FC2ブログ
自分の半世紀と共にあったスーパーが閉店してしまった
2018-09-06 Thu 00:15
a0790_000146.jpg




例えば ー


株式会社としても、
個人営業に近い経営内容だとしたら、
その商売はハードだったりする。




( ̄ロ ̄lll)決して小難しいことを、
言いたい訳では無いけれど・・



ワタシが今の団地に引っ越してから、
五十年くらい経営を続けて来た、
地元のスーパーマーケットが、
その歴史を閉じてしまった・・。




皆さんの住んでいる場所だって、
経営不振になってしまい、
商売をたたんでしまう店舗も少なからずあると思う。




。。



その店舗は約50年くらいの期間だったので、
ワタシが引っ越して来た時から、
今までの年月と重なっていた訳です。




妹は今は違う市に住んでいるけれど、
先日、その話をしたら、
やはりショックだったようで




何分かおきに記憶を反芻しては、


「やっぱりショックだわー」


と、長い月日を甥っ子共々、
ある意味、お世話になったもので、
その衝撃が全く同じだった。




(−_−;)他愛無いことかもしれない。



ただ・・


常日頃の買い物は大体、
そのスーパーだったし、


母が買い忘れた食べ物を、
頼まれて買いに走ったり・・



中学校、高校の遠足の際には、
お菓子やお弁当の具材を買い、


たまたま遭遇した定休日には、
遠足の物が買えずに、
コンビニすら無い時代だったから、
そのお店が開いていないと、
困ったしショックだったのを思い出す。




二ヶ月に一度くらいになっているけれど、
定例、お不動さんのお参りには、
途中、そこでお酒などを買いつつ、
不動明王様へと向かった日々・・。



大げさかもしれないけれど、
還暦になったワタシの中の、
50年間はそのスーパーと共にあった訳で。




皆さんが育った場所でも、
商店街とか、
そうしたスーパーとか、
日常には無くてはならない店って、
たぶんあると思うのですが。





・・一番の思い出は ・・・



実は七年前の震災の時の事だった。



東日本大震災のあと・・


電気もガスも水道という、
ライフラインが全て寸断されてしまった時。




a0002_001257.jpg



どこの店舗もガソリンスタンドも、
コンビニもドラッグストアも、
ほとんどの店が閉まっていた中 ー



有難いことにそのスーパーは、
自社の運搬トラックがあって、
一時間、二時間並ぶのは当たり前だったけれど、
お米や普通の食品、
トラックで運ばれた野菜や果物、


トイレットペーパーやティッシュボックスなどまで、
いつものように揃っていて本当に助かったのだった。




もし、お店が無かったり、
営業をしていなかったら

ワタシや母やたまに来る妹や甥も、
遠い場所まで歩いて、
食べ物を調達しなくてはいけなかったし、
折しも水だけでも運ぶのがハードな中、
もっと大変だったに違いない。




「助かったよねー」



そう言いつつ、
後に他の店舗が開いていても、
若干、高くても義理を返すべく、
そのスーパーで買い物をしていたものだった。




この数年の間 ー


近くには大手スーパーやコンビニ、
安い量販店や食品も扱うドラッグストアなど、
小さな店には影響が大きい店舗が、
たくさん出来てしまったのも確かだった。




それが時代と言えばそうなのかもしれない・・。



賑わっていた商店街が、
シャッター通りになってしまったり、


商業施設だけで無くても、
例えば学校だって少子化で無くなったり。


様々な施設や店舗
学校や公的機関なども消えてしまう場合がある。




長く一緒だったりした思い出の建物が、
ある日、突然に色々な理由で消えて行ってしまう。




無駄にメランコリックになっている訳では無いけれど、
やはり親しんだ場が無くなるのは、
自分の思い出だけではなく、
何か大切な部分が失われてしまうような寂寥感がある。




寂しいなぁ、などと思っていると、
ふと永六輔氏の言葉を思い出した。



『 最初の死は、
医学的に死亡診断書を書かれたとき。


でも、死者を覚えている人がいる限り、
その心の中で生き続けている。


最後の死は、
死者を覚えている人が誰もいなくなったとき。


そう僕は思っています 』



※永六輔氏の『お話供養』(小学館)より ー




そうか、そうだよね人物ではないけれど・・



だとするとまだスーパーは色々な人たちの、
心の中に生きていて、
完全な滅却とは言えないのだとも。




閉店したことは事実だけれど、
でも、そうした記憶の中には、
生き続けているのだと感じた・・。




・・ありがとう、長い年月を・・・




スタッフの皆さんだって、
生活があっただろうし、


まだまだ悲しいし、
複雑な気持ちではあるけれど、


そう思うことで自分を救うようにしてみた、
昨今の出来事でありました・・。

・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。







ハート時代とはひと口で言うけれど
↓想いはたくさん存在していたりする・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 09b002_20180905233413431.jpg


生きていると様々な変化に遭遇しますね。

(××)そんな刺激にも対応していかねば・・。


別窓 | そんなワタシのウラ話 | コメント:2 | top↑
暑い中の憩い《 びじゅチューン 》は美術畑でなくても笑う
2018-08-07 Tue 00:25
018-art01.png




018-art02.jpg




このやたら暑い中、
ワタシがハマってしまったサイトがある。




《 びじゅチューン 》は、
だいたいは水曜日の夜7時後半に、
Eテレでオンエアされている、
NHKの 井上涼氏のサイトだけれど・・。




あまり美術に興味が無くても、
例えば教科書ではおなじみだったりする、
有名な作品や絵画、建築物を題材に、
その国宝級の品や絵を、
オリジナルの歌とアニメにのせて
紹介?している 面白〜い内容。




『お局のモナ・リザさん』

ダビンチのモナリザより



『曜変天目ディスコ』

国宝 曜変天目茶碗より



『真珠の耳飾りのくノ一』

フェルメール 真珠の耳飾りの少女より



『ムンクの叫びラーメン』

ムンク作 叫びより



『姫路城とデート』

国宝 姫路城より



『オフィーリア まだまだ』

ミレイ オフィーリアより




他に何作もの国宝や絵画、
様々な著名作品をネタにして、
作詞、作曲、歌、アニメと、
八面六臂の活躍を繰り広げる、
井上氏独特の世界が展開されている。




これがまた絵柄も歌も難しく無く、

どれもなんだかほっとしたり、

くすっと笑えたり、

そういう発想なのかい?と感心したり、

あり得ないだろーとか思っても、
そうだったら楽しいのにね、とか思っちゃう。




フェルメールの名画の少女が、
まさかのくノ一になっていたり、


ムンクの叫びがラーメンになり、


「きっと♪叫びもお腹が空いてる♪
こっちに来てお食べ〜♪」




吉祥天女が柄マニアで、
薬師寺の仏像たちに柄モノを無理強いしたり、


国宝 姫路城が普通の男の子とデートして、
思わず、
城の機能で防御してみたり・・。




018-art03.jpg




018-art04.png




何も美術畑だけではなく、
ちょっとその作品を知っていれば
かなり笑えたりする内容となっていて楽しい。




美術畑の友達も知っていたようで、
サイトのURLを送ったら、
私も気に入ったのをデータ保存してますと返信が。



何のこっちゃ、と思われ方は、
一度、こちらを観てくださいな。



NHK 《 びじゅチューン 》公式サイト 動画




好みもあるので、
ただ何のこっちゃ?
で終わる人もいらっしゃるかもしれないけれど。



ちょっとでも美術とか、
国宝などに興味のある皆さんには、
結構、ヒットするのではと感じます。




・・ワタシは・・・



特に元気が無かった時に、
オンエアされた『曜変天目ディスコ』を観て、
ダウンしていた気分が上がり、
ほのかな笑いが癒し効果になった。




それ以来、中のアニメを、
毎日しらみつぶしに観ているという日々。




お局のモナ・リザさんでは、
威圧的なモナリザさんは、
実は、意外に親切だったり、



真珠の耳飾りのくノ一のシチュエーションでは、
かのフェルメールの名画の少女の、
耳飾りが悪意を成敗する爆弾になっていたり、



また、
ハムレットが題材のオフィーリアは、
失意のままに川に沈むだけでなく、
背泳ぎでイルカやメカジキと友達になったり。



奇想天外ながらも、
どこかハートウォーミングな配慮が泣かせる。




このナンセンスだけではない、
井上アニメの展開は、
反対に名画や国宝作品への、
新たな興味となっていたりもして、


ただ教科書で勉強するだけではない、
不思議なアプローチで、
これまではお堅いイメージのあった名画などへ、
角度を変えた興味を持たせてくれたりもしている。




アニメキャラになった、
有名な作品のモデルたちも、
皆さんに受けるようなデフォルメにされている。




(^_^)良いことばかり書きたい訳じゃ無いけれど、
このジャンルに少しでも興味がある方には、
なかなかにおススメしたい内容だったり。




どうしても、
この酷暑の中ではスポーツや、
毎日のアウトドア的娯楽が限られる日々。




外には長く居られないという、
仕方なくインドアを強いられる毎日だけど、
楽しい動画でも見ようといった場合には、
くすっと笑える びじゅチューンを、
一度、ご覧くださいませ・・。




ワタシ、
個人的には《オフィーリアまだまだ》
《曜変天目ディスコ》
《ムンクの叫びラーメン》辺りが好きですが。



美術畑の方たちも、
はたまた、
普通にしかそのジャンルに興味が無い方たちも、
きっと中での好みがあるのではと思います。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。







ハート知っていればなお楽し
↓知らなくてもまた可笑し・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 09b003_20180806232203172.jpg


(゜▽゜*)まー、この魔力のようなパワーに、

ある意味癒され、笑わされる日々・・。



別窓 | そんなワタシのウラ話 | コメント:0 | top↑
夏虫の狂演 彼らにも生きる権利はあるでしょうけど
2018-07-17 Tue 00:20
a0005_000386.jpg



毎年、に・・
ブログを読んで頂いている方には、


「あー、また苦手なあの話ね」


とかなんとか感想がわき起こるかもですが。


ヽ(;▽;) ご明察!すまないタイトル通りで。



でもせっかくだから、
ちょっと懐かしいには懐かしいお話も。




最近はなかなか、
子ども時代のエピソードにも限界があり、
『ノスタルジックなお話』も、
休止しているのだけれど・・




虫、昆虫に関しては ー

小さい頃にはいわば、
そこそこ共存していた感がある時代を過ごして来た。




今や超街のど真ん中になった、
昔、住んでいた家付近にも、
たくさんの昆虫がたむろしていたり、


昼日中には暑苦しいアブラゼミの合唱、
毎夕にはかなかなかなと、
涼やかにヒグラシが、
でっかい樫の木に集っていた・・。



その樫の木のふもとには、
蟻の巣がぽこぽこ空いていて、
暑いさ中にも、
働き蟻があちこちに走っていた・・。




薪(マキ)のお風呂だった家庭も多かった中、
お風呂場には、
夜にはカマドウマ(俗に言うベンジョコウロギ)が、
あちこちから顔を出し、
風呂場の壁にはカタツムリがはっていたり。




昭和の中期には ー


デカイマンションが林立するその場所も、
普通の木造建築ばかりで、
実にのどかなありとあらゆる昆虫がいて、
の宿題には、
昆虫採集にもこと欠かなかったものだった。



たぶん、のどかな時代で、
虫に慣れ親しんだことを、
懐かしく思う皆さんもいるのではと思います。




そんな昆虫に、
あたかも慣れ親しんだワタシも、
昔だったらあんなに平気だったのに、

何故か大になってからは、
虫たちがやたら苦手になっていたりする。




いわゆる害虫という虫とか、
黒光りするゴキ様やカマドウマ、

街中で右往左往している、
カマキリなんかを見かけてしまうと、


ギャー!」 (声がでてしまう)


などと、たかだか昆虫なのに、
ビミョーな嫌悪感が先に立ってしまったり。




いや、あのブラックなカラーの害虫 ー

ゴキ様たちちは、
をフリーズさせる何かがあったりする。




しかも・・

何でか目が合ったりするので、
ちょっと不思議な感覚に苛まれる。



先日、珍しくブルーなことを言う母。



「今朝さ、あの虫がいたんだよ」



早朝からゴキ様登場だったらしい。



・・と、ここで朝からウンザリする。



あー、やだな、またワタシが、
お母さんが捕獲し損なった
アノヒトたちを潰さなくちゃいけないのかー。


・・




m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 10kuma023_20180701003951542.jpg


ハート虫ってクワガタくらいは手づかみで
↓あっちは恐いぞ、駆除される・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい酔狂な方はどうぞ・・・☆


夏虫の狂演 彼らにも生きる権利はあるでしょうけどの続きを読む
別窓 | そんなワタシのウラ話 | コメント:0 | top↑
夫婦も所詮は男と女☆木村多江様怖い女を怪演
2018-05-20 Sun 01:00
018-couple01_20180520004428054.jpg




その時代の新御三家だった、
西城秀樹さんが亡くなられました。



同じカテゴリーの方たちが
分析などを書いているかもしれませんが、
ワタシはドキュメンタリーで拝見した、
病気になられた後の、
大変なリハビリの様を目の当たりにし、
本当に頭の下がる思いだった事を覚えております。




同年輩で華やかな活躍をされたと共に、
大病で大変な中、
辛いリハビリをされながら、
家族への愛情を貫いて来られた事は、
並々ならぬものだったとお察しいたします。



たまに一人くらい、
芳しくない事をコメントする人がいても、
決して不思議では無い昨今・・


どなたも涙ぐみながら、
彼を讃えていらっしゃるのが印象的でした。
それほどどのジャンルの皆さんにも、
信頼がある素晴らしい存在だったのだと思います。



天界ではどうか、
ハードでもあった下界の分まで、
静かに安らかにお過ごし下さい。
と共に、
家族の方々へ心よりお悔やみを申し上げます。



僭越ではございますが、
ご冥福をお祈りしつつ、
これを私のお別れの言葉とさせて頂きたいと思います。


・・・



さて自称ドラマニアのワタシですが、
現在、いくつかのドラマを観ているけれど。



今、密かな楽しみと共に恐怖を感じているのが、
『おっさんずラブ』の吉田鋼太郎の巧さと、


『モンテクリスト伯』で、
おどろおどろしい人間が、
ぐちゃぐちゃの愛憎劇を繰り広げるのが興味深いけれど


何年経っても忘れられなさそうな、
ディーン・フジオカの顔を
誰もが忘れて去っていたことが、
まずかなり無理はあるのが印象的だったこと。




そして・・


『あなたには帰る家がある』で、
超亭主関白な夫(ユースケ・サンタマリア)の
貞淑な妻役の木村多江
(みなさまの敬称を略させて頂きます)。




身もふたもない書方をしちゃえば、
倦怠期真っ只中の夫婦と、
そこそこ上手く行っていたかに見えるけれど、
実は古い前時代的な家庭で、
今どき耐え忍ぶ妻が、
普段の生活に満足をしていたかのような中で、
反対に新しくマイホームを買う際に知り合った。



倦怠した違う男性に出会ってしまった
不倫の序曲から、
お互いの家庭に様々な不具合が生じてきてしまう・・。




倦怠期の夫婦を中谷美紀と玉木宏が、
舅と姑が同居する茄田家の夫婦
木村多江とユースケ・サンタマリアが、
ちょっとかつてない役どころを演じていて面白い。




ハウジングメーカーに勤務していた秀明(玉木宏)は、
勤め始めた妻・真弓(中谷美紀)の
態度や行違いに辟易していた・・。




折しもそんな時に、
新しく家を購入する予定だという茄田夫妻に出会う。




最初はただ、
お客様とセールスする立場としてだけ
義務的に二人に会っていたけれど・・



ある日、山のような荷物を持って歩いていた、
田綾を営業車の中から見つける。



突然の雨模様、
どちらもフツフツとした不満を抱えていた男女に、
あまり言葉は要らなかったのだ。

・・




m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


06ba01_20180520004743e80.jpg


ハート夫婦というのも危うい位置付
↓男女の仲は計り知れない・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




夫婦仲の参考にしたい方はどうぞ・・・☆


夫婦も所詮は男と女☆木村多江様怖い女を怪演 の続きを読む
別窓 | そんなワタシのウラ話 | コメント:0 | top↑
占い師、ドローン専門店に驚く☆それも時代でしようけれど
2018-05-17 Thu 00:19
 018-doro-n01.jpg




以前に見た番組の中で、
お祖父さんが孫に誕生日プレゼントに辞書をあげたら



今はそんな物は必要ないんだよ
スマホで検索すれば分かっちゃうんだから」



などと言われ、
お祖父さんがえらく驚くと共に、
そんな代なんだなぁと、
一部落胆しながらも
自分のギャップを感じていたエピソードがあった。




そうか?、辞書は喜ばれないのか・・。



古いのだろうけどワタシの生きて来た中では、
やはり同じ世代の皆さんも理解出来るように、
辞典や辞書は必需品であって、
宿題をやるにも、
基本的には勉強をするにしても、
その類のアイテムは机の上にあったものだった。




先日、大きな病院へ通院した帰り道、
親がタクシーで帰りたいというので乗車を。
遠い場所は近年は仕方がないと思うけれど・・。




いつもの道に、
いつもの坂や街中のビルの林立。

丁度、羽生結弦君がパレードをした道と
変わりがないコースに至る。




その、窓の外にちょっと見なかったお店が見えた。


『ドローン専門店』



・・ドローン専門店とな?


最近までは見かけなかったので、
母に告げたら既に眠っていたようだけど。




とうとう出来たか空中浮遊偵察機器専門店。



もつと驚いたのは、
そちらに沢山の人がいたこと。
平日の、ランチタイム前なので、
反対に異様なイメージがどばどばと。




ドローンは今やどんな番組にも使われていて、
広い大地の花畑から、
すうっと青い空にパーンして
美しい花畑全体を見ることが出来たり。




「お、綺麗だなぁ・・」




別にワタシは便利な機器の
バッシングを言いたい訳では無いし、
今やスマホに取り入れて操作も楽しげ。




アメリカでは専門エンジニアが、
奥さんの浮気現場をドローンを駆使して追跡をし、
ガッツリ証拠の画像を
浮気のデータとして提出したようだった。



便利っちゃ便利、
使いようではビミョーっちゃ微妙かもしれない。




とうとう仕方がなくスマホにしたけれど、
最初がiPhoneというのは良かったかもしれない。


違うアンドロイドを使っていたら、
操作がiOSだから違いも多く、
反対に面喰らっていたかもなんて感じたりもして。




ちなみに,
Xは10周年記念のスマートフォンとかで、
次にでるのは9だったりするとか?・・



記念機種が発売される前に、
おびただしい人たちが店舗に並んでいたのと、
ドローン専門店に沢山の人がいたのとが
同じ感じでもあったりする。




018-doro-n02.jpg



代というせいにしちゃ
いけないのかもしれないけれど、
来年度には平成という年号も変わるので、
また次世代の人々が生まれて行くんだろう。




でも、とまたオバハンは思う ー


自分が「ノスタルジックなお話」というカテゴリーで、
アンビリーバブルな
お祖母ちゃんのことを書いていたのと、
その感覚は同じじゃないのかなんて訳です。




スマホは当たり前、授業はもちろん端末で、
あちこちにドローンが飛交い、
プライバシーがあるようで実は無い・・。



ついでに言えば、
人々は自分より他人のことにやたら敏感になり、
ネットではあっという間に
個人情報がSNSで拡散されてしまう。




じゃあ、新しい
利便性の高い物だけが良いのか?
・・と言えば、
そうとだけは言い切れないとも思うんだね。




古い物はそれなりに代を支えて来たので、
決して侮れはしないし、
『温故知新』という諺は好きな意味がある・・。




実際に震災のに活躍したのは、
電気、ガス、水道すら断たれた中

電池式のトランジスタラジオであり、
お仏壇のロウソクやマッチ、
溜めていた灯油用の
プラタンクの中にあった水だったりした。




侮れ無いアナログのアイテムたち。
本当に助かったものは電気が来ない場合に、
先人たちが知恵を絞った物だったから。



。。


本屋が少なくなりタブレットで文字を読む。
簡単に料理が
可能な夢の調理器が楽にしてくれる。



きっとまた
色々な物や店が消えて行ってしまうのかもしれない。




でも、インフラ的な何かがないと、
防災には意味が無い物たちだけだと、
代には残されて行く感は否めないけれど、
防災などの
有事の際にはなかなかハードだったりもする。




良い物は残されるべきだろうし、
便利な物は、
よりグレードアップされて行くのかもしれない。




何時か親たちがこの世を去り、
そしてワタシも何年後かは
現世にはいなくなる日が来ると思う。


それは誰にも同じであって、
何時の世も繰り返されることなのだろうと・・。




そんな専門店を横目で見ながら -


遅れてしまう危機感よりも、
変遷する時間を、
静かに見ていたい気もしたおばさんでありました。


・・




すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。






ハートこの繰り返しですね・・
↓何時の世も同じだったりします




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 08bana001_2018051621103990c.jpg


(゜▽゜*)いつもありがとうございます。

皆さんの時を大切に・・・。

別窓 | そんなワタシのウラ話 | コメント:0 | top↑
私の心の地雷☆親とは喧嘩が出来るうちが花だけど
2018-01-17 Wed 00:11
 018-mother01.jpg




タイトルとはちょい違う内容からだけれど -



昨年末くらいまでのオンエアで、
自然体な演技の巧い
女優さんに成長した井上真央主演の、
(敬称を略させて頂いております)
現代の高校の、
あらゆる問題をはらんだドラマを観ていた。



彼女は藍沢日向という、
とある高校のスクールカウンセラー役だった。





中で何が一番、興味深かったかと言えば -



その作品『明日の約束』には、
ひなたの母・尚(手塚理美)と、


様々な経緯でイジメに遭い、
自死してしまう男の・吉岡圭吾の
・真紀(仲間由紀恵)と、
二人の毒母(毒)の存在があったこと。




『明日の約束』という、
日向の母が娘にある意味強いていたような、
偽善的な交換日記は、
日向がやりたかった中身ではなく、
大人になった今でも彼女の深いトラウマでもある。




普段は普通に近い感じの母は、
激昂すると人格が変わり、
自由を奪い取り、
常に日向を苦しめていたし、
娘が一般的にあるべき事へも否定的だったから。




否定的なんて生やさしいモノではなく、
全くの娘への強制と蹂躙だけだったのだ。




片や高校でイジメを受けていた吉岡圭吾も、
いつも過剰な干渉と歪んだ愛情に、
有無を言わされないような生活を強いていた母に、
反抗も出来ずに過ごしていた・・。




今回はドラマの感想だけではないので、
かいつまんだ内容で失礼しますが、

から受けるのは、
決して愛情だけとは限らないのだと、
ドラマを観ていて色々と勉強になったものだった。




、特に母親というのは、
過干渉でも成り立たないし、
かと言ってネグレクト的に虐待と放置でも、
もちろん、どもには辛い境遇を与えてしまう。




イジメ、毒親、スクールカースト、

部活でのトラブル、担任、顧問、

家庭内の問題、援助交際、自殺 ・・



毎回、病める現代の縮図のような話が出て来る。



でもドラマだけではなく、
実際にこうした状況なんだろうと痛感。




更に・・

自分が仕事で、
来て下さる親御さんに、
日常の問題についてアドバイスするに対しても、
大変に勉強になった内容でもあった。





・・さて・・・



ワタシはちょい前に大人げ無く母と喧嘩になった。




引きの目線で考えれば・・

喧嘩や口喧嘩って、
売り言葉に買い言葉になるため、
どちらかが大人になって、
取り合わないのが得策だとは思うのだけど。




きっと彼女は寒波のために、
筋肉が衰えているため、
単純に寒いという自分の状態で、
イライラを募らせて、
ワタシにアタっているんだろうとは思っていた。


週末は確かに寒波の襲来で、
氷点下だったから分からなくもないけど・・。





(T^T)問題はそんな母親である。



日向の母親のような、
強制や蹂躙の仕方をされてもいなかったし、


圭吾のママのような、
盲目的な私物化をされて来た訳でも無いけれど。




数人の男性兄弟の中の、
たった一人の女性だったから、
とにかく男勝りで超勝ち気な事だけは確か。




女系家族で女性の姉妹が多い父親とは、
様々な意味で真逆なため、
一見、男性的な女性と、
女性的な男性とは合う、
と勘違いする方もいらっしゃるかもしれないけれど。



九星気学や星座や血液型でも、
よくもこんなに合わない相性の二人が、
今まで結婚という誓約のもとで、
別れなかったのかが不思議なくらいだった。


・・






m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 05me03_20180117000047b7f.jpg


ハート皆さんと父親と母親と
↓どういう関係性がありますか?・・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村





もっと戯言的話を読んでみたい方はどうぞ・・・☆



私の心の地雷☆親とは喧嘩が出来るうちが花だけどの続きを読む
別窓 | そんなワタシのウラ話 | コメント:0 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT