FC2ブログ
夏の夜の怪談話 「DNA」
2014-07-28 Mon 00:23
00kaidann2-1.jpg




 00kaidann2-2.jpg




  「DNA」







時生(ときお)には、
古くから続いている商から、
一代で大きな会社へ築き上げた祖父が居た・・



居たというのは、祖父は亡くなり・・




直系に、
二人の娘しか居なかったと会社を、
彼が事実上、
今は後継者として継いだ形となっていた。


・・




その会社の、
会長であった祖父の二人の娘とは、
つまり時生の母親と叔母であったのだが・・




娘の婿たち、
時生の父親と義理の叔父の力量では、
これからの会社の社運を任せられないと判断され、
会長職にあった祖父から、
鶴の一声で、
後継者が孫の時生になった経緯があった。





そこには、
会長である祖父側の贔屓などでは無く、
シビアで現実を重んじる祖父の、
あくまでも会長というサイドから、
冷徹なまでの人物の見立てが入っていた・・。





『・・正直、迷惑でした、お祖父様』





会長職の祖父が肝臓ガンとなってしまい、
余命幾ばくも無いと宣告された年-




あの頃は時生はと言えば、
高校生になったばかりで・・・




。。



公的に弁護人を立て、
同族会社には終わらせていなかった、
その大会社の後継者をと言う時に・・。




二人の娘婿でも無く、
現職の常務、専務でも無く・・
更には叔母夫妻の息子と娘(時生の従兄弟たち)
では無く、
長女の一人息子であった孫の時生が、
後継者の御墨付きを貰う事になった・・。





子どもの頃から利発さや人間性までも、
圧倒的に違っていたから、にしても・・



叔母夫妻は元より、
自分の父親までも越してしまった人選・・




・・それは、
高校生の時生にはかなり酷な物であった。





「お父様、何も私の夫は別としても、
次期の経営者の人選が時生なんて・・
重荷です、早過ぎると思いますが」





「仕方があるまい、一番の適任者だ
お前は今の伴侶が(時生の父親)、
常務の安積君の次期に向きだと思うかね」





時生の母である長女の眞砂子は、
好きでは無かった男性を婿に迎えられ、



しかも・・


それが父親のお眼鏡に適う人間だと言われ、
いわば政略結婚を強いられたのに・・・




「せめて、あの子に強制だけを続けるのは・・」




「それは経営者ではない女の見方でしかない・・


私には会社と何千人もの社員と、
更にその族をこのままの安泰に導く責任がある」




「私は、私の族は、その犠牲ですか?」





「お前には解らない・・
私が死んだら、
嘉世(かよ)が時生の後見人になるようにする」





嘉世は眞砂子の母親であり、
一族を父親と共に仕切っていた・・。




取り付く島の無い父親の頑とした態度には、
非力な自分の言葉は、
一切、響かないという事を
眞砂子は嫌と言う程思い知らされていたため、
不毛な一方的の嘆願はそこで終ってしまった・・。





・・その後、後継者として
公に手続きさえも済まされた時生は、
経営者としてのノウハウから、
祖父が命ずるままの留学・・・



好きな趣味までも取り上げられてしまい、



金銭はあったとしても、
一円も好きな物を買った覚えが無い。




それどころか、
道はきっちりと真っ直ぐに
祖父の価値観だけで作られた物であった。





時生は、正規の手続きが済んだ、
そのたった何日か目には、
英才教育やら大学の進路までも、
全く余地が無い生活のハードさを、
痛い程に理解しなくてはいけなかった・・・。



・・




m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 09b002_201407271923188c9.jpg



ハート今回は・・なんですか・・
↓『身動きできない後継者』というイメージが




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村





もっと続きを読んでみたい方だけどうぞ・・・☆







夏の夜の怪談話 「DNA」の続きを読む
別窓 | *占い師の実話に近い怪談話* | コメント:0 | top↑
BACK | すみませんワタシは占い師 | NEXT