羽生結弦君おめでとう!厄落としのちの躍進
2018-02-19 Mon 00:20
018-Pyonntyann01.jpg




皆さんが分析などをされているので、
遅ればせながら、
違う目線で書いてみたいと思います。

・・




、不慮の事故で、
練習中に怪我をしてしまった彼・・




羽生結弦




それからの快進撃は、
ワタシだけでなく、
全ての日本の皆さんや、
海外のメディアにも称賛された記事が踊っている。




怪我ののちには何日も、
状況は明らかにされていなかったけれど -



平昌オリンピックに出場する事には変わらず、
ようやく彼の現状を見ることが出来たのだった。




試合前のインタビューでも、
相変わらずブレの無い受け答えで、
反対にわずかな不安要素を払拭し、
彼の自信に満ちた弾んだ声は、
大物の風格さえ漂っていた気がする。




・・でも・・・



まだ、ファンを始め、
彼の演技を見てはいない人たちは、
まだ少しだけチリチリと安定しない緊張感があった。




そうして迎えた16日金曜日・・


フィギュア、
ショートプログラムを目の当たりにした人々は、
何ら変わらない、
より強く氷上を滑走する彼の演技に驚き、
そしてある種の確信を持てるようになった。




これは、もしかしたら?・・」




そして17日・・・



聞き慣れた『SEIMEI』が流れる中、
羽生結弦は華奢な体を翻しながら、
空気さえ味方につけて舞った・・。




金メダル、二大会連覇は66ぶりの快挙 -


しかも、男子フィギュア界でも初めての記録。


更に嬉しいことに宇野昌磨と、
一位、二位の金銀メダルを勝ち得た訳だった。

・・



羽生結弦 -



1994(平成6) 12月7日生まれ・・

九星気学では六白金星。



、不遇な出来事に遭ってしまった、
羽生君の大厄の記事を書いていたけれど、
2月4日以降は後厄に転じている上に、
2月、3月とは月としての運気も上昇しているさ中。




018-Pyonntyann02.jpg




後出しじゃんけんのような、
つまらない内容にはしたくないけれど・・



何が一番、言いたかったのかは、
大厄年(本厄年)のラストで、
大変な怪我をされ、
おそらくは病院や掛かり付け医などでも、
足や大腿部の診察もしているだろうと思う。




入院までは分からないけれど、
そうした医療機関にかかり、
診察や入院などをすると・・


『ひと厄取れる』  ・・と、
以前に恩師からもアドバイスをされた事があった。





。。



大厄明けと厄落とし -




ただそれだけでは無いだろうし、
陸上でのトレーニングの様子の片鱗が分かると、
毎日が苦渋に満ちたものだったのだとも感じる。




「右足が持ってくれた」




演技後のそんな一言は、
まだ怪我や右足が完治していなかった、
などとも感じられ・・



インタビューでは、
痛み止のことや、
まだまだ本調子では無かった話も出て、
なお驚愕させられてしまった・・。




だとしたらこの約三ヶ月間を、
氷上だけでは無く頑張って来たという、
ひたむきな努力と、
文字通り血のにじむような日々があったのではと。





でもなぁ・・・


神様のご褒美はいつも気紛れだ -




きついリハビリにメンテナンス、
いまだに痛み止を使いながら・・


メンタルでも強さを変えず、
ワタシたちに衝撃的な感動を与えてくれた。




今、自分が今一つだった中、
あの完璧に近い演技、
彼がかもし出す空気はテレビでも分かり、
ものすごく元気をもらえたような気がした。




浅田真央ちゃんのように、
羽生結弦君も著名な選手であると共に、
国民的なスターで、
誰かの孫であり息子であり、
弟であり、恋人でもあったりもする。





記事にして、
文字にしてしまうと、
何だか薄っぺらい感じもしてしまうけれど、


でもやはり地元出身だし、
他に類を見ない演技や存在感には、
様々な意味で敬服をしてしまう・・。





まだ引退は考えていない
とのことだったけれど、
それにほっとする自分もいたりして。




二大会の連続金メダルと言っても、
四年の月日は、
4回転ジャンプが当たり前となり、
若い有望な選手もたくさん出て来る。




19歳、23歳と二大会 -



簡単には書けないけれど、
でも書かずにはいられないワタシがいて、
羽生結弦という人間の魅力というのは、
その辺りにもあるんだろうなと思わせられる。





・・次って、では一体?・・・




何があっても、
一人の存在の動向にはきっと、
常に興味をそそられるのだろうと、
改めて痛感が出来たのでありました。





羽生君おめでとう!




自分にも満足が出来て良かったね・・☆


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くとも・・・

。。






ハートソチの4年後にまた羽生君の記事を書くなんて
↓ちょっと嬉しいサプライズだったりします




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 100618ani0245_20180218210958b01.jpg


(゜▽゜*)ドキドキはらはらの週末でした。

それは神様の領域だったりして・・。



別窓 | 神様の領域 | コメント:0 | top↑
「節分の豆まきは神棚のある部屋から」そこのお女中端女日記
2018-02-07 Wed 00:20
 2018020319150001.jpg




やや前だけれど2月3日は節分だった -




(T^T)仙台の節分での豆は、
炒った大豆ではなく、
殻つきのピーナッツなのでありますが。




仙台あるある、
または東北あるある的に、豆の話をすると、



「えー、殻つきのピーナッツなの!」


~などと驚かれることしばし・・。




確かに反対に違う地域のドラマなどを見ると、
炒った大豆が多く、
こちらの方で目から鱗のような気持ちに至る。




この辺、全国各地の正月のお雑煮が、
地域性がありすぎるのと似ていたりもする。





・・さて・・・



ご存知のように、
お正月の金粉入りのお酒はあのままだけれど、
そんな地域の豆事情が違う節分の時。




実はまだウチでは豆まきをしていて、
小さな子どものためのイベントではなく、
祖母あたりから続く行事としてあったりする。





今はやたら時間がかかってしまうため、
『続ノスタルジックなお話』を書いていないけれど。



そこによく出ていた亡くなった祖母は、
とにかく行事が好きで・・


それは霊験あらたかとか、
厳かな気持ちで、などではなく、
それに伴うイベントの食べ物が好きだった。




お正月なら通常のあんこより、
二倍のあんこを作り置きし、
お汁粉が度々出て来たりする・・。



ひな祭りにはうぐいす餅や桜餅、
お彼岸には大量のおはぎが夕食にも出ていた。



つまりぶっちゃけ、
やたら甘い菓子好きなだけだったと思う。





そんな節分にも力が入っていた自宅 -


普通は当日に、
いつも使っている代々の升に、
ピーナッツを入れて神棚に置いてから、
夕飯が済んでから、
神棚からさげて豆まきをするのだけど。




何故、夕食のちなのかは、
たぶん、父親などの家族が仕事から帰宅し、
家族が揃ってから豆まきをしていたのだと思う。



今は少人数だから、
升は同じでも中身のピーナッツの量は減っている。




でもって、
升に入れた豆をまこうとした時だった・・。




豆まきは神棚の部屋からするように




(゜_゜)へ?・・神棚のある部屋からですかい?




 2018020319150000.jpg




こんな声は初めて聞こえたので、
ちょっとびっくりしたのだけど・・

確かにワタシは、
よくある玄関から豆まきのスタートをしていた。




だって単純に考えれば、
「鬼は外!」のかけ声と言いますか、
それなら玄関先からが一番なのかと思っていたため。





待てよ、と思い直した・・。


それは他のお宅なら、であって、
もしかしたらウチは異例なのかもしれない。




どちらにも神棚が必ずある訳でも無いし、
どちらのどなたも、
こんな声が聞こえたりもしないでしょうし。




「・・分かりました、
では、今回から升が置いてある神棚、
仏間からにいたしますので」




昨年は年女だったから、
いつもよりは若干、やる気はあったけれど、


しかも節分の豆まきって、
本当は窓や扉を開けてやるらしいけど・・




いつも不毛な感じでまいていたので、
まさかの叱咤激励?・・


ま、でも無いでしょうが、
そういう順番でやりなさいとの事なら、
相変わらずやる気はあまり起きてはいないけれど。




「鬼は外~・・福は内・・・」




いつもよりかなり低めの声で、
そんな部屋の回りかたをしていたら・・




「鬼が入って来そうな声だこと」




(×_×)神様ならぬ老婆から、
要らない一言が聞こえて来た・・。




「・・何もやらない人はいいさ~」




還暦を過ぎたおばはんが、
「鬼は外~!」を叫んでいたりすると、
何となくビミョーな気分になるのでありましたが。




まいてから30分くらいしたのちに、
また、あちこちの部屋のピーナッツを拾い、
リビングに戻ったら、
鬼、いや母が不思議そうに言った。




「なんで玄関からじゃ無かったわけ?」



うっさいけれど、
お雛様事件や御神酒事件の事を話すと、
何だかそれは馬鹿にしないで聞いている母が




「ふーん不思議だけど、
そうした方が良いって言われたら仕方がないよね」




不思議だし、
でも言われたら仕方がないし、

じゃあこれまで何で、
もっと早く言ってくれないのかは謎だけれど・・。




もしかしたら・・


皆さんの地域でも、
玄関の前に神棚がある部屋があるのなら、


しかも、神棚に豆を捧げてから、
豆まきをする習わしなら、
何時か神棚から、
似たような事が聞こえて来るかもしれないですよ。




だから何だと問われれば、
神様からと思われる指導へは、
素直に従った方が無難だと、
そう感じる毎日なのでありました・・。

・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。









ハート誰?・・・・・・とか思うけれど
↓聞いておくと丸くまとまる昨今なのでした




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 02kaisetu010_20180206225804f05.jpg


(゜▽゜*)一部でもご参考にして下さい。

また、皆さんなりの解釈をしてみてくださいね。


別窓 | 神様の領域 | コメント:2 | top↑
御神酒とお供え、その後日談「神様へのお酒は必須」
2018-01-29 Mon 00:55
 2018012712450000.jpg




大寒が過ぎ・・


文字通り寒さは何処でもハードになり、
青森県の酸ヶ湯なんて、
今さら驚きゃしないけれど、
スキー場では三メートル以上の積雪があったりする。




巷でも挨拶は必ず・・



「寒いですね



などと会話も寒さについてで、
しかも口を必要以上に開きたく無いため、
ほぼ単語一つで終わったりしている。




冗談では無く青森ではそれが際立っていて、
例文に出されるのが、



「どさ?」


(どこに行くの?)



「湯さ」


(銭湯に行くよ)




たった二文字で会話が成り立つような、
地域密着型の方言になっているのは有名な話。





・・でもって・・・



お正月も遠く過ぎ去ったし、
これは前にお焚き上げの記事で書いたけれど。




日本では、
各地でお正月とされる期間が違い、
松の内は首都圏や関東方面では7日間、
つまり一週間の期間をさす所が多い。




他に二週間、三週間と、
お正月の期間は、
おおむね7日、14日、21日とあるようで、
三週間の後にお焚き上げ効果も望める、
神事による松飾りなどの供養があったりする。




仙台近隣では、
『松の内』が二週間なので、
14日にどんと祭が行われて、
松飾りなども玄関先から取り払われ、
御神火に燃されてなくなった。




さて・・

知っている方は知っていると思いますが -



拙宅でも昨年は、
幸いに不幸(身内が亡くなる)はなく・・


よってお正月も、
ささやかながらイベントとして行い、
地味~に飾っていたお正月の飾りや、
神棚の神様セットはどんと祭へと持参して来た。




松飾りや神様セットなどは、
神棚や仏壇から下げて、
祭りへと持って行くのだけど・・。




さてはて?・・


昨年末に買った金粉入りの御神や、
小さなビールなどについては、
仏壇に上げていたままにしていた。




何時もちょっと引っ掛かるのだけど -


お下げして良いのか?


または供養のために、
ワタシたちが飲んで良いのか?



迷うところだったけれど・・。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします・・☆

 06love003_20180129003657eca.jpg


ハート飲んで酔う・・
↓最近、自分ではほとんどなくなっていますが




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方はどうぞ・・・☆



御神酒とお供え、その後日談「神様へのお酒は必須」の続きを読む
別窓 | 神様の領域 | コメント:2 | top↑
「幸せで良いのでしょうか」Aさんに気まぐれな神様が微笑む
2018-01-20 Sat 00:23
018-happy01.jpg




Aさんは何年か前に離婚をされていた。



夫婦は亀裂が入ってしまうと、
愛情が憎悪に変わってしまったり・・。


マイナスはどちらにもあっただろうし、
お互い様な事態もあったでしょうけれど。




とても真面目な彼女が言うには・・




育て中だから、
気付いていなかったのも悪いでしょうけど、
会社に付き合っていた女性も居たみたいでした」




「うーん、彼やあちらの女性に、
慰謝料だって請求出来たりするんですけど」




「もういいです、
正直、ある程度知っている女性だから、
旦那に会いたくも、
女性を見たくも無いくらいです」





(×_×)育て中の旦那さんの浮気、
これが、意外と多く、
上手くやらないと赤ちゃんのうるささに、
ただ逃げる男性もいたりするから・・。




初産の場合には、
仲が良くない母親の実家に、
里帰り出産するのもままならず、
考えてみたら大変な出産と育児だったと思う。




でも・・


幸いに彼女は長く勤務していた会社があり、
更に勤務内容をプラスしてくれる事になり、
さんと二人だったら、
どうにか暮らして行ける状態ではあった。




ただ、誰しもが
離婚という経験をしている訳では無かったし、


Aさんもまた、
リアリティーがある部分を知らずに、
さんの養育権や親権と共に、
生活をするための権利すら
旦那さんに提示をしてはいなかった。




つまり・・

たとえ仲たがいで別れても、
さんは二人のでもあり、
養育費は子どもの権利であるという事を、
会話してはいなかったようだった。




もちろん、育てるにあたり、
養育費は必要で法的にも認められている。

特に離婚した相手は、
支払い能力どころか給料も遥かに高かったし。




例えば高校や大学進学という際に、
奥さんサイドの経済力では、
先行きが芳しく無くなった場合のためにも。




それ以前に正当な理由だから、
Aさんが最初にいらした際に、
今なら二十歳まで、
お子さんへの養育費を要求が出来る。




更に不払いになると大変だから、
公証人役場で
きちんとした公正証書を作成し、
何かあれば彼の勤務先に強制執行が可能なので、
彼女へそうしたやり方をお伝えしてみた。




この辺り、離婚されるとか、
関係性がある皆さんは、
知識として知っていた方が良いです。



ただし、あなたが不倫などをしていたら、
養育費は別としても、
反対にパートナーから
慰謝料を請求されたりもするので、
色々な要素での権利やリスクも調べておくことです。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 09b003_20180119230544e26.jpg


ハート思い込みではない事実がある
↓幸せの尺度はそれぞれだけど・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆




「幸せで良いのでしょうか」Aさんに気まぐれな神様が微笑むの続きを読む
別窓 | 神様の領域 | コメント:0 | top↑
念がこもる品のお焚き上げ☆活用できる正月終わりのお祭
2018-01-14 Sun 00:16
 018-donto01.jpg





長い記事が続きましたので短めながら、
タイムリーなご質問から・・。



『思い出多い手紙や葉書をどう処分したら良いか』



『燃えるゴミに出しにくい記念の服の場合には』




(T^T)確かに・・

想い出の書簡や、
更には懐かしい写真などって、
部屋を片付ける際には、
最初に手を出してはいけないアイテム。




何故かと言えば、
その懐かしさや想い出に花が咲いてしまい、
せっかく片付けをしようとする意欲が、
思いっきり横路にそれてしまうため。




記念の服とかちょっとした着物で、
赤ちゃんの時の物とか、
お食い初めの際の小さな着物なども、
本当は供養して処分する方が無難でしょうし、
そうした感覚がある方には大切かもしれない。




さて・・


そんな手紙やハガキなど、
または着物って小さいけれど、
もう中学生とか高校生だし、
そろそろ処分しないと物が増えてとか。




処分したいけれど、
ただ、捨て去るのはどうなのか?と、
二人ほど少し悩んでいらしたお客様がいて、
さっさと捨て去るには、
あまりに中身が色々とあったようで。



だったらタイムリーなのが、
お正月飾りを供養がてら社などで燃して、
無病息災なども願うお祭りがある場合。




これは昨年も書いたかもしれませんが -


仙台や宮城県内だったら、
『どんと祭』という、
お正月の松飾りや昨年の燃やしたい品を燃す、
ご神火にあてながら、
無病息災や家内安全などを祈願する祭があり



ビニールやプラスチックなどでは無く、
化学物質などが出ないような
燃やせるアイテムなら大丈夫でもある。




特に強い規制がある訳ではなく、
昔、恩師にもご神火であるし、
必要が無い物ならば悪く無いと言われた事が。




お焚き上げなどもあるけれど、
訳のわからん料金でもあるし、
慣れない方だと何処でどのようにと、
かなり煩悩をされるため・・


ついでと申上げては、
氏神様や他の神々には大変に失礼だけれど、
一石二鳥とも言えるお祭りだと思います。




018-donto02.jpg




大体が松の内というのは、
ほとんどは七日間が一般的だけれど。



実は地域差があって、
仙台辺りでは14日までの二週間だけれど、
21日、つまり三週間の場所もあったり。




池上さんの番組では、
少し前にこのお正月を取り上げていて、
こうした地域差によっての、
お正月のスパンをオンエアしていた。




ぶっちゃけ皆さんの地域に準じるようで・・


だから既に
お正月関連のイベントが終わった皆さんには、
今一つ、響かないかもしれない。




そうした皆さんには、
今やスマートフォンという、
大変、便利なタブレット端末がある訳で -



検索で『お焚き上げ』


供養がきちんと丁寧』


『お布施の価格が\3000~\10,000くらい』


~といったワードを入れて、
きちんとした供養をして下さるお寺さんや、
各種お焚き上げを、
メイン行事にされている寺院や神社を調べて、


金銭をぼったくられ無いように、
供養を兼ねたい場合には良いと感じます。





注意をして欲しいのは、
品物の中身によっては、
一万円、二万円というのは仕方がないけれど、

十万以上といった桁違いの金銭の要求しながら、
供養もせずに放ってぶん投げている場もあり。



この辺、あるようで無いような相場だから、
気を付けて頂ければと思います。




お焚き上げと一概に言ってみても、
扱う品々も様々な場合もあるため、

人形や雛人形などの供養なのか、
一般的な大切だった私物だけなのか、

用途や目的が果たせる所をちゃんと選んで下さい。




 018-donto03.jpg




記事の更新が14日なので、
仙台や近隣の場所では、
燃えるアイテムは松飾りと共にご神火へ。


ありがたい火にあたって、
無病息災や家内安全を祈って下さい。




三週間という場所の皆さまも、
ついでと申上げては失礼ではありますが、
余すところなく神社やお寺の、
こうした行事を使わせて頂いてはと思います。





手紙やハガキであっても、
こちらもあちらからも気持ちを込めているため、
実は念がこもっていたりもし、


お子さんが赤ちゃんの時の品も、
同じように想いが残されている・・。




(T^T)なのでこだわりがある方は・・


普通のアイテムでれば良いので、
神事を活用させて頂くのもありだと感じます。




・・反対に怪しげな場所よりも、
聖域ではあるけれど正当な場でもあるため、
特別な決まりごとが無いなら、
無難だという建設的なアドバイスでした☆



神社なら神社の、
お寺ならお寺の、
意味や特性を理解してからにして下さいね。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。






ハート何でもそうすればいいという訳でもなく
↓一つの考え方だと思ってください・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 02kaisetu010_2018011323044672a.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

対応が遅れます、色々と・・・。


別窓 | 神様の領域 | コメント:0 | top↑
神棚より『御神酒を楽しみにしている』と声あり
2017-12-28 Thu 00:31
 2017122711330000.jpg




今年も残すところあと○日となりました」



巷のニュースでは、
、変わらずにこのフレーズが流れている。




(T^T)確かにカウントダウンまであと何日 -


ただでさえ忙しない(せわしない)中、
お決まりのフレーズが流れるだけで、
更に追い込まれる気分に陥ったりして。




ご存知の方は知っているかもしれないけど、
ウチには神棚があるもので、
末には榊や御神酒といった、
欠かせない神様へのアイテムでもある。



と共に近隣にある不動明王様から、
真新しい御札をいただきに行き、
ワタシたちが俗に言っている『神様セット』も、
お正月の間に飾ることになっている。





ある日、大手スーパーマーケットで、
季節の商品が陳列していた中、
ちょっと神棚持ちの家には嬉しいお酒が。




小さなビンながら、
金粉が入っている御神酒用のお酒があった訳です。




「金粉入りのお酒は、
日本酒でもワインでも見た事があったけど
これは小さめだから良いかも」




管理人、ワインならば好きだけれど、
あまり日本酒は好みでは無いため、
ハーフサイズのビンを買っても、
飲みきれない残りは料理酒になってしまう。




なので無駄も無く、
神様たちも喜んで下さりそうな、
キラキラが入った小瓶を手にしたのでありますね。




帰宅して玄関を入り、
お正月アイテムを置いてある、
奥の物置部屋へ行こうとしたら・・




『そのお酒を楽しみにしているぞ』




(゜_゜)へ?・・・


て、事はもしかしたら神様かな。



でもって、行動形態と、
お酒を買ったのが分かっているのかいな。





しつこいようだけど、
ご存知の方は知っているかもですが・・


ワタシの立場はお雛様からは『お女中』、

そして神様たちには
『端女・はしため』と呼ばれていて、
検索して頂ければ分かると思うけれど、

どちらもやんごとなき皆様から見れば、
下女という下働きの身分となっている。




お雛様事件の時にもお女中と呼ばれ、
はたまた、
神様から時折聞こえる神様らしき方からも、
端女という呼称で引き止められる。




「確かになぁ、まさか同じ貴族とか、
神様という立場だったら、
不気味だったりするし・・」




という事で、そんな下女のワタシだけれど、
は母方の大伯父が亡くなり、
供物以外には簡略化したお正月になったけれど。




幸いに内に何も不幸が無かったら、
神様セットや御神酒や、
おせち料理に入れるデカイ海老も捧げることに。




 2017122711340001.jpg



・・しかし・・・


ウチだけだろうか?
お酒系がやたらお好きな神様たちって。




と、思い『お酒が好きな神様』について、
色々と調べてみたけれど・・


意地汚く飲んでいらっしゃる訳でも無く、
ギリシャ神話のバッカスのような神様で、
日本にも数々のお酒の神々がいらっしゃることも判明。




の神様セットにもいらっしゃる中で、
お酒のお好きな神様もいらっしゃるようで。




「・・なるほど、だからか・・」




金粉は縁起が良さげだし、
本当は尾頭付きの鯛の方が良いのだろうけれど、
尾頭付きの大きな海老ならばまだ良いかな。





さて・・・

古来、人間は神様たちと、
自然を共有しながら共存をして来た。




度々例に出させて頂いているけれど -


宮崎駿氏のアニメ
『もののけ姫』や『となりのトトロ』、
それ以前の『風の谷のナウシカ』でも、
そうした共有や共存が語られている。



ナウシカに至っては、
そうした自然と神々とをないがしろにした、
人間の罪の部分を描かれていると、
ワタシは痛感していたりする・・。




好きな今市子さんの漫画『百鬼夜行抄』でも、
怨念めく話だけではなく、
最近の頃には同じテーマが綴られている。




(T^T)さて・・・


神棚があったなら、
きちんとしたやり方を、
皆さんのお宅に仏壇があったなら、
皆さんの宗派に乗っとった供養を、
年末年始に限らずにする事は大切でしょう。




松飾りは、
親族の方が亡くなっている年なら、
お正月は、
普通は控えてお飾りなどはしないのが決まり。




そうした最低限の決まりごとを、
知っている事も必要だと思いますが・・。




松飾りは最近は、
あまり派手やかには飾らないけれど、

もしご不幸などがなく、
松飾りなどを地方の風習で飾るなら、
『一夜飾り』つまり最後の31日に飾るのではなく、
30日に飾る事も気を付ける要素。




これはたった一日の飾り付けでは、
葬儀のような急場設えのようになるため、
年神様に対して失礼になるという事から来ている。




端女のワタシが申し上げるのも何ですが、
大切にしたい行事へは配慮も大事だと感じる。




忙しない中・・


皆さんも帰省したり、
年末は旦那さまの実家へ
行かなくてはいけないお嫁さんたちも、
大変ではあるけれど・・


お察ししますが、
毎日、嫁、姑、小姑が、
散々、喧嘩をするようなウチより、
若干ましだと思いますので、
前向きに時間を潰してください・・。




さてはて、ワタシの記事もあと一回。
クマちゃんクイズを開催するかは、
まだ悩んではおりますが、
それこそ最後になるかもしれないので、
今のところ頑張ってみようかな、とか。




今年もあと幾日か -


やるべきことは早めに片付けて、
来るべき新たな年を迎えてくださいね☆


・・




すみませんワタシは占い師


・・・続くかも・・・

。。









ハート因みにお榊入れはデキャンタです
↓震災の時に壊れてしまったもので・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村



11kuma008_2017122723065214d.jpg


(゜▽゜*)もういくつ寝るとお正月・・・

そういう歌を歌っていた頃が懐かしいです。


別窓 | 神様の領域 | コメント:2 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT