延命措置に?・・そんな判断は出来ません
2013-10-30 Wed 01:15
 02mind001.jpg





相変わらず表現力には自信が無いので、
表現が
適切ではない箇所がありましたらすみません。




さて-

年老いたご両がいらっしゃる方・・
それだけでは無く、
人間には寿があり、
それは年齢には関係無く来てしまうことがあります。




(T^T)Aさんのケースとして・・
(いつものように内容や
人物のシチュエーションは変えてあります)
こんな時、あなたが独りで判断を迫られたら・・。



何時かどなたにもあり得るお話ですので、
皆さん、それぞれに
思うことをご家族で会話して頂ければ。


・・




Aさんは二十代に結婚され、
訳あって協議離婚をされていた・・。



一人いらっしゃる娘さんは、
東京の大学を卒業された後に、
東京か関東に就職した方が良いとのことで、
都内に就職を決めて仕事をされていた。




五十代のAさんは、
途中、介護保険制度が出来て、
割りと早く資格を取得していて、
ある程度、時間シフトのあるような
老健病院に勤務を続けていたのだが・・。





お母さんは何年か前に亡くなり、
八十代半ばくらいのお父さんがいて、
大体は身の回りのことも出来る方だったけれど・・


高齢なため独りでは大変だと、
介護申請を出した後にヘルパーが来てくれ、
たまに彼女が仕事の帰りに実家へと立ち寄っていた。





離婚、、介護申請、
子供の一人立ちと別居、
年老いた片を定期的または不定期に看る・・。




ここまでは、
現在、良くある家族のケースで、
彼女もごく普通に、
そうしたパターン化された日々を送っていたのだが。


・・




ある日、Aさんが勤めていた病院に連絡が来た。



携帯電話はもちろん、
一人娘との連絡には欠かせないアイテムだったので、
仕事場にも持参していたのだが・・


ご老人がいらっしゃる病院なもので、
心臓にペースメーカーなどが装着された方もいて、
普段はロッカールームの私物荷物に入れていた。




それは急の連絡らしく、
あちらも何処かの病院からで、
ロッカーにあるAさんの携帯に
何度も連絡を入れていたそうなのだが。




「すみません、
今仕事中なので携帯に出られなくて」




『こちら○区の△△病院ですが、
あなたはマルヤマさんですね?
お父様が救急搬送されてこちらに来ていますので
出来るだけ早く来て頂けないでしょうか!』




・・父が?△△病院で・・・


しかも救急搬送で運ばれた・・



彼女は直ぐに勤め先に理由を話して、
出来る限り早く着きたいためにタクシーで向かった。




Aさんは、それは父は年も年だし、
何があっても
おかしくは無いと思い聞かせていたのだけど、
こう突然だとやはり気が動転したそうた。




タクシーに出来るだけ入り口まで入って貰い、
一度行ったことがある病院だったから、
すぐにエレベーターで連絡をくれた外科関連の病棟。




聞いて向かえば、
これまたドラマに出て来るような、
『手術中』という赤いランプが点いていた。




「現実なんだわ、どうしよう・・
そうだ、先ず兄さんと姉さんに連絡しなければ」




彼女には東京に近い関東、
東北の地方都市に、
それぞれ兄と姉が家庭を持って住んでいたのだ。




まだ、手術中の
鈍い赤色ランプが点いたままだったのを確かめ、
Aさんは自分の携帯が使えるブースに入り、
兄と姉に連絡を取った・・




「お父さんが病院で手術中で・・
もしかしたらに関わることなので、
大変だとは思うけど・・

出来ればすぐにとは言わないから
こちらに来て欲しいんだけど・・」




兄と姉はとりあえず来ることになったけれど、、
快諾というよりも、
渋々と来るような返事だったらしい。


・・






m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 02kumab02_20131030005816221.jpg



ハート嫌な選択を迫られることも・・・
↓独りで判断できないことはたくさんあります




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村





長いのですが読んでみたい方だけでよいです☆






延命措置に?・・そんな判断は出来ませんの続きを読む
別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:0 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT