見える彼の迷い ☆ 霊感の使い分けをする
2017-06-19 Mon 00:17
017-icansee01.jpg




最近、霊感が並みではない男性に会った -



彼はワタシを見るなり少しほっとしていた。




何故かと言えば・・
初対面の人が、
微妙なモノを憑けているのが見えるという。





「それではキツいでしょうね
ワタシは聞こえるだけだから、
まだ印象が薄いですが・・」




「まあ、そうなんですよね・・
気付いてもあからさまに目の前の人には、
そこに女の人が憑いていますよ
なんて事を言えない場合がほとんどです」





彼Xさんはとても印象が良く、
初対面の挨拶から自然だし。



ということは、
反対に仕事柄だけではなく、
対人面で気遣いをしているようだった・・。





「ワタシには何かいるようですか?」




「いえ、そう深いモノが見えていませんよ」




その時、言われた自分の方が、
何だか胸を撫で下ろしたのを覚えている。





・・霊感の強い男性・・・



これが女性だったら、
感覚的にそうしたカンが強いのは、
割りと理解されやすいけれど。




男性で霊感が強い場合には、
先ず同性の理解者が回りに存在していれば、
無難とも言えるかもしれない・・。




が、たまたま勤務先とか、
それ以前に知り合いや友達に知られると -


やみくもに不思議ちゃん扱いを受けたり、
ただの変な人と判断されたり・・


理解を得るのが、
その辺りから難しいものだったりするという。




Xさんはあまりに霊感が強いため、
理解者を得るのにも苦労をしてきた過去が・・。



今は彼は、
それを人を選ぶ事で避けるようにしていた。
なので現在はごく普通のサラリーマンだと思う。




。。



そんなちょっと違う能力のために、
誤解をされたくなく、
仕事が対人関係を必要とする課なので、
自分の特性は敢えて秘していたと言う。




ある日・・


友達が街中に事務所を出すというので、
不動産関連に詳しかった事もあり、
その友達と希望する地域を一緒に回った。





ある事務所仕様のマンションが、
なかなかこじんまりした感じだったし、
入り口のドアを開けた後にも、
やたら嫌な感じや霊的なモノは無いと感じた。




だけれど・・


事務所なら広くて良いなと感じた部屋で、
Xさんに悪寒が走ったらしい・・。


・・






m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 14kuma031_2017052823295810e.jpg



ハート霊感も一つの能力と考える
↓重たく考えない事も必要です




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方はどうぞ・・・☆



見える彼の迷い ☆ 霊感の使い分けをするの続きを読む
別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
悪い念が渦巻く家ならせめて場を変えることも必要
2017-05-27 Sat 00:20
017home01.jpg




以前にいらして下さったお客様から、
ちょっと物騒な話をお聞きしたことがあった。




彼女Lさんには、
最近、仕事で出会ったがいて・・



Lさんより若い女の子だそうだけれど -



彼女が働いている店舗に、
商品を持ち込んで来る、
いわば取引先の業者さんのスタッフ。




一年くらい前に、
その仕事で働き始めたのだそうだけど、

一年間のうちに暇な時間があった時に、
ちょくちょく
会話をするようになっていたそうだった。





。。



初対面の時に

『あれ?なんか違和感を感じるな

~などと思った事があったようだった。




それは話していくうちに、
『だからなのか』
・・という確信に変わったのだそうだ。




二回りくらい年上のLさんから見ても
彼女(仮にMさんとする)宅は、
ちょっと信じがたいような過去のある家らしかった。




自宅からの通勤だったという知り合いの彼女。


Mさんの家は、
一見、普通な感じに見えはするようだけど-




聞いて行くうちに、
お祖母さんが原因不明のに方をし、
(薬物のような物が因らしい)




更には・・

お父さんが40代で心臓の発作で去・・。




だけではなく、
お祖母さんの前にお祖父さんまでも、
いわゆる行方不明となっていて、
何かほとんどミステリー小説のような家らしいと。





祖母、祖父、父親・・

それに家には体の不自由な叔父さん、
つまり亡くなったお父さんの弟さんがいて・・




今はMさんとお母さんとで、
血縁、直系の親族がんだり、
行方不明になったりした家で、
Mさん、嫁でそのお母さん、
障害をお持ちの叔父と住んでいるそうなのだ。





「・・ついでに、
○さんにお聞きするのもと思ったのですが


口の堅い知り合いに聞いてみても、
彼女がどうのこうのではなく、
家が不味いんじゃないかって」





「ワタシも感想は同じです
Mさんかな、そちらたぶん・・
家系自体が問題で、
今に始まった家の負の系譜では無さそうですね」





「やはりそうですよね・・
私、彼女に何時か家を出た方が良いって、
いつもアドバイスをしていましたが」





「そうですね・・
叔父さんの事はまた、
違う事情があるのかもしれませんが


ワタシが言うのも何ですが、
身体障害者の方がいらっしゃるのは、
色々と手続きを聞いてみて、
受け入れられる施設に入所されるとか


若いMさんというお嬢さんも、
仕事が安定されたら、
家を出た方が無難だと思いますよ」





「ですよね・・
大体、お母さんも彼女も、
で仕事を続けていれば、
で暮らす事も出来ますから」


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 08kaidan033_20170526233140ed9.jpg


ハート世の中は単純じゃないです
↓複雑化させているのは間ですが




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読みたい方はどうぞ・・・☆



悪い念が渦巻く家ならせめて場を変えることも必要の続きを読む
別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
葬儀などの後に具合が悪くならないために
2017-05-15 Mon 00:37
017ceremony01.jpg




最近・・・


知り合いのご葬儀に参列されたお客様で、
あまり霊感のようなものが強くなくても、
そのまま帰宅した夜に、
気分が悪くなってしまい・・




夜中の零時過ぎくらいに、
ものすごく嫌な夢を見た次の日 -




車の走行途中でコンビニに立ち寄った際・・


そこの駐車場で、
買い物をした後に車の脇に隣に、
ちょっとかすった跡があったそうで。




つまりたぶん隣だった車が、
駐車場から出る時に、
その方の後ろ脇に車体をぶつけたのでは?
~と思ったそうだ・・。





何が作用したのかは分からないけれど、
夢見が悪かったことと、
駐車場でのアクシデント・・。




それからも、
あまり良くない事があったため、
彼女Oさんがに連絡をして来た。




ワタシはお祓いなどは、
お受けしてはいなかったけれど、
解明して欲しいとの事だったもので、
色々な事をお聞きしてみたのだけれど。





「決め付けられないかもしれませんが、
葬儀に参列された同じ日の夜の夢ですし
もしかすると、
たまに他のお客様からもお聞きしますが、
葬祭会館にいた、
浮かばれない故人かもしれないです」





「友達にも言われました
葬儀に参列した時に憑けて来たのではとか」





「Oさん、情に厚い方ですし
他の方も似たような事があったのですが、
葬儀会場でも天命をまっとうした方ばかりでなく、
自死された方や、
残念な事故でとかの場合もあるもので」




「・・なるほど、そうだと思います」





(T^T)聞けば・・


Oさんの夢には何人かの人が出てきて、
沼地のような水辺から、
はい上がって彼女を引きずり込むような、
そんな悪夢だったらしかった・・。




でも・・


ようやく知り合いから、
個人的に受けていらっしゃる祈祷師、
拝み屋さんのようなお宅へ行き、
祈祷して御札を貰って来たそうだった。




まともな祈祷師さんで、
料金も一般的だったから、
霊感商法で無くて良かったと、
目の前の彼女に言ってみたのでしたが。





「お米と塩を御札の場所に捧げて、
ようやく普通な毎日になった気がします」




何故ワタシの所へ?と思ったけれど、
色々な愚痴も含めて聞いてみたかったのだとか。




017ceremony02.jpg




・・さて・・・



以前、同じような事を書いたのですが -


もし、皆さんが霊感が強いとか、
失礼ながら葬祭会館や葬儀会場、
またはお寺さんの葬儀
それ以前に火葬場などに行かれ・・



悪夢を見たり、
事故に遭ったり、
感覚的に違うアクシデントに至らないために。




これも以前にアドバイスしましたが -




参列されてから、
精進落としの席などに出れば、
そうした念や怨念は、
分散したりする場合も多々ある。




だけれど、
葬儀だけで出て来た場合には・・



これも失礼ながら、
気や怨念のようなモノを散らすために、
街中を経由して大型商業施設や、
たくさんの人が集うデパートや量販店で、
買い物が実際にあれば買い物を・・




特に無くても、
ウィンドショッピングなどをし、
どこかでお茶などもして、
念や気を散らしてから帰宅を・・。




帰宅された時には宗教は関係無く、
出掛けに用意をしていて、
玄関に入る前に、
必ず塩を多めに散らして、
簡易お祓いを自力でやってください。




念や気などを巷の空気に散らし、
葬儀前には玄関先に塩を用意して、
入り口に入る前に多めに振りかけ、
口にも塩水で軽めにうがいが出来るように。

(お相撲さんの塩ほどでなくて良いです)





塩については、
否定的な方もいらっしゃるかもしれないけれど、
お祓いの祈祷師さんも使っているようだし、


当たり前のように、
日本の宗教であれば、
葬儀では必ずお清め塩が渡されたりする。




なので、必要という意味は、
生命の源が海だからという説もあり、
昔からその辺りにもあると思って頂ければ。




ご注意されたい事としては-



矛盾した言い方ですが、
こうした記事を読まれて、
ただ、体調が芳しくないだけなのに、
霊障と誤解されて・・


法外なお金を請求するような、
いわゆる霊感商法の場で騙されないこと。




※お祓いにもよりますが -

宗教関連ではない場合には、
護摩焚きやお札代金などを含め、
相場は\数千円~せいぜい3万までくらい。


この方の祈祷師さんは、
お札こみで\1万だったそうです・・。

・・




亡くなった方や葬儀会場とかお寺とか、
その場や要素に対して、
否定的な言い方をしたい訳ではありません。




。。



体調がたまたま良くなかったり、
また、浮かばれなかった霊が居たり、
様々な条件で起こる事でもある・・。




決め付けは良くないですが、
普通の日々をより何事も無く送るため、
防御されてから参列をする方が無難でしょう。




気をしっかり持ち、
何に付け侮れないようにすることが、
霊障などをボイコットする要因にもなるものです。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。









ハート気丈な人にはほぼ寄って来ません
↓慈悲深い方や調子が悪い時にはご注意を




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 06k03_20170515002714440.jpg


(^ー^)いつもありがとーう・・。

同じことを最後に書きつつ○年。

早いものですな・・・。


別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
バスルームより・・「ありがとうって伝えてください」
2017-04-30 Sun 00:14
 a0002_003507.jpg




つい最近・・
Jさんは少し年の離れた友人を亡くされた。




仮にAさんと呼ぶことにするけれど、
その男性の友達は、
彼女のお母さんが教師をしていた時の教え子で。





後に鍼灸師となったために、
肩こりや筋肉痛の際に、
家族ぐるみでお世話になっていたという。




それは長いお付き合いで、
鍼灸院へ通ったり、
恩師であるお母さんの誕生日には、
外で飲み会を開いたりしていたそうだ・・。





そんな長い中で、
Jさんのお父様が亡くなり・・


次第に足腰が弱ったお母さんのために、
Aさんが彼女宅まで来て施術しに来てくれたり。




JさんとAさんとの、
普通に幸せな毎日は続いていたようだった。





・・それが・・・



Aさんが還暦を過ぎた頃、
鍼灸院を営みながら、
彼女のお母さんのような、
高齢化されて足腰が弱って来た方たちのため、
家を回って施術をするようにもなった。





(T^T)何年かは続けていたそうだけど・・


いわゆる体調が芳しく無いだけではない、
ガンの末期のご老人宅を回るようになってから、
今度はAさんの方が、
とあるガンにかかってしまったのだ・・。





大変に失礼ながら、
たぶん、そうした方たちの気のようなモノを、
彼が受けてしまった事も、
原因の一つかもしれないと、
Jさんは感じていたそうだ・・。




何故かと言えば、
彼は心優しい人だったし、
お気の毒にと同情をしながら回り、
末期の方たちの家を回ってからの、
体調の異変だったそうだから・・。




それでも彼は通院をしながら、
更に悪化したら入院をし、退院をつつ、
お客様のご老人を施術していた。





ある日・・

まだ彼が元気な時にJさんが呼ばれた。





「・・Jちゃんに言うのもと思ったけれど、
ごめんね、余命が短いみたいだから」




だから一度、
Jさんに会って話をしたかったと言われた。





彼には別居していた奥さんはいたし、
二人の息子さんもそのお嫁さんもいたので、
いくら奥さんとは今一つであっても、
家族がいたらどうにかなるだろうと。




彼女はそのように思うことで、
自分のやり切れない気持ちの行き場を、
どこかに探していたと言う。




・・ワタシは僭越ながら、
Jさんのお話を度々、お聞きして、
色々な友人の在り方があるんだなと、
いつも何だか感心させられていたのだけれど。




そのうちに、彼女つ゛てに
彼Aさんの悪化した容態をお聞きし、
ワタシの方が残念な気持ちになっていた。

・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 02kumab02_20170429221412f3e.jpg


ハート残念と思うことが多い昨今
↓せめて後悔のない生き方を大事に・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆



バスルームより・・「ありがとうって伝えてください」の続きを読む
別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
子どもの霊感☆ペット霊園で具合が悪くなった娘さん
2017-04-06 Thu 00:17
a0800_001188_201704052228396cc.jpg




Cさんは・・


長年、飼っていた愛を亡くし、
その時にネットなどでも評判が良い、
葬儀をしてくれる、
ペット霊園に依頼したそうだった・・。




・・その時の出来事だったのだが・・・。





先ずお話が前後するけれど-




彼女が結婚をする前から飼っていた、
ミニチュアダックスフンドのチロは、
Cさんのおさんが産まれても、
いたずらなんかは一切しなくて・・




反対に赤ちゃんがむずったり、
泣いても近くにCさんがいないと、
呼びに来てくれたりして、
いわば、彼女とチロとで、
慣れない育てをして来たようだったらしい。





・・一年前くらい・・・



そのチロが膀胱のガンになってしまい、
余命が限られていますと、
獣医さんに言われてしまった時には、
Cさんは愕然として体から力が抜けた。




力が抜けた後に、
うつ病っぽくもなってしまい・・



でも、今度は幼稚園に入った娘さんが、
Cさんを慰めてくれていたという・・。





チロも頑張ったようだけど、
これはもう延命をしても可哀想、
という状態になった時に・・




Cさんと旦那さんは、
さんにも説明をし、
自宅で看病をし最後を看取ったそうだった。





もちろん悲しかったし、
みんなでわんわん泣いたし、
喪失感も並々ならぬものがあったけれど、
家族と一緒だという事は有りがたかった。





「チロちゃん、天国にいけるかな?」




「大丈夫だよ、お祈りしようね
チロのお墓も作ってあげるから、
後からお墓参りもしようね





娘さんには、
命のある生き物は人間と同じように、
病気になったり、
手当てをしてあげても、
命はいつか終わってしまう時もある・・




そんな事を教えて、
ペット霊園へ依頼をして、
供養をしてから埋葬をという事になった。





その日は曇天で肌寒く、
でも、丁度、土曜日になったため、
家族みんなで埋葬をしたチロのお墓参りを。




。。



これまで元気だった、
娘のすずちゃん(仮名)が、
突然、目にもぐったりしてきて、
Cさん夫婦は驚いたそうだ・・。





「大丈夫?すずちゃん、車に戻ろうか?」




「・・うん・・・」





その後は旦那さんに任せて、
車のバックシートで娘さんを休ませていた。




ジュースを飲ませて、
寝かせていたら、
すずちゃんがこんな事をCさんに言った。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 05me04_20170405222927f52.jpg


ハート大人と供の違いがある
↓霊感のある方の悩みにも・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと読んでみたい方はどうぞ・・・☆




子どもの霊感☆ペット霊園で具合が悪くなった娘さんの続きを読む
別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
病院から連れて来るお婆さんの霊が嫉妬する
2017-03-26 Sun 00:20
00hos01.jpg




以前書いた方なのですが -



お客様がホスピスに行かれて・・
お友達がいらっしゃれば、
それは仕方がないと思うのだけれど。




ご自分が体調を崩したり、
車がエンストしてしまったりと、
アクシデントが起こって困った事があった。





だからと言って失礼ながら、
健康な人をメインに考えるのも、
健常者のエゴ的な部分もあるとは思うけれど。





(T^T)問題は・・・


その方をAさんとすると、
彼女はいわゆる感が強かった方だった。





走行距離もまだ少ない車が、
見たことも無いような


危険!』


といったハザード文字が出てエンストした。





「え!」とその方は焦ったそうだった。





商業施設の駐車場だから良かった。
JAFを呼んで事なきを得たけれど、
でなければ、
道の真ん中でエンストしたまま、
後続車と事故になっていたかもしれない。





友達のホスピスへ、
行く頻度が高くなればなるほど、
近日は事故だけではなく、
彼女だけではなく、
家族まで芳しく無い影響で・・




今度はお母様が、
階段から足を踏み外して、
途中から落ちてしまい、
足を骨折されて入院してしまっていた。





「うーん、更にお母さまもか・・
次に何があるのかが心配だな」





ちょっと天然な方だから、
ワタシの方があまりに心配になり、
電話をかけたのだけれど・・。





「Aさん、ワタシ先日、お彼岸に、
Aさんの叔父さんの声を聞いたのですが」




「え?・・・」





たまたま昨年、
叔父さんが喫茶店に来て、
もちろん、亡くなられた方だったのだけど。



その辺りから彼女には、
叔父さんも守護になってくれていたようだった。





その叔父さんが・・


「Aちゃんに言うと気にするかもしれないけど」


~と言いながら、
出来ればワタシから彼女に伝えて欲しいと。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆

 09b003_2017032521402296b.jpg


ハート見える人、見えない人
↓そういう存在はたくさんいますが・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆



病院から連れて来るお婆さんの霊が嫉妬するの続きを読む
別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:2 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT