FC2ブログ
占い師、深夜凍える☆身をもって体験することは大事
2018-12-17 Mon 00:30
018-atataka01_201812162223569be.jpg




寒くなって来たけれど ー


お嬢様方には寒さが苦手で、
だからも嫌いだわ、
なんて方々はかなり多い・・。




因みにワタシは冷え症ではないけれど、
最近はさすがに、
部屋に暖房は無いけれど足元は冷えるため、
レンジで温めてリサイクルできる、
湯たんぽ的なアイテムは使い始めた。




そんな南東北の日々だけれど・・

親が高齢化し、
いよいよ寒さがキツいらしく、
寒いってば」と言うため、
部屋にはファンヒーターはあるけれど、
レンジチンで温められる物を、
足元と胸の辺りに抱っこして寝ている。




これは中身さえ中で爆発しなければ、
次の年にはちょっと今ひとつにはなるけど、
リサイクルが何年かできるため、
すこぶる便利だったりする・・。




そのようなアイテムも、
冷え性とは程遠いため最近、出したばかりで。


まあ、寒さなら夏の暑さよりも、
数段、マシだったりもする訳ですが。




が、しかし・・

夕べはちょっと勝手が違っていた。




(T_T)ぶっちゃけ、
夜中にはマイナス3℃くらいになり、
やたら寒かった中・・



マズいことに眠る前に飲んだお茶のため、
トイレへ行きたくなり、
部屋が二階のため、
冷房の効いた部屋(冗談ですよ)から、
これまたそこまで暖房がない小部屋へ移動。




寒い ・・・




再び冷房があるような部屋へ戻ってみても、
足を温める物があっても、
一向に眠れないくらい寒さが・・。




しかも、そうこうするうちに、
カタカタと揺れが来て、

どーやら地震のようで、
大したことには至らなかったけれど、
なおのこと眠れなくなったのでしたが。




地震は大したことなかったけれど、
寒くて寝つけないのには変わらない。



仕方がないから、
それからリビングへおりて、
近日、購入したばかりのファンヒーターをつけた。




「あったかい、買って良かった」




余熱機能でエラー表示が出た、
以前の物と違い、
ヒーターはすぐに点火され、
そして少しずつ足以外の体が温まってきたのだった。




018-atataka02.jpg



その時 ー


に体が温まらない人たちの事を考えた。



母や妹や冷え症の皆さまの気持ちが、
殆ど分からなかったワタシだったけど、
この、全く温まらない状態は、
コレが毎日の自分だったら、
かなりハードなんじゃないかと思った次第。




と共に・・


今更ながら人って、
自分が分からない部分や、
体質でも、
悪くなってはいないことには、
無頓着だし理解が出来なかったりするもので。



それが目に見えない障害を持つ方や、
例えば手足などのパーツが有る無しで、
(失礼ながら・・)
行動や動作にだって制限がかかってしまう。




言いたいのは・・


良くも悪くも体験から感じることは、
単なる考え方のシュミレーションより、
裏づけがあるから、
きっちり感覚や感想も伝える事が出来るということ。




これはリアルな現実と体験だから、
伝える言葉も生きてくると思います。




それから来るアドバイスは、
ただ聞いただけの中身より、
話し方が上手い人なら、
映像までも浮かんでくるようだったり。




( ̄  ̄)応用と言っては何ですが、
皆さんのお子さんにも・・



イタズラや勉強をしない事へも、
頭ごなしに叱るよりも、
目線から子どもの背丈まで落とし、
ゆっくりコミュニケーションをし、



「お母さんがあなたくらいの時には、
宿題は早めに片付けたのよ

そうすると、
好きなテレビを見たり、
ゲームがもっと出きたりね


だから今、少しずつ頑張ってみると、
後から楽になれたりするのよ」



とかね・・・


子どもと同調しながら、
自分の体験談から生きたアドバイスをしてみては。





・・しかし、自分の体験では、
これくらいの寒さは平気だった訳だけど。



こりゃもしかして、
いや、もしかしなくても、
単なる
加齢による体の正直な反応なのでは、と、
切に思う中身だったりしてね・・。




皆さまも、
これからインフルエンザもしか流行る時期。



たまには自分を甘やかして、
師走ではあるけれど、
ゆっくり休む時間を作ってみて下さい。

・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。









お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 00kumab002_2018121622283905f.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとう。

色々ありますが、

体験はその後の応用に活かせます。


別窓 | 体験からのアドバイス | コメント:0 | top↑
母親と子どもとご飯の関係☆手作りよりも愛
2018-12-14 Fri 00:32
018-food00.jpg




最近、一番好きなCMで ー


香取慎吾君の◯ァミリーマート、
お母さん食堂・・の。



何度もオンエアされているので、
今さらワタシが言うまでもないけれど。




実家に帰った彼が、
が作った料理を食べながら


「やっぱりこれだよ、
お母さんの料理は美味しいね」

(というような内容ですが)




( ̄▽ ̄)実はお母さんは、
コンビニからレトルトのお惣菜を買い、
それを湯せんにして、
に出していただけというだけで・・


更にとうとう息は、
コンビニで惣菜を買う母に遭遇してしまう。




中の慎吾君は、
これまで、それがお母さんの味で、
ぶっちゃけ、 コンビニの惣菜に
慣れしんでいただけという結末だけれど、

当方のお惣菜は、
あたかも母が作ったように、
家庭の味で美味しいということだと思う・・。




現代らしい中身だけど、
たしかに料理が下手でも、
コンビニやデパ地下、スーパーの、
よく出来たお惣菜などを盛り付けただけでも、
かなり本格的な料理にはなる。




今、失礼ながら、

『飯マズ嫁』

という超料理苦手な嫁さんがいて、
いくつかのテレビ番組で、
たまに軽く特集をやっていたりする。




「・・帰るとテンションが下がります
美味しくないご飯を食べるって、
何だか拷問みたいです・・」




だいたい食事の時間て、
美味しい料理だと楽しみだし、
80年生きると仮定すると ー



アバウトに乳幼児期も入れると、
3回 ×365日 × 80年
ざっと約9万回くらいになる・・。



その間、
ずっと美味しくないご飯ばかりなら、
テンションも下がるかな、それは。




なぜその男性が付き合っていた頃に、
彼女が料理下手だと気付かなかったのか?




「・・嫁のお母さんが全て作って、
タッパーに詰めていたりとか、
弁当もお母さん手作りのだったみたいで」




でも、ですね・・

結婚してからまで、
お母さん手作りの料理が並んでいたら、
それもまた恐いかも・・・。




018-food02.jpg



因みに -


料理嫌いの祖母に育てられた時、
ワタシは自分で作った方が数段よいと思い、
作ったら楽しかったし、美味しかった。




料理は自分で興味があれば、
やれば出来ます、慣れます。



好きな相手が出来たら、
今はクッキングサイトが切に教えてくれ、
その人のために覚えれば大丈夫・・。




いっそのこと奥さんのために、
男性側が料理を作ればよいのでありますね。
女性側に嫌いな家事を強いるよりも良いです。





・・さて・・・



反対に、
そんな一部のどかな話題だけではなく、

特に母という存在は、
メインに育てをしなくてはいけないし、
その影響は計り知れないと思う。




と共に、
だからこそ母親の手作りとか、
幼少期に作ってくれた食べ物は、
良くも悪くも意味が深い訳で・・。




母がどもに対して毒母、
自己中で暴力を振るった酷い人。
でも、作った料理はすこぶる美味だった、


とか・・


すごく優しくてよいお母さんだけど、
ご飯だけは微妙な味付けだった、など。




(T_T)かなりハードな、
こんな真逆のシチュエーションだと、
マザコンになるのも分からなくはない。




母親、または父親と毎日の食事は、
決して侮れないし、
本当はせめてどちらかが夕食のテーブルに座って、

まだ小さなおさんならば、
一緒に食事すると、

美味しいならなお、
そうでもなくても、
一緒という愛情が加わる分、
どもの教育と
食育への好影響となるのは明白だったりする。




もしかしたら、
手作りではなくても、
コンビニやスーパーのお惣菜でも、
暖かい家で家族と一緒というのに意味があるのではと。




今はシングルマザーの方も多いでしょうし、
仕事、仕事で、
毎晩一緒というのは困難かもしれないけれど、
せめて一週間に何度か、
予定にきちんと入れておいて、
約束を守ることも必要だと感じます。




出来ない皆さんに、
子どももいないような人に言われたくないとか、
面倒なことを言われそうだけれど・・


甥っ子が小さい頃から居たので、
親にはなっていないけど、
親の立場の人間が大変かは理解が出来る。




親とご飯・・


昭和の中期までは、
当たり前のようにあった家族と風景が、
今は当たり前ではなくなっているけれど、


なかなか難しくなっている今、
敢えて少しでも、
子どもさんへ配慮する時間があればと思い、
記事にしてみました。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。







ハートそういうこともあったりする
↓そんなあなたの一日・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 06ba01_201812140027179af.jpg


(^ー^)偏見などではありませんが、

文章が至らなかったらすみません。

誤打も読んでいておくれね・・。


別窓 | 体験からのアドバイス | コメント:0 | top↑
「スマホ、つながりません!」アナログ併用のススメ
2018-12-11 Tue 00:23
a0002_010698.jpg




決して人ごとだと思えなかったのが、
先日、某大手企業のモバイルの不具合。



『圏外』と表示され、


となると・・

もちろんサイトに繋がらないし、
繋がらない訳だから検索も全く出来なくなる。




結果、直ぐには回復しなかったけれど、
日本サイドではなく、
海外のサーバーの不具合とか・・


いくら優秀な日本の技術をしても、
経由されたり、
関連する海外でのトラブルならば、
諦めるしかないし・・。




・・でも・・・



これが、連絡や検索ツールだけでなく、

電子マネーやお財布代わりにもしている人、

はたまた、
家と連動させてエアコンをコントロールしたり、


介護で親の家の監視カメラに使っている、
仕事で全てそのプロバイダの機種だった、



なんて人とか会社だったりすると、
ちょっと待てばいいか、
なんて気持ちにはならないかもしれない。




。。


今更ながらワタシたちは、
常に肌身離さず持っている携帯電話、
スマートフォンといった端末無しには、
暮らしが立ち行かなくなる現実を、
改めて目の前に突きつけられた感じがした。




前の事務所から自宅への転送用だったので、
小さいトランシーバーのような初代の機種から、
平野ノラさんのはバブルの頃のです)
今のiOSで7台目だったりするけれど。




ワタシのようなオバハンならば、
固定電話も十分、併用していたし、
モバイルが無くなったら無いで、
元のアナログ生活に戻れたりもできる。




だけれど今なら、
携帯、スマホ、小型タブレットに、
自分の全てを入力し、

友達どころか家のナンバーをだだ入れし、
しかも、メモ機能に
銀行や端末のiDとパスワードも入力。


さらにはお財布にもし、
定期券も全てスマホに入れてしまう。





( ̄ー ̄)分からなくも無いです ー

そんなのは日本だけでなく、
海外でも似たり寄ったりだから。




でも、
7年半以上前の震災の時を思い出した。



携帯に依存することは、
普段にライフラインに依存することと、
殆ど同じだと思ったから・・。




電気

水道

ガス類

そして 携帯の充電 ・・



特に何も使えなくなった夜、
一つだけあったアナログの石油ストーブ、
後に分かるカセットコンロ、
で、ようやく暖をとることが出来た時 ー



いかに今の人間が電気に頼っていたかが、
携帯の充電とか、
ファンヒーターとか、
エアコンとか、

冷たいウォッシュレットも使えないトイレとか、
レンジやトースター、
(電磁調理器などももちろん)

次第に冷たさがなくなる冷蔵庫の前で、
痛いくらい分かってしまった。


・・




m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 05me03_20181210231656de7.jpg


ハート使えるのが普通と思ってしまう
↓そ~りゃあそうですよね・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方はどうぞ・・・☆



「スマホ、つながりません!」アナログ併用のススメの続きを読む
別窓 | 体験からのアドバイス | コメント:0 | top↑
亡くなった人が見えてしまうお子さん
2018-12-08 Sat 00:54
018-ch01.jpg




Lさんは三十代で二児の母 ー


長女、次女と二人の女の子に恵まれ、
今は旦那さんの昇格と共に、
子育てのために仕事もリタイアしていた。




長女リサちゃんはお姉ちゃん気質で、
おっとりしながらもしっかりしているけれど、
問題は次女のカオリちゃんの最近の行動で、
ちょっと悩んでいた・・。




小学生になったばかりだったけれど、
学校に入学する前から、
買い物へ連れて行くと ・・



「ママ、こわいよ・・」



などとスーパーの中で言い、
ずっとLさんの脇に寄り添って、
ギュッと服の端を握ったり、

外に出る時に、
必ず何か一人で驚いたり怖がったりしていた。




「これって、もしかして・・」




そのカンが確実なものとなったのは、
ある日にカオリちゃんが、
唐突に言った言葉だった。




「・・ママ、おとなりから黒い雲がでてたよ」




・・黒い雲? ・・・



その日は秋空が広がる雲一つない快晴で、
娘が言っているような雲なんて見当たらなかった。



変だな、とは思ったけれど、
小さい子だから、
昼寝の夢見でも悪かっただけど思ったそうだ。




。。



次の日の夕方に、
隣のお宅に何台か車が停まり、
その黒い車の一台には近隣の葬祭会館のロゴが。




「え!・・・」




程なくして、
『緊急』と書かれた回覧板が回って来た。




『ヤマグチさんの、
お祖父様が亡くなられました
つきましては日程などをお知らせします』




「ヤマグチさんのお爺ちゃん、亡くなったんだわ・・」




この時、Lさんは、
次女のカオリちゃんが、
やはり違う感性を持っていることが分かったそうだった。





「・・ただ、本人は大変なことも多いようで」




ウチにいらした際に、
彼女はカオリちゃんのことをかなり心配していた。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 06love003_20181208003039e5f.jpg


ハート御さんも対応に気遣いが必要
↓でも特別扱いではない方がよい・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方はどうぞ・・・☆



亡くなった人が見えてしまうお子さんの続きを読む
別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:0 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT