熟年離婚はよく考えた方が賢明
2014-08-31 Sun 00:19
 00rikon001.jpg




近年、急増という訳では無いのですが、
若い時期の離婚ではなく、
ある程度、
年齢を経ての離婚相談が増えています。



いわゆる『熟年離婚』なのですが、
これは色々な課題もあり、
年齢が上である危険性もあります・・。



その辺りを考えるように、
記事として書いてみたいと思います。



・・




Yさんは20代で結婚し、
二人のお子さんを育て上げた女性。




二人のお子さんたちは、
それぞれが関東と地元の大学を卒業し、
就職もされていて、
更に一人は息子さんで、
昨年、結婚をされたばかりだった・・。





途中までは共働きをしていたけれど、
体力に限界を感じた50代の時に、
それが理由で辞めてしまっていた・・




。。


ある時、夫との時間が苦痛になり出し、
外に出る機会を考えていたようだった。




彼女には特殊な事務資格があったので、
知り合いに紹介された知人経由で、
パートタイムで雇用先が見つかり、
仕事を始めていたそうだ・・。




その頃特に、子育てを終え、
彼に男性としての仕事があるのは
認めていたつもりだったが・・



Yさんは非協力的な旦那さんの事が、
度々、疲れてしまっていたらしい・・。





ワタシと同世代だから、
あの時代の男性はまだ、
封建的な感じがきっちり残っていて-





「おい、そこのあれを取ってくれ」




「・・・・・」

(本心は・・自分で取れば良いのに)




他愛のないことだと思うでしょうけど、
その積み重ねが大きなマイナスを呼んだりする。



で、こんな日常で、
例えば近くの物を自分で取ったりもしないし、
今の世代のように、
自発的に家事をする訳でも無かったから。





何十年も連れ添っていると、
そんなのは当たり前だと思うけれど・・



当たり前だと言い聞かせてみても、
せっかく作った食事に
ありがとうも無ければ、
パートタイムで仕事をするのはお前の勝手、
しなくても良い仕事な訳だから、
家事はこれまで通りにやって当然・・




そうした、昭和中期くらいまでの、
悪い価値観がまだまだ存在する状態だった。





子どもたちは定年まで少しだし、
我慢して過ごせばと言いますが・・


何だか、そう覚悟はしてみても、
反対に定年退職になって毎日、
顔を合わせなくちゃと思うと疲れまして・・」





「Yさんのような方は、
結構、今増えているんですが・・
離婚を望んでいらっしゃるのでしょうか?
経済状況とか、
そこが一番、問題になって来ます」





「それは分かります、
別れてみても意味があったのかとか
友達も熟年離婚をして
却って悩んでいたりしますから」




「では、Yさんは離婚をしないで、
何か具体的な打開策を考えたいとか?」




「いや・・悩んでいます
本当は独りでも十分に生きて行けますが
別れた後の生活は、経済状況よりも・・
別れた後の生活がちょっと想像しにくくて」



・・



(T^T)ここで今日のポイントを☆



熟年離婚へ踏み切る気持ちは、
たぶん、
生半可なモノでは無いためだと思います。




今の自分だけで捻出出来る経済状況や、
仕事をフルでされている方も多いので、
それは問題が無いという女性側は多い・・。




例えばガッツリ自宅を構えているのを、
未練がましく思っていなくても、
結婚をした年数によって、
夫婦の共有財産の分与もあり、
昔よりは
女性サイドの権利がきちんと認められている。




こうした物理的なこと、
生活費などだけではなく、
離婚したいという明確な理由・・



性格の不一致、
価値観の大きな違い、
それよりも日常的なドメスティックバイオレンス、
家庭内暴力があるためなど、
もっと基本的な部分で別れたい方は増えている。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 201105241012000_20140830221326085.jpg


ハート結婚の形も様々ならば・・
↓離婚への理由もまたいろいろです




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆




熟年離婚はよく考えた方が賢明の続きを読む
別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:0 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT