FC2ブログ
環境と家族構成が違い過ぎる男女の結婚と離婚
2019-07-21 Sun 15:54
019-couple01.jpg




 「結婚」



・・というものをされている方には ー



「割りと良いものだよ

とか・・

「いや~、絶対にやめた方がいいよ」


などと、
良いか悪いかの感想をお聞きする事が多い。




まあ、これはご相談だったり、
会話の中での仲の良さをお聞きしただけで、
100か0かというだけでは無いでしょうけれど。




が、仕事では様々な方の悩みを相談されるけれど、
30年以上も、
結婚への善し悪しを考えなくてはいけなくなる時ー




(T^T)たぶんそれは・・

自分に取って良い相手と出会っているのか、が、
やはり一番のポイントだと思う。




パートナーの相性が良い悪い、
というくくりだけでは無いけれど・・


長い間、一緒に暮らす伴侶だから、
協力をしなくてはいけないのは必須。




特に女性は互いに希望すればお子さんを出産し、
二人の子どもな訳だから、
女性だけの力では大変だったりもするし、

育メンを無理強いしたいということではなく、
協力無しではかなり難しいと思います。



いかに子育てが大変かは、
男性サイドもある程度、知っている方が、
奥さん側には嬉しいし頼もしい。




。。



男子厨房に入るべからず、といった日本の、
男社会が長い国柄だと、
悪い方の一方的なマイナスがドバドバ出てしまう。




出産も子育ても女性側に押し付けてしまい、
何か不備な事が子どもに起きると、


お前の躾が悪いからだ」


なんて、
前時代的なバッシングを奥さん側に浴びせる夫。




今どき?・・・

などと思うかもしれないけれど、
安易なドラマ中にありがちな、
そんな状況は現代でも割りと今でも起こっている。




はたまた、
男女差別で書いている訳では無いけれど・・


奥さん側が最低限でもやるべき家事をしない、

昔、韓流スターの追っかけばかりして、
奥さんが韓国ばかりに行き不在、

それ以前に家庭の中の事が全く出来ないとか。



結果、
忙しい旦那さんが全ての家事をする羽目に至ったとか。


色々とあります、あるんです、
もっとたくさんの理由で上手く行かなくなったご夫婦が・・。




さて・・・

ここにハルカ(仮名)さんというお客様がいらっしゃる。




彼女は何年か前に結婚をした女性で、
夫との間に男の子が一人産まれていた。



夫は少し年下だったけれど、
最初のうちは出会った余韻がまだ続いていて、
二人の生活は普通に上手く行っていたようだ。



しかし、暮らして行くうちに、
お互いの間には決定的な違いがある事に気がついた。




ハルカさんは早くに父親と死に別れをし、
兄と二人兄妹で、
しかもお母さんが働き手となったため、
母子家庭でいわゆるカギっ子といった感じの家庭で育った。



かたや夫となった男性は、
ちょっと田舎出身であり家族や親族との仲が強く、

それはありがちな感じだったけれど、
小さい頃から一人、
または兄と二人切りが当たり前のハルカさんには、
全く大きな家族の絆という部分で、
理解の範疇を超えていたらしい・・。




ウチも濃い家族・親族だったから分かるけれど ー


お正月を含めた年末年始、
お盆やお彼岸までも必ずと言っていいくらい、
実家に帰りたがったり、
何故、二人と、
後に加わった息子の三人での暮らしが出来ないのか・・


育った環境が違うから~♪


という「セロリ」の中のフレーズのようで、
違うものは所詮、違う訳だから、
子どもをはさんで、
更に違いというものがドっと出てしまったらしかった。

・・




m(u_u)m ここでおねがいいたします☆

 05me03_20190721154042ec5.jpg


ハート関係がないですが松本さんたちが動き
↓後輩の宮迫さん等のフォローに回って良かった




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆



環境と家族構成が違い過ぎる男女の結婚と離婚の続きを読む
別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:0 | top↑
介護や看病の時☆たまには自分を自由にする時間を作る
2019-07-18 Thu 22:38
019-kaigo01.jpg



何だか今日、ワタシは疲れてしまい、
日課でもあるウォーキングを休んでしまった。




生活習慣病対策で、
三日歩き、一日休み、また三日歩き続けては、
一日くらいの休みを入れる・・


特に7月7日からは、
ノルマだった一日6500歩をゆうにこえ、
7000とかはたまた、
基本的には必須である8000歩をクリアしていたのですが。



親のことも加わってしまい、
自由になる間も限られたりする・・。




本当は毎日続いて歩きたいところなのは山々。


が、前にも書いたかもしれないけれど、
ウチの団地は山肌に宅地造成されていて、
平地とは程遠いため、

ぶっちゃけアップ&ダウンの繰り返しで、
5000歩位を超えた辺りから、
持病の椎間板ヘルニアのため、
いまだ足腰に良くない痺れが残っていて、




「うー、ご主人、私足の大腿部ですが、
そろそろどっかで休みませんか
はあはあ・・・


(××)ξなんて声が、
(まさかですが)

足腰から聞こえて来そうなくらい、
ギシギシとした足取りがして来て、
歳も歳だししんどいことこの上無かったりする。




先日、友達に会ったに、


「ウチの近くを毎日、
6000歩以上歩いているんだけど」


などと話したら、
皆さん、一度は自転車でいらした事があるため、
坂の度合いが過酷なのが判るから、

「え、あの坂道だらけの道を歩くの?!」

と言っていたくらいの坂だらけ・・。



さて・・・


そんな坂だらけの道を休む日も入れず、
二週間、続いて歩いていたら、
この梅雨は昨年の過酷な暑さがなく、
だからこそ続けて歩けていたのだけれど。



途中、買い物をしなくちゃいけないため、
片手に百均のビニ傘(歩くに軽くて便利)、
片手にコンビニやドラッグストアと、
二三軒の荷物を持つことになるため・・


重たい、とても・・・・




贅沢は言えない、
昨年は酷暑のために熱中症により近くなり、
今年は梅雨が長いため、
背中にリュックではあるけれど、
手に持つ荷物が食い込むくらいに・・



暑いのが良いのか、
重いのが良いのか、


どちらもハードというには変わらず、
とうとう、
本日、家事を一通り終えてから、
再び眠ってしまっていたのでありました。




あ、いけね・・・
歳になると長い話になってしまう、反省。




 019-kaigo02.jpg



ただの開き直りと、
思われる方もいらっしゃるかもしれないけれど、

この歳になって思う事は ・・

無理してまでしなくても良いなら、
1回くらい休んでも良い日を作ること。



いや年齢は関係ないとも思うんだな・・。




自分の持病を持ちながらも、
高齢化した、または
更に病に伏せる親御さんを看なくてはいけない場合。



そんな立場だと、
一回の検診も大切だけれど、
無茶して自滅してしまえば、
親を看るどころではなくなってしまう訳で。




だとしたら、
反対に自分のパワーを温存すると言いますか、


一日、またはそれが難しい方だったら ・・


ヘルパーさんや介護の方が来る際に、
間くらいでも近くの喫茶店とか、
またはスーパーやショッピングモールにあるカフェなどで、
少しだけでも一人になる、
なれる間を作ることをお勧めしたいです。




呼吸器などの病の方だったら、
そんなに間が取れないかもしれないけれど、


たまに自分を甘やかすような時間て、
長く看病をしなくてはいけない方や、
今後も通院は元より、
毎日、同居されている皆さんなら・・


デイサービスなどで空く時間帯にでも、
一杯、好きなコーヒーや
お茶を飲むような時間を作ると良いです。




それが一時的であっても、
少しでもホッと出来る時って大切だと思います。




・・さて・・・



ようやくワタシの親は、
自分で好きにお茶くらい飲めるようにもなり、
ホッとはしているけれど、

明日は、または夜にはどうなるか?
いつも心配ということに変わりはなかったりする。




ワタシがウォーキングを休むのと、
介護などでの時間を作って休むのは、
やや違うかもしれないけれど・・


置かれている状況は、
そうした皆さんと同じなもので敢えて書いてみました。




(T^T)日本人はいまだに勤勉な気質だったりする。



だけれど、
ちょっと休みたいとか、
無理ではないような自分へのご褒美なら、
時間 という自由は、
時に必要なのではと感じますが・・。



これは介護や看病だけではなく、
仕事や家事、
育児でハードな皆さんも同じだと思います。



ちょっとした休憩、
まとまった時間が取れるならなお、

自分だけの時間も必要だと考えて、
休める時というものを大切に・・・

・・





すみませんワタシは占い師



・・・疲労は続けないように・・・

。。








ハート最近はお天気でも調子を崩すことも
↓健康は日々、様々なことで変化します




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 00Kuma15920_20190718222044430.jpg


(^ー^)有給休暇があるのに休めない日本。

意外とそういう会社も多かったりします・・。


別窓 | 体験からのアドバイス | コメント:2 | top↑
友達の命日に☆太く短く生きるのも人生かもしれない
2019-07-15 Mon 23:09
019-myfriend01.jpg



久しぶりに、
昔、よく聴いていたイギリスのアーティスト、
ケイト・ブッシュのCDをネットで買った。



ケイト・ブッシュといえば、
明石家さんまさんの伝説のトークバラエティー
「恋のから騒ぎ」中、
テーマソングとしても使われていた「嵐が丘」が有名ですが。



やたら高いキーで歌う歌が評判になったけれど、
それを聴いたら判る、皆さんもきっと・・。




でもって・・

CDなのに、
太古の昔、レコードの時のように、
時たまぷつっと飛んでしまう、
ど古いプレーヤーで聴いていると、
彼女を好きだった友達を思い出したのだった。




友達は既に亡くなってしまっていたし、
独特のケイト・ブッシュの音楽の世界は、
その彼女も同じように好きだったから。




この時期になると、
またか、と思われる記事かもしれないけれど、
高校時代の親友だったもので、
突然に・・
訃報が飛び込んだ時のショックが忘れられないため。




唐突な亡くなり方は、
恐らくは本人の予期する自体では無かったし、

ひとりっ子だったため、
何かと彼女を頼りにしていたご家族は、
ワタシたち友人なんかよりも数段、落胆されたに違いない。




・・でも・・・



最近、ワタシだけではなく、
親御さんたちを看ながら暮らしている人たち、
舅、姑やほか、親族のお世話を続けている皆さんが、
ことの他、
苦労を重ねている現実を目の当たりにする時。



長く生きていくことが、
本当に幸せなのかを自問自答しなくてはいけない事がある。




もちろん、
自力で身の回りの事ができ、
ほとんど誰の力も財力も必要が無いようなら、
健康であれば、
長生きも素晴らしいとは思いますよ。
長生きを否定している訳では全く無いので・・。




が、そうではない場合・・



本人も家族も生きていく上で、
病やそれに伴う入院などで、
様々な選択肢を与えられ、
そのつど、生きるか否かに繋がる判断を迫られる。




祖父母、父親辺りから、
これがまた、
ワタシ一人では決して決められないようなことだと、
苦痛を伴う選択をしなくてはいけなくなったり・・。




さて 彼女のこと ー


自分のことにおいては、
好きで独身を貫き、
言わば好きな事を常に選んできた人でもあった。




若い頃からほぼ自立し、
実家を出て、
いわゆるキャリアウーマン的な仕事をしていた彼女。



業界でも地方都市ではそこそこ有名にもなり、
頑張ったギャラでパスポートが何冊かになるほど、
海外へ渡航しながら、
カメラマンとしてもセミプロの腕前に至り、
写真展も開いたりした、
かなり充実した濃い半世紀を送っていた。




希望はしていないにせよ、
選択肢も与えられる時間も無かったけれど、

世間の人は、

「太く短く生きた感じだね」

そんな風にも言っていたのを思い出す。



でも、決して彼女の家族は
そんな早く逝って欲しいなんて思ってはいなかったでしょう。




その辺り、
失礼ながら無責任な立場で言わせていただくなら、


どうも友達が足腰が弱くなり、
杖をついたり、
達者だった運転技術が難しくなり、
免許を返納するというイメージが、
実は以前から全く湧かなかった。




ふと、自分だったらと思う時・・



ワタシだったら、
太く短く生きたいし、
今後、親以外の家族に迷惑をかけたくは無い訳だし。



勝手な言い方で恐縮だけれど、
ちょっと羨ましい気がした部分もあったのだった。




とはいえ、
現世に生きていく事は、
なかなかに難しかったりもするもの・・。


価値観を含め、
周りを見渡した時に、
生き方だって千差万別でもあったりする。




天界
真っ当に向かえる自信もあまり無いけれど、
今を普通に生きるしか無く、
家族と呼べる人たちをも大切にはして行きたい気もする。




少子化問題に歯止めがかからず、
離婚して母子家庭という皆さんだって多い世の中。




今すぐにどうにかする手立てを考えろ、
という、記事ではありませんが・・


でも、ある程度の年齢になっていたら、
やはり自分の身の振り方も終活として、
断捨離だけでなく、
考えていた方が無難な気がしましたが・・。




ともあれ、
友達のご冥福は心の中で祈りつつ、
彼女は何処に上がって行ったのか、
ふと、「嵐が丘」を聴きながら思ったのでした・・。




皆さんはご自分と家族を大切にされて下さい☆

・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。






ハートイージーな決めつけじゃないです
↓考え方は色々だと思います・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


100726kuma0011_20190715230319581.jpg


(^ー^)配慮をして書いているつもりですが、

誤解のある書き方だったらすみません。


別窓 | 天界のこと・・・ | コメント:0 | top↑
ストレス発散はシンプルに&癒される虻ちゃんのミニバス旅
2019-07-12 Fri 22:55
019-abutyan00.jpg



生活のテンポは変えがたいものがある。


変えがたいけれど、
今の世の中は、
いささかスピードの加速が尋常ではない感じ。




昔ならば・・

目まぐるしいとか、
生き馬の目を抜くとか、


はたまた技術や医学の分野では、
日進月歩などという、
かなりオーソドックスな表現はあったけれど。




今はもう、IT系が、
やたらバランス悪く超絶に発展を遂げてしまったため、
人という生き物の気持ちとか感情などを飛び越して、
人がスマホやパソコンに
一部、支配されてしまった感が否めない。




昭和中期に生まれたワタシは、
以前にパソコンを習いスマホにそこそこ打ち解け、
どーにか今に至ってはいるけれど・・。




あー、でも来年 ー

Windows7へのセキュリティへのフォローが終わるようで、
今年中に10のパソコンに買い替えないと、
なんて、
今の生活の中では、
ワタシ一人の毎日ではないため、
面倒くさいことこの上ない気持ちが。




なんかこう、
しっくり来ない日々の中に暮らしているような気がする。



てなことを言いつつ、
モニターにはゲームが少しづつ増えていて。


でも気に入っているのは、
禅鯉ZEN KOI という、
ひたすら鯉がエサを食っているゲームとか、
(一匹が龍に転身、昇格しました)

ピンボールゲームとか(笑)、

チャーリーとチョコレート工場の
ウォンカに似たキャラのゲームで、
次々に敷地に色々なマシンを建てて行くとか、
流行りとは程遠いものばかり。



でもいいんだ、
対戦もしないし、
ロールプレイングゲームも好きじゃないし。




ガラケーの時よりも鮮明な写真機能、

前にもあったけれど、
ボイスレコーダーや様々な機能は、
全て使いこなせてはいないけど・・


占い師には地図ソフトを二つ入れ、
スクリーンショットで、
メールのお客様へ場所の添付もサクサク出来る便利さ。




SNSはTwitterをブログに連動させているだけだし、
インスタはイイネも別に要らないので、
ダウンロードもしていない。

最初、あったSiriも、
いちいちウッサイので機能止めてしまった。



どーでもいいか、おばはんの独り言なんてね・・。




そんなこんなで、
本当に各世代の皆さんは、
細かいことは別にしても、
生きがいというモノを見失っている感じで。



有難い事に、
春先に危うかったは、
神様から幾ばくかの余命を与えてもらい、
どうにか誕生日も迎えられそうで。



それはそれで
与えられた命を受け大切にしなくてはいけないと痛感。




・・そんな時に・・・



何だかこのテンポには癒されるなあ、
なんて感じたテレビ番組があった。

・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆

06love003_201907122238175b7.jpg

ハート最近は無理しないことで
↓ストレスを回避することが・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村



もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆



ストレス発散はシンプルに&癒される虻ちゃんのミニバス旅の続きを読む
別窓 | ☆幸せワンポイント計画 | コメント:0 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT