霊感友の会「霊感を持て余す男」その12
2009-08-30 Sun 00:37
 090830reitomo0012.jpg



ひさびさの『霊感友の会』
今回は珍しく男性のお話です・・。


。。


B君は、
あまり友達にはハッキリ言えない悩みがあった。
このカテゴリーに出るくらいだから、
そうなのであった、いわゆる霊感持ちな方。



でもB君が自分でそれに気付くまでは、
彼はその能力みたいなものを
ハッキリ言って持て余していたのだった・・。


・・



『・・あれ?今日は山田さん
社長と何か話があるのかな?』




「加藤君?今日は山田さんは
社長と個人的に話でもしてたっけか?」



・・加藤君は驚き顔で・・・・


「え~!どうして判ったんですか?
何だか会社を辞めるとかで
社長に退職届けを出すって・・
まだ会って話はしてないみたいですけど」




(T^T)そうなのであった・・
B君は突然に誰かと誰かが会話している?
などという変なカンみたいなものが働くようで、
例えば『それが重大なこと』だったりした。



「でも、山田さんが職場を辞めると
殆ど彼のサブだけで回っていた会社が
これからダメになるじゃないか・・」




「ホントに知らなかったんですか?
でも決まるまで内緒とか言ってたかな・・
じゃ~Bさんから
山田さんに言ってみてくださいよー」



「そうだな・・話を聞いてみて
出来れば辞めない方向に持って行ってみるよ」



彼にはそんな日常の
『幻聴に似た突然の空耳めいた会話』はもとより、
悩みはワカラナイものが見えてしまったり、
不思議な体験をすることがしばしば・・。



B君は今は41歳・・
真面目な仕事ぶりとカンの良さで、
既に地方の企業だけど、
係長から出世して課長になったそうだ。


・・でもそれは、
そこまで後押しをしてくれ、
B君をフォローしていた
大切な人の存在があったからでもあった・・。



・・



話は少しにさかのぼる・・。



『あれ?
昔同級生だった木村さんだ



「木村さんだよね?真紀ちゃんじゃないの?」



そう、声をかけてみたけど、
真紀ちゃんという彼女は異例の素早さで、
サッとその場から居なくなってしまったそうだ。


『何だよ~声をかけてるのに
挨拶くらい普通はするだろ~?』





街角で知り合いに会う・・
それが、殆どがB君の姿が見えてない
~とばかりに無視?されているような・・
挨拶もなかったことばかり。



(T^T)察しの良い方には
ピンと来るものがあるだろう。
普通は挨拶くらいするだろーけどね。



。。



<(_ _*)>ここでまずこれをお願いします☆



 194635_1204091806_20090829235259.gif



ハートカンも霊感も同列だと思いますよ~
↓管理人いつも励まされております


FC2ブログランキング





もっと先を読んでみたい方だけドゾッ!




霊感友の会「霊感を持て余す男」その12の続きを読む
別窓 | 霊感友の会(  ̄w ̄)ノシリーズ | コメント:8 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT