なるほど納得な本『薬が病気をつくる』
2014-05-30 Fri 00:26
01drag000.jpg



ある程度しか読んでいないので恐縮ですが-



医師との関係や、
山のように出されるに半ば疑問を抱きながら・・




でも、これは治るためには必要なんだ、と、
ずっと思わされていた事に悩んで、
品とは何だろうと、
いつも疑問符を抱えて生きて来た中-



・・というモノに、
冷静に気付かされる本がある・・。




が病気をつくる』 宇多川久美子著


~は、実際に剤師である著者が、
こうした普通の疑問点を、
偏る見方だけでは無く解説をしている本。



 01drag001.jpg



(T^T)書いている方はきちんとした薬剤師で-


以前には『薬剤師の私が実践する
薬に頼らず健康に暮らす27の習慣』

・・という評価の高い本も著書にある。





では何故?・・・


このような本をピックアップしたのかと言えば・・




これは前に記事にしたことがありますが、
ワタシの生活習慣病の糖尿病も、
最初にかかった医院で、すぐさま
血糖値をコントロールする薬を処方された・・。





二週間に一度くらいに、
近隣の内科医に行っていたけれど・・。



検査ばかりだし、
そもそもそんな二週間に一度の頻度で、
初期症状程度の
糖尿病に検査ばかり必要無いのでは?

・・などと思ってからでありました。




知り合いに聞いたら-


「せめて内分泌関連の医師とか、
糖尿病に詳しい医師に変えた方が良いですよ」


~とのアドバイスを貰い・・・



二年くらいしてからかな、
内科医を変えた訳ですが・・・。




ここから、
以前に記事にした内容と被りますが-



次の内分泌科関係に詳しい個医から・・




「○さんくらいの血糖値や
グリコヘモグロビン値なら、
本当は栄養指導から始めなくてはいけない


既に血糖値をコントロールする薬を投薬され
そのまま二年間も服用し続ければ、
結局は 糖尿病 という事になるんです」





(×_×)え゛・・・・・・




つまり最初っから、
糖尿病の薬をガッツリ飲んでいたから、
だから結果、
糖尿病という病を進めたようなモノだという事。



・・前にも書いたけれど、
これにはかなりガッカリしたんだな~・・


・・




m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 09b003_20140529225430bed.jpg


ハートある意味裏事情を書くのはハードです
↓薬が無くてはいけないという固定観念の打破に




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆






なるほど納得な本『薬が病気をつくる』の続きを読む
別窓 | 素敵な本のご紹介『本がだいすき♪』 | コメント:2 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT