猫、ねこ、ネコ(=^・・^=)のお話
2015-06-30 Tue 00:38
00cat01.jpg




昔から代々でなど、
何年、何十年とネコを飼っている家だと、
常にいる存在として、
もちろん家族として大事にしているけれど・・。





あまりに身近にいるため、
驚きとか発見とか、
飼っていない家よりは、
より皮膚感覚で接することが出来てしまい、
いわゆるちょっとした新鮮味には
欠ける部分もあるかもしれない。





(T^T)ワタシはもちろん、
にゃんこ、は飼っていないけれど・・



飼い主的皮膚感覚ではなく、
引きの目線で見ることが出来たりする、かなとか。




そのため、
の何たるかとかがいかにチャーミングで、
人間に取って必要不可欠だとか、
熱く語ることは出来ないけれど・・




ある程度はちょっと好き、
~くらいの曖昧でも
それなりな見方は出来る(かもしれない)。



・・




冒頭から遠慮がちなのは
犬の飼い主さんたちとちょっと違って、
にゃんこの主は熱くを語る人が多いから。





そんなにゃんこの飼い主さんは、
何時、最初のと出合ったのでしょうか?




大人になってから寂しいからとか、
飼いたかったからちょっと、という
イージーな理由ではたぶん無いと思ったりして。




=^・ω・^=おそらくは、
昔っから自宅に常に居たり、
小さな頃から慣れ親しんでいた人が多いと思うのですが。





そんな家で代々とか系譜とか・・


ワタシが全く関係が無かったのは、
ご存知の方は知っているように、
ウチには野鳥や文鳥などが飼われていて、
いわば猫はそれら鳥類の
天敵だったためだったりしたので・・。





でも、自分のブログのカテゴリー
『続ノスタルジックなお話で』などでも、
お隣の家で飼っていた猫のことを書いていましたが。




実際ににゃんこと出合ったのが、
幼稚園に入る前に、
お祖母ちゃんと行っていた下宿屋のお宅でだった。




00cat02.jpg




その家には、
後に個性的で不思議な歌を歌って世に出た、
今や司会者としても著名な所ジョージさんに、
本当に生き写しな顔をしていた、
下宿屋の一人娘のおばさんがいたのだけど。





ワタシが一番、好きだったのは、
所ジョージ似の一人娘のおばさんではなく、
同居していた従姉という、
もう一人のおばさんの方だった・・。




従姉のおばさんはとても優しく、
今、考えれば何処か訳あり風の独身者だった。





お祖母ちゃんは、
たまの夕飯当番をサボりたく、
茶飲み話をしに、そこで飼っていた猫を
ワタシが好んでいるのをいい事に -





「○ちゃんが猫を見たいって言ってるからさ」




「見たい」なんつーことは
一言も言って無いのに、
そんなサボり婆の勝手な理由のダシにされ、
でも、結局はお隣へと婆さんと・・。





ちょい暗くなると、
昼なお暗い年代物の下宿屋も、
ホラー映画のような無駄な暗さと変わり、
その漆黒の闇の中にほの青く光るモノ二つ。





「ねこ、ねこ、おいでおいで」





(T^T)猫マニアの方なら、
この呼び方を見てふっと笑うと思うのだが・・。





闇雲においでおいでしたって、
本来が気紛れな猫は普通に警戒し、



そして・・・


こちらが年端も行かない小娘だと認識すると、
馬鹿にして、来ないし、
挙動は見ながら、
つまらない人間だと決定した段階で、
自分が好きな方向に逃げて行ったりして。





その当時のコメディアンで、
売れていたコンビの片割れの名前を付けた猫は、
まだ小さかったけれど、
とりあえず二度、三度、あちらからからかいに、
行ったり来たりするのだが・・




たぶん自分より小さなワタシを、
ふふんという目で見て、
また、シャリンシャリンと首の鈴を鳴らしながら、
また、漆黒の闇の中へと消えていったのだった。





犬とならある程度は感情を共有出来たりする、
と感じたりする人間たちだけど、
子ども心に、
猫は犬のようには一筋縄では行かないと、
何度も下宿屋の暗闇に光る目を二つ見つつ、
思ったものでありましたが・・。


・・






m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 06k03_20150630002302463.jpg


ハートネコ(=^・・^=)か・・いいなぁ・・
↓・・飼いたいけれどスズメさんが来るのでNG




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと読んでみたい方だけどうぞ・・・☆






猫、ねこ、ネコ(=^・・^=)のお話の続きを読む
別窓 | 『 占 い 師 閑 話 』 | コメント:4 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT