる。




いわば社会で成功された、
色々な人を見ているけれど・・


確固たる目標が無かったのに、
ある程度の流れに任せていたら、
もともと持っていた能力が花咲いた場合も多い。



「伸びしろ」の余白はきちきちにしないこと。



教育は確かに難しいけれど、
聞いてもきっちりしているなら、
子供が現実化したい部分も
大切にしてはと思います。

・・・





すみませんワタシは占い師



・・・複雑化してもシンプルさも大事・・・

。。






ハート最初から目標があるなら良かった
↓次は目標達成のために頑張ること・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 00kumaB.jpg


02/16|体験からのアドバイスコメント(0)TOP↑
24myhome01.jpg



たまに霊感について書いていますが。


今日は亡くなっていても、生霊でも、
その家にこだわりのある存在、

何かがあなたと通じてしまうため、
呼ばれる」場合についてを・・。

・・・



今、巷をわかせている金曜日夜のドラマ、
阿部サダヲさん主演の
「不適切にもほどがある!」



彼は昭和からタイムスリップしてしまう教師。
ひょんな事から
令和の放送局との繋がりができて ・・。



そのドタバタ度合い、
脚本家・宮藤官九郎ワールドが炸裂。




普通のマスコミなのに、
昨今、過剰なくらいにコンプライアンスや、
守秘義務やら
プライバシーにがんじがらめにされて、
正直な表現が出来ない令和と、
過激でも特に問題にもならなかった
昭和のせめぎ合いがかなり話題に・・。



(T ^ T)まあ、
ギャップのコントラストが、
とても分かりやすい訳です。




「前置きビミョーやないかい?」


いや、失礼。

が、コンプラだの差別化だのと、
そんなややこしい令和時代。



その令和の、
やたら面倒な決まり事を見ているだけで、
昭和を知っている時代の人間には、
複雑な世の中になっているのを感じてしまう。



そんなに中に置かれると、
どうしてもガチガチの社会に合わせられずに、
孤立をし、引きこもってしまったり、
果ては痛ましい結果となってしまう事も。




例えば ・・・

その人が最後に居た家の部屋とか、
アパート、マンション、
ほか訳ありの
賃貸物件などに変わってしまう事もある。




仕事柄、管理人と似たような感覚、
平たく言えば、
霊感が他の人より強めのお客様は多い。



呼ばれる ー


というテーマでも記事にしているけれど。



だけどたまに、
私は霊感なんて無かったのですが」
と言い方から不思議な話をお聞きする




例えばUさん・・


アパートの契約更新が近付いたから、
今の部屋だと、
水まわりが不便だったため、
新しく物件を探すことになった。




知り合いの不動産屋に聞いたら、
いくつかのアパートを紹介され、
目を通していた際に ・・


あまり経験をした事が無いような、
良いのか悪いのかが
分からない感覚が芽生え、
担当者を介してその場所に行ってみたそう。




確かいわゆる事故物件でも、
次に他の方には明示義務があるけれど。
入居者が入り、
決められた年数が経つと、
明示義務がどうこうという決まりも無くなる場合が。




最初・・Uさんは明るくて、
前よりは広い感じも気に入ったようだった。




以前に記事にしましたが ー


昼はやたら良い感じがし、
方角もまあまあだからと入居した方の事があり。



彼と一緒に住んでみたら、
夜中に
髪の長い女性の霊が出るようになってしまった。



それも女性が眠り、
深夜にも仕事をする彼が起きていると、
必ず零時の時報以降に、
アニメのようなビジュアルの幽霊が出る。



因みにこのカップルは、
霊感というような物はほとんど無くて、
怨念深い霊は
関係無く出ることも分かったそうだった。


男性が魅入られてしまい、
女性の方に好印象を与えるようにしたらしい。




早々に不動産屋にクレームを言うと、
直ぐに違う物件を探して貰えたけれど。



「・・髪の長い女性の霊ですよね


次の不動産屋に言われてみて、
ハッとしたのは、
そこがヤバい物件として知られていた事実。




Uさんに良くない例としてその話を言ってみた時。
「いや、たぶん私には関係無いと思いますよ」
とのことだったけれど。



後々に面倒だしやはり気になったので、
私がアドバイスをした、


「晴れた清々しい昼間じゃなくて
雨で湿気がある日の日没以降に行ってみて」

という条件の日に再度そのアパートに。




( ̄▽ ̄;)あれ?このアパートだっけ・・


じっとり雨の降る日没後、
明るくイメージの良かった部屋は、
開けたら印象が真逆になっていた。


24myhome02.jpg


まず鍵が開けにくいと思ったら、
中から何かにキツく押されている感じがする。



「・・誰かに押されている?」



強く回して何度目かに開いた、
部屋の印象に彼女は驚いたそうだった。



「暗い、え?何で・・・



初回のイメージが違うし、
照明をつけてみても暗い・・・。



六畳、四畳半、2Kの、
スッキリしていたキッチンも、
ユニットバスも全部改めて見たけれど、
築年数より古さも目立ち、
嫌な感じしかしなかったようで。


最初と違い過ぎるから、
直ぐに契約をしなくて良かったと感じた。




「色々な原因があると思いますが・・


何かで亡くなった人が、
寂しかったり、
関わりがあった恋人と住んだ場所に、
ずっと居続ける生霊なども


DVの親とかに似た人を見つけて
似たような人をターゲットにして、
来た存在を強く引っ張るとか、


呼んでいる、
こちら側は呼ばれている場所
とも言われているのですが・・」




「ほんとあるものですね
でも良かったです
違いって条件なんかで変わるんですね
昼と雨の夜に見せて貰って」



Uさんは改めて探してもらい、
今は普通にアパートに落ち着いた。




ここで注意を ー


賃貸もだけれど、
購入をするならなお、
事故物件とか、
失礼ながら痛ましい事件などで、
過去にトラブルがあったような不動産は要注意。



借り手への不動産に対する
開示義務、明示義務は、
法的に限界があるから、
きっちり調べてからにしてください。




今回の2組のお客様以外にも ー


気になった、
そこに行かなくてはいけない感覚が強い。


この家が私を求めている気がする、
古いけれど、
ずっと自分が居なくちゃダメだと思う、など。



「呼ばれている場所」


と言っているところには、
強い念と怨念が渦巻く場所も多数あるため、
あくまでも冷静にじっくり探してください。




これはもちろん、
家や土地、賃貸物件だけでは無くて、
戦国武将の激戦地跡地とか、
激しい戦争で、
痛ましい亡くなり方をされた皆さん所縁の場所、
大火や水害などの被災地にも当てはまるもの。



けれど、長く続けて居る住まいは、
場所での時間的な拘束も長いため、
やはり気をつけた方が良いです。




一つのやり方として、
昼は良かったけれど、
夜が真逆という物件があったため、
出来るだけ時間や条件変えて2度以上、
下見をじっくりするように。




もちろんどの物件も、
このような感じでは無いけれど ー


今はかなり
リフォームがキッチリしていますが。


それでもいつもは働かない感により、
強く引っ張られているようなら、

違う感 = 何かか違う

と考えてみてください。




これからの時期は、
人事異動や大学が地元では無いと、
不動産を見つける必要がありますが。



(T ^ T)かなり霊感が強いお母さんや、
友達を連れて不動産物件を探した方も。


女性は月の生理により、
感覚が曖昧になることもあるけれど、
やり方としては1人で探すよりも、
色々な意味で無難だと感じました。




部屋も家も実は生きたものである ー


霊障以前に、
無機質だけではない部分を、
改めて認識してみてから探してください。


賃貸も、所有する物件も・・・。

・・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。






ハート仕事柄のアドバイスですが
↓気になる方は気になると思います・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


24myhome03.jpg


02/12|霊から学ぶことコメント(2)TOP↑
24-goukoku01.jpg



メンタルなテーマだと旧Twitter(X)から、
センシティブな内容
だからと指摘されるのですが。


「参考になればと思い
体験談をメインにしています」

何度か抗議のメールを送信。
余計なお節介かもだし、
難しいのは分かります。


愚痴っぽくてすまない。
今回も指摘があっても対応を考えます。


・・・



少し前に感じが良いお客様がいらした。


他の方の紹介だったのだけど、
ほとんどフルタイムで仕事をしていて、
旦那さんとお子さんがいる方 ・・。



子育て、仕事、一般の家事と、
時間に余裕が無くなるような毎日でしょうけれど、
見ていて気持ちが軽くなるような人だったので、
沈んでいた私も気分が楽になっていた。




年間の運勢や、
転職についてとか、
今年のことを聞いて行かれたのだけど。



やはり前向きな優しいタイプの人は、
周囲へプラスの影響を与えていると、
改めて感じたものだった。



元気な人といると元気になれる」




・・メンタルについては、
昭和よりは理解されるようになって来たけれど。
まだうつ病に関しての認識すら古いために、
会社などでも、
辛くても言えずにしんどい思いをしている方へも・・。




(T ^ T)おこがましいようですが、
読みやすいブログなので、
特異なものととらえられがちなのを、
少しでも知ってくだされば。




普通に完治しますよ、
という内容を伝えたかったし、
誰でも落ち込みが酷いとなるものだし、
だからと言ってダウンしたままじゃない。



初回だと敷居が高い抵抗感があるなら、
心療内科も増えて来たし、
建設的に考えられるようになって来て、
たぶん、通うのは昔よりは楽かもしれません。




・・さて・・・


前にも書いたことがありますが、
尊敬する脳科学者の中野信子さんの動画は、
堅苦しくないアドバイスがためになる。



明石家さんまさん司会、
「ホンマでっかTV」にも出演中で、
色々な内容がヒントをくれるけれど。




メンタル的な部分は、
同じようなダウンがちな人と居るより、
楽しくなるような、
元気(ほどほどの方ですね)なタイプの人といる。


好きならお笑い番組で
好きな芸人さんを見て笑うと、
気分も違って来るという影響。




簡単なようだけれど ・・


ネガティブな人の多くは、
元気とか元気じゃないとかより、
友達を作ったり、
コミュニケーションをすること自体、
好まなかったりするから、
意外と難しい場合もあるもの。




ならば対象を変えて、
友達が面倒と思うなら、
それこそ自分に取っての笑いの素、
楽しくなるアイテムやコンテンツからにする。



ただ、ご本人も言っているけれど。
元気になるかと、
明石家さんまさんの動画を患者さんに見せると、
ことごとく落ち込みが酷くなるらしい。



「あー、私はこんな風にはなれないー


という悲観に繋がるらしいです。




たまに見ている、
カズレーザー司会の日テレ系の健康情報番組で、
6日に 疲労しやすい若い世代や、
その原因についてを検証していた。



対応には平たく言えば、
体と脳などに効果があるツボも紹介されていた。


24-goukoku02.jpg


(T ^ T)聞いたことがあると思いますが。

「合谷 ごうこく」という、
手の親指と人差し指の間にある部分。


どのサイトにも手引書にも必ず説明があり、
万能ともされている箇所です。



そこをゆっくり数秒押し、数回。
それを一日に3回くらい続けると、
パワーが湧いてくるというツボ。


じゃあ試しにとやってみました、
それから4回くらい不定期に。



これがまた、
無い意欲が少し出て来てかなり良かったです。


「結構、気持ちが晴れたりするなー」



「合谷」については、
ある程度やり方もありますから、
様々な説明が掲載されていますので、
検索してみてくださいね。




受け売りを言いたい訳ではありませんが、
やってみた結果をお伝えしたかったのと、
番組でもテーマになっていたのが・・



「疲労の若年化」



現代は年齢が高い人よりも、
10代、20代くらいの皆さんが、
疲れを感じ、溜め込みやすいそうで。



年配の人が、

若いのに元気出しなよ」と言っても、

色々な作用でなれないのだから、

若い = 元気

というのは古い認識ということにもなります。




私のようにトライしてみると、
ツボの王道 合谷でも、
かなり違って来るけれど ・・


ツボを押せば良いだけではないにしても、
社会、会社、学校、家など、
場所や原因を考えてみることからが大切。




「いいんだ、元気なんてなくても」


そういう方はその人の生き方なので、
押しつけはいたしませんとも・・。




でももしかして・・・」と思う方は、

日々の
基本的な栄養素不足も関係しているから、

皆さんで疲れやすくスッキリしない、
延々と寝ている、または眠れない、
そうした気になることの、
原因を探ってみてはと思います☆

・・・





すみませんワタシは占い師




・・・続けないことも大切ね・・・

。。





ハートやってみるべきと思いました
↓押しすぎに注意・・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


02kumab-24.jpg


02/08|体験からのアドバイスコメント(0)TOP↑
☆流れ星に願いを~★
    ☆                         ☆                ☆         ☆
             ☆
          ☆           ☆
              ☆                      ☆
         ☆                     ☆
                    ☆               ☆
                  ☆             ☆                    ☆               ☆
            ☆          ☆                      ☆             ☆       ☆           
Flashカレンダー
 
いらっしゃいまし~☆
プロフィール

☆ 占い師 mecha

Author:☆ 占い師 mecha
一応ちゃんとした「占い師」です。

究極のサービス業&人生相談なので
普段は勝手気ままは出来ませんが
ここでの勝手はお許しを~。


 152353_1230973443.gif


↑「マリアの京都*フォト日記」
~のマリアさんに作って頂いたアイコンです(^^ゞ
いや・・本人には会わないでください。

     
☆気に入ったら押してね☆
カテゴリー
最近の記事+コメント
鑑定ご希望の方は連絡を☆
 01cd_sadob_no1_2.jpg

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード☆携帯ツールから
QRコード
気まぐれなお知らせ

リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
最近のトラックバック