fc2ブログ
23catandbird01.jpg



生き物に興味のない方は、
豪快にすっ飛ばしてくださいな・・。

・・・・・



ある日、庭にスズメの羽ではない、
見たことがある色合いの羽が散乱していた。



わー、一羽分の羽!

これはダレだろ?・・・」



ふわふわの羽だけが散乱していて、
中身、いや本体の子がいない。



散らばり方が普通じゃないし、
ハンターはたぶんそのよりも大きい
猛禽類系かカラスか、
またはよくウチのフェンスの上を歩いている、
ハチワレのにゃんこかだと思った。




(||゚Д゚)しかし、久しぶりに見た、
普通ではない大量の羽だったため・・


私だけが驚いていた訳ではなく、
突然の天敵の襲来に、
スズメたちも寄りつかないし、
ヒヨドリなど大きなたちも来ない。


だからこちらも警戒して、
たちが餌につられて来てしまうのを避け、
餌やご飯をまくのも辞めてみた。




それから何日か過ぎた頃に、
散乱した羽が誰の物かが分かった。


つがい(ペア)で仲良く来ていたキジバトが、
その日は一羽になっていたから。



茶色とグレイのグラデーションの羽は、
散らばっていたのと同じ色。

そこに来ているキジバトは、
ハト独特のボボッボーという鳴き声で、
ならばオスということになる。



「じゃあ、あれは君の彼女か・・・



しかしまだ犯は定かではなかった。


弱肉強食という四文字熟語が浮かぶ。



キジバトには大変気の毒だけど、
か動物か犯も生きている限りは、
食べなくてはいけないし ・・。



食物連鎖の中では、
その生き物にも天敵がいるし、
食物連鎖ピラミッドの頂点には、
間の姿が描かれているのも見ていた。




(T ^ T)食物連鎖ね ・・

全く違う意味ではあるけれど、
学校にある差別スクールカーストや、
会社の上司、以下部活だけではない、
様々な間関係にも似ているかもしれない。




この時にはまだ、
年一の植木屋さんが来ていないため、
この夏に異常なほどにのびた草木。


ツツジなどの低木にも、
本体だけではなくて、
やたら雑草(雑草という草は無いですが)が巻付き、
堅牢なススキがまたのびてしまったし、
死角だらけでにゃんこ天国にもなっている。


低木にはこっそり身を隠せるし、
抜き足差し足忍び足をするにも、
敷いていたたま砂利も付近は草だらけだから、
今のたま砂利方面は歩きやすいと思う。




・・そんなある日、ついにハンターを発見した。



最近、新しいをウチの庭で見つけたのですが。

その日、ヒヨドリ夫婦が、
ギャーギャーという鳴き声を、
更にギャーギャーギャーギャーと続けていて、
逃げ方がフツーじゃなかった。


羽が変にパタパタではなく、
バタバタさせて逃げている感じだったから。



の警戒心を刺激しないよう、
毎日、半分閉めているカーテン。


それを開けたら、
すばしっこいにゃんこが、
来ているを捕獲しようと右往左往している。



よく来ていた、
ハチワレにゃんこではなくて、
まるでその子の産んだような、
子供のように顔つきだけがよく似ている。


「それ同じじゃないのー?」


とか言われそうだけど ・・


好きには失礼な言い方だし、
鳥好きには微妙なイメージかもですが^^;

昔、隣に常に黒を飼っていた家があり、
幼稚園前から黒ニャンと遊んでいたため、
どちらも好きだったりする。



ハチワレとしても、
顔付きと黒い部分の割合が違うし、
痩せたとしても、
前のハチワレとは動きの俊敏さが違う。


最初見たハチワレにゃんこは、
「あっち行け!」と強く叫んだら、
とりあえずはその場から離れたりはした。



その子は ・・

「あっち行け!」と強く言ってみても、
何だか余裕だし、
飼われているだったら、
割りと間慣れしている場合もあったり。



うー、これは手ごわい ー


10分くらい様子をうかがっていたら、
またハンターを再開したようで ・・


スズメ以外の懲りないヒヨドリや、
一羽(パートナーを食われた)のキジバトに
ちょっかいを出していて、
瞬間だとしても見事な狩りっぷり。



こりゃいかん、
また羽が散らばるどころじゃないわ。



更にデカい叫び声をあげても、
追い払われ慣れしてる?のか、


低木からは出ても、
こちらを振り向き、
しかもエアコンの室外機の上で寝そべり、
ふふん」という顔を向けている。



Σ(||゚Д゚)ひぇーーー!


この感じって女の子か、しかも一枚上手だわ。



私が甘い追い払い方をしていたため、

「コイツはたぶんウチらを嫌ってないな」

なんて安心感を与えていたようだった。


 23catandbird02.jpg


それから以降には、
生々しい事件は起きてはいなかったけれど。



ある日 ・・・

玄関のドアを開けたらがいて、
それはあの若いハチワレの子だった。



その時は、

「わたしですがなにか?」

みたいな感じでは無く、
なんだか ニャーと甘えて来るような。



( ̄▽ ̄;)そうかー、
このアピールの仕方ってもしや?・・・


違いは季節と寒さの違いだと思った。
つまり、寒いから中に入れてくれない、
という顔付きのような ・・。



うっさいようだけど、
決して猫は嫌いではないし、
あちらの手のひら返し的な態度も、
友達や親戚が猫を飼っていて、
良い時 機嫌の悪い時と、
ギャップがかなりあったりして面白いし。



がしかし、
このまま家の中に入れてしまうと、
瞬時に情がわくだろうから、
寒い外に出せないまま
ウチのにゃんこになるかもしれない。

さらにもう、チュン達や、
キジバトやヒヨドリも来なくなるに決まっている。



「ごめんねー、
にゃんこにもっと理解のあるウチに行ってね」



いや、にゃんこはだいたいは、
自分たちのことを嫌いで、
酷い追い払い方をすると家が分かるらしい。


もし外で産んでしまった仔猫は、
雰囲気などで、
猫ウエルカムなお宅へ置いて来たりするし。




ふと、逆の思いがぐるぐる駆け巡った。


その子が私だったら、
当たり前だけど寒いだろうな・・。


狩りだって、
自分で食べ物を手に入れないと、
イマドキは誰もあげないだろうし。



だからと言って、
一時的な気の迷いでは、
無責任ではにゃんこにも悪いし、
避妊手術とか検査とか、
その他、獣医に連れて行かなくちゃだし。


慣れ親しんでくれている、
ネコノヒタイガーデンの小鳥たちにも、
少なくなりつつある餌場を提供出来なくなるし。



・・ドアを閉めたら去った気配がした。




何日か後の夜中に、
猫と猫が派手な喧嘩をしている声がした。



ホントに寒かったので、
様子を聞いていただけだったのですが。


まさか11月下旬に、
発情期では無いとは思うけれど。
この辺りで猫の喧嘩ならば、
あの女の子と誰かかな、とか・・。



どのにゃんこかは、
特定出来ないままではあったけれど。


もし、こんな鳴き声ならば、
喧嘩でも
今は発情期の時期も特定しにくいけれど、
パワーがある程度無くちゃ、
たぶん声も
あちこち行ったり来たりする動きも無理だと思った。



つまらない同情は嫌だけど、
でもハチワレの女の子が
出来ればたくましく生きていることを祈った。



さて・・・


あなたの周囲にも、
自然があるからそこに居たり来たりする鳥や、
保護をしていたり自分には味方だと
分かるような場所があると思います。



が、他のお宅とか駐車場などで、
無責任な餌のやり方や、
飼っていないのに餌付けというのは、
迷惑になってしまうものですが・・。



もし本当に動物や鳥と暮らしたいのなら、
現在、保護動物を譲渡する会もあり、
そうした施設経由で
動物を家族として迎えるのも、
保護の番組や動画を観ていると、
良いのではと思います。


生きている命あるものを飼うのは、
色々な意味で大変でもありますが・・。

・・・





すみませんワタシは占い師



・・・とりあえず僕らはみんな生きている・・・


。。








ハートそんなこともある日々
↓何歳になっても新たな経験も多い・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 22クマwー09


12/03|かなりマジメなお話コメント(0)TOP↑
23aman01.jpg


最近、昭和歌謡が流行っているけれど。
懐かしい上に、
教訓になるような歌詞が多々あり、
今さらながら勉強になる。



そんな昭和歌謡 ー


たまたま杏里(さん)の、
「悲しみがとまらない」を聴いて、
なお歌詞を考えたら、
こりゃ辞めた方が良かったねーと思ってしまった。




歌詞 より抜粋 ー


あなたに彼女、会わせたことを、
わたし、今も悔やんでいる
ふたりはシンパシイ感じてた、
昼下がりのキャフェテラス


あの日電話がふいに鳴ったの
あの人と別れてと彼女から



とある女性が、
自分の彼を友達に紹介してしまい、
しかも、
そんなつもりは無かったのに、
会わせてしまったとたんに、
友達と彼とが恋に落ちてしまったという。



二番なんてもっと残酷で ー


誤解だよってあなたは笑う
だけどKissは嘘のにおい
抱きしめられて気づいたの
愛がここにないことを ・・

※ サビの繰り返しが入ります。




( ̄▽ ̄;)これはねー、
シチュエーションとして割とあって。


友達に会わせてしまったら、
結局は今彼だった男性が心変わりなど、
それに近い感じの話しを、
お客様の間でもたまにお聞きするし。




結婚するような彼ができたら紹介してよね」


てなことを言われていたから、
リカちゃんは素直に友達に会わせてしまった。


それからは、
杏里の歌のような成り行きと変わり、
お客様のリカさんは似たような体験をするに至った。




(´・д・`)この何が痛いのかと言えば ー


大好きな彼氏に親友を紹介をしてしまった。


そして今まで信じていた友達なり親友に、
あなたの彼、婚約者を奪われてしまう。


最後は彼が彼女にどっぷりとはまってしまった。




・・ なので・・・


あなたと彼とがいくら好きで、
具体的に先に進めたいとか
先に結婚を考えていたなら、
出来れば避けたいものです・・。



決めつけて言いたいだけじゃないし、
親友だし友達だからと、
あなたは過信しているかもだけど・・


反対に若干、
カップルとして倦怠もしている場合もあるため、
目の前に魅惑的な女性(友達や親友)がいたら、
それどころでは無かったりする訳です。



最悪 ・・


「顔はキミの方が好みだけど、
それより性的な相性が良いし」


嘘のような話ですが、
こちらも前のオフィスの時に、
目を腫らした若い女の子が来て言った、
まー仕方の無い話で ・・。



性的な相性って、
確かに合えば恐いものがあるのですね。



二人既に付き合い出してしまい、
相性だのナンダのと言われたら、
彼の喪失
ある意味 親友の裏切り、
更には自分とは違う相性まで言われ、
二重、三重に傷付き、
裏切られた気持ちは収まらなくなってしまう。


23aman02.jpg


誰が悪いというものでも無いけれど、
じゃあ、一番の原因は?と考えるなら ―


世に言う「一目ぼれ」のチャンスを、
あなた自ら婚約者と親友だった女性に、
まんまと与えてしまった事になる。



人間の感情なんて曖昧で、
いくらこれまで付き合っていた仲だとしても。



彼に取っては魅力がまた違い、
好みがストライクゾーン。


女友達にしても、
それが常々聞いていた彼氏で ・・


彼のよい話ばかりで、
「マユコの彼っていい人なんだな
幸せな結婚をして欲しいなー」

・・なんて思っていた男性


それが予期しない方向へ・・。



目の前に現われた男性が、
好みの顔立ちにさり気なくお洒落。
しかも話を聞いて一種疑似恋愛モードにも。



磁石のように引き寄せられて、
一目ぼれ」
となってしまっても仕方が無い訳です。




(;_;)えー、そんなオーマイガー!

な際に、
対策というものでもありませんし、
全てがおバカな人ばかりでも無いけれど。



当たり前ですが、
特に先に結婚が決まりそうな彼氏を、
いくら親友だから、
昔っから仲が良いからとしても・・


仲が良いのがエセじゃないのか?
その前から聞きたがりで、
曖昧な存在だったような感じの人。


・・だったら、
会わせない方が無難です。




祖母という姑に、
三姉妹の伯母(叔母)たち、
親戚もかなり女系だったもので。



普段は普通だとしても、
仲が良い姉妹に親戚などの、
たくさん居る女性を目の当たりにしていると。


変な事で張り合ったり、
先が未知数の異性ならば、
今ある恋愛についてだって、
確証が得られている訳でも無いため、
面倒くさい事態になったりもするから。



そこに失礼ながら、
節操が無いタイプの男性が混じったりすると、
事実は小説よりも奇なり、
なんて事が起きるものです。




「人の不幸は蜜の味」



いつの世もそんなセオリーがベースにもあって、
甘く見ていると、
嫌な事があなたに回って来たりもする。




私が卑屈な目で考えているだけでなく、

「やーだ、大丈夫に決まってるじゃない」

なんてタカをくくっていると、
ハードな目にも遭うから、
とりあえず似たような事は気をつけて下さい☆



がしかし・・


何があっても、
ほとんど変わらずにいてくれる・・


出会った時から、
お互いに嫌なことまで知ってもいて、
自分に取って特別ならば、
それはそれで良いのだと思いますが☆

・・





すみませんワタシは占い師




・・・嫌な気持ちは続かないで欲しいとも・・・

。。






ハートそういうこともあったりする
↓無いほうが良いに決まっていますが




お手数ですが・・・





人気ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


05kuma0019 (2)


11/06|かなりマジメなお話コメント(0)TOP↑
 23jealousy01.jpg


嫉妬、ヤキモチって、
誰もが経験しているでしょうし、
現在進行形でもしていることだと思う。



(T ^ T)嫉妬という感情が、
自分からどこに向くのかとか、
誰から誰へとうず巻くのか ー


様々な人間関係には、
まだ可愛いヤキモチも、
相当な逆恨み的な醜い嫉妬もあるけれど。



向けている側には、
ダークな感情がぐるぐるしているけれど、
やみくもに向けられる側は、
意識なんてしていない場合も多々あったりする。




例えば ・・

会社や集団で仕事をするような場だと、
男女共に可愛い新入社員が入ったり、
よくデキる社員が、
ヘッドハンティングで入社したりすると、
格好の噂話の標的になる事もある。



たまたま見た目も美男美女で、
それが凛とした才女、
堂々としている魅力的な人ならば、
羨望の的になるくらいだけど。



女子は直ぐにピンと分かる、
あざとく可愛さを演出している女の子なら、
ほとんど計算なんて分からない
上司や男性社員が、
見え透いた手口に引っかかってしまったりする。



「・・またあの新入社員
やり方が分かりやすいわー」



それ以外でも・・・


「ヤマモトはいいなぁ東大出身か
この会社って社長からOBだし、

以下役員もだし、
ウチの課の部長もだったよな
特別なんかあるんじゃねーの ・・」


・・とかナントカ、
普通にあるヤキモチは、
何となく分からなくは無いけれど。




自分との単純比較、

執着心、羨望、憧れの裏返し、


アイツが何をどうやっても気に食わない!
つまり相性がはなから合わないタイプで。


・・こんな感情はどなたにもある訳です・・。



実際に仕事のライバルとか、
または常にしのぎを削っている、
アスリートのような皆さんの場合には、
嫉妬が無いよりは競争する意味でなら、
あって当たり前でしょうし・・


言い換えれば、
単純な嫉妬、ヤキモチというよりも、
企画他、仕事の中身のレベル争い、
どこぞの大会を目指すため、
絶対に負けたくない
勝負がかかっている際の感情にも似ていたり。




(T ^ T)ここで ・・

嫉妬というのは誰にでもあるものですが。


対処しなくても構わないし、
私は元から嫉妬深いのよ、
だから放っておいてくれない・・

と既に自己分析がシビアに出来ていて、
迷惑をかけていないなら良いかもしれない。



ではなくて、
気に食わない人への嫌味な悪口を言いふらし、
その時には一時的にスっとしたし、
側にいた社員も同調していたようだった。



・・なんて思っていたら ・・


後から会社のトイレで、
自分への悪口を聞いてしまったと。



「ミチヨさんてさ、
いつもあの子の悪口ばっか言ってるよね」



「毎回だよね
だからお局って言われちゃうんだよ
昨日とかもさ、
あんな多数いる中ではどうかと思うよね」



結局、因果応報のように、
自分にはね返って批判が来てしまった。
さらに、
お局様の扱いもされていた事にも気付く。


23jealousy02.jpg


こんな時 ー

自分対 〇〇 さん ならば、
何故、
自分はいつも〇〇さんに嫉妬するのか?
果ては悪口を言いふらすのか?


という原因を冷静に考えてみると良いです。
ダークな感情だけでは無い事が分析出来たり。




あざとくても可愛い訳だから、
入社し立ての若い子へのヤキモチ。


しかも気になっていた男性社員が、
その子にだけ見たことがないような笑顔になる。


実はただ目立ちたがり屋だけではなく、
意外にミスは少ないし、
やっている仕事は確実だったりすること。


・・やはり総じて嫉妬だと気付く。




そんな時は、
過剰な反省を自分に向けてしまい、
つまらない自己嫌悪に陥るより、
あなたなりに仕事をアップグレードするとか。



コンプレックスからなら、
外見を競い合うのがバカらしいと考えるより、
自分の年齢に合うようなお洒落をしてみる。



派手な格好をしろというのではなくて、
素敵な女性に見えるよう
髪型やメイクを、
自分なりに研究をしてみること。



そう高価ではなくても、
ありがたいファストファッション店があって、
組み合わせで気の利いたスタイルにもなるし。



つまり相手への嫉妬による悪口なら、
卑屈にならないで、
見た目を変えてみるのも自信に繋がります。




(T ^ T)最初のほうに、
まあ、いわゆる男性サイドの、
学歴のコンプレックスの話がありましたが。



これは結構、根強いものがあったりします。



最初から考えていなかったなら、
それはその方の自由だし、
違う道も選択肢もたくさんある世の中。



近年ならコロナウイルスのために
自営業を辞めなくてはならなくて、
進学するはずが不可に変わってしまったなど。


諸事情があって、
希望をしていた大学を断念してしまったとか。
奨学金制度は先行きが不透明で。
目的がある人に取っては、
それが出来なかった悔いは根深い場合もある。



今でも名の知れた会社では、
当たり前のように、
高学歴の社員が求められる場合も多い ・・。




さて・・・

あなたなりに努力しても、
今の状況だったなら、
気持ちは分からなくも無いけれど。


なーんにもしないで、
色々と頑張って来た人へ、
ヤキモチを焼いても仕方がないです。




さっさと人の学歴は忘れ去り、
自分なりに、
評価されやすい仕事の中身を頑張ってみる。


先輩で尊敬が出来るような人をお手本にし、
どのような事をやっているのか研究してみる。



同僚、先輩のノウハウをウオッチングし、
より近付くことでも、
それなりに意味があると思います。




 「嫉妬」



男性が男性に、女性女性に、
友達にいつもそんな感じになってしまう、

自己肯定感がとぼしいため、
前向きな人、全てに ・・・。




時に醜くく作用し、
マイナスなら自己嫌悪にもなるけれど。
でも良く考えれば、
あることで原動力にも変えられるモノ。



☆もしそんな感情を減らしたいなら、
人と単純比較をしないことが一番ですが。


でも目の前に良く出来る存在がいれば、
意識しなくても、
無駄にそうした気持ちがわき起こるもの。




嫉妬をしないのは難しいため、
パワーのミナモトにしてみる手もあります。



ある程度、コントロールして、
逆転の発想になるような
ニュアンスに変えてみると、
違うあなたの魅力も引き出せるかもしれません☆

・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。






ハート人間は感情の生き物
↓嫉妬心も無いと競争にならない・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


23jealousy03.jpg


11/02|かなりマジメなお話コメント(0)TOP↑
 23mand01.jpg


お知らせ☆下に画像であります。

・・・


Twitter(現在 Xを見ていたら、
よくある〇〇コミックの宣伝があった。


絵柄が上手いからと、
たまたま読んだサンプルの漫画が夫が不倫した話。



夫の不倫はウチにいらっしゃる方でも、
会社の人間関係、
転職、
の次に多い相談内容でもあったりする。



漫画は分かりやすいストーリーだった。
彼女は女性ファッション誌の編集者で、
日々忙しそうな状況。

好きな彼ができて、
お互いが思っていたこともあり恋愛結婚をした。



までは良かったけれど・・


スレ違いはたぶん、
気付かないうちに進行して行く・・

ある程度の月日を経て行けば、
最初の気持ちの鮮度も次第に落ちて来る。



実際に金銭を共有する実生活で、
交際中には見栄もあるから、
最大限の自分の良さを出しているだろうし、
結果的に理想と現実の違いなのかもしれない。



結局、彼が不倫に走ったのがバレて、
離婚をする事になってしまった・・。



相手が「私にはあなたしかいないの」
なんてことをその彼に(も)
言っている風な子だったみたいで。


その後、
「この子には僕しかいないんだ」
とか洗脳されかけていた夫だったが、
彼女と再婚するはずが、
アッサリと相手に違う男ができてしまった。


自分が妻を振った後に、
因果応報のように振られてしまった訳です。



自分しかいないと誤算したのか、
不倫相手は本当に寂しかったからか、
または男性なら誰ともそうなるタイプか・・。


「あなただけなの」と、
女の表向きの弱さを出せば、
男が落ちるのを分かって釣っていたという人もいる。




・・離婚調停中だった夫は、
簡単に捨てられてしまった訳ですが。

それ都合が良過ぎない?
とばかりに、
今度は調停中の妻に復縁をせまる。



途中復縁を持ち出す彼に怒りを感じ、
現実をほぼ考えていなかった経緯を見ていると、

「新しい彼女のことだけで、
周囲が見えなかったのは分かるけど、
頭が良くないんだな」と・・・



彼が分かりやすく、
ある意味、正直っちゃそうなんだろうけれど。


・・そんな本気は浮気とは言わないしね。



妻は途中には昔、一途だった彼を思い出す。
これでよもやの復縁?・・・
ダメだよ辞めておけばーと心中で思った。



どんな事かにもよると思うけれど ー


妻が多忙で寂しかったかもしれないけれど、
忙しい彼女は、
では寂しくなかったのかと言えば、
そうでは無いでしょうし、
それもお互い様のような感じがした。



カップルの大多数は出会い、結婚をし、
女性が子どもを出産するまで、
3年から4年のサイクル・・

で別れる確率が多いと、
何千ものカップルについて調べた
海外の研究者がいたけれど・・。


当てはまるカップル、夫婦が
この割合でいるので説得力がある訳です。



さて ー


その妻は例えやり直したとしても、
似たような事があったらまた疑うだろうし、

慰謝料が大変だからと、
仕方がなく復縁した夫なら、
夫のおどおど気遣う態度にも嫌気が・・


しかも何かにつけて、
ベッタリベタベタな二人の、
地獄のような嫌な場面を
プレイバックさせるという拷問に遭う事になる。




一番、気になったのが ー

「君は強いから一人でも大丈夫だよね」

という夫側の都合のいい、
更に不倫相手をかばう言葉。



実際にご相談でも割りとよくある、
言わば泥沼離婚に至る典型でも・・

それは旦那さん不倫の相談で、
言われたくない言葉ベスト10に入る。



「ミユキは俺がいなくても強いから」

かなりガッカリする言われ方です。


23mand02.jpg



女には確かに昔っから、
男とは違う強さがあるのかもしれない。



結婚は現実でしか無く、
彼の子どもを産む必要にも迫られる家なら、
DNA鑑定が可能で楽にもなったけれど、
今でも辺境の地ならば、
悪いのは嫁ということになってしまうこと多々。


個人的には、
真実が知りたい場合なら、
DNA鑑定が進んで良かったと感じていますが。



「君は強いから」


なに言ってんだか ・・


強くなかったけれど、
それまでのプロセスでも、
そうなったに決まっているじゃない。



家事や育児、子育てを、
うまく共有して行けているなら良いですが。


今でもワンオペ育児と言われ、
旦那さんが多忙だとしても、
奥さんも仕事をしているのに ・・

保育園へ送る、または迎えに行く、
というのも拒否され、


ゴミ出し、
正確に言えばまとめてある物を出すだけ、
(ゴミに関してはミステリと言う勿れの
整君から説教してもらいたい)


買い物を3個くらい頼まれたからって、
帰宅した際、
俺、買って来たからさー的な顔付きをされて、

「忙しいんだよ、
この辺にさー、コンビニもあるだろ」

なおも忙しいアピールが続く。



正直な事を言っただけかもですが ー

多数の先進国男性が、
きっちり家事も分担してるのも分からず、
悪いとも感じてないから、
その一言で、
ほぼ凍り付く奥さんすら知らないまま。



君は強いから、に至っては、
たぶんはなから強い訳では無かっただろうし ー


旦那さんの会社辞め癖とか、
実家大好き毎週連れて行きます習慣、


二人子どもを産み育て、
毎日が家事、フルタイム仕事
子どもの喧嘩だわ、
ママ友がマウント取り女だらけとか、


かなりてんこ盛りに苦労を強いられて
NOと言いたいし、
言えるようにならないと、
また誰かが何かを押しつけて行くし、



男性は世に出たら7人の敵がいる、
とか言われていても、
仕事を持つ女性にも家、会社、保育園、
彼実家ほか、ママ友、多数の敵がいたりする。



女は強いけれど弱いもの


女性がいくら男性側の気持ちを考えても、
本当に男性にならないと、
表も裏も分からないのと同じで ー

たぶん、旦那さん側も、
そんなようなものだとも感じる訳ですが。



見た目から殆ど強いのか、
強さというヨロイを着て頑張っているだけなのか、
なんて事は分かりゃしない。



「分かってくれよ、言わなくてもそれくらい」

なんて事も言うけれど・・


都合のいい時にだけそう言われても、
日頃、仕事に逃げて話すらしない相手に、
どう分かれというのか、
ほとんど分からないのが、
奥さんや多数の女性の本心だと思う。




(T ^ T)離婚なら・・

既に話し合いすら出来無い、
会話も互いに嫌気がするなら、
修復不可かもしれないけれど。



家庭の経済状況を、
ベーシックに支えていのが夫であるのは
確かに有難いけれど ・・

女性は強くも無く、
かと言って、
そう弱くもしていられないもの。




本来、男性は結婚生活に向かないらしい。


だから、
会社や所属する組織で仕事をした後に、
買い物だの、
帰宅して家庭の家事をやるのは、
至難の業だとも言えるものだけど・・。



でも奥さんがもし初産とかなら大変だろし ・・

そうも言っていられ無い状況なら、
特性よりも、
旦那さんが転勤族で実家も遠いなら、
抱えた用事の幾つかを手伝ってみては。



旦那さんのあなたが、
家事をした事がほとんど無いなら、
簡単にレンチン出来る物もあるから、
朝ごはんくらい作ってみると良いです。
それはでも、
ある物で作りゃーよいというものでもありません。



食材やパン、お米をチェックし、
必要な物を会社帰りに買ったり、
宅配で頼んだり、
または休みの日に買い物に行く事から始まる。
家事って、一からやるときりがありません。




・・もし・・・


まだ仲が保たれているなら、
旦那さん、奥さん2人で考えてみて、
双方の立場で
労る事から再構築してみてはと思います☆


基本は話をするという、
分かりやすいコミュニケーションから

・・





すみませんワタシは占い師



・・・向き不向きもありますが・・・

。。







ハート生きてりゃあるあるが一杯で
↓あっても淡々と対応って難しい




お手数ですが・・・





人気ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


09higan06.jpg

☆モバイルからなので画像デカいですが・・

20231012172241168.jpeg

10/08|かなりマジメなお話コメント(0)TOP↑
23gently01.jpg


仙台は朝晩は涼しくなって来たけれど。
昼は真夏日がほとんどで、
30℃以上という暑さが続くのに、
慣れていない東北ではハードな毎日。


猛暑日にはに缶詰めになっていた時に、
外の仕事のご予約が入った ・・。




Cさんは70代半ばになった女性。
今は専業主婦で、
数年前に旦那様を亡くされている。


愚痴りた話したい事があるようで・・。



「すみませんねー、
お呼びだてしてしまって
に缶詰めみたいな毎日だから、
たまには街中でお茶をしながらも良いと思って」



「いえ、こちらこそ
全く同じような毎日で、
に居ることが多かったので
外に出られて反対に有り難いです



それは自分も同じようなもので、
特にお子さんが夏休みだと、
皆さん、色々と忙しい毎日だから、
ほとんどが電話かメールでの仕事だった。




・・彼女には2世帯住宅にしたがあって、
1階にCさんが、
2階の少し広い場所に、
次男夫婦と子供さんとが暮らしていた。




(T ^ T)どの庭にも、
ある程度の問題はあるもの ー

例えば家族が仲睦まじく見えていても、
内情までは知らないものだったりするし・・。


Cさんもはたから見たら、
問題があるようには感じ無いお宅だった。




「・・なんか
私の愚痴みたいで申し訳ないですが」



「大丈夫です
皆さん、愚痴を言いにいらっしゃいますよ
吐き出すのも必要ですから」




「・・最近、同居している
息子の言葉がキツいと言いますか
何だかいつも当たられているような感じで」




お宅はキッチンやお風呂、
トイレなどは普通に全く別で、
シニア夫婦が1階という事だったから、
入口だけが一緒になっているタイプ。



ただ、夫婦と子供一人の2階には、
息子さんの趣味の物が置けるスペースが無く、
多肉植物の
幾つかのテラリウム(今時の鉢植)は、
お母さんのリビングに置いているようだった。


旦那様が亡くなって久しいため、
場所は空きはあるから、
鉢植えがあるのが嫌ではないそうだったけれど。



たまに水やりとか、
メンテナンスに来る息子さんの言葉が、
ハッキリし過ぎているため、
平穏に過ごしている彼女には、
それが突き刺さるのがほとんど。
ストレスを感じるようになってしまったようだ。




でも お聞きして行くうちに・・

その息子さんの言い方は、
反対に情すら存在するような内容。



もしかしたら、
高齢化しつつあるお母さんに対して、
危ない世の中だからの注意喚起とか、
心配しながら言っているのと ・・


息子さん夫婦は、
長く連れ添っている夫婦にありがちな、
あまり普段の会話が無い状態だし。



それに勝手知ったる母親には、
男性であっても、
何歳になっていても、
甘えが出てしまうのでは?と思えるものだった。




「娘さんはいなくて、
男性の兄弟の母親という方がいて

もちろん同じでは無いにしても、
お母さんという立場で仲が良い場合には、
年齢に関係なく毎日の愚痴とか、
文句をたくさん聞かせられるようですよ」



「そうなんですか?
愚痴や文句なんかですか・・
皆さん、私と似たような事があるのかしら」




「重ねる歳と共にたくさんあるようで、
皆さん更に一様に、
優しい配慮が無いとのお話です
でも、その優しさというものが曖昧ですが」



「本当に、そのままの感想です
期待してる訳では無いけれど
少しは労りの言葉もあってもとか・・」




( ̄▽ ̄;)いい歳した息子が優しく無い。


これはねー、
息子でも娘でも、
親に対して労るとか配慮するとか ・・


やってあげたい、
頑張って協力したいとは思っていても、
特に高齢化して行く親へは、
段々、記憶も飲みこみも良く無くなるために、
受け手がイライラしてしまう事もある。



いつも優しい態度というのがもはや困難とか。
その人の、
周囲の人間関係や仕事状況にもよるから、
一概には断言出来ない内容もある。


23gently02.jpg


これは人間性だけの問題じゃなくて、
息子さんは何人兄弟なのか、
2人兄弟、または3人兄弟以上の人数なら、
それぞれ
置かれた立場でも話し方が変わってくる。




年齢には関係なくとは言ってみても ー


その息子さんは20代で会社勤務なのか、
40代で中間管理職なのか、

独身か、独身が好きで悠々自適か、
または結婚をしていても、
夫婦仲がどうか、
お子さんには問題は無いのかなどなど、


ざっと思いつくまま挙げた立場とか、
今のシチュエーションなどでも、
メンタル的な状態も含めて、
これまでの本人とは違って来るものだったりする。




Cさんには2人の息子さんがいて ー


兄はおっとりしているけれど、
東京の私立大に入り、
そのまま企業で仕事をしている。



次男は地元大学だけれど、
東京が本社の半官半民の企業。

40代半ばで中間管理職だから、
上司からも後輩からも、
色々と言われるような立場ではある。



一般的には普通だとおもうし、
それぞれお孫さんには、
細かい問題はあるようだけれど、
家族は人数がいればいるだけ
問題もトラブルも出るもの・・。




「毎回、私への文句ばかりだから、
施設とかに入った方が、
居ない方が良いのかなんて思ってしまって」



え?・・・
いいえ、違うと思いますよ

お聞きしていると、
文句に聞こえるような感じですが、
お母さん思いというのが分かる話し方ですよ」



「そうかしら、ただの文句とか
当てつけとかばかりだと ・・」




(T ^ T)Cさんは素直な人だから、
たぶん、荒波にもまれた中年男性の、
ストレートな物言いが、
嫌味なくらいに聞こえるらしかった。




「ほら、そこに段差あるよね
気を付けないと骨折して寝たきりになるよ」



「毎日暑すぎるから、
エアコンゆるく付けっぱなしにしなよ
朝にあんたの死体見たくないし」



あー・・・なるほど・・・


私の母親ならば言いそう、
男性だけの兄弟でシビアに育っていたため。



一見すると骨折とか死体とか、
どうしても物騒な単語が耳に入りがちだけど。


余計な感情抜きに考えれば、
無駄な言葉が無いだけで、
まんま母親を心配している様子が分かる。



あんたというのはいつもらしいから
彼の照れの現れだと思ったし。

常日頃、母親の名前とか、
昔っからお母さん、
母さんという呼称を使っていたか否かでも違うしね。




「Cさん、次男さんは長男さんと違って
高校生辺りからそうなら、
今さら母親に配慮したような表現て、
照れくさいのではと感じましたが」



「・・そうなのかしら」



「週一で買い物にも行ってくれて、
テラリウムをケアしながら話もする
誕生日に母の好きな物を買ってくる

言い方は優しく無いかもしれませんが
中身は母親を心配していますよ」




優しいって実は分かりにくく、
あからさまに嘘くさいものでも無いし ー


人にもよるもので、
言葉が難しいのは、
伝える側とその言葉を受ける側でも、
例え親子であっても、
個人的には感覚から同じでは無い訳です。




Cさん母子だけでは無く、
あなたのお母さん、更にお父さんにも ・・


もしかしたら?・・


強過ぎる言葉と単語、
誤解を招いてしまうような言い方をしてしまうと、
今回のような場合に似てしまうかもしれません。




一番、安心に繋がったのは、
親を嫌っているなら、
2世帯住宅を考え無いでしょうし、

親の誕生日も忘れているお客様も多いし
母親が苦手なだけなら、
趣味のアイテムなんて置かないのでは、

・・という部分。



全部では無いけれど、
表現の違いという部分は、
ある程度、納得されたようだったし。
それから、
楽しくコーヒーを飲みながら話をしていかれた。




人の一人一人には、
その方たちの生活や価値観があるもの。


でも、たぶんどう考えても誤解なら、
子供たちや反対に親御さんが、
本当に心配をして気遣っている部分は、
咀嚼してお伝えした方が、
安心に変わる場合もたくさんあります。




同じケースでは無くても、
言葉というものの表側や潜む裏側もあり、
その時にではなくて構わないので、
理解する気持ちを持ってみてください。



結構、誰に何を伝えるかは、
意外と難しいものだとも思います・・。

・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかもです・・・

。。







ハートそういうこともあったりする・・
↓親子であっても人と人




お手数ですが・・・





人気ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村

02kaisetu010.jpg


09/14|かなりマジメなお話コメント(2)TOP↑
23nigatedayo01.jpg


様々な方とお話していると、
勉強にもなるし、
「昔は似たようなことをしていたっけ」
ということも思い出す。



最近、複数のお客様のご相談で ー

仕事をしている会社で、
友達?なのかが曖昧な
同僚であちらが仲がよいと勝手に思ってる

などのお付き合いを、
悩んでいる方からのお話が重なった。



特に問題の共通点は、
そうしたからの押しつけへ、
「断ること」が苦手ということ。



親友ではない友達
友達友達だけれど趣味の活動が一緒、
仲がよい従姉妹とか、
身近なような、
そうでもないような半端な存在への対応。




先ず会社や学校などの公的な場所では、
受けた仕事ややらなくちゃいけない課題は、
自分の好き嫌いではNoとは言えないものだけど。


働いた分の給料をもらっているなら、
ブラックでは無い限り、
希望をしてその会社や団体に入り、
「今回の仕事です」
という際には仕事をするのが普通ですが。



皆さんが悩むのは、
その中に居る同期や先輩との付き合い方や、
断って構わない内容なのに、
なぜかあちらが慣れていて、
結局は負担がこちらに回って来るようなタイプ。




 「断ること」




(T ^ T)これが ・・

場所が学校とか会社だとしても、
それが個的なことならば、
代打という身代わりとかナントカ、

やれないことはやれないし、
出来ないと思いつつの嫌みでもあったり ・・。



どうして自分が、
メンツ不足のために合コン嫌いと知っていて、
Yさんの
不思議な依頼を受けなくちゃならないとか、

Bさんの残業なのに、
「わたし今日、用事があるからよろしくねー」
課が同じだからと押しつけられにゃならんのか?


などなど ・・


実際に聞いていると、
えー、ずうずうしいもいるんだね、
という愚痴と相談も多かったりする。




実際に皆さんが育った環境で、
親や兄弟姉妹がハッキリしたたちで、
断ることについても、
それをちゃんと意味として教えてくれていたとか、
ならばどうにか対処しやすいと思う。



が、小さい頃から、
受身的にしか出来ない性格で、
仕方なく引受けてしまいがち ・・


結局、悪い結果が身に降りかかってばかりで、
根っから気が弱い人だとか、
つけ込まれやすいタイプだとかなら、


しかも人って、
そうした匂いに敏感で、
利用してやれという強い強いタイプだと、
なかなかエグいから断りもしにくい。




が、しかし ー


ハッキリと言えない、
断れない理由にはいくつか原因があるものです。



全てではなく、
内容と相手にもよりますが ー

慣れているからと、
嫌なことでもを引受けてしまう図式を、
実はあなたが作ってしまっている。



学校でのスクールカーストなどで、
嫌な目に遭った過去のトラウマから、
受け身でいるしかないと思い込んでしまっている。



実はプライドが高いことを自覚していない。

断る = 嫌われたくない、誰からも好かれたい

というパターンを作ってしまっている。



コミュニケーション自体が苦手な、
失礼ながら・・
自覚もある発達障害のためになかなか断れない。



こうした部分によって、
言えない、断れないために、
貧乏くじを引かされているかもしれない。




(T ^ T)最初に ・・・

発達障害の方の場合には、
大人になるまでに、
自分でか、もしくは親が気付いて、
市町村の発達障害の相談室で、
実際にアドバイスをされている方もあります。


仙台ならば市民であれば、
大人枠もある相談の窓口が出来ている世の中。



もし、成人したお子さんなら親が気付き、
もしくは自分自身でも、
相談をしたいならば、
今どきには社会人枠もある自治体があるので、
テーマニ以前の問題は調べてみると良いです。


 23nigatedayo02.jpg


その他の中では、
仕方なくパターンを作っている感のある人なら、

その弱いと思い込んでしまったことや、
痛みを伴う過去のトラウマというのも、
似たような事を抱えていた管理人を考えると、

では明日から違えてみましょう、
なんてことが難しいかもしれません。




単純比較はしたくないし、
出来ないものだけれど、
今は、いや20年前くらいから・・

ハッキリ断れるように変わったもので、
きっかけと自覚は大事だと思います。



改めて利用されたくない、
貧乏くじばかりはイヤ!ならば ー

やろうと決心したなら、
少しづつでも良いから出来なくは無いと思う。




誰かに〇〇さんは嫌いと思われても、
その人に嫌われるのがそんなにつらいかな?
私なら余計な合わない人と切れて、
反対にほっとすると思いますが。


別に人は地球にたくさんいるから、
それはそれで良いと思うこと。


他の友達や、
フォローが的確な家族がいたなら、
特定の嫌いな人間に、
どう言われてもよいという気持ちを持つ努力を。



押し付けがましい存在へなら、
あなたの意思を、
その場で伝えることからスタートして下さい。



ただ、面倒くさい人間関係の学校では、
ちょっと困難な際には、
それは仕方がない場合もあるから。


中学は3年間、

高校も3年間だけれど ー



こうした問題とか、
イジメ問題がからむならば、
義務教育の中学からいわゆるお受験をしたり、
実際に教育委員会や市町村の相談で、
決められたエリア
以外の学校に入学した方もいます。




集団心理がどうしても存在する、
学校などではないなら、
もし決意した1回目がNGでも、
ガッカリしないで次に頑張ってみるのも必要。



もちろん、必要ではないなら、
別にこれまでと同じで構わないし、
この内容が自分とは全く関係がないなら、
それは良かったし、
意思表示が出来ているということだと思います。




さて、実際に断る時には ー

こちら側の情報は少なくして、
余計な突っ込みが入ったり、
疑われるような内容は話に入れないように。


そして相手をついでに非難しないで、
怒らない笑い顔で、

「無理ですから他をあたって下さい」

たぶん、直ぐに引かないから、
「えー、いつも行ってくれたじゃない」
と言われても、

「以前は以前、今日は今日です
あ、失礼、〇〇課に用事だから」

しつこい相手にはいったん席を外して、
他の場所で缶コーヒーでも飲むなどで断固拒否。



なぜ笑い顔で?は、
心理学の植木先生が
ちぐはぐな態度と表情は、
「相手に不気味な印象を与えるため」
というアドバイスをされていたので。

嫌だという顔よりも、
自分に余裕を持たせてみること。


人は俳優、女優なので出来ます、きっと。



「断ること」



意外に年齢に関係なく難しく、
住む場所とか、その町内会とか、
現代でも全て政令指定都市では無いし、
様々な場や人間関係でもたくさんあるもの。



やりたくないなぁ理由はないけれど、
といった、
主観的にやりたくないことと、

体調を崩していたり、
病気の老体に鞭打ってとか、
断る理由が
ガッツリあるから出来ないことは違いますが ・・



もしその土地土地でのやり方もあるため、
安易に断ってしまい、
昔で言う 村八分にされるようなら考える。



あとの二分は葬式と火事だけの手助けだから、
今、支援があって田舎へ引っ越した、
移住をしたというならば、
必要がある地域では気をつけて下さい。
(いまだにあるものです)


あなただけでなく、
お子さんや家族を巻込む際の話です。



さて・・・

皆さんの置かれている立場と場所、
やらなくてはいけない公的なことなのか、
ひたすら個人的な付き合いだけなのか、
などを再考してね。

・・・





すみませんワタシは占い師




・・・必要が無いのを断るとすっきりします・・・

。。






ハート越えていく課題ならば・・
↓状況を見て後悔をする前にやってみる




お手数ですが・・・





人気ブログランキング


にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 09higan06.jpg


誤打はのちほど訂正しますので・・。


09/10|かなりマジメなお話コメント(0)TOP↑
☆流れ星に願いを~★
    ☆                         ☆                ☆         ☆
             ☆
          ☆           ☆
              ☆                      ☆
         ☆                     ☆
                    ☆               ☆
                  ☆             ☆                    ☆               ☆
            ☆          ☆                      ☆             ☆       ☆           
Flashカレンダー
 
いらっしゃいまし~☆
プロフィール

☆ 占い師 mecha

Author:☆ 占い師 mecha
一応ちゃんとした「占い師」です。

究極のサービス業&人生相談なので
普段は勝手気ままは出来ませんが
ここでの勝手はお許しを~。


 152353_1230973443.gif


↑「マリアの京都*フォト日記」
~のマリアさんに作って頂いたアイコンです(^^ゞ
いや・・本人には会わないでください。

     
☆気に入ったら押してね☆
カテゴリー
最近の記事+コメント
鑑定ご希望の方は連絡を☆
 01cd_sadob_no1_2.jpg

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード☆携帯ツールから
QRコード
気まぐれなお知らせ

リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
最近のトラックバック