FC2ブログ
亡くなったことでご主人の厄落としをした猫さん☆離別の前厄年
2019-07-09 Tue 22:48
019-mycat01.jpg



久しぶりにご連絡を頂いたお客様のユミコさん。
(仮名)



少し長めのメールで、
色々とあった近況が記載していたのだけど、
一番、びっくりしたのが・・


とても可愛がっていた、
小鉄くんというにゃんこが今年に入って、
天命を全うしてしまったことだった。




小鉄くんは、
ユミコさんが結婚をして最初に飼った猫で、
それからお子さんが産まれたりし、
とても長い間、家族として慣れ親しんで来た。



特に最初、産まれた息子さんにも、
寝ていても静かに添い寝してくれたり、
赤ちゃんの頃に、
小鉄の鼻に小さな指でイタズラしても、
決して怒ることもなく、
見守ってくれたような賢いにゃんこだった。




あれから第二子も産まれて大きくなり、
四人と小鉄くんと、
五人の家族でずっと暮らしていたのだけれど。



18年を経て、
今年、立春を過ぎた頃に、
突然、餌を食べなくなり、
老猫とは割り切っていたつもりだったようだけれど、
とうとう天に召されて逝ったという・・。




ユミコさんがウチにいらして、
色々と複雑な気持ちでいるのを話していた。




「・・私、悲しいのを通り越して、
ペットロスというのでしょうか
息子たちが手がかからなくなったから、
アルバイトをしていたけれど
あれから何も出来なくなってしまって」




(;_;)わかる、分かります・・


何度か書いているけれど、
文鳥のブーヤのペットロスで、
治った筈のうつ病がぶり返してしまった過去があったから。




「うちのお客様でも、
大切な家族の猫や犬を亡くされた方がいて、
それからは何日も何も手につかなかったとか
ペットロスという、
ちょっとうつ病にも似た気持ちが続くようですよ」




「そうなんですか、聞いて良かったです
友達もペットを飼っていて、
同じように亡くなった場合は
本当に辛かったと慰めてくれたり」




「でもうつ病でもなちから、
心療内科へ行ったお客様は軽い睡眠剤だけで
眠れない時に飲んで下さいと
アドバイスされたそうです


当たり前な言い方になってしまいますが、
共通した気持ちの仲の良い友達に吐き出し、
あとは時間と友達になって、
ひたすら時を費やすしかないですよね・・」




「そうですよね・・時間が薬とも言いますよね」




その時、ふと、
ユミコさんと旦那様の生年月日を改めて見た。



彼女がS45年生まれ、
旦那様がS44年生まれ ・・・


ユミコさんが前厄の離別年で、
旦那さんに至っては大厄年だった今年 ー



平たく言えば 、
南に位置する離宮にある彼女の前厄と、
北に位置する彼の大厄を、
小鉄くんがかなり落としてくれた事になる。



019-mycat02.jpg



「・・こう言っては失礼かもしれませんが
小鉄くん、
お二人の厄落としをしくれたようですよ」




「え?・・厄落としですか、それはなぜでしょう」



「お二人が前厄大厄年になっていらっしゃるので」




(T^T)ここで・・・


前厄の離宮は色々な意味で、
分かれ、別れ、人事異動、移転などが出やすく、
反対に離別がご家族に出たりすれば、
おおかたの厄は落ちるという年間。



一番ハードな大厄年も、
失ったり、
何かがダメになる事で厄落としとなると場合がある。




敢えて厄落としのために、
故意に不思議な行動は避けるべきだけれど。



特に四つ足の動物であり、
長く飼っていたペットなどが死んでも、
または縁起でもないですが、
親族が天界へ行っても、
何割がたは厄落としとなる、と恩師から伝授されていた。




・・でもって前厄と言えば・・・



ついでに書くことではありませんが、
宮迫博之さんがS45年生まれで三碧木星。



色々、複雑なことがありましたが、
やはり前厄年には一時的にであっても、
離別というモノは、
侮れないのかもしれないと感じたもので。




以前に記事にした、
カラテカだった入江君が後厄年で、
金銭面でのリスクが出てしまうのと、
マイナスの相乗効果とでも言えてしまうかもしれない。


・・



「小鉄、死んでしまったのはショックだけど、
有難いと言えば
そうだと考えてあげた方が良いのでしょうか?」




「こういう言い方も不適切かもしれませんが
ペット、家族として、
天晴れな亡くなり方だとも言えます
大切なご主人たちへ
最後まで貢献してくれた訳ですから」




とはいえ・・小鉄の代わりはいないと思うし、
気持ちが落ち着くまで、
時間もたくさんかかると思う・・。



だけれど、
こうした人とペットの関係は、
何故か不思議なことがあるのも、
人と人とも同じであったりするもの。




皆さんのペットであり家族も ー


関係を構築しながら、
長い時間を楽しく、
時に辛くても乗り越えて行けるように、
しみじみと過ごしてくださいね・・。

・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。







ハートそういうこともあったりする
↓厄年は侮れないです・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


11kuma008_201907092238590f6.jpg


(^ー^)にゃんこさんだと大往生でしょう。

ペットと人間の関係は様々ですね・・。


別窓 | 神様の領域 | コメント:0 | top↑
御朱印集めブームの裏で☆神や寺院へのマナーを守るのが一番
2019-05-16 Thu 12:32
 019-god.jpg



最近、特に令和と年号が変わってから、
その記念としての、
神社や寺院の御朱印をもらおうと、
多くの人が来ているようで・・




御朱印には意味があり、
昔は写経を終えた時に、
その証として発行されていたのが最初だと言う。




現在は・・

こちらへ有り難くお参りさせて頂きました、
つきましては、という印としてのもの。




。。



あちこちのマスコミでも取り上げていたけれど。


一部、ブームと化した御朱印集めが、
やたら不穏な熱気を帯びてしまい、
あたかも街中のスタンプラリーのようになり、

いただく謙虚な気持ちもないまま、
押すな押すなとばかりに押し掛けている集団が。




昔から御朱印帳に、
参拝した神社や、
お寺めぐりが好きな皆さんが、
参拝の証しとしていただいていた御朱印。




不思議なブームとは恐ろしいもので ー



聞けば一部、マナーが悪過ぎる人たちが、
御朱印を書いていらっしゃる方たちを罵倒し、
書いて印を押す関係者へも ・・



「こっちは客なんだぞ!」



「いつまで待たせるんだ



などと心無い言葉を吐き出して行く・・。




年号が変わる記念としての特別なものは、
ブームだから高く売れるとばかりに、
販売目的のために、
ネットで何倍もの値段で売られている。




(T^T)僭越ながら言わせていただければ ー


自分がもらったなら好きにして何が悪い!
なんて思う方もいるでしょうけどね。


でも、単なる御朱印と、
御朱印帳というだけではないと感じる訳です。




物質ではなく、
そこに秘められた言われや歴史、
ただいただくだけではなく、
意味を持つ行為への物であるわけだから。




この辺・・


何年か前に、
パワースポットのブームがあったのと似ていて・・



ナントカの井戸の水とか、
島の砂だとかを持ってだけ来て、


何故、そこが聖域だったのかとか、
意味を考えてもいずにパワーという、
ありそうで曖昧なモノに取り憑かれてしまう。




019-godjapan02_201905161219007a2.jpg



お説教くさいことを言いたいのではなく、
先ず意味や必要性や、
それがただ流行りだけでなく、
自分に大切なのか、
などを考慮してからではと思いますが。




神社でも寺院でもマナーを守ることが大切。


何故かと言えば、
人間だから欲はあっても当たり前だけれど、
神様がいらっしゃる場ならそこは聖域だし、
きちんと参拝もせずに、
自分の欲だけ満たすというのは違うから。




先ず神社なら参拝から。
寺院でもそれなりの作法があっての御朱印。




御朱印は参拝や祈りのしるし、
様々な有識者の皆さんが言っているように、
流行りのスタンプラリーではありません。




・・だけれど・・・



ネットで買っても、
たまたま良いことがあれば、
たちまちブームに火がついてしまったりもするし、
折しも令和という時代の境い目にもぶつかっている。




今やネットで、
お経もあげていただける世の中でも、
御朱印はまた、
ニュアンスが違うでしょうし、
自らの運は参拝などがあっての結果。




猫も杓子も何でもかんでも押し掛けて、
あちらの迷惑も考えない行為は、
出来るだけ避けた方が良いです・・。




霊験あらたかな場の、
聖職者の皆さんによる朱印は、
最低限のマナーを守って頂戴してこそ、
神々や寺院からの
ありがたい恩恵があるのだと思います。




例えば ー


皆さんが御朱印に興味がなくても・・



参道の真ん中は神様が通るため、
端っこを歩く ・・


清めるための手洗いとすすぎ、


神社なら「二礼二拍一礼」、
お賽銭の投じ方など・・



基本的には、
神社や仏閣でのマナーを守っている訳です。





さて・・・


(^ー^)ワタシも友人に見せてもらったことがあり。


御朱印帳の中には達筆な文字に朱印、
素敵なものでもあるので、

入り口にある説明看板などを見て、
正しい参拝をされて・・



それからの御朱印という事だと感じますが、
いかがなものでしょうか・・。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかな・・・

。。







ハート神社と仏閣と・・・
↓神様と宗教・故人との違いはありますが・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 02kumab02_201904280016220f3.jpg


(^ー^)内容に違いがあったらすみませんです。

色々と調べてから記載してはおりますが・・。


別窓 | 神様の領域 | コメント:0 | top↑
ゴールデンウィーク中や旅先での参拝☆GWの注意1
2019-04-22 Mon 15:15
019-gw1-1.jpg



関係がない方もいらっしゃるかもですが、
今月末から、
十連休という皆さんも多いと思います。



こうした時期に長いお休みを利用して、
他県などに旅行に行く計画もあるでしょう。



(^ー^)今日と次は短めながらも、
旅先の神様への注意などを2回に分けて書いてみます。

・・




先ず・・

昨今は厳密にではなくなっているけれど。



よく参拝をする最寄りの神社でも、
常日頃の家内安全くらいならば、
構わないかもしれないのだけど、

いわゆる「願掛け」という、
特別な願い事をしたとする・・。




いつもより商売がうまく行き、
◯◯円以上の儲けが出て欲しい、


ウチの孫の大学受験がうまくいきますよう、


今年こそ、私に赤ちゃんが出来ますように、


・・などなど・・・。




一般的なだけではない願い事をする、
それが願をかけると言いますが・・。




もし、特別な願い事が叶った場合には、
願いを掛けた神社へ ー



願ほどき、お礼参りをして、
改めて参拝をして、
お札などを頂いたらお布施と共にお返ししたり、
または、祈願が成就した事へ、
お賽銭を差し上げてお参りするのが大切。




何が言いたいのか ー


つまり皆さんが九州とか北海道などへ旅行をし、

たまたま軽い気持ちで、
普通のレベルの参拝ではなく、
特別に願掛けをして来てしまったとします。




まあ、そんなに気にする方も、
たしかに減って来てはいますが、
その願い事がキッチリ叶ったと・・。




そうすると、
やはり願ほどきやお礼参りというのは、
常日頃の神社でもすること。




神道的なことが気になる方なら、
現住所から、
ゴールデンウィーク中の旅行で参拝をした、
また九州や北海道の神社へと、
お礼参りをするのは大変だったりします。




(T^T)ということで・・



祈願のために向かった場所なら、
目的が参拝などなので、
再びお礼参りへと行く覚悟だと思いますが。


そういう気持ち無しに、
安易な願掛けは避けた方が無難だと言えます。




どうすれば良いかと言えば ー



旅先やレジャーの場所が遠方ならば、
通過するくらいの縁だけなら、
旅の無事や普通の事だけを願って下さい。




さてはて ・・


旅先に必ず、
参拝をするという方ばかりではないと思います。




が、旅の楽しさと、
つい無意識のうちに近隣の場所での参拝、

著名な場所には、
結構、有名な神々やそれを祀る神社があり、
友達や家族と参拝をして来るお客様も多いです。




なのでもう一つには・・



以前に書いていますが、
自分や家族に合う神様、合わない神様もあり。



ワタシは海神系ならば大丈夫ですが、
どうもお稲荷様とは合わないので、
いくら有名な神様であっても、
稲荷系の神々へは参拝を控えるようにしています。




願掛け以前に、
皆さんに合う、合わない・・


いわゆる、
相性が芳しくない神様もいらっしゃるため、
そんな部分も意識してみてはと思います。




日本には八百万(やおよろず)
の神々が存在すると言われています。




旅先であっても、
または、そうではなくても、
こうした事を考えて参拝をする、
または参拝を控えるなど、
気遣ってからにされて下さいね☆


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。






ハート女性の生理の際にも
↓参拝自体を控えましょう・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 14kuma031_20190422151156972.jpg


(゜▽゜*)いつもありがとうございます。

誤打はすっ飛ばして読んでいてね。


別窓 | 神様の領域 | コメント:0 | top↑
今どきのお雛様の買い方とその後の人形供養と
2019-02-24 Sun 11:55
019-hina01.jpg




様を飾るのに相応しいと言われている、
二十四節気の雨水も過ぎ、
あと一週間でひな祭りとなる・・。




(T^T)毎年くどいようだけれど、

還暦もゆうに過ぎたワタシには、
どうしても昔、
女児だった頃に慣れ親しんだ、
ウチの人形を出す意味があったりする。



飽き飽きした方のために、
こちらリンク記事を読んで頂ければ・・。




「そこのお女中」端女日常おつかい日記




・・という顛末の果てに、

(文章が稚拙で恐縮はありますが


今ではそんな、
人形からの声は聞こえなくなっているけれど、
やはり毎年お出ししている習慣があるため、

今年も飾ることになっている・・。




・・さてはて ・・・



そんな諸般の事情は若干、別としても、
じいじ、ばあばがスポンサーとなり、
皆さんのお子さんに人形をという際に。




のちのち、
ワタシのようにならないためにも、
昨今の住宅事情や、
不思議な現象でお子さんに障りも無いよう、
思いついたままに買い方などを書いてみます。




女児なら・・
一人一人の健やかな成長を願うため、
一人に一セットの人形をと、
だいたいは考えるものだけれど、
まず今の家のスペースを考えてからにすること。




4、5、6LDKくらいの広さがあるお宅なら、
どこかに飾ることは出来ますが ー


広いならまだしも、
最初に人形を購入するとなると、
そのご夫婦は比較的若いと思う訳ですね。




若くても飾る場所があれば良いけれど、
2、3LDK、2Kとかのマンションや、
一般的な2Kなどのアパートなら、
豪華七、八段飾りはただの場所とりとなってしまう。



まあ、御道具などもあるため、
そーりゃ、お子さんは喜ぶかもしれませんが。




そこで・・


皆さんのご両親、
お子さんにとっては祖父母がスポンサーでも、
あちら側が買いたい気持ちはくみ取りつつ、

だけど、 広さや毎年飾ることを理由に、
コンパクトなものを購入した方が無難。




もし、二人以上の女の子になっても、
いわゆる 親王飾り だけにする。
(お内裏さまとの二人カップルの飾り)


それでは寂しいという場合なら、
三人官女と五人囃子までの三段飾りや、
何段かの飾りが良いなら、
更にコンパクトな小さいタイプの雛人形があるので。




 019-hina02.jpg



飾る家のスペースや広さ。



もっとお子さんの予定があるなら、
先々の大変さを考えて、
何段かにこだわらない雛人形セットにすること。



女の子の人数分、
買う習慣があるような地域でも、
まず先々にも、
年齢的に飾るのがしんどくなることも考慮し、
条件などを考えてからにしてください。




(T^T)さて・・

毎年、お雛様を
飾るようにすれば良いのかもしれませんが。
これがまた、娘も結婚をし、
その先では男児しか産まれなかったとする。



そうすると、
雛飾りを受け継いだりする存在がいなくなり、
高齢化していくと飾るのも面倒だし、
あの時、
七段飾りなんて選ぶんじゃなかったという、
微妙な反省と後悔さえ出て来たり。




でもって、
押し入れや物置にしまったままだと、
霊感が強かったり、
虫の知らせなどのカンが強い方には・・



ある日、突然にしまい込んだ部屋から、
お囃子や子どもの声が聞こえて来たり、
毎年、暑さを更新するような地域では、

暑い、暑い ・・・」

などといった声が聞こえて来たりするかも。
(いや、ホントに・・・)




なので ー

手厚く「供養」 を、
という選択肢も悪くはないと感じる訳です。




人形供養については色々あるのですが、
だいたいはお寺さんや神社で・・


きちんとしたやり方で、
雛人形へねぎらいを込めて、
供養のためのお祓いや祝詞(のりと)をあげられる、
お坊さんや宮司さんがいらっしゃる事が最低条件。




そこに行きました、人形を託しました、

でも、建物の裏手に放ったらかし。


・・なんてよからぬ場所も、
たまにお客様からお聞きするもので。




もし雛人形や付属の御飾りを、
お焚き上げなどで供養する際には、
料金も含めてちゃんと調べてからにしてください。
でないと全く意味が無いことになってしまいます。




女の子の幸せを願いお祭りと雛人形たち・・。



でも、いつしか必要ではなくなる時があり、
大切にしまい込んでも、
皆さんが高齢化して、
様々な断捨離をしなくてはいけない際にだと、
大切だった筈のものまで負担となったり。



自分でも思います、
生きているうちに、
彼ら 雛人形のことを考えないと、ですね。




こうしたアイテムは、
何も雛人形だけに限りません・・



端午の節句お飾りもでしょうし、
例えばお子さんが使っていた机と椅子なども、

その役目が終わった時、
その後、譲渡する親戚などがあれば良いですが。




本日は今は必要であっても、
先にそうではなくなる時がある -


・・そんな観点から再考してみました。

・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。







ハート人形も人のがこもるものです
↓そういう部分でも考えてからに・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 05kuma011_20190224114248be8.jpg


思いついたままに書いてもいますので、

(゜▽゜*)皆さんのお宅の考えも大切に・・。

誤打などもすっ飛ばして読んでね。


別窓 | 神様の領域 | コメント:2 | top↑
神様が合わないことがある☆ある家庭の気づき
2019-02-09 Sat 00:58
019-godJapan01.jpg




お客様のCさんは接客業をしている女性。



独身でまだ三十代前半くらいだけれど、
近年には、
地道に開業をする計画もあるそうで。
具体的には、
まだ場所なども決まってはいないようだけれど、
行く行くは小さい店をと考えているところ。



今は二軒目となる同じ業種の、
小さいながら右肩上がりの店舗に勤めている。




「もしお店などをという際には、
場所を決める前にいらして頂ければ
決めて不動産手続きをしてしまった後に、
どうかといらっしゃる方がいるのですが


年間でも月間でも凶方なら、
キャンセルしなくてはいけない事もあるもので、
複雑なことをしないようにという意味ですね」




「知り合いの方から聞いていました
店舗だと吉方の経由も面倒になるそうで」




「そうなんですね、
せっかく色々な場所を回って来て、
決めたその後だと、
ダメ出ししにくいものですし、
第一、新しいことへの期待感も薄れてしまうもので」




その時には ・・

時期や方角などを含め、
開業へ必要な、
最低限のアドバイスをしていたのだが・・。




ややこしいイントロで申し訳ないけれど、
Cさんが来てくれたのは ー


彼女のお客様から勧められた神様のこと、
更には、
他にもう一つの長年の疑問があったから。




「・・先を心配して下さった方が
ある神社への参拝とか、
開業のために祈願なんかをしてみたらと
なので、
先日、そこへ行こうとしたのですが・・」




「なるほど、開業の祈願などですか
初めての場所と神様なのですね」




「・・はい、
熱心な方だからちょっと断れなくて」




( ̄  ̄)かいつまんで説明をすると ー


Cさんの仕事での顧客さんが、
よい人で、
ひいきにしてくれているのは良いけれど、
商売繁盛に良い神社を教えてくれたそう。




そこは彼女の実家には近いけれど、
違う場所の、
海神(ワダツミ様)の神社の方が有名だそうで、


意外と地元の人には馴染みは薄く、
あまり気の進まない場所にあるのだと言う。




「お稲荷様なんですが、
社務所はあるようだけど、
知ってる辺りなのに分からなくて迷ってしまって」





・・むむ、お稲荷様とな・・・




確か近隣には海神様があり、
そちらがエリアの中では参拝者が多いと。




「それで、
ようやく見つけた時には夕方で、
とりあえずお札を頂いてだけは来たのですが」




実家とは離れて、
一人暮らしをするしている中、
お稲荷様のお札を頂いて来た日から、
異常に眠気が襲って来るという・・。




「なんか眠気と闘ってそのまま寝てしまい
でも眠りが浅くて、
気がつくと寒いのに寝汗をかいていて、
それが続いているんですよね・・」




そこまでの会話で・・


彼女自身が気が向かないとか、
土地勘があるのに、
そちらへ行くまでに迷ったりするような状態、


しかもお札を頂いた時から、
毎日、眠気が襲うというのって ・・



実はもしかしたら障りかもしれないと、
お稲荷様とは合わないワタシが感じた。

・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



01kumab-001_201901162337081ae.jpg


ハートさわらぬ神に祟りなし
↓意外と気づいていない部分です・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方はどうぞ・・・☆


神様が合わないことがある☆ある家庭の気づきの続きを読む
別窓 | 神様の領域 | コメント:0 | top↑
祭りへ実際にお焚き上げアイテムを持参する☆後日談
2019-01-14 Mon 00:15
 019-jinjya01.jpg



最近、お正月という時節柄 ー


松の内が七日の正月、
(こちらが全国的には一般的)
ウチの地元のような二週間の正月と・・


それに関する、
燃えるなら不必要な品物も、
御神火が焚かれるりを活用させて頂き、
お炊き上げの代わりになる記事を書いたのですが。




14日にどんとがあるため、
当日はちょっと参拝へ行くのが難しいから、
前の日にまとめた物を持参することに。




昨年の神様のお札、


一部がはがれてしまった母の皮の財布、


昔、友達から貰った、
紙製の小さなレプリカの絵、
(裏にカビが生えてしまったから)


伊達家の名残りでもある、
宮城県独特のお正月の玉紙や他・・




それに ・・・と、思っていたら、



『そこにある猫の飾りが付いた飾りを持て』




え・・・またか・・・




神棚の神さまからかもしれないと、
手もとの招き猫が付いた、
ずいぶん前の
いわゆる家庭用の小さなお飾りを指摘された。




これは普通のお飾りとは違い、
リサイクル可能な品だった筈だけれど、
特ににゃんこが気に入り、
大切に毎年、
仕事部屋の仏間に飾っていたものだった。




しぶっていたら、
また、こんな声が聞こえてきた・・。




『その猫に念がこもってしまっている』




・・招き猫に念がこもる? ・・・




・・量産されたアイテムなのに?


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 06ba01_20190113222829666.jpg


ハートたまにあるご注意・・
↓納得できるからよいですが・・




お手数ですが・・・





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆



祭りへ実際にお焚き上げアイテムを持参する☆後日談の続きを読む
別窓 | 神様の領域 | コメント:0 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT