「笑う」人相を意識して良い運気を呼ぶ
2015-02-27 Fri 00:11
00rough001.jpg





「笑う門には福来る」




よく聞く諺ですが、
昔の人は無駄の無い正論を言っていたりする-




その言われには、
由緒正しい故事からとか、神様からなど、
諸説あるのだけど・・。





故事ことわざ辞典より-



いつも笑い声が溢れる家には、
自然に幸運が訪れる。
明るく朗らかにいれば
幸せがやってくるという意味。



また、悲しいこと・苦しいことがあっても、
希望を失わずにいれば幸せがやって来るということ。



「門」は、家・家族の意。
『上方(京都)いろはかるた』の一つ。
「笑う門に福来る」「笑う所へ福来る」とも。


・・




さて・・・



この諺を聞くたびに、
とあるお客様、Bさんの事を思い出す・・。





(T^T)彼女は70代の女性・・・


一人だけいらした息子さんは、
立派に社会人になって、
今は東京でご家族を持っている・・。




更に何年か前に、
旦那さんをガンで亡くされ、
今は独り暮らしをされていたのだが・・。





Bさんは昔、
嫁いだ先に舅、姑がいて、
近隣に小姑まで住んでいたため・・




表面上はそう波風は、
立っていなかったように見せていたけれど、
内情は当然のように嫁と姑、
小姑とのトラブルがあったらしい。





何故、笑う門には・・の諺で、
彼女を思い出すのかと言えば、
は決して悪くは無かったのに、
思い切り口元、つまり口角が、
「へ」の字に近く曲がっていらしたから・・。





人様の人相について、
何かを忠言するのって、
余計なお世話だと思っていたけれど-




何度かBさんがいらした後に、
まだ旦那さんが亡くなる前に、
彼女に口角を上げる運気アップの仕方を、
気を悪くしないようにお伝えしたことがあった。






ワタシは以前に-



運気アップのために、
口の左右の口角を上げるよう意識し、
笑いに近い人相に近付けて、
人相から幸福を呼び込む、
という記事を書いた事があるけれど・・




どうしても過去に、
色々と嫌なことが起きる環境にあったり、
毎日を気分を害して暮らして来たような方には、
口角がへの字に近い
相になってしまう場合が多い。





特にBさんのように、
舅、姑、小姑の中で、
嫁いびり的な生活を送ってしまうと、
かなり辛い事や嫌な事ばかりになり、
当たり前だけれど、
笑い自体が失われて行くからなんだな・・。





人間というのは、
良くも悪くも順応性が高い生き物だと言う。




つまり、そりゃ毎日、
誰もが楽しいことばかりじゃないけれど-




それなりに笑いがある家で育ったり、
環境だけのせいでは無いけれど、
両親や家族が楽観的だとか、
お笑い番組が好きだとか・・
(これはバカにならないですよ)



何かしら、

『笑うこと』『楽しい気分になれること』

~などを意識して、または無意識でも、
そうした環境に居る事で・・・





 笑う=人相も明るくなる




そんな自然体の中でも、
人相は培われたりするものです・・。





・・最初、不躾だと思ったのだろう-




いくら何度かいらしたとは言っても、
Bさんのが、
なお「へ」の字のようになったけれど・・




ワタシが丁度よい例に、
彼女と環境が酷似している母の人相について、
お話をしてみたのだったが・・。


・・




m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 09b001_201502262200493d2.jpg



ハートご年配の方にはなお言いにくいですが
↓・・笑は出来るだけ多くすることです




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村





もっと先を読んでみたい方どうぞ・・・☆




「笑う」人相を意識して良い運気を呼ぶの続きを読む
別窓 | ☆幸せワンポイント計画 | コメント:0 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT