葬儀などの後に具合が悪くならないために
2017-05-15 Mon 00:37
017ceremony01.jpg




最近・・・


知り合いのご葬儀に参列されたお客様で、
あまり霊感のようなものが強くなくても、
そのまま帰宅した夜に、
気分が悪くなってしまい・・




夜中の零時過ぎくらいに、
ものすごく嫌な夢を見た次の日 -




車の走行途中でコンビニに立ち寄った際・・


そこの駐車場で、
買い物をした後に車の脇に隣に、
ちょっとかすった跡があったそうで。




つまりたぶん隣だった車が、
駐車場から出る時に、
その方の後ろ脇に車体をぶつけたのでは?
~と思ったそうだ・・。





何が作用したのかは分からないけれど、
夢見が悪かったことと、
駐車場でのアクシデント・・。




それからも、
あまり良くない事があったため、
彼女Oさんがに連絡をして来た。




ワタシはお祓いなどは、
お受けしてはいなかったけれど、
解明して欲しいとの事だったもので、
色々な事をお聞きしてみたのだけれど。





「決め付けられないかもしれませんが、
葬儀に参列された同じ日の夜の夢ですし
もしかすると、
たまに他のお客様からもお聞きしますが、
葬祭会館にいた、
浮かばれない故人かもしれないです」





「友達にも言われました
葬儀に参列した時に憑けて来たのではとか」





「Oさん、情に厚い方ですし
他の方も似たような事があったのですが、
葬儀会場でも天命をまっとうした方ばかりでなく、
自死された方や、
残念な事故でとかの場合もあるもので」




「・・なるほど、そうだと思います」





(T^T)聞けば・・


Oさんの夢には何人かの人が出てきて、
沼地のような水辺から、
はい上がって彼女を引きずり込むような、
そんな悪夢だったらしかった・・。




でも・・


ようやく知り合いから、
個人的に受けていらっしゃる祈祷師、
拝み屋さんのようなお宅へ行き、
祈祷して御札を貰って来たそうだった。




まともな祈祷師さんで、
料金も一般的だったから、
霊感商法で無くて良かったと、
目の前の彼女に言ってみたのでしたが。





「お米と塩を御札の場所に捧げて、
ようやく普通な毎日になった気がします」




何故ワタシの所へ?と思ったけれど、
色々な愚痴も含めて聞いてみたかったのだとか。




017ceremony02.jpg




・・さて・・・



以前、同じような事を書いたのですが -


もし、皆さんが霊感が強いとか、
失礼ながら葬祭会館や葬儀会場、
またはお寺さんの葬儀
それ以前に火葬場などに行かれ・・



悪夢を見たり、
事故に遭ったり、
感覚的に違うアクシデントに至らないために。




これも以前にアドバイスしましたが -




参列されてから、
精進落としの席などに出れば、
そうした念や怨念は、
分散したりする場合も多々ある。




だけれど、
葬儀だけで出て来た場合には・・



これも失礼ながら、
気や怨念のようなモノを散らすために、
街中を経由して大型商業施設や、
たくさんの人が集うデパートや量販店で、
買い物が実際にあれば買い物を・・




特に無くても、
ウィンドショッピングなどをし、
どこかでお茶などもして、
念や気を散らしてから帰宅を・・。




帰宅された時には宗教は関係無く、
出掛けに用意をしていて、
玄関に入る前に、
必ず塩を多めに散らして、
簡易お祓いを自力でやってください。




念や気などを巷の空気に散らし、
葬儀前には玄関先に塩を用意して、
入り口に入る前に多めに振りかけ、
口にも塩水で軽めにうがいが出来るように。

(お相撲さんの塩ほどでなくて良いです)





塩については、
否定的な方もいらっしゃるかもしれないけれど、
お祓いの祈祷師さんも使っているようだし、


当たり前のように、
日本の宗教であれば、
葬儀では必ずお清め塩が渡されたりする。




なので、必要という意味は、
生命の源が海だからという説もあり、
昔からその辺りにもあると思って頂ければ。




ご注意されたい事としては-



矛盾した言い方ですが、
こうした記事を読まれて、
ただ、体調が芳しくないだけなのに、
霊障と誤解されて・・


法外なお金を請求するような、
いわゆる霊感商法の場で騙されないこと。




※お祓いにもよりますが -

宗教関連ではない場合には、
護摩焚きやお札代金などを含め、
相場は\数千円~せいぜい3万までくらい。


この方の祈祷師さんは、
お札こみで\1万だったそうです・・。

・・




亡くなった方や葬儀会場とかお寺とか、
その場や要素に対して、
否定的な言い方をしたい訳ではありません。




。。



体調がたまたま良くなかったり、
また、浮かばれなかった霊が居たり、
様々な条件で起こる事でもある・・。




決め付けは良くないですが、
普通の日々をより何事も無く送るため、
防御されてから参列をする方が無難でしょう。




気をしっかり持ち、
何に付け侮れないようにすることが、
霊障などをボイコットする要因にもなるものです。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。









ハート気丈な人にはほぼ寄って来ません
↓慈悲深い方や調子が悪い時にはご注意を




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 06k03_20170515002714440.jpg


(^ー^)いつもありがとーう・・。

同じことを最後に書きつつ○年。

早いものですな・・・。


別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
バスルームより・・「ありがとうって伝えてください」
2017-04-30 Sun 00:14
 a0002_003507.jpg




つい最近・・
Jさんは少し年の離れた友人を亡くされた。




仮にAさんと呼ぶことにするけれど、
その男性の友達は、
彼女のお母さんが教師をしていた時の教え子で。





後に鍼灸師となったために、
肩こりや筋肉痛の際に、
家族ぐるみでお世話になっていたという。




それは長いお付き合いで、
鍼灸院へ通ったり、
恩師であるお母さんの誕生日には、
外で飲み会を開いたりしていたそうだ・・。





そんな長い中で、
Jさんのお父様が亡くなり・・


次第に足腰が弱ったお母さんのために、
Aさんが彼女宅まで来て施術しに来てくれたり。




JさんとAさんとの、
普通に幸せな毎日は続いていたようだった。





・・それが・・・



Aさんが還暦を過ぎた頃、
鍼灸院を営みながら、
彼女のお母さんのような、
高齢化されて足腰が弱って来た方たちのため、
家を回って施術をするようにもなった。





(T^T)何年かは続けていたそうだけど・・


いわゆる体調が芳しく無いだけではない、
ガンの末期のご老人宅を回るようになってから、
今度はAさんの方が、
とあるガンにかかってしまったのだ・・。





大変に失礼ながら、
たぶん、そうした方たちの気のようなモノを、
彼が受けてしまった事も、
原因の一つかもしれないと、
Jさんは感じていたそうだ・・。




何故かと言えば、
彼は心優しい人だったし、
お気の毒にと同情をしながら回り、
末期の方たちの家を回ってからの、
体調の異変だったそうだから・・。




それでも彼は通院をしながら、
更に悪化したら入院をし、退院をつつ、
お客様のご老人を施術していた。





ある日・・

まだ彼が元気な時にJさんが呼ばれた。





「・・Jちゃんに言うのもと思ったけれど、
ごめんね、余命が短いみたいだから」




だから一度、
Jさんに会って話をしたかったと言われた。





彼には別居していた奥さんはいたし、
二人の息子さんもそのお嫁さんもいたので、
いくら奥さんとは今一つであっても、
家族がいたらどうにかなるだろうと。




彼女はそのように思うことで、
自分のやり切れない気持ちの行き場を、
どこかに探していたと言う。




・・ワタシは僭越ながら、
Jさんのお話を度々、お聞きして、
色々な友人の在り方があるんだなと、
いつも何だか感心させられていたのだけれど。




そのうちに、彼女つ゛てに
彼Aさんの悪化した容態をお聞きし、
ワタシの方が残念な気持ちになっていた。

・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 02kumab02_20170429221412f3e.jpg


ハート残念と思うことが多い昨今
↓せめて後悔のない生き方を大事に・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆



バスルームより・・「ありがとうって伝えてください」の続きを読む
別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
子どもの霊感☆ペット霊園で具合が悪くなった娘さん
2017-04-06 Thu 00:17
a0800_001188_201704052228396cc.jpg




Cさんは・・


長年、飼っていた愛を亡くし、
その時にネットなどでも評判が良い、
葬儀をしてくれる、
ペット霊園に依頼したそうだった・・。




・・その時の出来事だったのだが・・・。





先ずお話が前後するけれど-




彼女が結婚をする前から飼っていた、
ミニチュアダックスフンドのチロは、
Cさんのおさんが産まれても、
いたずらなんかは一切しなくて・・




反対に赤ちゃんがむずったり、
泣いても近くにCさんがいないと、
呼びに来てくれたりして、
いわば、彼女とチロとで、
慣れない育てをして来たようだったらしい。





・・一年前くらい・・・



そのチロが膀胱のガンになってしまい、
余命が限られていますと、
獣医さんに言われてしまった時には、
Cさんは愕然として体から力が抜けた。




力が抜けた後に、
うつ病っぽくもなってしまい・・



でも、今度は幼稚園に入った娘さんが、
Cさんを慰めてくれていたという・・。





チロも頑張ったようだけど、
これはもう延命をしても可哀想、
という状態になった時に・・




Cさんと旦那さんは、
さんにも説明をし、
自宅で看病をし最後を看取ったそうだった。





もちろん悲しかったし、
みんなでわんわん泣いたし、
喪失感も並々ならぬものがあったけれど、
家族と一緒だという事は有りがたかった。





「チロちゃん、天国にいけるかな?」




「大丈夫だよ、お祈りしようね
チロのお墓も作ってあげるから、
後からお墓参りもしようね





娘さんには、
命のある生き物は人間と同じように、
病気になったり、
手当てをしてあげても、
命はいつか終わってしまう時もある・・




そんな事を教えて、
ペット霊園へ依頼をして、
供養をしてから埋葬をという事になった。





その日は曇天で肌寒く、
でも、丁度、土曜日になったため、
家族みんなで埋葬をしたチロのお墓参りを。




。。



これまで元気だった、
娘のすずちゃん(仮名)が、
突然、目にもぐったりしてきて、
Cさん夫婦は驚いたそうだ・・。





「大丈夫?すずちゃん、車に戻ろうか?」




「・・うん・・・」





その後は旦那さんに任せて、
車のバックシートで娘さんを休ませていた。




ジュースを飲ませて、
寝かせていたら、
すずちゃんがこんな事をCさんに言った。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 05me04_20170405222927f52.jpg


ハート大人と供の違いがある
↓霊感のある方の悩みにも・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと読んでみたい方はどうぞ・・・☆




子どもの霊感☆ペット霊園で具合が悪くなった娘さんの続きを読む
別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
病院から連れて来るお婆さんの霊が嫉妬する
2017-03-26 Sun 00:20
00hos01.jpg




以前書いた方なのですが -



お客様がホスピスに行かれて・・
お友達がいらっしゃれば、
それは仕方がないと思うのだけれど。




ご自分が体調を崩したり、
車がエンストしてしまったりと、
アクシデントが起こって困った事があった。





だからと言って失礼ながら、
健康な人をメインに考えるのも、
健常者のエゴ的な部分もあるとは思うけれど。





(T^T)問題は・・・


その方をAさんとすると、
彼女はいわゆる感が強かった方だった。





走行距離もまだ少ない車が、
見たことも無いような


危険!』


といったハザード文字が出てエンストした。





「え!」とその方は焦ったそうだった。





商業施設の駐車場だから良かった。
JAFを呼んで事なきを得たけれど、
でなければ、
道の真ん中でエンストしたまま、
後続車と事故になっていたかもしれない。





友達のホスピスへ、
行く頻度が高くなればなるほど、
近日は事故だけではなく、
彼女だけではなく、
家族まで芳しく無い影響で・・




今度はお母様が、
階段から足を踏み外して、
途中から落ちてしまい、
足を骨折されて入院してしまっていた。





「うーん、更にお母さまもか・・
次に何があるのかが心配だな」





ちょっと天然な方だから、
ワタシの方があまりに心配になり、
電話をかけたのだけれど・・。





「Aさん、ワタシ先日、お彼岸に、
Aさんの叔父さんの声を聞いたのですが」




「え?・・・」





たまたま昨年、
叔父さんが喫茶店に来て、
もちろん、亡くなられた方だったのだけど。



その辺りから彼女には、
叔父さんも守護になってくれていたようだった。





その叔父さんが・・


「Aちゃんに言うと気にするかもしれないけど」


~と言いながら、
出来ればワタシから彼女に伝えて欲しいと。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆

 09b003_2017032521402296b.jpg


ハート見える人、見えない人
↓そういう存在はたくさんいますが・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆



病院から連れて来るお婆さんの霊が嫉妬するの続きを読む
別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:2 | top↑
お彼岸話余談「カレーを持って来て」と叔父が
2017-03-22 Wed 00:24
 00curry01.jpg




読み飽きたかもしれませんが-



今回はウチに起きた短めの話。
お付き合い頂ければと思います。


・・




三連休だった方も多かったと思う、
春分の日までの三日間・・


私事だけれど、
土曜日に久々にチキンカレーを作った。





日々、生活習慣病の対策に、
ウォーキングをしたり、
糖質を減らす食事を心がけていたため・・


カレーも基本的には市販のルーを使えば、
ご飯と共に糖質が大量になっちゃうため、
出来るだけ避けていた訳です。




ただね・・


カレーって、
お好きな方には分かって頂けると思うけど、
発作的に食べたくなったりする食べ物で。



その日も仕事でキャンセルがあったから、
じゃあ、カレーでも作ろうかという気分に。





作ってすぐに食べると、
今一つなので、
本当は前の日に作って、
次の日に食べた方が美味しいけれど、
発作が起きてしまったもんで
午前中から作り始めた訳だった。





。。



そんなさ中、
スパイスの独特の香りに誘われた誰かによる、
ちょっと事件が起きた・・。





昼までにうつらうつらしていた母が、
いきなり起きて、
不思議なことを口走ったのでありますね。





「・・カレー、玄関に持って来いって」





(×_×)へ?・・・


カレーを玄関にって、
とうとう脳に異変でも起きてしまったか?


~などと思って聞いた。





お母さん、何かあったの?
カレーを玄関にって、頭は大丈夫?」





そこで母が話したのは、
先ほど見たという、
ちょっとファンタスティックな夢の中身だった。





「夢だったのか・・
○○(故人である母の弟)が出て来て、
カレーが出来たら、
玄関に持って来て欲しいって言うのよ」




 00curry02.jpg




「夢に叔父さんが出て来た訳ね」





お彼岸やお盆には、
ウチでも仏壇から何やらあの世の人たちが




「おはぎが食べたい」




コーヒーが飲みたいんだけど」




などと、
食べたいものや飲みたいものを、
欲する声のようなモノが聞こえて来たりする。





気をつけて声の前に、
おはぎやらコーヒーやら、
ウチの故人もカレーは好きだったから、
それとかお蕎麦とか・・


これまでにたくさんの希望する食べ物を、
供物としてあげていたのだけど・・。





母方の叔父さんは、
産まれ育った家ではないし、
そんなこともあるんだとワタシが驚いてしまった。




でも、叔父さんは、
母とは一番、仲が良かったというので、
何となく理解が出来る感じではあったけど。





・・さてはて・・・




夕方になり夕飯の時間に -



出来立てのチキンカレーを母の前に、
サラダなんかと一緒に置いて食べようとした時。




はっとした母は、
お皿を両手で持って玄関先に向かった。





「○○と約束したからね




「ああそうだったっけ」





(T^T)昔は・・


そんな夢を自分で見ても、
軽くいなして気にもしなかったのだけど。




今回の母親はちょっと違っていたので、
本気で考えていたんだなぁと、
少し不可思議で驚きは続いたのでありました。





皆さんも、もし、
仏壇とか墓参の際に何か、
食べたいとか飲みたいなど、
所縁の方らしき声が聞こえて来たら -




お墓だけではなく、
お仏壇も霊道の一つと言われているので・・



良からぬ霊では無い限り、
差し上げてみてはと思いますが。





あれから、叔父さんは満足をしたのか、
声は聞こえて来ないと言う・・。




だったらのお彼岸にも、
またチキンカレーを作って、
ウチだけでなく叔父さんにも供物にしようと、
今からまた思っていたのでしたが・・。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。







ハートそういうこともあったりする
↓そんな皆さんの一日・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村

 015kuma030_2017032120351781a.jpg


(゜▽゜*)いつもありがとうございます。

一部でも参考になりましたら・・。

色々と遅れます、よろしくね。


別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
お父さんが連れている動物は?「お彼岸話2」
2017-03-20 Mon 00:18
00higan2-01.jpg




お客様のKさんには、
亡くなったおさんが守護霊で来てくれている。




それは、
何度かお会いしていて分かっていたのだけど・・




どうも判らなかったのが、
さんが連れている動物、
と言いますか、
Kさん宅にから飼われていたペットのこと。





(T^T)最初に・・

ワタシが感覚的に判ったのが、
白い犬だったと思っていたのだけど・・。




どうもそんなイメージしか伝わらず -





「おさんは
白い犬を連れているようなのですが」



~などと、彼女に伝えてしまった。





よって彼女がそう聞いても・・




「・・そうですか?
ウチでは犬は茶色しかいなかったですが」





「茶色の犬を可愛がっていた訳ですか」





・・正直、その時には、
ワタシがKさんの側にいるペットを、
感覚で間違ったのだと反省していた・・。





『おかしいなぁ・・
二度、三度と感じるのは、
どうしても白い犬?かまたは白い何か』




どうもワタシには頑なに、
白の何かとしか判明が出来ずにいた動物。





丁度、つい最近、彼女から予約が入り・・




でもまた、
何か白い動物が判らず仕舞いなのか?



ちょっと自信を失いかけていたもので、
複雑な気分ではあったのだけど・・。


・・




お会いしたのは、
春のお彼岸ではなかったけれど・・




いつものカフェで待ち合わせをし、
ワタシが複雑な気持ちでいた所に、
彼女が申し訳なさそうに開口一番、
こんなことを言ったのだった。





「○さん、すみません!
私、記憶から消えていたことがあって」





「記憶から消えていたこと、ですか?」





それからKさんは、
以前に飼っていたという、
違うペットのことを話し出した・・。





Kさんの方が、
昨年の秋のお彼岸に、
たまたま実家に戻ってお墓参りをした際。



お母さんが出して来た、
のアルバムを見る機会があったそうで。




懐かしいとか、
忘れていたとか、
歓談しながら古い写真を見ていたのだとか。




その中の一、二枚に、
Kさんには余り覚えが無かった生き物が。





「あれ、猫だねお母さん
ウチで猫なんて飼っていたっけ?」




「やだわ、おさん、この猫、
シロをすごく可愛がっていたじゃない」





( ̄▽ ̄;)))え ・・・?



・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 08cb002_20170319210936460.jpg


ハート動物と一緒の故人も多いです
↓ステージが同じだいうことでしょう




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆




お父さんが連れている動物は?「お彼岸話2」の続きを読む
別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT