それではドン引きしますよね PART 1
2006-06-30 Fri 16:27
20060630144659.jpg




全然関係ないようで
殆ど関係あるのだが、

占い師、
今、一応はボルトンに所属している
サッカーの中田英寿が好きである・・・。


え?
ああいや、
顔がオモシロイところが・・・・・・・

なんて書くと
熱狂的なひでちゃんのファンに

闇討ちに(ふるっ!)
遭いそうなので


いささかフォローしとくが、


Jリーグにおける
野茂的な価値が・・・・



な~~んて書くと、
今度は女性に「ワカンナ~イ」とか
言われそうなんで、


まあ、
昔から大物だったところと、
あのデカイ態度と、


・・・やっぱ顔がオモシロイところが。


あははは・・・・同じぢゃん。



で、この際、
ネタ(なのか??)がバレバレになると
つまんないので、
後で話の中に登場して頂くとして・・・・。



占い師、
今は自宅と水曜のカフェへの出稼ぎ、
PCと携帯MAIL、
電話、
FAX・・・・
結局、お客さまの全てのニーズを網羅しており、

やっぱ、

つかれる・・・・。



いちいち
疲れる話ばかりでもツマランので、
今回はそのカフェでのお話。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


とある時に
前のオフィスからずっとお客さんだった
これまた花のある魅力的な女性が
カフェの予約をしなさった・・・。


このAさん、

実はもうすぐ今の彼と
結婚前だったのだが・・・・



「それはさ~、
あまりに合わない組み合わせだから、
あんまり進んで
いいとは言えないんだよね~?」


「・・・たぶん、
そう言われると思って来ました」


「ナンデ?」


「いや、
ホントは自分でも積極的には
彼とは将来が一緒って言う感じではないことが
分かっているから・・・・」


 - 女心は複雑だ -



「・・で、なんでもう結婚なんて?
決めちゃってから来ても
アドバイスに苦労するんだけどな~?
いつもブー出ししたくはないもので」


「・・・・
ですよね~?」



イキサツはこうだった。


友人の紹介で会ったその彼は、
今までにないタイプで、
しかも、
今までにないくらい

「結婚相手としては無難」

だったのだそう。


Aさんのこれまでの男性は
自分が冒険出来ないタイプなので
その反動かどうなのか?

元ヤンや元暴走族、
はたまためっちゃ怪しい自営業とか、

いきなりぶっ飛んでいたり、
一般のお勤め人には程遠かったのである。


・・・で、

上場系企業や会社とか、
公務員とかではないけれど、
その辺ではまあまあ成功している
地域のスーパー経営の息子さんと・・・。



「あははは~
組のモノとか?じゃないよね~?」


「まさか、
いくら何でも・・・・
まあ、今までよりは・・・」



占い師、
やはりやや腑に落ちない感じで
Aさんに詰め寄った。

この1年前に
半年以上は付き合っていた
いいカンジの彼がいたはずだから・・・。



「・・・前の彼って?

なかなかいい感じだったと思うんだけど~?

なんでダメになったの?」


。。。。。。。。。



この仕事に「・・・・・」



「。。。。。」

は必須アイテム(?)である。


ヒト呼吸置く、
とか、
はたまた
沈黙する・・・・・・・・・・・


な~~んてことばっかだから。


「・・・え~と・・・・・・
まあ・・・・・




それではドン引きしますよね PART 1の続きを読む
別窓 | きょうのぶっちゃけ | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT