伯母の三回忌のことを決めたら体が・・・
2016-10-14 Fri 00:15
00oba01.jpg




今月の半ばは伯母の命日にあたる・・。



彼女がこの世を去って2年になるので、
いわゆる数え年では三回忌になる・・。




80代後半になり、
そんな伯母の最後は認知症になって、
そうなった人よりも、
家族の方が大変だったりしたけれど・・




でも介護が行き届いた施設に、
長く居て静かに暮らしてはいた・・。





・・ある日・・・



体調を崩してしまい、
結局は老衰だったためだけど、
施設では十分な医療設備がないため、
老健病院へと転院になった・・。




既に90手前だったため、
最後は老衰のための多臓器不全という診断で・・




結婚をし、
夫側との不和で離婚をし、
実家で最初は同居していたけど、
自力で家も建てて平穏になった・・。




大正生まれにしては、
波瀾万丈でもあった生涯を閉じたのだった。





・・伯母が亡くなる前に、
一度、湿度が高いお風呂場で、
彼女の声のようなものが聞こえて来たことがあった。




湿度が低くて乾燥する秋には、
霊的な事は湿気のある水回りで起きたりする。




だけど・・・


まだ訃報も無かったのに、
何だろうと思ったけれど?・・



何でも伯母の両親、つまりワタシの祖父母の、
どちらのステージに行くのかを悩んでいたようで。




そんな時-


伯母のお母さんであるワタシの祖母には、
仲良くしていたお祖母ちゃんの妹が一緒で、
(伯母には叔母さんになる人・・)



お祖父ちゃんには、
小さくして亡くなっていた姉妹が、
祖父に手を引かれて、
一緒のようなイメージがワタシに広がった。





『寡黙なお祖父ちゃんと、
女性二人の賑やかなお祖母ちゃん側か』




(T^T)ふと、伯母自身が
賑やかな人だったのを思い出し・・




「伯母さん、
祖母ちゃんたちの方が楽しいかもしれないよ」




そんな言葉を送ってみたら、
ある程度は納得したようで・・




『あ、そうだね、ありがとう』




・・といったメッセージをくれて、
その日は穏便に終わった・・。





それから何日かして、
仕事の途中に彼女が亡くなったと、
従姉から携帯に電話があった・・。




商売をしている従姉の嫁ぎ先だったけど、
不思議と、
その日は仕事も終わった時で、
ワタシも次の日には
何の予定も無かった日曜日だったのだ・・。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 09b002_20161013212232adc.jpg


ハートなぜかそんなことがあり
↓ちょっとほっとした結果に・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆




伯母の三回忌のことを決めたら体が・・・の続きを読む
別窓 | 天界のこと・・・ | コメント:0 | top↑
人の負の念は怖い★三大怨霊と事件と矯正の甲子園
2016-07-27 Wed 00:53
00onnen01.jpg




タイトルの通りの記事ですが、
倫理観を説いている訳ではなく・・



こうした事件や物事の何かを起こしているのは、
ワタシたち生身の間だということ・・。




これは・・・

夏に湿気や磁場などの条件で、
出て来るのがいつもよりたやすい幽霊より、
間の方が実態でしている事なので、
本当に怖い存在なのだと思う・・。





亡くなられた皆さまには、
例に挙げるのには大変に失礼だけれど -



昨日の痛ましい事件には、
既に起きたことについては、
ワタシが、
何だかんだと書くことは出来ないですが、
の内容の全貌を考えてみないと、
一部は判らない場合もあるけれど・・・




だいたい、やってはいけない事でしょう。




何の怨みなのかは判らないにしても、
の命を殺めるのは、
現世での一番のタブーだという事-





最近は某テロ集団のように、
その集団に成り下がった訳は、
国と国との思想や宗教の違いの他に、
大量に石油があるという、
つまりお金になる資源の利権争いだったり、
の身勝手な欲というものも背景にあったりする。




だから無差別テロに走ってよいのか、
・・と言われれば、
それは一人の人間としてもNOです。




同じレベルだと思う訳ですよ、
一人一人の命の重たさというならば、
最初、地球に、現世に産まれた時には・・。




時代や国や生まれた家や、
様々な条件に置かれた時、
そこからワタシたちの人生や、
生き方がまた変わって来るのだと感じる。





さて・・・


こうした最近の事件などを挙げたのちに、
この話ですか?などと思われそうですが・・。




誰が呼んだのが最初なのか『日本三大怨霊』


崇徳天皇、菅原道真公、平将門様・・




実は不遇の死を遂げた、
歴史上のやんごとなき方々は、
他にも多々いらっしゃるのだけど・・




色々と調べていると、
何故、このお三方が三大怨霊と、
呼ばれるようになったかの経歴の闇を考えれば・・



かなりその時代の有力者や、
悪人やらに翻弄されてしまった内容が、
現代ではもちろん、
考えられないようなハードさだったりする -





以前に、
平将門様の首塚のお話を書いたのですが。
(この方たちには敬称を略いたしません)




(T^T)崇徳天皇におかれましても、
ワタシごときシモジモの人間が、
どうのこうのと言ったところで・・



大体において時代背景が、
血で血を洗うような御家騒動が様々に起こり、
歴史の背景を敢えてお伝えするのも何なので、
こちらでこの方たちのことを知って頂ければ。




『崇徳天皇』



『菅原道真公』



Wikipediaより -




壮大な人間関係の闇に引きずられた、
過去のこうした皆さまの怨霊の話を、
何故また書くのかと言えば・・




それは本来、あってはならない事、
やってはいけない事 -


その結果での怨霊という、
カタチは見えないけれど、
負のを長く長く持ち続けることに至った人たち。





・・一般人とは何処かが違うのか?は、
それは立場はかなり違っていても、
基本的には実態が無い怨
怨みを晴らしたいという心の暗部を、
無差別で撒き散らすという点だけでは、
失礼ながら似たり寄ったりなのかなと。




実際問題として、
そんな負の感情やの強さを、
先ず、一人の人が持ってしまうのか?・・



・・






m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


ハートテーマは現世と死後の人間と
↓基本はそういうことですが・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆






人の負の念は怖い★三大怨霊と事件と矯正の甲子園の続きを読む
別窓 | 天界のこと・・・ | コメント:0 | top↑
現世と天界と生き死にと☆友達の命日に
2016-07-17 Sun 01:00
00to-heaven001.jpg




いつも思うことだけれど -


日本では人のにに関わる事は、
多くはまだまだタブー視されている・・。




本人の実体が無くなること・・



更にはんでしまった場合に、
具体的に何処に行ってしまうのかが、
明確ではないため、
やみくもに不安になるためや・・



昔っから何故か地獄絵図なんかも、
美術の授業や、はたまたお寺さんへの墓参・・



やたらある地獄の映画などで、
不毛そのものな恐ろしさが描かれていて、
正直、幼児期などに目の当たりにすれば、
怖くてトラウマになっていたりする。





(T^T)そーなんですね・・・

ぬことは=恐ろしいこと


・・といった、
脳内でのあまり芳しくない図式が、
知らず知らずのうちに出来てもいる事もあったり。





・・だったら天国って?・・・



霊能者の皆さんや霊山のイタコ様、
引いては昔からいらっしゃる祈祷師さんから-




「あの世はよき所なり・・」

~などと言われても・・




『この人に言われても胡散臭いなぁ・・




またはそうしたジャンルの方への反骨精神で



『自分が行っても(逝って)いないくせに』


・・とかナンとか思われてしまったりする。





・・要は・・・



んだら審判なんかあったら嫌だし、
それで地獄に落とされたらなお嫌だ・・




ぬってナニ?やっぱり恐いってば』



・・などという気持ちに至ってしまう。





(×_×)なんでこんなにについて、
現世にいるワタシが、
ぐちゃぐちゃと考えているかと言えば-




昨年もまた、
同級が病の果てに亡くなってしまったからもあり。



改めて現世にきること、
天界での審判の次に、
何処かに身の振り方を与えられること、
そのようなき死にに関してを考えさせられた。





・・ワタシ自身は独りなもんで、
周りに迷惑をかけたくないから、
早めにこの世から居なくなっても全く構わない。




というよりも、
今からでも参拝するとご利益があるという、
コロリ神社(通称)の参拝の行脚に出掛けようかと、
真剣に思っているくらいだったりする。




祖父母や叔父、叔母、父、伯母と、
近い親族を見送ったり、
亡くなるのを目の当たりにして来たから・・。




通院やら、病院やら、
ましてや長きなんて真っ平なことだったりする。




今、長生きをされていらっしゃる方への、
嫌みなんかではもちろん無いですよ。
(誤解を招く書き方だったらすみません)




特に執拗では無いワタシの気持ちの、
ネガティブな部分にマッチで火を点けたのが、
義理の叔父に頼んでもいないのに、
生きてるはなから・・・



「あんたは今後どうするか?」とか、
今後のワタシの進退と、
ウチでは迷惑である、
といったニュアンスで面倒臭いことを言われ、
うんざりしたのも手伝っているのかもしれない。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 08cb002_20160717013758f39.jpg

ハート独りには独りの覚悟があったりする
↓何時か離婚してしまえばまた同じ・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっとお付き合い頂ける方だけどうぞ・・・☆





現世と天界と生き死にと☆友達の命日にの続きを読む
別窓 | 天界のこと・・・ | コメント:2 | top↑
無理にお墓を作らなくても良い話☆様々な供養の形
2016-06-25 Sat 00:48
 00kuyou00.jpg




以前にも書いたテーマですが、
お客様から聞かれることも多いので、
また少し記事にしたいと思います。


・・



現代は結婚をしていない方も多く、
それでもワタシのようにもともとの家に、
ずっと以前からお寺が決まっていたり、
既におも造られているケースもありますが・・。





・・ではなくて、
いわゆる分家などで、
更に故郷から出て来て何十年も経っている上に、
お子さんもいないし、
パートナーの死後に誰も参する人もいないと。




そうした場合や、
以降にどなたも後継者がいない方には・・



特に意味を感じないご家庭や個人なら、
わざわざ高価な地を購入し、
これまた高額な黒御影石などの石で、
を建てる必要が無いなら、
特別に宗教に入信し、
を造らなくても構わないのだということです。





・・ただ・・・


そうは言ってみても、
金銭的に余裕がある方などは、
大きなおでは無くても良いので、
普通にお盆やお彼岸に手を合わせたい -




(T^T)分かります、
幸いにウチにはあったもので、
やはり昔の人間だから、
そういう時にはとは考えると思います・・。





今、こちら地方都市でも、
宗派が関係無く、
仏教であれば借りることが出来る、
ボックス型のコンパクトなお墓が出来たり・・



こちらも宗派を越えて、
大小、様々なお墓を建てられたり、



または・・・


同じくどちらの宗派の方でも可能な上に、
十年間、きちんと供養をしてくださり・・



その後、
参拝する家族の方たちが来なくなったら、
まとめて供養する場に移設してくれるなど、
色々なタイプのお寺関連施設が増えたのですね。





 00kuyou01.jpg




こうなると、
高齢者の皆さんも長期間、
無理に墓参に行けなくなったら、
その後に供養を続けてくださるため、
ちょっと安心ですよね・・。




そういう予算も限られていて、
最初からお金をかけられないといった方は、
例えば『直葬』と言って、
直接、亡くなった先から荼毘に伏したり、
市役所や役場なども格安で供養をして貰えるもの。




そんな亡くなった際の知識ややり方は、
今やネットで調べれば、
分かりやすく丁寧に情報を得ることが出来ます。




・・例えば・・・



樹木葬や散骨をするにしても、
決まりごともあったりするため、
きちんと執り行う場所に委託をする-



確かな自治体などでの手頃な供養を頼む・・




更には、
供養をされた後には、
遺骨を自宅に置くことも違法ではなく、
自宅用の納骨家具なども売られていて、
コンパクトに収納が可能な訳です。





ワタシ、個人的に思うには・・・


亡くなられたならば、
まっとうな生き方をされた故人なら、
天界へ上がられるものであり・・



だったらいい加減に扱わないのなら、
そうした供養の仕方であっても悪くないと。




ただ、リスクとしては、
個人宅に設置をした場合には、
管理者の皆さんに何かあった場合、
そのご遺骨をどのように処分するか?




のちのちに、
問題が出たりする場合もあるので、
無難なのはコンパクトなボックス型のお墓、
管理者が亡くなった場合にも、
以降、まとめて供養を続けてくださる場なら、
色々な部分で安心かもしれません。





・・家族が亡くなったら、
その後に自分もこの世を去ってしまったら-




様々な供養の仕方はあるけれど、
永代供養なども承るお寺さんもあるので、
生きているうちにお話をしているのが、
周囲に迷惑をおかけしないやり方だと感じますが。




お寺やお墓、
宗教や宗派を越えた供養の仕方は、
今のうちに決めておくのも良いと思います。




ともすれば嫌がられる話なのですが、
当たり前のこととして考えれば、
普通に受け止められるとも思うのですが。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。









ハート現世と天界との差異があったり
↓出来るだけ供養は必要ですね・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 09higan06_20160624224609038.jpg


(゜▽゜*)いつもお付き合い下さりありがとうございます。

誤打は読んでいてね、レスなど遅れますが・・。


別窓 | 天界のこと・・・ | コメント:0 | top↑
伯父が母とワタシの厄も持って逝ってくれた話
2016-05-22 Sun 00:28
 00yakuy01.jpg




今年に入って、
母方の伯父さんがこの世を去った・・。




奥さん亡きあとこ伯父さんは、
とある関東の老人ホームにいたけれど、
体調を崩したらしく、
近隣の親戚が病院を見つけてくれ、
入院をしていたということは分かっていた。




・・どちらかと言うと女系的で、
更に女性が長生きしてしまう父方よりも、
母方の方は真逆で男性が長生きをする家系。




母の兄、つまり伯父は、
既にようやく天界へ上がれたらしい、
父親と幾つかしか違わなかったから88歳、
つまり享年は+一歳だから
89歳だったけれど、
誕生日には喜ばしい『米寿』ということだった。




今年に入ってから、
母方の親戚から何度か連絡はあったけれど-



その中の親戚は前に書いたように、
財産非公開の上、
多額の祖父の遺産を持って行き・・


今となって、
伯父の住む場所へ行くのに、
自腹ではなく、
母から交通費を取るような人たちなので・・。




信用がならないから、
直接、伯父さんを看てくれていた、
違う親戚の方へお香典や、
御礼状を付け御霊前ののしを付けて貰い、
地元でも知られた和菓子を送った・・。





まあ、どの皆さんのご家庭にも、
それなりに様々な事情があるように、
ウチは母の本母が早くに亡くなったため、
次に継母の女性が来てからというもの、
よくある話で、
先妻の子たち、後妻の子たちと、
相容れずな関係になったらしい・・。




しかも・・


伯父さんや母を始め、
先妻の子たちは継母が来た辺りから、
居場所が無い感じに変わって行ったため、
地元ではなく東京や埼玉へと仕事を見つけ、
離れて行ってしまったようだった-




・・それから・・・


ワタシの母はお兄さん、
(私の伯父さん)に、
あちらに来ないかと誘われたようだったけれど、
今一つ東京方面へ行く勇気が無くて、
こちらで暮らし仕事をし結婚に至った。





(T^T)でも・・・

考えてみれば、
母が関東方面に行っていたら、
たぶんワタシは産まれて来なかったと思う。


父親とは違う男性と出会って、
たぶんあちらで結婚していたと思うから・・。





00yakuy02.jpg
 



さてはて -

聞き飽きたかもしれないけれど、
いわゆる一つの厄落としの話で・・




また図らずも、
伯父さんという母の兄が亡くなったことで、
前厄である母は離宮に入っていたため、
彼が亡くなったことで離別が起きて、
前厄の厄落としに・・。




ワタシはというと・・

これまた同じく、
七赤金星で大厄年(本厄年)なもので、
血縁の親族が亡くなったことで、
約半分以上の厄を、
伯父が持って行ってくれたことになり-




こんなことを書くのも、
大変に失礼ながら、
反面では非常に有りがたく、
それくらい厄落としになっていると言われている。





「・・伯父さん、
本当に不謹慎な言い方ですみません


でも、迷わず成仏してください、
更にありがとうございました・・


妹(母)の厄のみならず、
姪であるワタシの厄も、
ついでに持って逝ってくれて・・」





誰かが亡くなればそれが全て
厄落とし』となる訳では無いけれど、
でも、昔、恩師に言われていたことでもあった。




今回の伯父の死のような、
母方の血縁であっても・・


例えばその
パートナーである伯母だといった、
いわゆる義理の仲ではあっても、
約半分くらいの割合で厄は落ちると。




失礼ついでに-


アドバイスとして皆さんに書くなら・・



厄年で星が南に位置する六白金星、

星が北に位置する大厄年の七赤金星、

南西に星が位置する後厄年の八白土星・・



~の皆さんは、
こうした死に別れが血縁や親戚にあれば、
そうした『厄落とし』となると言えます。





(T^T)もちろん順当に
80代などで天命を全うされたら良いけれど。



夭折、つまり若くして亡くなった場合など、
特に逆さ縁などは縁起でもないことですから。




近ければご葬儀などに出る、
またはお香典、献花などを送り、
そちら方向を考え
厳粛に手を合わせて祈ってください。





『○○さん、迷わず成仏されてください
でも、私の厄も持って逝ってくれ
言葉は足りませんがありがとうございました』




皆さんがそうしたこととなった際には、
気持ちや言葉で送ってください・・。





・・ふと、二つ前の大厄年の時を思い出した-



2月4日の立春以降に、
ワタシのお祖父ちゃんが天命を全うした。




不謹慎ついでに言わせて貰えば、
ワタシも母も、
同じ星の羅列だったから、
厄落としを親族でさせて頂いたことになる。




それがどうとは言えないけれど、
心静かに祈っていたことを、
今回の伯父の死で思い返したのでした・・。


・・




すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。









ハート一概には言えませんが
↓そういうことも多かったりします・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 2011124pp001_20160522002156903.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

誤打は読んでおいてね、色々と遅れます。



別窓 | 天界のこと・・・ | コメント:0 | top↑
GWだから☆かなり納得の行くパワースポットのお話
2016-04-30 Sat 00:15
00golden001.jpg




冒頭から何ですが-


パワースポットをメインに
仕事をされている方に、
喧嘩を売っている内容ではありません。



別に否定ではなく、
過去からの史実などにより、
行ってはいけない所があるのをお伝えします。


・・




お陰様でブログは、
約10年続けさせて頂いておりますが・・
アンチな方はまたかよと思うかもしれません。




が、ハッキリ言えば駄目なものはダメ、
良くない所はいくらフォローしてみても、
良くないと感じる日々・・。




連休中にいわゆる、
マスコミ的に儲かるからと特集があっても、
大変に失礼ながら、
お子さんや女性(生理中の皆様など)、
勝手にパワースポットとなってしまった
観光地へ行かれる際には・・




先ず行く前から、
きちんとした古地図・文献なども調べた方が、
所の神々の逆鱗に触れないと感じます。





(×_×)更に生意気を言えば・・



『神様は人のココロの中にいるもの』


などと言った、
最初に人間ありき的な考え方の方も、
十分に気をつけた方がと感じます・・。





『神様はいらっしゃる所にいらっしゃいます』




まあ、かなり気紛れな部分も、
大きい存在でもあると思いますが・・。




さて・・・


初っぱなから結論だけを書きましたが、
昨今、限りなく微妙なブームが続くパワースポット。





でもなぁ、ワタシが書いてみても、
多勢に無勢、
基本、意味が分からない方だっているかもしれない。




非力な文章でこうした内容を書いてみても-




「ふん、言ったモノ勝ち、
そっち売れてない占い師じゃん」


~と言われているかもしれないか。



否定しませんや、そりゃまそうだけど・・。




ただ・・・



考えるべき真面目な部分や、
神道での約款(やっかん 要検索)のような部分は、
誰か権威ある識者が言ってくれないかな、


・・と日々、思っていたところ-





明石家さんま氏が、
まことに賢いさばき方を見せる、
フジ系の情報バラエティー番組の中で・・




並みいる頭のよい変わり者、
あ、いいえ、本当に各界で活躍されている、
著名な学者さんや医師、
心理学者、脳科学者などの皆さんの中で・・



ワタシが勝手なファンでもある、
I田先生がコメントをされていた訳です。




「多くのパワースポットはタブーと共に存在する」




お~!言いたかったことだ・・・



誰か言ってくれないかな、
的な内容を語っていらした訳です。




引き合いに出すのは大変に失礼だけれど、
I田先生が言ってらした内容というのは-




とある沖縄の今は著名な所であり、
パワースポットとして紹介もされているらしき所。





昔から、タブーとされる人間が、
その場に足を踏み入れる際には、
専任の巫女が身を清めたり、
何かしらの守らなくてはいけない、
自然界や神々の掟(おきて)があったのだそう。




ワタシは初めてお聞きした場だけれど、
そのお話の時に、
山形県の出羽三山を思い出した訳です。





それこそジェンダー問題とか、
男尊女卑とか女性差別では無いですよ。




実は女人禁制といった場所であり、
今は観光地化しているけれど、
ディープな場では、
女性の入山を禁じていたものなので。




反対に、
敬虔な神道の筋の生まれである、
巫女しか入れない場があり、
男性禁制の場所も多々あったものだということ。




女人禁制、男子禁制、
もとい、一般人は入ることが不可能だった、
聖域という場所があったものなのですね。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 08cb002_201604292307135a0.jpg


ハート日本自体が狭いと言えば狭いです
↓なのでこういうことは難しい・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村





もっと先を読みたい方だけどうぞ・・・☆





GWだから☆かなり納得の行くパワースポットのお話の続きを読む
別窓 | 天界のこと・・・ | コメント:0 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT