FC2ブログ
仏壇に菓子の供物「ラムネがいい」とその子は言った
2019-11-21 Thu 20:49
IMG_2378.jpg



気づかなかった訳では無いけれど、
ウチの仏壇には ー


祖父母や父、伯母、叔母の他に、
もう一人、小さくして亡くなった、
祖母の第二子のお位牌がある・・。




祖母は明治生まれだから、
伯母たちは大正後半や昭和初期の生まれ。



(´;ェ;`)あの時代なら、
医学が発達してはいなかったため、
今なら分かるような病気でも、
命を落とす事は普通にあった時代



今ならきちんと対応すれば直る、
結核なども不治の病として、
隔離のような状況になり、
空気のよい病院へ転院しなくてはいけなかったり、
昔は病気との闘いも並では無かった。




・・さてはて・・・



生きていたら、
確か従姉の母よりも下で、
父の上に産まれた訳だから
ワタシの伯母さんになるのだけど・・。




・・最近、ふと気付いた事があった。




神棚、仏壇、つまり神仏の順に、
朝に必ず水や、
炊いたご飯、お茶などをあげ、
神棚に手をあわせ仏壇にはお線香をともして



『今日も一日宜しくお願いします



よほどの事が無ければ、
それくらいで祈りも終えるのだけど、
最近は特に母の事があったため、
必ず、無事を祈っていた・・。




いつもより仏壇の中の
お位牌を見る時間が長いものだから、
昔、死んだ子のお位牌が目に止まった。




あれ、もしかしたらワタシ、
毎日、祈る際に、
その子の事を入れていなかったことに気づいた。



『まずい・・・



おじいちゃん、おばあちゃん、
お父さん、
〇〇おばちゃん、〇おばちゃん、


その子の名前は、
祖父母と父が亡くなり、
正式な名前を聞く人がいないし、
でも、
これまで亡くなった親族のことを意識しても、
敢えてその子を羅列して祈ってはいない。



でもって、
これってワタシだけじゃないだろうから、
もしかしたら寂しいんじゃないだろうか?
仏壇で祈る親族も気づいていないと思う。




何故なら、似たような話があって・・


ウチの本のお墓の脇に
小さな墓があり、
これは以前に書いた事があったけれど。




父方の叔母がその頃に、
の女の子に色々と良くない事があった際に、
知り合いから、
いわゆる祈祷師さんを紹介され・・


の脇にあった小さい女の子のお墓、
その子が忘れられていたから、
寂しさで障りがあるとか、
そんな話をされて来たそうで。




それからは ー


祖父方の本のお墓へ行く度に、
脇の小さいお墓にも、
お花やお菓子をあげて来るようにしていた。



いつぞやの墓参では・・

あかいおはながほしい」

という声が聞こえたので、


妹に「赤いお花が欲しいって」というと、
「分かった、赤いお花ね」と、

持参した花束から赤い花を引き抜いて、
お菓子と一緒にあげてみたのを覚えていた。




では何が言いたいのか? ・・



仏壇の中の子だって、
お花が欲しいだとか、
お菓子とか食べたいのではと思った訳です。



「今度、買ってあげよう、小さなおばさんに」



なんてことを考えてはいたけれど、
何がよいのか決めかねていた次の日、
いつものように仏壇にご飯やお茶をあげていたら、



「お菓子がたべたい」


という声が聞こえたので ・・



試しにワタシからイメージで、



「どんなのが食べたいの?

今の子が好きなのは、
グミとかキャラクターのチョコレートとか、
ビスケットとかアメとか、

あと、
口の中に入れるとシュワシュワする、
ラムネっていうお菓子もあるよ」



と、伝えたら ー


ラムネがたべたい、ラムネがいい」


・・そんな返答があったのだった。



たぶん、シュワシュワするお菓子なんて、
大正とか昭和初期にはあまり無かったのかな。




次の日に丁度、外の仕事があったので、
帰りにコンビニで、
アンパンマンのラムネと、
ドキンちゃんのチョコレートを買って、
仏壇の高坏の落雁を一つのけて、
片側にラムネとチョコをのせてみた。



気のせいではなく、
「ありがとう」というイメージが、
ワタシの脳に届いたのでありましたが。




(T^T)なので もし ー


皆さんの仏壇とかご実の仏壇、
または、
墓参りにいらっしゃる際には ー


いつもの位牌ではなく、
これまで気付か無かった物、
お墓の脇などにも、
小さいどなたかのお墓があったなら、
そちらにも手をあわせたり供物をあげて下さい。



気付かなくて寂しい思いをして、
こちらにメッセージがあるかもしれないので。




そこにひっそりと、
埋葬されている人にもよると思うけれど、

女の子、男の子、
夭折(若くして亡くなる事)された方なら、
気付いてあげて、
祈ってあげるだけでも良いと思います。




人それぞれに考え方も違い、
生き死にに対するとらえ方も違うでしょう。



「死んだらどうでもいいじゃない」



などと言う方もいらっしゃるけれど、
亡くなったら、
次の世界もあるのが分かっているので、
ぞんざいには思わない方がと感じます。



・・押しつけではなく普通の感覚ですが。

・・






すみませんワタシは占い師



・・・続くかな・・・

。。






ハート仏壇は霊道の一つ・・
↓お墓よりも間近に故人が




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村

 03クマ0011


(^ー^)いつも読んでいただきありがとう。

皆さんのご参考になりましたら・・。


別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:1 | top↑
Nさんの守護霊・お婆さんに病院で助けられる
2019-10-27 Sun 20:20
019-helpme.jpg



またかと思われるかもしれないけれど、
そうです、
についてのお話をば ー




ワタシの部屋はややざらついている・・。



それはお清めとお祓いのを、
一日の終わりに体に少し付けてから眠るため。



でないと、
昼間、特に病院やクリニックへ行ったあとだと、
もしかして、
良からぬなどを連れて
帰宅している事があったりするから。




効果を馬鹿にする方も、
同業者にはいらっしゃるけれど、
それは個人的な問題だし、

ワタシのお客様には、
様々な効果をあげているから、
自分としては無難なやり方だと思っている。




さて、そんなお祓いのですが・・



先日・・


2か月に一度くらい通院している病院へ行った。




メンタルのための通院だし、
通院する方の中で、
マイナスに作用している方は、


芳しくない方角への移転とか ・・
良くない行為の結果だったりするため、


こちらの精神的なぶ部分がきっちりしていないと、
失礼ながら、
弱っていらっしゃる皆さんの持つ、
負のエネルギーや、
憑けている良からぬなどをブロック出来ない。





そんな時 ー


いつもは必ず持参して、
身に付けている海水をうっかり忘れてしまった。




まずいな・・
あまり微妙な人とは会いたくないな・・』




自分も同じ立場ながら、
似たような人の障りを受けてしまうと、
また、何日も寝込んだりする事になるから。




。。



こういう時に限って、
待合室の隣りから、
どうも入院をされるような方の声が聞こえて来た。



たまたま他の診察室が空いていなくて、
すぐ側の予備の部屋を使っているようだった。




どうしても、
やり取りが聞こえてしまうため、
何気に聞いてしまったら、
やはりそれなりに大変そうな感じで・・。




「・・うーん、失礼だけど普通では無い感じ」




ψ(`∇´)ψ次第に・・


その部屋から黒いカスミのようなイメージが、
ヒタヒタとはい出て来てしまい、


自分が座っている場所は混んでいるし、
何処へも行けないような状況の中、
どうしようかと悩んでいたら ・・



ブログを読んでくださって、
ご存知の方は、
知っていらっしゃるかもしれない、
Nさんのお婆ちゃん ー



故人の方だけど、
孫娘のNさんと懇意にさせて頂いているため、
守護となっている、
彼女のお婆ちゃんが、
時たまワタシを心配してくれて、
天界から瞬間移動で、
守ってくれていたのだけれど ・・。




その時にも、
黒いカスミのようなモノを追い払ってくれた。




『お婆ちゃん、ありがとう』




同じ立場の方の事を、
差別的に書きたい訳では無いし、


反対にワタシを見て、
良からぬ存在と感じ、
逃げ出す方もいらっしゃるとも思う。




が、やはり後日、
何日か調子が戻らず、
あの時に、
Nさんのお婆ちゃんが追い払ってくれなかったら、
もしかしたら、
もっと体調も先月並にハードになっていたかもしれない。





(T^T) さてはて・・


他人の守護さんが、
他の人を守ってくれたり、


それが自覚出来たりする事は、
決して珍しい事ではなかったりする。




・・ただ・・・



きちんとした存在なら良いけれど、
守ってくれているなら構わないですが。



良い守護とは、
判断しにくい場合も有るので、


皆さんが感などが強くても、
何であるか判らないような声や、
怪しい不穏な助けには、
安易に乗らず気をつけて下さい。


・・



ようやく介護鬱から浮上したのに、
あれから一週間経っても、
今一つな自分を考えると、
常日頃から持っていて身を守ってくれるアイテムは、
やはり必ず持参するべきだと痛感してしまった。




また親の通院が幾つかあるため、
気をつけて行きたいと、
改めて感じた出来事でありました・・。




・・と共に・・・


霊感の強い方は、
病院などへ行く際には、
自分の身を守るようなアイテムを持参して下さい。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。





ハート血のつながりがない故人も
↓守ってくれたりすることが・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村

07h001_20191027201212693.jpg


(^ー^)皆さんにもきっとあること・・。

そんな関わりも存在します。

別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
霊は見える方が分かりやすい☆恐がる人、恐がらない人
2019-09-25 Wed 20:34
019-reikon01.jpg



とあるお客様のお子さんが、
いわゆる感が強いというので、
少し悩んでいた時があった・・。




その娘さん(ゆかりちゃん)は、
感受性が豊かなのは良かったけれど、
お客様(以降、Mさんとする)に・・



ママ、あそこにおばあちゃんがいるよ」


とか、


「この前に死んだおじちゃんが、
ウチに来てママをみていたんだよ」


などと、
Mさんにも誰にも見えていない存在が見えてしまう。




具体的に、
他の人が見えていない人とか、
Mさんが知らないだろう人が感じられたり。




救いだったのは、
ゆかりちゃんは恐くないようで、
自分に心配する大人へも、



「だいじょうぶだよ、
だって悪い人とかじゃないんだもん」



と言って、
聞いても心配しても笑っていたようだった。




何年か過ぎても、
それは変わらないようで、

更に成長するにつれ、
反対にゆかりちゃんが恐がる要素も
分かるようになって来たそう。




Mさんが色々な人から聞いたり、
本やネットで調べたりしたら ー


人が見えない存在、などを、
自分だけが認識するのが恐いと感じるタイプ。



反対にゆかりちゃんのように、
他の人が見えないなどを見ても、
それは自分が見える自覚を持っていて、
と会話が出来たりすると、


何故、現世に留まっているのか、
たまに天界から下界の家族を心配し、
こちらに来るのかなど・・



がいる意味があるそうなので、
特に恐がらないタイプがあるようで、
後者のゆかりちゃんは恐がらないタイプ。




確かに感じたり見えたりするのを、
やみくもに恐がられるよりも、



ここにいるのは、
お母さんがずっと悲しんでいるから
あっち(天界)へあがれないんだって」


~というように、


こちらは分からなくても、
本人が納得をしているなら、
それはそれで、
構わないのではと思うようにしたのだそう。





そうMさんに言われれば ー


何十年もこの仕事をしていて、
ご自分やお子さんが見えたりする方では、
やはり、
その特異な能力を持て余している方の方が多く・・



ゆかりちゃんのように、
自分で納得しながら会話も出来て、
それがどんな人なのかを理解していれば、
やたら恐怖を感じる事も無いのかもしれない。





でもまあ、こうしたことは個人差もあり、
ワタシのように見えないけれど、
聞こえる人もいらっしゃるとも思う。




タイプはそれこそ様々だと感じるけれど、
Mさん母娘のお話で納得出来たのは、


『その存在が分かるなら、
やたらと恐がらない方が良いのかもしれない』


ということ ・・。




これまでは、
反対の方の方が多かったから、
これからはお陰さまで、
『恐がらないこと』をアドバイス出来ると感じた。




でも、そんなゆかりちゃんが、
一番、苦手な物があるという。




オーブ、とんでる小さい光みたいなの」



Mさんが不思議に思って聞いたら、



「だって人ならすぐわかるけど、
あの光って何だかわからないんだもの」




なるほど ー


光の玉のようなオーブは、
何だか分からない不可解な存在らしい。




ワタシは幸いに見えないけれど、
見えて理解出来る人にも、
苦手な物があるんだなと感じた。




実際に人だったり、
死んだペットだったりすれば、
それがどんな存在なのかが分かるけれど、
確かに実体の無いような光は恐いのかもしれない。





感が強い方で、
見えて嫌だったのなら、
これからはゆかりちゃんの考え方を、
一部でも真似てみてはと思います。



恐がるだけでなく、
あちらが嫌な霊ではないなら、
意味があると感じましたが・・。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかな・・・

。。






ハート見えなくてもいい物がある
↓それはそれで幸せでしょう・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 09b003_20190925202438ecf.jpg


(゜▽゜*)色々ありますが、

一部でもご参考になりましたら。



別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
心霊スポットは夏には特に行かないこと☆霊は湿気が好き
2019-07-27 Sat 22:21
019-sinnrei01.jpg



暑い日が続き、
長い記事も読みたくもないと思いますので、
(それ以前にワタシがしんどかったりして)

短めな内容を(ほんとかいな)・・。

・・



30度になると脳が働かないという、
暑いがやって来ました。



頭が稼働しないのはいつもだけれど、
やはり暑さは苦手です、
特に歳食ってからというもの・・。




最近、パリで異常気象で、
連日、猛暑日どころか、
南インド並の40度えだというから、
本当に大変そうだと痛感したりして。




・・さて・・・



毎年、いわゆる心スポットについて、
否定的に書いていますが、
そりゃそーです、
半端な感持ちのワタシだったら、
スポットなんて真っ平ごめんだから。





(T^T)何故かと言えば・・

内容が同じ部分があり恐縮だけど。




はまず湿度が高いということ。


見えないヤバいも、
ヤバくないような皆さん所縁のの皆さんも、
は反対に、
皆さんの元にも出やすいとも言えたりする。




それに ー


磁気と静電気などが合致すると、
(諸説ありますが)

出やすくなると言われていて、
感が強い方は、
磁気や静電気の度合いが普通の人より強いか、
または違っている場合がほとんど。




そうした部分が違う皆さんは、
まだ、冬場は湿度が少なくなるため、
マシになる場合が多い・・。




更にこれも何時もに感じる事だけれど ー


お盆近くになると、
表現は不適切かもしれないけど、
故人たちの霊が来るのと共に、
それに便乗してやって来る霊もいる。



019-sinnrei02.jpg



前にも書いた事があるけれど、
「盆踊り」もご先祖さまと共に、
よからぬ霊をも追い払うためにあり、
昔は峠までみんなでくりだして、
「さよなら~」とばかりに踊りを踊ったようだった。




・・さて・・・



このような事からも、
はぶっちゃけヤバい霊が 横行するため、

ちょっとでも霊感があったなら、
より、心霊スポットに巣食う霊に、
気取られてしまう場合も多い・・。




特にピュアなお子さん連れなどでは、
絶対にそんなけったいな場所へは行かないこと。




これは心霊スポットという、
廃墟の病院あととかだけではなく、

失礼ながら・・

痛ましい亡くなり方をされた場所、
例えば交通事故がやたら起こり、
事故で亡くなった方が多い場所。




(T^T)こちらでは、
近年まで自殺の名所としても有名だった橋とか、


昔、タコ部屋労働者に酷い扱いをし、
亡くなればその辺に埋めてしまったところ、


それこそ、
ヤバい戦国武将が断頭されたとか、
古戦場などでも数多の人が生命を落としている場所。


第二次世界大戦でも、
色々な場所でたくさんの方が亡くなられている。




成仏をされていれば、
それは怨念深い霊にはならなかったりするけれど、
そうではなく、
亡くなった事すら分からない方だっていらっしゃる。



なので情操教育には、
亡くなられた皆さんへの供養などは、
本当は良いことなのだけど・・


皆さんご自身が霊感が強い、
またはお子さんがやたら敏感ならば、
行かないまでも、
その方角へ祈るだけでも教育にはなるし、
場所にこだわら無くても良いと感じます。




さてはて心霊スポットですが、
肝試し的なイベントで行くには、
見えないと思って軽んじるけれど、


本当に怖いのは、
帰宅した後に
そのお持ち帰りした霊障が起きたりすること。




言われ通りの死に方をした、

訳もなく重病になったり、

亡くならなくても良かった家族が、
突然に亡くなったり・・




(;_;)この仕事をしていると、
そうした事も耳に入って来たりするので、

遊びや冷やかしや肝試しなんかで、
先の自分やご家族まで巻き添えにしないでください。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。






ハート日本は狭いですが
↓嫌な場所へは行かないのが鉄則・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 08kaidan03_2019072722130347f.jpg


(^ー^)色々ありますが恐いものは恐いです。

言われているような場には行かないこと。



別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
「霊能者」を騙る(かたる)お金取りには気を付けて
2019-07-24 Wed 20:07
019-reinousya01.jpg



「〇さんは霊能者ですよね」



こんな風に、
たまにお客様から聞かれるのだけれど、
ワタシは返答に困ってしまう・・。




(>_<)うーん霊能者か・・・



だったら霊能者って、
どんな決まり事と言いますか、
何がどうだったらそんな呼ばれ方をするのか?

とか感じるし・・



霊能者というのが変に特別視されているようで、
先生というのと同列で、
あまり好きではない呼称なのでね。




そもそもあたかも、
霊感が人より少し強いだけなら、
そんな方は結構、たくさんいらっしゃると思うし、

更に平たく言えば、
霊能者という能力で飯食っている人、
くらいにしか思えてはいなかったりする。




まあ、法外な値段、
鑑定料を吹っかける霊能者と言われる、
霊感商法を生業にしている人たちも、
まだまだたくさんいて、

一回の鑑定料が十万単位、
十万、二十万、 五十万に百万 ・・・



ワタシなんかから見たら、
ゆうに20倍、100倍などだから、
凄い商売をしているんだなぁ、などと、
呆れてしまう場合も多々あったり。




それで皆さんの故人なり、
昔、亡くなった大切な方の、
天界や違う場所での行方が分かったり、
たとえば自死された方なら、
天界へはすぐに上がれない事も承知で、


「あなたの旦那さんはあちらに行って、
そこで幸せにしているようです」



などの一言で、
普通じゃない鑑定料金をむさぼるのも、
故人の声を聞きたい方には気の毒に思えてしまう。




同業者さんの悪口を言いたい訳じゃないけれど、
本当に分かるなら何も言わないし、言えない。



元々、基本的にはやり方が違う鑑定師さんなんて、
星の数ほど占い師や鑑定師がいれば、
それぞれ違うのは当たり前だし、
ワタシが避難をする筋合いも無かったりする。




。。


言いたいのは、
普通ではなく、
いわゆる見えもしない故人の嘘を言い、
やたら無駄に高い暴利をむさぼる人間。




ワタシだって、
そう高くは無いけれど、
鑑定料金を頂戴しているし、
個人の自由なんだかと言われてしまえば、
それも仕方が無いとする。



でもねー、占い手、霊能者側が、
見えない、聞こえない、感覚も無いというと、
やはりどうなのかなと感じてしまう。




何故、こんな事を書いたかと言えば、
知り合いで、
前に大好きだったお父さんを亡くし、
友達から見える霊能者を知ってるから、と、
その場所に連れて行かれたと・・。




その方は本当にお父さんの事を知りたくて、
藁をもつかむ思いでの事だった訳ですが。



こちら地元じゃないけれど、
電車で向かったという、
その霊能者という男性がいる場所へ行き、


言われた事が・・




「あなたのお父さんは暗くて寒い場所に居る
もし、そこから助けたかったら、
毎日、祈祷をしてあげるから」


・・という話になったそうで。




だいたい、
大好きなお父さんが成仏してなくて・・


いまだに暗くて寒い場所に居ると言われたら、
とりあえず驚くし、
気分も良くなくなるし、
だったらと思うでしょうよ、きっと。




で、聞いた祈祷の料金が、
百日で、一日一万円で、百日分だから百万円。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 05kuma0021_20190724194245945.jpg


ハート極端なお金を要求されます
↓その前に気を付けてみることが大事・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村



もっと先を読んんでみたい方だけどうぞ・・・☆



「霊能者」を騙る(かたる)お金取りには気を付けての続きを読む
別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
家と土地・・その場所に呼ばれてしまう人
2019-06-24 Mon 22:11
 019-furuya01.jpg



今日は ・・


知らず知らずのうちに、
皆さんが念や怨念などの
見えない存在に引っ張られてしまうという、

ご先祖さまや他、
守護されている場合とは違う、
前の記事と真逆のやや物騒なお話を ー

・・



仕事柄、
人事異動や違う場所に移転したり、
また、その賃貸している物件の持ち主の関係で、
引越しをしなくてはいけなくなる方を多々拝見する。



少し前のこと、
久々にいらした方からこんなお話をお聞きした。




「どうしてもその土地が欲しいので」




Yさんは何年か前に、
大家さんが高齢化して施設に入居するため、
賃貸をしていたアパートを引き払うことに。



面倒くさいなぁ、と感じたそうだったけれど、
丁度、
二人目のお子さんも大きくなって来たため、
市内で学区が同じエリアで、
今度は一軒家を探すことにしたそうだった。




どうせなら、
中学になった長女の部屋も考え、
手狭だったアパート暮らしではなく、
3LDKくらいの家があればと思っていたという。




その頃はまだ1、2月くらいで、
市内でも引越しシーズン手前だったため、
半月くらいで先ず、
そこそこ良さげな物件が幾つかあった。




中でも ー


もしかしたら最終的には、
高齢者の大家さんが、
土地付きで売りに出すのではという、
中古の一軒家が気に入ったようだった。



それからはちょっと古いけれど、
これまでとは違う広さの家で、
四人家族で仲良く暮らしていた・・。




何年かが経ち


久々にYさんがいらして、
冒頭のような話をし出した・・。




「どうしてもその土地が欲しいのですが」



あれから何年か、
いや、何年も経ったという事は、
あの古い家も、
更に古くなっているという事だと思う。




「すみませんが、
あの築年数が40年以上だった家も
50年以上になったのでは?」




「まあ、そうなんですけれど・・」




「それを壊してから、
また家を新しく建てるのは
普通、二度手間以上になると思うのですが」




Yさんはでも、
確かにワタシの言葉を考えながら、
更に続けた・・




「でも、今の家が気に入っていて
何だかここに住み続けたほうがとか」




その時、あれ、変だなと感じた・・。


・・




m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 08cb002_201906242154145d3.jpg

ハート自分の考えだけではない事がある
↓周囲の声が聞こえなかったり・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村



もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆



家と土地・・その場所に呼ばれてしまう人の続きを読む
別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT