続ノスタルジックなお話「大人の変」
2013-05-31 Fri 01:21
01-201305nos01.jpg




体脂肪計付体重計だ~、
電子体温計に家庭用血圧計だ~・・



(T^T)なんつ~家庭の医療アイテムが少ない、
・・○ツキヨやツルハなどのストアも無い。



もちろんインターネットも無い不便な日々。



・・嗚呼、昭和30年代・・・



・・で、今日はこんなお話・・。


・・




何時の世も大人の姿をしているからと、
そんな見た目、一般的な人間が、
ごく普通に良い人とは限らない・・。




昭和は天皇陛下の御在位が長い時代でもあり、
特に中期辺りまではのどかでもあり、
子どもがその辺を歩いていても、
そりゃ少しはあっただろうけれど、
今のように、
嫌な事件に巻き込まれることもあまり無かった。




反対に歯科医や耳鼻科なんかは、
小学校の中学年とか高学年なら、
診察券一枚で親が勝手に通院させてもいた。




今回、ヘンテコな大人を書きたかったのは、
昭和の個人医がちょっと・・いや、
かなり風変わりなパーソナリティの人が沢山いて、
反対に子ども心に『大人って変!』

~なんて感じていたからだった・・。



・・




ワタシは今の体躯から見れば、


何をおっしゃいますやら(笑)」



(×_×)などと・・
一笑にふされると思われるけれど、
母親の妊婦時期に妊婦としての栄養が足りず、
当然、産まれて来たワタシには、
体格もだけど、アレルギーやら風邪を引きやすいやら、
嘘くさいまでに体が弱かった・・




さらに・・



どうも、父方祖父の家系では
耳鼻咽喉科と皮膚科に問題があったようで、
幼稚園辺りから中学生になるまでは、
耳鼻咽喉科と皮膚科、新学期になれば、
典型的な昭和の子どもといった
自由闊達さだった筈なのに、
いつもワタシも妹も熱を出して寝込んでいたものだ。




実際問題とは別にかなり笑えるのは・・


近所に開業した耳鼻咽喉科があったのだが、
叔父や叔母までが入院したり、
子ども三人がまんべんなく掛かるものだから、
その耳鼻科に行けば医師から・・
いつもありがとう」などと言われたりして(笑)。




今どきには言わないよね、
お客様ならいざ知らず、
患者さん一家の娘にありがとうって、面白いけど・・。




さて -



「・・お母さん、イヤだ病院(医院)」




「仕方ないでしょ、
あんたの皮膚に出来たのが感染性があれば
他の子にもうつしちゃうんだから診て貰わないと」




その日も、ワタシの皮膚には、
最近赤くぷつぷつが出ていていた・・。




まさか分かりやすい箇所に
水虫とかでは無いにしろ・・


伯母の娘 従姉Rや似たような体質の妹、
更には大家の親族にもPなどがいたため、
とりあえず診察をして貰いうつらないモノなのか、
軟膏程度で治るのか?




子どもたちを全体的に看ていた母としては、
ワタシの心配と共に、
確固たる安全性を知りたかったのだと思う。





・・そこはとある小学校エリアにある皮膚科。



その皮膚科のおっちゃん医師は、
近所でも有名なかなり風変わりな人物で・・



子どもは自分を子どもと思って、
バカにしている大人なんて一目瞭然なんだけど、
おっちゃん医師はそんなことはしないまでも、
一見して顔に・・
『私は変人です』と書いてあるかのようだった。



ロン毛な上に無精髭が顎に生えていて、
白衣?なのか作業着なのか判らない衣服。




・・あの時代、
医師は研究者でも無い限り、
髪はきちんと七三とかにまとめられ、
医師という衛生面を考えねばならない仕事上も、
せめてカッチリしないまでも、
見た目は清潔感くらい漂わせていた時代だ・・。




「お母さん、なんかばっちい感じがするね」



・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 201305-1pb.jpg



ハートどんな時代も医者に行くのは嫌ですね・・
↓今回は側面から書いてみましたが・・・




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村





もっとレトロ昭和を読みたい方だけドゾッ・・☆





続ノスタルジックなお話「大人の変」の続きを読む
別窓 | ノスタルジックなお話☆ | コメント:2 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT