お一人様好きなオバサンに会った☆占い師閑話
2011-04-29 Fri 00:05
 04himatime01.jpg




今日は珍しくさくっと短めな記事をば・・☆



先日、バスを待っていたら、
好きそうなオバサンに声をかけられた。


オバサンは見た目は若いけど、
会話の内容とか、
よくよくお顔を改めて見ると七十代の中、
後半くらいの年齢だと思う・・。



当たり前のように今回の震災の話になった。
失礼ながらその話が面白かったのだった。


オバサン宅は、
ウチと同じく都市ガスだったので、
普及した時には嬉しかったけど
また、二度の地震の時のように
恐ろしい揺れが来たら独り暮らしでは打つ手が無いし、
自分で出来る限界があるので・・



今日はお風呂に入るだけ、
明日は手足だけ洗う・・明後日は
仕方がない髪を洗うしかない・・とかね」



「なるほど~、
パーツ洗いみたいな感じですか・・
でもよほどトラウマになったんですね
しかも手が無いと買い物なんかも大変ですし」



「そうね・・まあ誰にも気遣うこともないしね~」



(T^T)笑い事ではない、
震度7近い地震が3分くらい続いてみて、
いや、続いて欲しくなんかは無いけど、
あんな怖い目に遭ったら、
誰でも恐怖心は取れないと思います。



・・でも、考えてみたらユーモラスでもあり、
思わずロシア民謡の・・


♪~日曜日に市場に出かけ
糸と麻を買ってきた~♪
テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャ
テュリャリャ~♪
テュリャテュリャテュリャテュリャリャリャー


♪月曜日にお風呂をたいて
火曜日にお風呂に入り

水曜日に友達が来て
木曜日に送っていった~♪



考えりゃ思いっきり不思議な歌詞だけど、
こんな感じだよな~と思ったことも確かだった。



。。


シルバーシートにお座りになったようだし、
そのままオバサンは同じバス停で降りたようだな、
・・と思っていたら、
タッタッタとワタシのやたら速い足取りについて来て、
街中の違う場所までまたお話をした・・。



「どなたかと待ち合わせですか?」



(゜▽゜*)なんてお聞きしたら、
彼女はニコニコと笑って言った。



「私ね~、独りで好きな所へ行ったり
好きなお店で食事したりするのが好きでね」



「あ、そうなんですか
ワタシも同じです、に合わせるのが苦手で
見た目そうは感じないようだけど、
反対に気遣っちゃう性格だし・・」



「あら奇遇だわね、私も同じ
誰かと一緒だと合わせちゃうんで
帰って来たら、あれ?今日はイッタイ楽しかったのか
楽しくなかったのか分からなくなるのね」



 04himatime02.jpg

 



ワタシは『ノスタルジックなお話』にあるように、
かなり大家族だったもので、
常に家族の誰かに合わせてしまうことが多く、
なので、に合わせ疲れた結果だったけど。


なるほど お一人様論理。
実はただ勝手なだけではなく、
に合わせるのが疲れてしまう人も多いのかも?
~などと思った次第・・。



今や・・『お一人様』は
世間的にフツーな感覚になり、
独りで喫茶店に入ったり、
独りで食事、前には友達のお店で呑んだり・・


そんなことが好きな人には、
前だとあまり芳しくない評価だったけど、
現代は楽ちんでイイわ~、なんて思っていたしね。



友達に言わせると、
誰かが一緒なほうが『共有感』があるじゃない?
・・とのことだけど、
それは相手がとことん気に合う人ならまだしも、
無理に価値観まで合わせていて、
実は心の底では・・趣味なり感動なりを
共有したつもりになっているだけの場合も多い。


独りの場合には、
震災のマイナスだってもちろん独りで恐怖だけど、
自分自身に素直になれることも多い・・。


つまり無理に感情を曲げることなく、
自己消化すれば良いというメリットも多いと思う☆



70~80年代に映画を見倒したワタシには、
鑑賞後に泣いたり複雑な気持ちになった時、
誰にもアプローチ出来ないことが救いだった。


誰にも依存することなく、
時には持て余す感情の起伏を消化出来たから。

・・



で、いつも買い物をするデパートが閉まってしたので、
用事を頼まれていたのでがっかり・・。


「あら~今日はダメか・・」


別れ際にそんなことでややガッカリしていたら、


「○○デパートに行けばいいのに」と。



「いや、ワタシはこれから仕事なもので」


・・そう言うと、
きっと普通に主婦だと思っていた彼女は、
「仕事ってこれから?何の仕事があるの?」
と聞くので、
何となく気恥ずかしかったけど、
「実は占い師なんですよ~」と言ってみた。


ついでに手を拝見し、
さくっとだけど主要なラインを見たら・・・


「あ、これは一生金銭に困らない手相ですね
そうだとしたら良かったですね



リップサービスでは無いけど、
小さな体とは違って手の肉付きが良かったのと、
財産線がハッキリ出ていたので、
感じるままにアドバイスしてみたのだった。


オバサンはまたニコニコと笑い、
「ホント、そうなのよね~」なんて一言。
営業ではなく名刺入れに名刺があったので、
ワタシの名刺を1枚お渡しした・・。



あの時間にあのバス停にいなければ、
こんな出会いもなかっただろうし・・
オバサンのことも知らないままだったでしょうし。


この仕事をしていると縁は多いけど・・
ほんの一時でも気の合う人というのも珍しい。



・・袖すり合うも他生の縁・・・





ことわざ辞典より 《意味》
ちょっとしたかかわり合いも、
生まれる前からのめぐり合わせによるものだということ。


他生か・・・この世とあの世と天界と。



震災後はこんな感覚を忘れていたもので、
そんな言葉が浮かぶ、
何となくほのぼのとした彼女との時間だった・・。




・・



すみませんワタシは占い師


・・・続くかも・・・

。。







 
ハート何気ない一日が幸せだと感じる時・・
↓そんなコントラストが対比できる震災後です




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村



 100618ani0245_20110428222122.jpg



☆GWはお休みも普通です・・。

(゜▽゜*)あなたの休日を大切に☆

色々と遅れますが・・小塚メダルだ~☆



別窓 | 『 占 い 師 閑 話 』 | コメント:9 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT