FC2ブログ
心霊スポットは夏には特に行かないこと☆霊は湿気が好き
2019-07-27 Sat 22:21
019-sinnrei01.jpg



暑い日が続き、
長い記事も読みたくもないと思いますので、
(それ以前にワタシがしんどかったりして)

短めな内容を(ほんとかいな)・・。

・・



30度になると脳が働かないという、
暑いがやって来ました。



頭が稼働しないのはいつもだけれど、
やはり暑さは苦手です、
特に歳食ってからというもの・・。




最近、パリで異常気象で、
連日、猛暑日どころか、
南インド並の40度えだというから、
本当に大変そうだと痛感したりして。




・・さて・・・



毎年、いわゆる心スポットについて、
否定的に書いていますが、
そりゃそーです、
半端な感持ちのワタシだったら、
スポットなんて真っ平ごめんだから。





(T^T)何故かと言えば・・

内容が同じ部分があり恐縮だけど。




はまず湿度が高いということ。


見えないヤバいも、
ヤバくないような皆さん所縁のの皆さんも、
は反対に、
皆さんの元にも出やすいとも言えたりする。




それに ー


磁気と静電気などが合致すると、
(諸説ありますが)

出やすくなると言われていて、
感が強い方は、
磁気や静電気の度合いが普通の人より強いか、
または違っている場合がほとんど。




そうした部分が違う皆さんは、
まだ、冬場は湿度が少なくなるため、
マシになる場合が多い・・。




更にこれも何時もに感じる事だけれど ー


お盆近くになると、
表現は不適切かもしれないけど、
故人たちの霊が来るのと共に、
それに便乗してやって来る霊もいる。



019-sinnrei02.jpg



前にも書いた事があるけれど、
「盆踊り」もご先祖さまと共に、
よからぬ霊をも追い払うためにあり、
昔は峠までみんなでくりだして、
「さよなら~」とばかりに踊りを踊ったようだった。




・・さて・・・



このような事からも、
はぶっちゃけヤバい霊が 横行するため、

ちょっとでも霊感があったなら、
より、心霊スポットに巣食う霊に、
気取られてしまう場合も多い・・。




特にピュアなお子さん連れなどでは、
絶対にそんなけったいな場所へは行かないこと。




これは心霊スポットという、
廃墟の病院あととかだけではなく、

失礼ながら・・

痛ましい亡くなり方をされた場所、
例えば交通事故がやたら起こり、
事故で亡くなった方が多い場所。




(T^T)こちらでは、
近年まで自殺の名所としても有名だった橋とか、


昔、タコ部屋労働者に酷い扱いをし、
亡くなればその辺に埋めてしまったところ、


それこそ、
ヤバい戦国武将が断頭されたとか、
古戦場などでも数多の人が生命を落としている場所。


第二次世界大戦でも、
色々な場所でたくさんの方が亡くなられている。




成仏をされていれば、
それは怨念深い霊にはならなかったりするけれど、
そうではなく、
亡くなった事すら分からない方だっていらっしゃる。



なので情操教育には、
亡くなられた皆さんへの供養などは、
本当は良いことなのだけど・・


皆さんご自身が霊感が強い、
またはお子さんがやたら敏感ならば、
行かないまでも、
その方角へ祈るだけでも教育にはなるし、
場所にこだわら無くても良いと感じます。




さてはて心霊スポットですが、
肝試し的なイベントで行くには、
見えないと思って軽んじるけれど、


本当に怖いのは、
帰宅した後に
そのお持ち帰りした霊障が起きたりすること。




言われ通りの死に方をした、

訳もなく重病になったり、

亡くならなくても良かった家族が、
突然に亡くなったり・・




(;_;)この仕事をしていると、
そうした事も耳に入って来たりするので、

遊びや冷やかしや肝試しなんかで、
先の自分やご家族まで巻き添えにしないでください。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。






ハート日本は狭いですが
↓嫌な場所へは行かないのが鉄則・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 08kaidan03_2019072722130347f.jpg


(^ー^)色々ありますが恐いものは恐いです。

言われているような場には行かないこと。



別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
「霊能者」を騙る(かたる)お金取りには気を付けて
2019-07-24 Wed 20:07
019-reinousya01.jpg



「〇さんは霊能者ですよね」



こんな風に、
たまにお客様から聞かれるのだけれど、
ワタシは返答に困ってしまう・・。




(>_<)うーん霊能者か・・・



だったら霊能者って、
どんな決まり事と言いますか、
何がどうだったらそんな呼ばれ方をするのか?

とか感じるし・・



霊能者というのが変に特別視されているようで、
先生というのと同列で、
あまり好きではない呼称なのでね。




そもそもあたかも、
霊感が人より少し強いだけなら、
そんな方は結構、たくさんいらっしゃると思うし、

更に平たく言えば、
霊能者という能力で飯食っている人、
くらいにしか思えてはいなかったりする。




まあ、法外な値段、
鑑定料を吹っかける霊能者と言われる、
霊感商法を生業にしている人たちも、
まだまだたくさんいて、

一回の鑑定料が十万単位、
十万、二十万、 五十万に百万 ・・・



ワタシなんかから見たら、
ゆうに20倍、100倍などだから、
凄い商売をしているんだなぁ、などと、
呆れてしまう場合も多々あったり。




それで皆さんの故人なり、
昔、亡くなった大切な方の、
天界や違う場所での行方が分かったり、
たとえば自死された方なら、
天界へはすぐに上がれない事も承知で、


「あなたの旦那さんはあちらに行って、
そこで幸せにしているようです」



などの一言で、
普通じゃない鑑定料金をむさぼるのも、
故人の声を聞きたい方には気の毒に思えてしまう。




同業者さんの悪口を言いたい訳じゃないけれど、
本当に分かるなら何も言わないし、言えない。



元々、基本的にはやり方が違う鑑定師さんなんて、
星の数ほど占い師や鑑定師がいれば、
それぞれ違うのは当たり前だし、
ワタシが避難をする筋合いも無かったりする。




。。


言いたいのは、
普通ではなく、
いわゆる見えもしない故人の嘘を言い、
やたら無駄に高い暴利をむさぼる人間。




ワタシだって、
そう高くは無いけれど、
鑑定料金を頂戴しているし、
個人の自由なんだかと言われてしまえば、
それも仕方が無いとする。



でもねー、占い手、霊能者側が、
見えない、聞こえない、感覚も無いというと、
やはりどうなのかなと感じてしまう。




何故、こんな事を書いたかと言えば、
知り合いで、
前に大好きだったお父さんを亡くし、
友達から見える霊能者を知ってるから、と、
その場所に連れて行かれたと・・。




その方は本当にお父さんの事を知りたくて、
藁をもつかむ思いでの事だった訳ですが。



こちら地元じゃないけれど、
電車で向かったという、
その霊能者という男性がいる場所へ行き、


言われた事が・・




「あなたのお父さんは暗くて寒い場所に居る
もし、そこから助けたかったら、
毎日、祈祷をしてあげるから」


・・という話になったそうで。




だいたい、
大好きなお父さんが成仏してなくて・・


いまだに暗くて寒い場所に居ると言われたら、
とりあえず驚くし、
気分も良くなくなるし、
だったらと思うでしょうよ、きっと。




で、聞いた祈祷の料金が、
百日で、一日一万円で、百日分だから百万円。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 05kuma0021_20190724194245945.jpg


ハート極端なお金を要求されます
↓その前に気を付けてみることが大事・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村



もっと先を読んんでみたい方だけどうぞ・・・☆



「霊能者」を騙る(かたる)お金取りには気を付けての続きを読む
別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
家と土地・・その場所に呼ばれてしまう人
2019-06-24 Mon 22:11
 019-furuya01.jpg



今日は ・・


知らず知らずのうちに、
皆さんが念や怨念などの
見えない存在に引っ張られてしまうという、

ご先祖さまや他、
守護されている場合とは違う、
前の記事と真逆のやや物騒なお話を ー

・・



仕事柄、
人事異動や違う場所に移転したり、
また、その賃貸している物件の持ち主の関係で、
引越しをしなくてはいけなくなる方を多々拝見する。



少し前のこと、
久々にいらした方からこんなお話をお聞きした。




「どうしてもその土地が欲しいので」




Yさんは何年か前に、
大家さんが高齢化して施設に入居するため、
賃貸をしていたアパートを引き払うことに。



面倒くさいなぁ、と感じたそうだったけれど、
丁度、
二人目のお子さんも大きくなって来たため、
市内で学区が同じエリアで、
今度は一軒家を探すことにしたそうだった。




どうせなら、
中学になった長女の部屋も考え、
手狭だったアパート暮らしではなく、
3LDKくらいの家があればと思っていたという。




その頃はまだ1、2月くらいで、
市内でも引越しシーズン手前だったため、
半月くらいで先ず、
そこそこ良さげな物件が幾つかあった。




中でも ー


もしかしたら最終的には、
高齢者の大家さんが、
土地付きで売りに出すのではという、
中古の一軒家が気に入ったようだった。



それからはちょっと古いけれど、
これまでとは違う広さの家で、
四人家族で仲良く暮らしていた・・。




何年かが経ち


久々にYさんがいらして、
冒頭のような話をし出した・・。




「どうしてもその土地が欲しいのですが」



あれから何年か、
いや、何年も経ったという事は、
あの古い家も、
更に古くなっているという事だと思う。




「すみませんが、
あの築年数が40年以上だった家も
50年以上になったのでは?」




「まあ、そうなんですけれど・・」




「それを壊してから、
また家を新しく建てるのは
普通、二度手間以上になると思うのですが」




Yさんはでも、
確かにワタシの言葉を考えながら、
更に続けた・・




「でも、今の家が気に入っていて
何だかここに住み続けたほうがとか」




その時、あれ、変だなと感じた・・。


・・




m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 08cb002_201906242154145d3.jpg

ハート自分の考えだけではない事がある
↓周囲の声が聞こえなかったり・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村



もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆



家と土地・・その場所に呼ばれてしまう人の続きを読む
別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
自分の愛用品を彼や彼女(旦那さん、奥さん)宅に置い来てはいけない話
2019-05-19 Sun 17:50
 IMG_1865_20190519103240124.jpg



例えば・・


好きな男性とか女性と、
恋人てしてお付き合いをしていて、

途中、飲んだついでに、
たまたまどちらかの部屋にお泊まりをし、
更にタイミングが合ったからと同棲をする。




それから何ヶ月か、
同じアパートとかマンションに住み・・


ハブラシ、シャンプーとリンス、
2人で買った服やスニーカー、
地味ながらも相手が常に居ます状態に。


となると、
当たり前のように私物も増えてくる訳ですね 。




さて ー


(××)ξこうした状態とはなった果てに、
二人は別れてしまったとする・・・。




そうなったら、
置いていた愛用品ならば、
歯ブラシでもタオルなどでも、
更に好きだった洋服ならば、なお、
きっちり持ち帰った方が良いです。




自分が愛用していた品物を、
彼や彼女宅に置いてきてはいけない。



特に最後は浮気だとか、
裏切りだとか、
きな臭い結果となっていたならば、
特に注意をして下さい。




自分で取りに行けないなら、
責任感のある友達に頼んで、
自分の元に戻すようにすること。



嫌な言い方だけれど、
あなたの次の彼女や彼氏に、
置いてきた品物を使われたり、

また、まー無くもないのが、
ズタズタに切り裂かれたり、
ベランダで燃やされたりとか、
違う人からの怨念が取憑いたりしない防御のため。




大げさじゃないですよ ー


最近、そのようなお客さまもいて、
不可思議なお話も聞いていたもので。




自分の念がこもった品物は、
別れた相手の
個人的な空間に置いたままにはしないこと。



きっちり持ち帰って、
皆さんが処分をしてください。

・・





m(u_u)m ここでお願いいたします☆



 06love003_201905191029360f9.jpg

ハート見えないから面倒なことも
↓見えたらもっと恐いですが・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村



もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・☆



自分の愛用品を彼や彼女(旦那さん、奥さん)宅に置い来てはいけない話の続きを読む
別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
お祖母さん、退院の日に病院の霊を祓ってくれる
2019-05-01 Wed 15:28
019-nsan01.jpg




先日、親が退院をしたのだけど・・



病院などにはの皆さんも多いため、
海水塩はいつも持参していた。




珍しく護身用の塩が効いてはいたらしく、
見舞いに行っても、
いつもよりもやたらと、
体調やメンタル的に落ち込むことがなかった。




「・・あー、とりあえずほっとした」




がしかし・・


そうは問屋が卸さないと言いますか、
不味い事は最終日に起こった・・。




お借りしていた部屋を片付けて、
荷物のあらかたを梱包していた時のこと。



・・どうも、よからぬのような気配がした。




嘘のようだけれど、
よくある感情か読めない、
ゾンビのようなイメージの人たちが、
ぐるぐるとワタシの周りを囲み始めた感じがした。



そのゾンビめいたたちは、
色が無くて灰色のマンガのような集団だった。




「まさか、退院の日を狙っていたとか」





よからぬでも、
はたまた誰かにメッセージを伝えたいも、
近場にいる、
自分の存在が感じられる現世の人間が分かるようだ。



なので・・


病院だけではなく、
そうしたがたむろする場だと、
あちらから近寄って来たりする場合も。




なんてことを流暢に考えている暇は無い。



・・この人たちは実態がないし、
どうやって追い払ったら良いのか?



しかも、
まとわりつくような感じなので、
右往左往してしまった・・。




時間が無く、
会計などをしなくちゃいけない中、
お話のような事があったのだった。




あんたたち、さっさと消えなさい」




この聞き覚えのある声は、
Nさんのお祖母ちゃんだ・・。




019-nsan02.jpg



灰色のマンガのようなゾンビ霊たちは、
お祖母ちゃんの容赦ないさばき方で、
あちこちに散って行くようだ。




「あんたも忙しいんだからお母さんと行きなさい」




「お祖母ちゃん、ありがとう




助かった、
いくら急いでいると言っても、
二週間前くらいまではうつ病のような状態。



自力で散らすようなパワーも無ければ、
知らないでいたら、
たぶん自宅まで
よからぬ霊を連れて来てしまったかもしれない。




とにかく急ぎの中、
霊感が強いお客様Nさんの、
亡くなられたお祖母さんにまたもや助けられた。




(T^T)因みに ー


霊能者や祈祷師のような、
強い霊感は隔世遺伝しやすいと言われている。



Nさんのお祖母さんも、
いわゆる強い霊感の隔世遺伝だし、
一人飛んでNさんのお孫さんへも、
やはり強い霊感が遺伝をしているようだ。

・・




さてはて ー

今回のことで学んだのは・・



調子が悪い時には、
病院のような場所に頻繁に出入りすると、
見えないような浮かばれない霊が寄ってくること。



なので特に不調の際には、
カンが鋭い皆さんは十分、気をつけてください。




気がつく方もいらっしゃるかもですが、
では、病気の方たちならという場合。



病の上になお、感受性が強いなら、
入院などには護身用のアイテムを持って行くこと。




塩が効かないことも多いので


水晶のブレスレットやネックレス、
愛用のフレグランス、


ブログを読んで下さる方からは、
フランキンセンス(乳香)なども、
除霊や簡易なお祓いに良いとのこと。


こうしたアイテムをリサーチしておくと無難です。




・・しかし・・・



予期しない出来事だったので、
反対に勉強にもなりましたが。




今度、Nさんに会ったら、
またお祖母さんが守ってくれたお礼を言わなくちゃ。
そう思ったのでありました・・・。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・


。。







ハートそういうこともある平成最後
↓今日からは令和だね・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 00Kuma15920_2019043023565825e.jpg


(゜▽゜*)新しい年号のスタートですが。

また変わらずよろしくどうぞ・・・。



別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:1 | top↑
GWの注意2☆ゴールデンウィーク中の名所や旧跡
2019-04-25 Thu 14:15
019-gw2-1.jpg




ゴールデンウィーク中の旅先で、
気をつけたいシリーズ2 ー




(T^T)今回は名所や旧跡ですが・・

特に遺跡や何かがあった供養塔などについても。




しょっぱなから物騒な話かもしれませんが・・。



例えば名所、旧跡で、
、建てられたお城がありますよね。




城には城主がいて、
複雑な建築物なのには、
その城と領地を守るように出来ていたりします。



つまり・・

江戸時代のような安定した長い時代の前には、
領地を広げるための戦いや、
それに伴う争いが日常的にあった訳です。




堂々としたお城の佇まいや、
残された建築物には、
相手方の無念の感情が残り、
争いの後の武器や刀を洗った場所や、
かなり物騒なものだったり・・。




お客様の旦那さんがお城好きで、
連休にお子さん連れで古城へ行った時。



途中までは楽しそうだったお子さんが、

お城の中へ入ると ・・




「・・お母さん、具合が悪いよ」




そう言い出して、
奥さんであるお客様と娘さんだけ、
駐車場へ戻ったそうでした・・。




持参した水を飲ませ様子を見ていたのですが、
また中に入ろうかと言うと、
絶対にイヤだ、と言って震えていたそうです。




どうにか旅館に着いて、
ゆっくり休んでいたら、
娘さんも普通に戻ったようで ・・



でもあまりに違う様子だったので、
お客様(以降Oさん)が心配して、
娘さんに聞いてみたそうでした。




「・・あのね、お城に入ったら、
あそこに展示してあったような
の服を着た、
怖いお面(鎧と兜らしい)の人たちがいて、
これ以上、入ったらダメだって言って」




詳しく聞くとどうも娘さんだけが、
Oさんや旦那さんとは違う、
の武士の幽霊を見てしまったようだった。




確かに思えば、
娘さんは人よりもちょっと霊感が強く、
旅先でぐずったり、
名所と言われる場所に家族と行きたがらなかったり。
これまでも何度かそういう事があったそう。




旦那さんに言うと、
せっかくの休みなのに子どもに申し訳なく思い、
今度は◯ィズニーランドとか、
近くの遊園地に行こうという話になったようだ。




019-gw2-2.jpg



もちろん、
このOさんの例だけではないけれど・・


やはり見えてしまったり、
聞こえてしまったりする人もいて、
それがお子さんだとすると、
要らないトラウマを作る原因にもなる。




なので・・

見たい古城や古戦場などの名所などは、
戦乱の世の争いの跡地だったり、


慰霊碑などは、
特に痛ましい亡くなり方をした方のためにあるので、


霊感が強い、弱いに関わらず、
お子さんの意思を確認してからとか、
デリケートな子ならば、
敢えてそうした曰くありげな場所は選ばないこと。





・・失礼ながら、
ついでにアドバイスをすれば、

お子さんだけでなく、
ワタシのような人にも芳しくないため・・



ゴールデンウィークもですが、
それだけでなく、
休みの日に行く場所については、
きちんと調べてからの方が良いと思います。




(T^T)こうした際に・・

では、塩を持参すれば良い、
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが。




から所縁の場所に憑いているような、
怨念深く、
さらに城主などのような強大な霊魂は、
簡単なお祓いだけでは去らなかったりします。



しかも分かる人になついて来たりするため、
最初から物騒な場所へは行かないのが得策。




旅の計画は ー


何でも平気な自分だけでなく、
家族や友人などと行くなら、

皆さんの希望を聞いてあげ、
やたらと曰くありげな
旧跡を回るのは避けた方が良いです。




やみくもに驚かせたい訳ではありませんが、
長旅の計画は気をつけて立ててください。




名所や旧跡、
特に慰霊塔や慰霊碑には意味があります。


神社なども大きな水害の後に出来たり、
鎮魂の意味を込めて造られたものも。




それはいさめるためにあったり、
亡くなった人たちというのがキーワード。




その内容を確かめてから、
旅の中に取り込むか、避けて通るかを、
慎重に決めることをお勧めします。

・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。









ハートお子さんだけでなく皆さんがそうなら
↓計画から考えてみてはと思います・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 06love003_20190425140809fb5.jpg


(゜▽゜*)簡単ではない内容を、

簡潔に書いておりますが・・

皆さんやご家族のことを考慮して下さい。


別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT