「厄月ですので(゜▽゜)」こんな前向きな諦め方もある
2017-03-24 Fri 00:10
00yakum01.jpg




3月は自分が八方塞がり月だったため、
仕事でもマイナス部分が目立ったし・・
後厄年だしそれなりに、
対処はして来たつもりだったけれど。




結構、八方塞がりの1ヶ月というのも、
意外と予期せぬ出来事も多かったりする。




。。



(T^T)それ以上に、
特に今月は三碧木星のお客様が多く・・




「事故ってしまいました」



とか・・



「なんか体調が思わしくなくて」



・・などの方が増えていたのですね。





ふと、考えてみたら、
三碧木星の皆さんは、
厄月の真っ只中という星回りだった訳です。




なるほど、
三碧木星の皆さんについては、
昨年から基本的には上昇になっているけれど。




これがまた、
厄年ではなくて月厄というのも、
いわば厄年のプチ版のように今一つだったり。





・・なので・・・



こんな同じ星回りの、
皆さんのご相談が続く際には・・



いい加減な気持ちではなく -





「今月はEさんのように、
三碧木星のお客様が多いです
厄月だと思い直して、
来月からは徐々に上昇すると考えてください」




とアドバイスをすると、
比較的、長いお付き合いの方が多いため、
毎年、星回りが芳しくない、
月厄という意味が分かっているから・・




「なんだ、そうだったんですか
良くないと聞けば反対に安心しました、
今月はまだ気を付けます」



~などといった感想が返って来る・・。





悪い時期だと冷静に思う事で、
皆さんある程度は、
悪いんだから、
良くないのは当たり前と納得するようで・・。




 00yakum02.jpg




何が言いたいのかといえば -



悪い時期というのを意識して頂いて・・



反対に良くない時期だから、
目立った行動や新しいことへの着手は避け、
静かにやり過ごすなど、
過ごし方を変えてみる事をお勧めしている。





まさか全てを諦めろ、
と言っている訳では無いです。





長い間、この仕事をしていると、
悪い意味ではなく、
統計もある程度、とれてしまうため・・



良くない時期とか、
停滞している年や月に無理強いや、
ごり押しなんかをしてしまうと、
結果的にはやはり、
芳しくない事に至る場合が多々あるもの。




なので・・



『頃合いを見計らう』




そんな言葉があるけれど、
まさにその通りで、
上昇気流に乗るとか、
良いタイミングを待って勝負をするなど。




言わせて頂ければ、
そのための占いや運命学でもあるので、
そうした時に駆使するのが好ましいと思います。





3月は二十四節季『晴明』の前の日、
今年なら4月3日までで-




(T^T)それまでは・・

特に三碧木星の方たちは、
無理な言動や体調などにも気をつけて、
無難にやり過ごした方が良いでしょう。




今の時期に一生をかけた勝負なんかは、
避けた方がなお、
後々にアクシデントが少なくなります。





・・さて・・・



4月4日からは、
二黒土星の皆さんの厄月ではありますが、
ビビらないで、同じように・・




厄月だからあまり目立った行動はしないこと。




気力と体力のバランスが崩れがちなので、
体力が失われるような無茶をしないこと。




こうした部分に気を付けて過ごしてください。





年間の他に、
月間にもアップ&ダウンはあるもの -



そうした時期を考慮して動くのも、
占いという役目の一部だと思います。




皆さんの時期に見あった、
ムダの無い行動を心がけてみてはと感じます。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。












ハート諦めて辞めるのと
↓先送りにするのは違います




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 11kumab003_201703231948459d3.jpg


(゜▽゜*)いろいろありますが、

様々なことを乗り越えて行きましょう。

ミスは読んでいてね、遅れます色々と。


別窓 | ☆幸せワンポイント計画 | コメント:0 | top↑
お彼岸話余談「カレーを持って来て」と叔父が
2017-03-22 Wed 00:24
 00curry01.jpg




読み飽きたかもしれませんが-



今回はウチに起きた短めの話。
お付き合い頂ければと思います。


・・




三連休だった方も多かったと思う、
春分の日までの三日間・・


私事だけれど、
土曜日に久々にチキンカレーを作った。





日々、生活習慣病の対策に、
ウォーキングをしたり、
糖質を減らす食事を心がけていたため・・


カレーも基本的には市販のルーを使えば、
ご飯と共に糖質が大量になっちゃうため、
出来るだけ避けていた訳です。




ただね・・


カレーって、
お好きな方には分かって頂けると思うけど、
発作的に食べたくなったりする食べ物で。



その日も仕事でキャンセルがあったから、
じゃあ、カレーでも作ろうかという気分に。





作ってすぐに食べると、
今一つなので、
本当は前の日に作って、
次の日に食べた方が美味しいけれど、
発作が起きてしまったもんで
午前中から作り始めた訳だった。





。。



そんなさ中、
スパイスの独特の香りに誘われた誰かによる、
ちょっと事件が起きた・・。





昼までにうつらうつらしていた母が、
いきなり起きて、
不思議なことを口走ったのでありますね。





「・・カレー、玄関に持って来いって」





(×_×)へ?・・・


カレーを玄関にって、
とうとう脳に異変でも起きてしまったか?


~などと思って聞いた。





お母さん、何かあったの?
カレーを玄関にって、頭は大丈夫?」





そこで母が話したのは、
先ほど見たという、
ちょっとファンタスティックな夢の中身だった。





「夢だったのか・・
○○(故人である母の弟)が出て来て、
カレーが出来たら、
玄関に持って来て欲しいって言うのよ」




 00curry02.jpg




「夢に叔父さんが出て来た訳ね」





お彼岸やお盆には、
ウチでも仏壇から何やらあの世の人たちが




「おはぎが食べたい」




コーヒーが飲みたいんだけど」




などと、
食べたいものや飲みたいものを、
欲する声のようなモノが聞こえて来たりする。





気をつけて声の前に、
おはぎやらコーヒーやら、
ウチの故人もカレーは好きだったから、
それとかお蕎麦とか・・


これまでにたくさんの希望する食べ物を、
供物としてあげていたのだけど・・。





母方の叔父さんは、
産まれ育った家ではないし、
そんなこともあるんだとワタシが驚いてしまった。




でも、叔父さんは、
母とは一番、仲が良かったというので、
何となく理解が出来る感じではあったけど。





・・さてはて・・・




夕方になり夕飯の時間に -



出来立てのチキンカレーを母の前に、
サラダなんかと一緒に置いて食べようとした時。




はっとした母は、
お皿を両手で持って玄関先に向かった。





「○○と約束したからね




「ああそうだったっけ」





(T^T)昔は・・


そんな夢を自分で見ても、
軽くいなして気にもしなかったのだけど。




今回の母親はちょっと違っていたので、
本気で考えていたんだなぁと、
少し不可思議で驚きは続いたのでありました。





皆さんも、もし、
仏壇とか墓参の際に何か、
食べたいとか飲みたいなど、
所縁の方らしき声が聞こえて来たら -




お墓だけではなく、
お仏壇も霊道の一つと言われているので・・



良からぬ霊では無い限り、
差し上げてみてはと思いますが。





あれから、叔父さんは満足をしたのか、
声は聞こえて来ないと言う・・。




だったらのお彼岸にも、
またチキンカレーを作って、
ウチだけでなく叔父さんにも供物にしようと、
今からまた思っていたのでしたが・・。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。







ハートそういうこともあったりする
↓そんな皆さんの一日・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村

 015kuma030_2017032120351781a.jpg


(゜▽゜*)いつもありがとうございます。

一部でも参考になりましたら・・。

色々と遅れます、よろしくね。


別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
お父さんが連れている動物は?「お彼岸話2」
2017-03-20 Mon 00:18
00higan2-01.jpg




お客様のKさんには、
亡くなったおさんが守護霊で来てくれている。




それは、
何度かお会いしていて分かっていたのだけど・・




どうも判らなかったのが、
さんが連れている動物、
と言いますか、
Kさん宅にから飼われていたペットのこと。





(T^T)最初に・・

ワタシが感覚的に判ったのが、
白い犬だったと思っていたのだけど・・。




どうもそんなイメージしか伝わらず -





「おさんは
白い犬を連れているようなのですが」



~などと、彼女に伝えてしまった。





よって彼女がそう聞いても・・




「・・そうですか?
ウチでは犬は茶色しかいなかったですが」





「茶色の犬を可愛がっていた訳ですか」





・・正直、その時には、
ワタシがKさんの側にいるペットを、
感覚で間違ったのだと反省していた・・。





『おかしいなぁ・・
二度、三度と感じるのは、
どうしても白い犬?かまたは白い何か』




どうもワタシには頑なに、
白の何かとしか判明が出来ずにいた動物。





丁度、つい最近、彼女から予約が入り・・




でもまた、
何か白い動物が判らず仕舞いなのか?



ちょっと自信を失いかけていたもので、
複雑な気分ではあったのだけど・・。


・・




お会いしたのは、
春のお彼岸ではなかったけれど・・




いつものカフェで待ち合わせをし、
ワタシが複雑な気持ちでいた所に、
彼女が申し訳なさそうに開口一番、
こんなことを言ったのだった。





「○さん、すみません!
私、記憶から消えていたことがあって」





「記憶から消えていたこと、ですか?」





それからKさんは、
以前に飼っていたという、
違うペットのことを話し出した・・。





Kさんの方が、
昨年の秋のお彼岸に、
たまたま実家に戻ってお墓参りをした際。



お母さんが出して来た、
のアルバムを見る機会があったそうで。




懐かしいとか、
忘れていたとか、
歓談しながら古い写真を見ていたのだとか。




その中の一、二枚に、
Kさんには余り覚えが無かった生き物が。





「あれ、猫だねお母さん
ウチで猫なんて飼っていたっけ?」




「やだわ、おさん、この猫、
シロをすごく可愛がっていたじゃない」





( ̄▽ ̄;)))え ・・・?



・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 08cb002_20170319210936460.jpg


ハート動物と一緒の故人も多いです
↓ステージが同じだいうことでしょう




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆




お父さんが連れている動物は?「お彼岸話2」の続きを読む
別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
女主(人)の謝罪☆年を経て人は変わる「お彼岸話 その1」
2017-03-18 Sat 00:16
00higan01.jpg




少し前のお彼岸のこと -



地方に住むUさんは、
祖母さんの三回忌にあたり、
これまでとは違った気持ちになっていた。





大嫌いだったお祖母さんだったけれど、
亡くなって丸二年も経つと、
主観的にしか考えていなかった、
これまでの過去や生き方・・




更には祖母の生き方までも、
簡単な容認とは行かないにしても、
何となく、
以前よりは理解が出来るようになったと言う。





・・それから、
彼女には久しぶりにお会いしたのだったが。





「私のこれまでは、
いわゆる黒歴史という感じだったもので





「分かります・・
でも、そこまで来れば、
大きな山を越え終わった感じですね」





(T^T)Uさんとは・・

彼女が大学だった頃からのお付き合いで、
暗い気持ちにさいなまれていた時に、
初めて彼女と会ったもので・・。




理系の仕事に就くため、
こちらの専門学科のある大学に通っていたUさん。





本当は小さな頃から文学少女だったそうで -



出来るなら短大か、
大学の文学部に入学をしたかったらしい。





「家を継いでもらうから文学部は駄目
専門学科のある大学だけにしなさい」





祖父さんが亡き後、
祖母さんが実権を握った旧家は、
有無を言わさずに、
その一言でUさんの将来が決められた。




実家の仕事を継承するため、
女主人のお祖母さんが、
姉妹の中でも利発だった彼女を抜擢し、
不本意で理系の大学を受験したのだと・・。





ワタシの記憶では今ではある程度しか、
初対面の時のことを思い出せないけれど。





「・・あの時、○さんには、
40代くらいからの方が
違う生き方が出来るって、
そう言われて長いとは思っていましたが」





「あれから20年近く経っていますよね」





「確かに、祖母も亡くなり、
今は反対に専門職で良かったと思っています
結婚もしていないから、
長く仕事が出来て良かったのかもしれません」





何年かぶりにお会いしたけれど、
かなり明るく変わったUさんを見て、
ワタシの方が少しほっとした気持ちだった。




さて・・


黒歴史と明言する彼女から、
そうしたバックボーンをお聞きし、
ワタシよりもずいぶんと若いのに、
無理強いでを決められるなんてと・・




びっくりしながらも、
彼女が背負っていた名家の重たさも、
少しだけ垣間見えた感じだった過去。




それほどでは無かったけれど、
彼女の過去とワタシの昔が重なって、
自分の方が感慨深かった・・。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 09higan06_20170317214229ea0.jpg


ハートどんな人にも何かがある
↓立ち直るきっかけが何か・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方はどうぞ・・・☆



女主(人)の謝罪☆年を経て人は変わる「お彼岸話 その1」の続きを読む
別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
「お供えの話」もうすぐお彼岸なので(^ー^)
2017-03-16 Thu 00:14
00bosan01.jpg




毎回、お彼岸になると、
それについてのお話などを書いていますが。


今日は・・
お仏壇や墓参の際の花やお供えのお話を。


・・




お墓があるお宅では、
自ずと仏壇もある場合がほとんど。




長男や家を継いだ方なら、
仏壇とお墓の関連がお分かりだと思います。





お墓とお供えについては、
仏教とキリスト教など、
宗教でやり方は変わって来ますが -




お彼岸に関わるのは、
ほとんどの仏教の場合なら、
お花とお線香、
カラス被害で禁止されていない場合には、
お供えのお菓子なども持参して行く訳です。




(T^T)これもいくら仏教でも、
宗教でも違いがあるため、
皆さんの宗教とお寺の指導に沿って下さい。





お仏壇へのお供えは、
これもある程度は宗教によると思うけれど、
30分~一時間くらい経過したら・・



供養のために食べて構わないということ。




毎朝、ウチは小さな陶器に、
お茶と炊いたご飯をのせてあげている。




次の日になったら、
庭にやって来るスズメたちやヒヨドリに、
前の日のご飯を撒いていて、
鳥にリサイクルをしている訳ですが・・。




ご飯なども、
夏場に長時間経っていなければ、
もちろん供養にもなるため、
食べて良いとされていますね・・。





墓参りでも地域性があって、
お彼岸やお盆などの際も・・



お墓の前でお供え物や、
持参したお弁当を食べる地方もあるようで、
様々だとは思いますが・・。





・・さてはて・・・




「ちょっとそれはどうなのよ?」~と、
以前にバスに乗っていた時に、
聞いていて複雑な気持ちになった会話があった。




ずいぶん前に書いたことがあったのですが。




「それはあかんやろ~」




と関西の方たちの会話が聞こえ、
その中身にびっくりした事が・・。




00bosan02.jpg




そう言えばウチの上の方には、
全国展開の会社の家族寮があったはず。




あかんやろ~の前後に、
どこだかの知り合いの奥さんが、
お寺へ墓参りに行った時の話のようで・・。

(関西の方のバッシングではないです)




「横のお墓から花をちょっともらうって」




「墓の花泥棒やないの」





(×_×)どうやら・・


おばさまたちの会話に出て来た知り合いが、
墓参りに何も持参はせずに、
最初っから隣にあるお墓の、
見ず知らずの人の花を無断で頂戴し・・



そのくすねた花を、
自分のお墓にさしていると言う中身だった。




そりゃ、あかんやろ~
という話にもなるわなと、
バスの前の席でワタシも納得した訳です。





皆さんの話し方がユーモラスだったから、
あまり深刻な感じじゃなかったけれど。




やはり・・


人様が自分に所縁のお墓に、
選んで購入をして、
わざわざ捧げていたお花を、
横取りして盗んではいけないでしょう。





気持ちだとも感じますので、
小さな花束でも、
家の庭に咲いていた花でも構わないと、
ワタシは思うのですが・・。




もし、生活がハードで、
何も持参出来る物が無ければ、
気持ちで心を込めて、
お墓に手を合わせるだけでも、
人様のお墓の花を失敬するよりは、
数段、故人に気持ちは伝わると思います。





・・今日はお供え物の事を書きましたが、
自分のお墓の前に、
始めにお寺の御本尊に祈りを捧げてから、
それぞれのお墓参りに向かって下さい。





・・さて・・・



春彼岸は秋彼岸よりも、
意味に深い物があるようで、
お彼岸に久しぶりに墓参をと思うなら、
可能なら春彼岸に行かれた方が良いと思います。




もし -


お墓が遠いとか、
あまりに忙しいなど、
どうにも墓参に行けない場合には・・



こちらも毎回、書いていますが、
お墓のあるお寺の方を向いて、
気持ちや心を込めて祈るだけでも、
何もしないよりも意味があるのではと。





お彼岸とお墓参り -




(T^T)人の思いや、
供養の仕方も色々でしょうけれど、
気持ちを現して出来るだけの事をするのが、
供養の基本だと思います・・。




行くことが可能でしたら、
春分の日もありますので、
皆さんも出来ればお墓参りをしましょう。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。









ハート要は気持ちだと思いますが
↓でも天界の皆さんも喜ぶのではと




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


07h001_2017031520403833a.jpg


(゜▽゜*)17日がお彼岸の入りですね。

春分の日をはさんで一週間・・・。

祈ることだけでもしてみてはと思います。


別窓 | 天界のこと・・・ | コメント:2 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT