FC2ブログ
高齢化した親の入院に思うこと・・
2019-04-04 Thu 22:46
019-parent01




親が入院をした・・



目の病の際が最終だったので、
ほぼ十年ぶりくらいの出来事・・。




高齢者になれば、
そんなことはある程度、普通であって、
特別に変わった状態ではないのかもしれない。




でも、ちょっと考えてしまった。




今回の病院はとても体制が整っていて、
医師の診断や指示もしっかりし、
結局、とんでもなく大変な事態の一歩手前で、
上手く行けば生還出来るような感じはする。




・・ が ・・・



入院する予定の本人は、
その病が分からなかったら、
知らないままに静かな生き方も出来たのでは。





(;_;)やや・・

厭世的な考え方かもしれない・・



今年は令和という年号となり、
新たな時代の幕開けともなる訳だけど。




もしもこれが明治とか大正、
昭和の初期だとしたら、
医学はここまで発達はしておらず、
何かあれば、
天命を全うしていたかもしれない。




何が言いたいのかと言えば ー



知らないままにいたら、
老体にムチ打つような、
辛い治療は無しでいられたのではないだろうか、

・・などと思ったから。




生きるのは時にハードであったり、
更に病気になって入院し、
いくら今の先進的な医療だとしても、


八十代も後半になれば、
基本的な検査、検査、また検査だけでも、
かなりの体力を消耗するものだろうし。




ふと、
アホなワタシは占い師だということを思い出した。




3月後半から、4月4日までのその病院は、
ウチからかなり吉方だったのが分かった。




いつもお客様に聞かれて・・



「大丈夫、今月の吉方なので、
反対にかかり始めには向いていますよ」



などと言っていたのを、
敢えてうつうつと
精神的に参っていた自分に言い聞かせてみた。




「大丈夫、良い時にかかり始めたから」




 019-parent02



いくら高齢者の親でも、
診察内容が芳しくはないもので、
はなからうつ病がぶり返していたし、
気分はどん底まで沈んでいたけれど。




大丈夫、吉方だから・・




建設的な言われ方をすれば、
それが自分へでも、
意外に慰めの言葉にもなるのかもしれない。




昨日までは半日、寝ていたのに、
今日は銀行へ行き、
買い物を二軒して来て、
真逆に変わったように感じた。




これまでは仕事柄とは言え、
アドバイスや慰めの言葉なんて、
半分はおこがましい気がしていたけれど、
敢えて言われてみたなら、
先にちょっと光りも感じられるようだ。




自画自賛なんてことではなく、
前向きな一言に救われる時って、
確かにあるのだと自覚も出来たような気もする。





・・入院する親に、


「絶対、退院して来てね」



馬鹿なようだけれど、
思わず心配してそう言ってみた・・。




常日頃は、


大丈夫だから、帰って来るよ」


などと気の強い事を言うのだけれど、
いつになく弱気で、


「大丈夫かな・・・」


と、心配げな発言をしている。




ここは自分で自画自賛的なフォローで、
慰めの言葉を言い聞かせてみたのと同じく、
きっぱりと言ってみた・・。




「大丈夫、吉方だし、
行った日もかなり良い日だったからね」




「・・そうかな、だと良いけど」




思わずニコニコとした顔が、
また、
必ず家で見ることが出来ますようにと、
敬虔な祈りの気持ちで願っていた。




高齢者だから、
もう天命を全うしても、とか・・



つまらない事を考えていたけれど、
正直、それは素直ではなくて、
やはり何歳になっても、
まだまだ長生きをしてもらいたいのが、
偽らざるワタシの気持ちだと思った。





生きていれば、
誰にでも悲喜こもごもな出来事がある。




それが生き死にに関わることなら、
誰もがナーバスにもなるし、
あって欲しくない結果は本当に要らない。




今回ばかりは、
これまでにないくらい真剣に考えて、
落ち込むまで悩んだけれど・・


これもまた、
現世で試されていることだと甘受して、
一歩、前を向いてみる勇気を出してみた。




まとまらない文章で恐縮ですが、
やはり上手く行くようにと思っていたいです。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・悪い事ばかり続かないとも・・・


。。








ハート照る日曇る日いろいろあるよね
↓そういうことを乗り切る自分であれば・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 11kumab003_20190404223902f45.jpg


(^ー^)こんな方もいるかなと思い、

違う記事と変えて書いてみました。

誤打は読んでいてね・・。


別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:7 | top↑
パパ活という名の援助交際ってどうなの
2019-03-14 Thu 08:46
019-papa01.jpg



古代、女性の職業には、
男性を相手にする仕事が既にあったという。
いわゆる世界最古の女性の仕事 ー



その古くからのDNAが成せる業なのか、
はたまた、
手っ取り早く金銭が手に出来るからなのか、
今はそうした事が、
かなり若い女性、高校生や中学生辺りに、
『パパ活』という名称で蔓延している。





(T^T)パパ活・・・

という単語で思い出すのがお客様のBさん。



Bさんは四十代の主婦の方。
お嬢さんも大学を卒業して、
めでたく春から新社会人になるという・・。




どうにか夫婦仲も保たれているようだし、
普通にまとまったままのようだった。




が、たまたま、その会話の中で、
一時的に旦那様の態度が
変だったことがあるのをお聞きした。




以前に彼が講師をしていた学校の、
教えていた若い女の子から
連絡が来たまでは良かったけれど、
その辺りから態度がおかしかったらしい。




「彼は何かあるとすぐに態度に出るので、
ちょっと様子を見ていたのですが」




でも、気になるので、
娘さんに聞くのもどうかと、
ある程度のワードを入れて検索をしてみたという。



そこで今どきの若い女の子が、
手っ取り早くお金を稼ぐため、
昔で言えば 援助交際をしていること、
それをパパ活と言い、
出会い系サイトのように
パパ活サイトがあるのも分かった。




「・・もしかしたら・・・」




彼女は嫌な予感もしたので、
いつもより彼の態度をチェックしていた。




それから何日か過ぎた夜 ー


相変わらず怪しい態度だった旦那さんが、
お風呂に入って疲れていたようで、
側にスマホを置きながら寝入っていた時。



チカチカと画面が見えたので、
Bさんはそっと取り上げてモニターを見てしまった。




自分への返信には全く無い、
キラキラなハートマークが幾つも並んでいて、
文面はやはり心配した通りで、
どうやら
若い女の子とのメールのやり取りをしている様子。




いくつかのメールを読むと、
どうも、講師時代の教え子らしいし、
しかも、まだ未成年のようだった・・。




「不味いでしょ、これは・・・」




Bさんは、
娘さんが不在の時間帯を見計らって、
旦那さんへ話しかけた・・。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 08cb002_20190314083407428.jpg


ハート学生から若い女性まで
↓サイトの中には様々な女の子が・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆



パパ活という名の援助交際ってどうなのの続きを読む
別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:0 | top↑
高齢者の親と暮らす☆受けて流して・・
2019-02-12 Tue 00:35
019-imold01.jpg




自分でも還暦過も過ぎてしまい、
もうすぐ高齢者の仲間入りのカウントダウン。

でもって・・
忘れる中身は似たり寄ったりだったりする。




昨今は必ず友達やお客様とでも ー


八十代以上のや義理の
つまり舅、姑の同居、
または定期的にお世話をする立場の、
お嫁さんやお婿さんなど・・



歳を取った人々との関わり合いで、
様々なトラブルやマイナスなどを聞いていて、
悠長に構えてはいられないながらも、
同じような悩みや愚痴があって・・。



「悩みはだいたい同じなんだなぁ


などと感じる毎日だったりする・・。




タクシーや電車の中に、
ガッツリ貴重品が入っているのに、
まんまバッグやリュックを忘れる人。



友達と待ち合わせをしていたのに、
待ち合わせ場所すら忘れてしまう。




寒いと誰もがやたらと近くなる、
老境のワタシも、
高齢者の皆さまも同じトイレあるある。



暑いのもキツイし、
かと言って寒さには極端に弱くなる。




さっき家族と話していたのに、
指摘すると話してないと豪語する人。

「え、私と話していたでしょう!」

・・と言っても、聞く耳を持たない状態。




危ないからと一緒に出かけたのに、
トイレに行った後に、

「あら、何であんたここにいるの?」

などと言われることにも何時しか慣れる・・。




(T^T)まるで・・
綾小路きみまろさんのネタが
毎日と思って間違いないです。




だけれど、
同居家族が一番ハードなのがや姑たちの病。



持病のあるや姑なら、
一緒に通院しなくてはいけない場合が殆どだから。




更に ー


通院できるうちはまだマシだけれど、
入院スレスレの病の数値だと、
毎日が爆弾を抱えているような緊張感が漂う。




019-imold02.jpg




今日は何とも無かったけれど、
明日は大丈夫だろうか、


いや待て、
今夜は無事に過ごせるだろうか?


今朝は歯の出血は止まったけれど、
どこか、
炎症でも起こしているんじゃないのか?


そんな時間ばかりが不穏に過ぎて行く事も・・。




昨今は介護申請をしても、
認知症で小さなボヤなどを出していても・・


身の回りのことがある程度出来るからと、
等級が低くなり、
というと、ヘルパーさんが来るのも週一とか、
デイケアへ行ける頻度も限られてしまう。




という話ばかりになってしまうけれど、
今、
こうした状況にある方はかなり多いと思います。




「へ、分からないしさ」 と思う人も多いでしょう。



でもいつか、皆さまも
同じような経験をされるかもしれないので、
とりあえず読んでおいてくだされば・・。




・・そういえば・・・



以前に近隣の、
知り合いの旦那様が亡くなった。




ワタシは常に洋服は黒とか、
チャコールグレーが多いため、
まだ忙しく若かった母が御香典を持って行けと言う。



近いし、確かに黒い服だったので、
御香典を持参して焼香をして来たのだけど。




そちらの奥さんとお嫁さんは、
和やかな雰囲気で、
ニコニコ笑いながら話しをしてくれた・・。




故人の前で家族が笑うなんてとか、
普通は違和感があるかもしれない ー



まだ介護も今ひとつ確立されていない時で、
亡くなられた旦那様は在宅介護で、

奥さんとお嫁さんの献身的なお世話は、
それが何十年か続いていたのだった。




「・・失礼ながら分かります、その気持ち




「分からない方には、
不謹慎だとか言われちゃうので
とても笑顔なんて見せられないのよね
でも、ようやくほっと出来ているんですよね」




長い長い介護・・・

ましてや奥さんの方は老老介護。



自分より重い体重の旦那さんを、
排泄の度に起こしたり、
また、体をふいて寝かせたり・・


仕事のあるお嫁さんと交代で看る日々は、
気持ちの面でも葛藤があったのだと感じた。



その果てにこうした結果があって、
やっと緊張感がほぐれれば、
笑顔の一つも出るでしょうよ・・。




ウチには祖父母が居て、
お祖父ちゃんは在宅での介護もあり、
はかなり大変だったから理解が出来る。




その笑い顔は献身的な介護ののちに、
ようやく、
天に召された人を送り出した安堵なのだと感じた。




( ̄  ̄)いつの世も -
命の長さは誰にも分からず・・・



四十代前、
五十代に入ったくらい、
そして最近にも、
ワタシの友達は既に三人くらい亡くなっている。




いつか人は亡くなるけれど、
それまでが大変だったりする・・。



赤ちゃんが成長し、
幼稚園や保育園に入り、
小学生、中学生、
高校生、更に大学や社会人となる。



が、長生きをすれば、
その後、様々な試練も待ち受けている。




言いたいのは ー


今が辛い介護や、
を看なくてはいけない皆さんも、
どんな形かで、
辛さから開放される時も来る・・。




それは・・

縁起でもない結末もあるかもしれないけれど、
自分だけではなく、
大なり小なりどなたなも似ていたりもすること。




自分もでしょうけれど、
特に高齢者と暮らすということは、
そういう事だと言い聞かせ・・


時に流しながら受け、
受けながら慣れて行くこともあったりする。



でも、昔よりは、
静かな時間も持てるようにもなったため、
今、後悔しないように、
時としてたまに自分を甘やかしながら・・。




同じ高齢者がいらっしゃる皆さんも、
その時々なりに対応する気持ちを持ちつつ、
無理しないで介護をされて下さい☆

・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。








ハート人生はおたがいさま
↓この繰り返しだったりする・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 100726kuma0011_20190110205148331.jpg


(^ー^)いつも最後までありがとうございます。

変換ミスはすっ飛ばして読んでてね・・。


別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:0 | top↑
「自分に自信が無いのでツラい」ある女の子の話から
2019-01-23 Wed 00:15
019-agirl01.jpg




「あなたに自信はありますか?」




皆さんはこんな質問に、
どんな風に答えるでしょうか?・・




ある人は、
自信というものが分からないと言うかもしれないし、

またある人は、
自信というのは分かるけれど、
前からあるものじゃなくて、
途中から培われて行くものだと思うと言う。




双方に同調できる方には、
どちらも正しいと感じるでしょうし、
価値観が違う方には、
どちらも違うと言うかもしれない・・。





何故、今回、
こんなテーマなのかと言えば ー


最近カフェの仕事で、
たまたま隣り合わせたまだお若い女性の、
こうした話をしていたのを聞いてしまったから。




むろん、どなたかも分からないし、
その時にはお客様がいらっしゃるまで、
仕事の待ち合わせをしていた時だったもので。
個人的な悩みを延々とお聞きした訳でもない。




ただ・・


喫茶店やカフェやバー、
レストランなどの場所では、
時折、唐突に自分の耳に入って来る話で・・



皆さんも経験があるかもしれませんが、
たまたまでも、
その会話のポイントが、
自分の中にヒットしてしまう場合があったりする。




(T^T)気になるのは たぶん・・

意外と自分で気にしていたり、
過去に、
同じようなことで悩んだ内容であったり、
また、話に何か琴線にふれる中身がある場合が多い。




「・・だからね、
みんなどうして意気揚々と生きてるわけ?
私は無理・・毎日、ツラいものがある」




きっと友達なんだなと思う、
同年輩の女の子が前にいて、
ウンウンと話を聞いているようだった。



でも次には ・・



私も無いよ、
そんな自信とか言われても・・
たぶん、他の人だって同じだと思うけど」




もう待ち合わせた方が、
来てしまう時間だったから、
それ以外、
ワタシの耳がダンボになることはなかったけれど。

『お友達が言った通りだよ』

と思わず心の中でつぶやいたのだった。




ふと ・・



以前に自信が無いということで、
似たような事を言っていたお客様を思い出した。




「私、昔から自分に自信が持てなくて」



・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



06love003_20181229004238fcc.jpg


ハートコンプレックスは芸術も生み出す
↓ことも多い・・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




興味のある方は先をどうぞ・・・☆



「自分に自信が無いのでツラい」ある女の子の話からの続きを読む
別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:0 | top↑
亡くなった人が見えてしまうお子さん
2018-12-08 Sat 00:54
018-ch01.jpg




Lさんは三十代で二児の母 ー


長女、次女と二人の女の子に恵まれ、
今は旦那さんの昇格と共に、
子育てのために仕事もリタイアしていた。




長女リサちゃんはお姉ちゃん気質で、
おっとりしながらもしっかりしているけれど、
問題は次女のカオリちゃんの最近の行動で、
ちょっと悩んでいた・・。




小学生になったばかりだったけれど、
学校に入学する前から、
買い物へ連れて行くと ・・



「ママ、こわいよ・・」



などとスーパーの中で言い、
ずっとLさんの脇に寄り添って、
ギュッと服の端を握ったり、

外に出る時に、
必ず何か一人で驚いたり怖がったりしていた。




「これって、もしかして・・」




そのカンが確実なものとなったのは、
ある日にカオリちゃんが、
唐突に言った言葉だった。




「・・ママ、おとなりから黒い雲がでてたよ」




・・黒い雲? ・・・



その日は秋空が広がる雲一つない快晴で、
娘が言っているような雲なんて見当たらなかった。



変だな、とは思ったけれど、
小さい子だから、
昼寝の夢見でも悪かっただけど思ったそうだ。




。。



次の日の夕方に、
隣のお宅に何台か車が停まり、
その黒い車の一台には近隣の葬祭会館のロゴが。




「え!・・・」




程なくして、
『緊急』と書かれた回覧板が回って来た。




『ヤマグチさんの、
お祖父様が亡くなられました
つきましては日程などをお知らせします』




「ヤマグチさんのお爺ちゃん、亡くなったんだわ・・」




この時、Lさんは、
次女のカオリちゃんが、
やはり違う感性を持っていることが分かったそうだった。





「・・ただ、本人は大変なことも多いようで」




ウチにいらした際に、
彼女はカオリちゃんのことをかなり心配していた。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 06love003_20181208003039e5f.jpg


ハート御さんも対応に気遣いが必要
↓でも特別扱いではない方がよい・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方はどうぞ・・・☆



亡くなった人が見えてしまうお子さんの続きを読む
別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:0 | top↑
元気を出すのにも効いた歌と手拍子☆脳の活性化
2018-11-11 Sun 00:18
018-homed01.jpg



ビートたけしさんの健康番組 ー


『本当は怖い家庭の医学』は、


いつも何となく
自分や家族にあてはまる気がして、
本当に怖くなってしまうため、
たまにしか見ていなかったけれど、
血糖値についてを取り上げていたので見ていた。




その中で、
血糖値の他に認知症に至るような、
ちょっと普通ではないもの忘れと、
内の活性化についてアドバイスがあった。




(T^T)簡潔に言えば、
を活性化する認知症の予防には、
鍵盤楽器や他、楽器の演奏などが効果的だと。




ただ、楽器というのは特殊だし、
高齢者だったりすると、
楽器を演奏する自体がハードなので、
それに変わるような動作を検証していた。




楽器の演奏に変わるその対策として、
かなり酷似していて、
医師もお奨めだったのが・・



テンポが良い歌で、
例えば歌いやすい昔、流行った歌。


それを歌いながら、
手拍子を合わせるという、

歌と手拍子が、
楽器の演奏をする時に活性化する、
内と同じという結果になった訳です。




中で最近、もの忘れが激しい方で・・


飲食業を営んでいて、
お客様のオーダーを忘れたり、
お品書きに無いアレンジのオーダーが
苦手になった女性が出演して、
もの忘れの激しさを軽減させるという検証。




ご自分の好きな、
歌いやすい歌を歌いながら、
簡単に手拍子を打つ動作を始めた。




数日間、
彼女は楽しく手拍子を打ちながら、
歌を歌う行動を続けた訳ですが・・。




これが、かなりの効果を発揮し、
前には嫌だった、
お客様のアレンジメニューも、
通常のサービスにも、
ずっと前にきちんと出来ていた時と同じくらいに。


見ていて驚いたのでありましたが・・。




特殊な内のモニターに、
映し出されるような、
歓喜の様子になっていると思われる、
彼女の変わりようを目の当たりにし、


もしかしたら?
ワタシの今ひとつのにも効くのではと思い。



一人で歌を歌って手拍子を打つと、
アホな人とか、
とうとうヤバくなったと誤解されないように、
同居母にも説明をしてから、
ワタシがうつうつとした精神面 改善に
手拍子と歌を始めた・・。




 018-homed02.jpg



テンポが良くて、
手拍子に合わせられて、
しかも、ソラで歌えるような歌。




「あ・・・・




お若い皆さんには、
昔の歌謡曲だから分からないかもしれないけど、

ふと、

♪~幸せは~歩いてこない、

~だから歩いて行くんだね♪


365歩のマーチを思い出した。



水前寺清子さんのメガヒット曲で、
ワタシ辺りの年齢だったらよく知れ渡っている・・。




「歌いやすいかも・・・」




その日から毎日、
調子が今ひとつの朝から、
昼間に一度、
夕食終わりくらいとか、

朝以外は適当な時に、
手拍子と共に昭和の流行歌を歌っていた。




先週は眠ってばかりで、
食事もテキトーだったのが、
それよりはまだマシになり、
夕食も前よりは作れるようになった。
気がする・・)




( ̄▽ ̄)もしかしたら、
やはり、もの忘れだけではなく、
が活性化をするのではと、
数日の歌の日々で感じたのですが。





・・さて・・・



普段のように、
一様に元気が出ている方は、
実はそれだけで幸せなことだったりします。




そうではなく、
気質からネガティブな人や、
一度、うつ病になった人には、
ダウンするとなかなか浮上しにくかったり。




だから簡単に手拍子と歌で、
沈んだままの気分が、
元に戻るとは言い切れないかもしれないけれど。




藁をも掴みたい場合には、
脳内から活性化するような、
裏付けもある、
こうしたやり方は楽しくもなるし、
ゆくゆくの認知症への対策にもなると感じた次第。




朝に必ずカーテンを開けて日差しを浴びる。


両手を広げて、
「頑張るぞー!」と叫んでみる。



・・なども効果がある動作だけれど。




歌うのが好きとか、
手拍子も苦にならないなら、

自分でもトライしてみて、
素直にやってみた結果が良かったので、
似通った状態の方・・



もの忘れが激しくてイライラする


最近、うつうつとした気分


そんな方は一度、試してみる事をお勧めします☆

・・





すみませんワタシは占い師



・・・嫌な事は続かないとも・・・

。。









ハートリズムとテンポに乗る
↓楽器奏者の方はある意味ボケにくい・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 24kuma022pb03_201811102216118f6.jpg


(^ー^)素直な気持ちでやってみて下さい。

意外と脳が元気になってくれます・・。


別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:0 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT