お父さん(故人)の愛が天気を変えた と思った日
2018-01-11 Thu 00:21
 018-adayinthelife01.jpg




そのお客様は、
仙台からは遠い場所に住んでいらした。



高校はこちらだったけれど、
進学した大学の関係でそのまま東京で就職をした。




後に仕事関係で知り合った男性が地元だと、
会ううちに意気投合をしたようで、
何年か前にめでたく結婚もされていた。




ご実家はこちらに近いけれど、
まだ継続していた仕事や、
ご夫婦の生活圏では無いため、
たまにしか来る事が出来ない人でもあった。





御用納め辺り、昨年の終わりに、
その彼女Fさんから連絡があって・・



久々に来たいとのお話だったため、
ワタシも久しぶりにお会いしたかったから、
帰省がてら日を決めていらっしゃることになった。





(T^T)でも、ですね・・


昨年から寒さや悪天候が多くなり、
年末にかけても天気が悪く、
週末に寒波も度々、日本列島を襲っていた時。




『・・出来ればせめて雪じゃないとか、
雪の後の、
カチカチに凍結した路面じゃないといいけど』




こうしたいわゆる普通の予感て、
天気の場合にはあまり当たらないから、
悪くないことを祈っていたのだけど。




やはり悪い予報ってバカにならず、
雪が降って来たのだったが・・。




ほどなく旦那さんと帰省していた
Fさんからメールが着信した。




『○さん、必ず伺いたいのですが、
この雪だとたまに運転するくらいだから
ちょっと自信がありません・・
夫は昨日から、
友達とスキーに行ってしまっていて』




そうだよなぁ・・


旦那さんはどうやら、
友達の4WDで雪山らしかったらしく、
自家用車で送ってくれる人は不在。




今や運転もしていないワタシなので、
リアリティーが湧かない部分があったりするけれど。



雪とか帰りの凍結した路面とか、
やたら危険なことだけは覚えている。




妹と路面が凍ってツルツルの際に、
とあるショッピングモールの帰り道、
駐車場の坂で他の車が一台ずつ下に下がっていた。




え?何でさっさと下に行かないんだろう、
てな、バカな事を思っていたら・・



((((;゜Д゜))実は坂がつるつるしていて、
1台ずつしか下がれなかったようで・・




1台ずつ下がらなければ、
次の車が前の車に滑って追突する訳だったから。



気付かなかったら、
危うくワタシたちが前の車に激突していて、
他の皆さんにも迷惑がかかっていただろうし、
事故処理にゆうに一時間はかかっていたかも。



・・そのくらい雪以降の路面凍結は恐い・・。





『スタッドレスタイヤでは装着していますよね?
今回、無理しなくても良いですからね』




ちょっと頑張ってみます、
と彼女は言っていたけれど、
何かアクシデントでも起きたら大変です。




そんなこんなな正午辺りから以降 -



午前中にあんなに降りしきっていた雪が、
あっという間に止んで日差しまで出て来た。




すぐさまFさんから連絡があって、
今から向かいますとの事だったのだが・・。


・・




m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 09higan010_20180110234544727.jpg


ハートそういうこともあったりします
↓愛娘への愛情の結果とか・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方はどうぞ・・・☆


お父さん(故人)の愛が天気を変えた と思った日の続きを読む
別窓 | 天界のこと・・・ | コメント:0 | top↑
神様への願い事は秘密に☆仏壇を拝む手順を守る
2017-11-10 Fri 00:35
 2017110914400001.jpg




近隣の干支の社へ・・

ワタシの月いちの参拝については、
ご存知の方は知っていらっしゃるかもしれない。



28日が月次祭(つきなみのまつり)と言い、
必ず参拝をすることにしていた・・。




。。



これがまた9月のメンタルダウンと共に、
不動明王様の定例・月次祭へ、
とうとう2ヶ月間も行っていなかった。




(T^T)様のことは・・

内緒の部分があるため、
本当は詳しくは書けないのですが -




『さすがにこれはマズイかもしれない』




それは少し前、
似たような空きがあった時、
金蛇水社の様の脇を通過した時だった。




様、敷地内を通ることをお許し下さい」




などと挨拶をしたら、
M越そばの様にこう言われたのだった。





『貴女の近くの不動明王が
月次祭に来よと言っているようだ』




( ̄▽ ̄;)))え゛・・・・




そのような連絡網が神々の世界にあるのか、
ビミョーに定かでは無いけれど、
街中の神様にまで、
気遣いをさせてしまったのも申し訳無く、
それがぐるぐると頭の中を駆け巡った。




・・なので・・・



思い立ったが吉日という事だし、
時間帯は今一つだったけれど、
先日、ようやく参拝をすることが出来た。





個人的に違いはありますが・・


強い願掛けなどは早朝や午後、
あるいは念じることが人を救うなどなら、
日没で人が全く居ない時を選んでなど、
様々な参拝の仕方で時間帯が異なります。




・・そんな時間帯の理由から、
ワタシの場合には、
本当は午後から~日没までと、
恩師からアドバイスされていた。




だけれど、
その場所を通過するには、
ちょっと遠めなため、
買い物のついでと言っては失礼だけれど・・




よし!今でしょ」 (何時のフレーズでしょう)





まあ・・


供物的な果物もたまたま買っていたので、
とにかく参拝が先だと思った訳です。




にしたのはラ・フランス、
ぶっちゃけ洋梨だけれど・・




「これは西洋の梨でございます」



と言いながらお参りをしたのでありました。




参道を歩いていたら -



ふぃーーん と、何かが聞こえて来た・・


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 05me03_20171110001647e70.jpg


ハート神棚と仏壇と私と・・
↓そんな日のちょっとした出来事・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




先を読みたい方だけどうぞ・・・☆



神様への願い事は秘密に☆仏壇を拝む手順を守るの続きを読む
別窓 | 天界のこと・・・ | コメント:0 | top↑
「雨の日にありがとう」守護霊のお祖母さんより
2017-11-01 Wed 00:12
 017rain01.jpg




も終わりになると、
霊障の
一つの条件でもある空気中の湿度が下がる。




(T^T)つまり乾燥する訳ですが・・

肌や髪の毛には今一つでも、
必要の無い霊が出る頻度が低くなり、
ワタシに取っては少し楽になる以降。




そんなや冬には、
多くはお風呂場などの湿気がある場所だと、
たまに伯母などの霊が出たりするけれど。




湿度と言えば、
雨も可能性がある訳だけど、
これまでは気になることはほぼ無かった。




が、最近、そんな雨の日に、
ちょっと変わった経験をした・・。





その日に会う方は、
幾度かお話を書いたことがあった人だった。




旧家の生まれなため、
文系の頭脳なのに、
代々続く家業を継ぐべく、
お祖母さんからとある理系の大学に入れられた。





全く趣味趣向が違うし、
聞いただけで、
それはハードな青春時代だったと、
簡単に理解が出来る気がしたものだった。




ワタシだったら、
いくら援助があるとは言っても、
嫌いなものは嫌いだし、
興味が無いものには興味は湧かないから。





よく横路にもそれずに、
半端にグレもせずに、
そこまできちんとした道を自分の手でも築いて来たと、
尊敬するような気持ちにもなっていた。





そんな彼女Sさんも、
ずいぶん前に、
専制君主的なお祖母さんが亡くなり・・



今は地元で専門分野の仕事をこなしながら、
ようやくパートナーも出来て、
普通の幸せを噛み締めているようだった。




今でもたまにお会いするのだけれど -


今回は特に晴れやかな顔付きで、
ワタシの方が安堵をしたのだった。




普通に幸せで本当に良かった』





特にカフェで会話している中、
Sさんがこんなことを言っていたのが印象的で。




「・・結局、
地元で実家寄りで暮らしていますし、
何だかんだと言っても、
祖母や先祖との縁が深いのだと思っています」





以前なら彼女から、
こんな余裕のある感想が出ることは無かった。




トラウマでしか無いような環境と、
お祖母さんを含めてご実家を遠ざけていて、
ご先祖様の事なども否定的な見方だったから。





Sさんは年末の旅行の吉方や、
来年度のプラスマイナスを聞いて行かれ、
でもまだ雨は冷たい10月末の空気と共に、
しとしとと降り続いていた・・。




いつもなら雨だからと言っても、
特に霊を感じる事もあまり無かった。




。。



その日はバスに乗る途中、
辺りに誰も居なかった中、
聞いたニュアンスが無い声のような物がした。




017rain02.jpg




『ありがとうね、うちの孫の話を聞いてくれて』





( ̄ロ ̄lll)え?・・・




うちの孫の話って、
もしかしたらSさんのことだろうか?




バスは休日のため、
いつもより本数が少なく、
でもワタシが乗車するバス停からは、
始発なんかより遠いため、
休日の雨の日でも席に座れるのはまれだった。




また傘と資料と私物で立ちっ放しなのかな、
などと待っていたら、
また、その声の主からこんな言葉が・・





『大丈夫、バスの席は空いているからね』




へ(゜_゜)? ・・・・(鈍感)

バスの席に空きがあるとな・・」




何だか嘘のような話だけれど、
でももし、Sさんのお祖母さんだったら、
空きがあったとしたら、
本当にそうなんだろうとも思った。





ようやく夕方でほの暗い中、
駅の始発から、
幾つかバス停を経由して来たバスが目の前に。




自動ドアが開いたとたん、
ワタシはびっくりした・・
本当に目の前の席が一つだけ空いていたから。




『・・やっぱりお祖母さんだな




でも歩き疲れていたし、
傘に手荷物をたたんで、
そのぽっつり一つだけ空いていた席に座った。





『たぶんSさんのお祖母さん、
反対にご配慮をありがとうございました』





冷たく降り続く雨は、
バスの窓に時おり打ち付けたり、
対向車のライトが行ったり来たりしていた。





ゆっくり座りながら、
Sさんがお彼岸やお盆にお墓参りをすると、
そんな風に言っていたのを思いだした・・。




しかも殆ど仏壇に、
手を合わせた事も無かった彼女が、

旦那さまと実家に帰った時には、
仏壇に供物を捧げてお線香を点し、
必ず敬いながら手を合わせているとも聞いた。





もしかして、
お祖母さんは孫に申し訳ないと思いつつ、
地元に落ち着いて安心しているのかなと、
その日の一連の出来事で感じたものだった。





(T^T)守護霊には色々な方がなっていたりする。



ワタシは特に、
お客様の両親や祖父母などの親族、
血縁の皆さんが守護霊となって、
息子や娘や孫を守っているのを、
様々なメッセージで分かることが多い。




ふと・・


天界に行かれた方が言っていた、
現世の奥様へのメッセージを思い返した。




お金のことは無理だけど、
危ない状況になったら助けてあげられるから』




なるほど、お金は難しいけれど、
状況ならばということなのかと・・。





『お祖母さん、
まだまだお孫さんを守ってあげてください』




今一度、半日重たい荷物で疲れた中、
たった一つだけ空いていたバスの席で、
足腰を休められて良かったと、
Sさんのお祖母さんに伝わるような気持ちで、
こちらから伝えたのでしたが・・。





ワタシにはかつて無かった雨の日にも、
こうした経験があるのだと・・
色々と考えることが出来た不思議な出来事でした。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。









ハートそういうこともあったりする
↓そんな現世での一日・・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 09b003_201710312156446de.jpg


(゜▽゜*)皆さんも誰かに守られています。

そういう事も大事ですね・・。

色々と遅れますがよろしく。



別窓 | 天界のこと・・・ | コメント:0 | top↑
わたしお母さんを選んできたの☆天使ランド再び
2017-10-20 Fri 00:13
017angel01.jpg



『天使ランド』



ワタシには断言はしにくいけれど -



何でも天界には、
赤ちゃんとして産まれて来る時のために、
その前に居る場所としてあるらしい所だと。





・・これは何年か前に・・・



あるお客さまのお子さんが、
大人には分からない感覚で、
色々な物を怖がるといったご相談を受けた際のこと。



お母さんからお聞きして、

もしかしたら霊障?・・


などと、
仕事柄でそちら方面の疑いを持ったことがあった。





(T^T)それが・・

全く要らぬ霊の仕業なんかではなかった。




彼女に来て頂き、
お話を直接、聞いてみたのだけど -



そのお子さんが言う内容は、
簡潔に書けば・・



『こちら側に産まれて来るまでの記憶がある』




分かりやすく言えば、
お客さまであるお母さんの子として、
現世に産まれて来る前に、
天使ランドという場所に居たのだと・・。



更に下界の母親を見つけて、
選んで産まれて来たのだと言うことだった。




その時・・

ワタシが滑り台の係りとかで、
天使ランドの備品係員で見たそうだった。




『そうか、ワタシは滑り台係りだったのか』





小学生だったし、
嘘をついている訳でも無さげだし、
単純にすんなりと、
何故だかそんな風に納得させられたものだった。





それから・・


あちら側、天界での記憶の話は・・



『生きがいの創造』や『ソウルメイト』などで著名な、
生まれ変わり、
産まれる前の記憶、
輪廻転生が分かりやすく書かれている、
飯田史彦氏の本を知るお客さまから、
書籍をお聞きしたりして、
そのお子さんのお母さんにも伝えてみた。





こうした内容には諸説があって、
なかなか理解されない場合もあるけれど。



その時のお客さまは読んでみて、
ご自分のお子さんと重なる部分があり、
かなり納得もして、
落ち着きを戻していたようだった・・。





・・さて・・・



それから今までは、
天界での記憶があるとか、
お母さんを選んで来たとか、
産まれる前のことを言っているお子さんは、
あまり見かけ無かったけれど・・



最近、若いお祖母さんでもある、
お客さまのNさんから、
耳にしたことがあるお話を聞いた。





「・・そういえば○さん、
うちの娘の孫がちょっと不思議な事を言っていて」




「不思議な事ですか?」




何でもママがたより無さげだから、
天国からお母さんとして選んで来たって」


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 08cb002_20171019214701bcd.jpg


ハート素直に聞けることと
↓そうでないこととがありますが・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方はどうぞ・・・☆




わたしお母さんを選んできたの☆天使ランド再びの続きを読む
別窓 | 天界のこと・・・ | コメント:0 | top↑
お彼岸話「お父さんからのメッセージを夢で」
2017-09-23 Sat 00:38
017-akihigan01.jpg




彼岸は -


春なら春分の日を境に前後一週間、
秋も秋分の日を境に前後一週間を指す。




だからと言って日々の出来事と、
真逆なことが起きる訳では無いし、
お盆よりは、
まだ不思議な事件は少ないとしても


そんな秋彼岸に入った日の朝方、
ワタシは若い女性のお客様の夢を見た。




正解に言えば、
彼女自身が現れる夢の内容から・・


もしかしたら、
それは亡くなったお父さんが、
娘であるNさんに何かを伝えて欲しいのかなと、
改めて感じたのだったけれど・・



でも彼女のお父さんは、
あの時のようにニコニコと笑っていた。


・・




Nさんとは、
前の事務所からのお付き合いで、
彼女はご両親の愛情を受けて育った、
素直な女の子だった・・。




特にお父さん子で、
話題の中に登場するのも、
どちらかと言えば父親の方が多かったものだ。





・・それが・・・



ある日、不慮の事故で、
Nさんのお父さんは亡くなってしまった。





ワタシはもちろん、
そんな事は知らずにいたけれど・・



久しぶりに着信した彼女からのメールは、
お父様が亡くなったという内容だった。





「え、何で・・・」




訃報は何時も唐突だ -





・・まだお元気だった頃、
Nさんは一度、
お父さんを連れていらした時があった。




「いつも娘がお世話になっています」




そう言ってニコニコ笑う様子は、
本当に優しそうで包容力を感じさせた。




なるほど、
娘さんが自慢の父親なんだなと、
ちょっと羨ましくなったものだった。





。。



突然の死・・・



まだ50歳になったばかりだというのに、
いくら事故でも、
運命は残酷だと痛感させられたのだった。





Nさん宅ではご葬儀も終わり、
落ち着いたから連絡をくれたようで、
でも簡潔な文面からは、
反対に深い悲しみが伝わって来ていた・・。





・・そんな事があってから、
更に四十九日が終わった辺りに、
Nさんがいらしてくれた時があり・・




ハッキリとでは無かったけれど、
どうもあのお父さんのような気配が感じられた。





「え、父が一緒なんですか?」




「一周忌までは割りと行き来しやすいと
そう言っていますが・・




「父は成仏はしている訳ですね?
なら良かったです・・」





ある程度の声のようなメッセージを、
彼女に伝えたけれど・・


一周忌までは、
割りと行き来しやすいなどの中身は、
以前から、
違う故人から聞いていたことがあったけれど、
ワタシがとても勉強になった事柄でもあった。




それからもNさんは、
以前と変わらない感じで度々ウチに来てくれていた。

・・





m(u_u)m ここでお願いいたします☆


 08cb002_201709222033360ea.jpg


ハートそういうこともある期間
↓そんな秋彼岸の出来事・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方はどうぞ・・・☆



お彼岸話「お父さんからのメッセージを夢で」の続きを読む
別窓 | 天界のこと・・・ | コメント:0 | top↑
仏壇より・・「祈る前にお線香をあげよ」とお叱りあり
2017-09-08 Fri 00:16
017-butudan01.jpg




棚と仏壇とがウチにあることは、
様々な体験談と共に書いていたけれど -




(×_×)最近のこと・・・


ど~にも遅く起きた時などは・・
無精をして、
棚にはお水を差上げていたけれど、
仏壇にはお線香をあげないで・・




つまり、その前に
ロウロクに火を点け無いまま、
チーンと鳴らしてから、
手をあわせて祈っていた体たらくなワタシだった。





棚や仏壇からは に・・


スズメたちに朝の餌やりをしていたら、
朝のおつとめ、


仏の順に手をあわせてから、
次にスズメの餌やりをするものだ』


とか・・



何だか棚から、
不穏な空気が流れていた際にも -




『母堂が棚に水をあげていないぞよ』


~などという声が聞こえて来て、


母に聞いたら・・




「一度、椅子から落ちそうになったから
あれから神棚の水を変えていなかったわ」




なんてことが判り、
ということは、何か月か水はず~っと同じ中身?



で、焦ってワタシが先に朝に水を取り替えていた。





他にも多々あるけれど、
それは確信犯的な行為ではなく、
出来なかったからやめていたとか、


はたまた・・・


スズメの前に神仏なのねと勉強させられたり、
素直に納得が出来るものだった・・。




。。



ある日、とうとうこんな声のようなモノが -




「祈る前にお線香をあげよ」





^_^;実は・・・


きちんとお線香をあげて仏壇を拝むのを、
結局はやめていたのが故人にバレたようで -




「・・ま、いっか、お母さんが先に拝んでいるし」




などと、ワタシが面倒くさくて、
自分の前に母が手をあわせていたから、
まだいいじゃないかなんてズルしていた訳で。





『・・やっぱり判ったのか
罰当たりなことは出来ないものだわ』





・・もちろん・・・


それからは反省をし、
とにかく朝、遅く起きたとしても・・



神棚にはお水を鳥よりも先にあげ、


そして仏壇に手をあわせる時には、
必ずロウロクに火を点けて、
お線香をともしてからというパターンを、
きっちり守ることにしていた訳です。





それから何日か過ぎて -



8月は東北はお天気が悪くて、
本当に毎日、雨が降り続いていたけれど。




餌やりの前に先ず神棚へのお水を、
いくら朝遅い9時とかでも、
罰当たりにならないよう焼香も・・。




んん?・・・・」




だけれどその朝には、
また違うニュアンスの声があった気がした。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 00kumaB001_2017090723023720a.jpg


ハートそういうこともあったりする
↓そんな反省の日々が・・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村





もっと先を読んでみたい方はどうぞ・・・☆




仏壇より・・「祈る前にお線香をあげよ」とお叱りありの続きを読む
別窓 | 天界のこと・・・ | コメント:2 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT