困った親族はどこにでも存在しますが☆Cさんのケース
2016-07-30 Sat 00:16
 0family01.jpg



待ち合わせたカフェに、
Cさんは疲れた顔でやって来た・・。




昨日までメールで、
大方のことはやり取りしていたけれど・・



何でも旦那さんの弟さんという男性が、
どう考えてみても社会性というモノに欠けたで、
確かにそんな親戚がいたら、
誰だって困るだろうと読みながら思った。


・・



Cさんは一児の母親で、
その長女さんはまだ、小学校の低学年。




旦那さんとお子さん、
更に時折、近隣の実家から来るという、
独身だけど家業を継いでいる、
お兄さんからの両親への愚痴メールや電話でも、
日々、疲れているようだった -




何度かお会いしていたけれど、
ワタシは彼女のような、
との間を取り持つ役割、
色々な家族の間に入ってしまう、
いわばマネージャー的な役割を担う事になる、
そんなタイプのを何か知っていた。




・・Cさんもまた、
自分のご実家や旦那さんのご実家・・


更にどういう訳だか、
パートタイムで仕事をされている会社の中まで、
彼女という間を軸にするような人間関係が、
知らず知らずのうちに出来て行ってしまうような人。





(T^T)人と人との間を取り持ってしまう役割、
とでも言ったらよいのか・・



単なるお仕着せだとか、
余計なお節介では無いのに、
次々にその軸となるキーパソンに対して、
人が集まったり、
その人の中でトラブルが起きてしまったり。




人と人の縁を繋ぐ人 -


イージーには言い切れ無いけれど、
簡潔に説明をすれば、
そのような感じになってしまうタイプかなと・・。




さて・・・

Cさんの悩んでいた旦那さんの弟-



つまり義理の弟さんという人は、
他県で大学も出ていて、
卒業後には仕事もきちんとこなしていたらしかった。




ただ、一度目の会社の場合には、
大学在籍中での就職活動にも関わらず、
納得をした筈の仕事内容だった訳では、
意外に無かったようで・・



それは仕方がないとしても、
その後に就いた仕事が、
これまで分からず仕舞いで、
ある時に微妙な状況が分かったらしかった。





「・・つまり、二度目の仕事は、
トラブルまでは上手くは行っていたんですね?」




「はい、最低限には、
実家とは連絡は取っていたようでしたが
もう三十代も半ばなので、
放任しますよね、普通なら・・
細かい部分は分からなかったようですが」




聞けば・・


その弟さんは、
次の会社には行っていたようだったけれど、
会社に行く途中で、
誰かと接触事故を起こしたようで。




そこまでは車を持っていて、
毎日、通勤や通学で使っている方なら、
損害保険や自賠責保険に入っているのが一般的。




事故が大きくても小さくても、
車の破損を保障したり相手の怪我や体調、
引いては怪我が酷かった場合に、
救急車も呼ばなくてはいけないし。




先ずは、
どちらが悪いのかの検証を県警なり、
その自治体の警察を呼んでからで・・。




保険会社の事故対応係りに連絡をし、
警察に事故処理をしてもらった後に、
事故証明を出してもらい、
双方の損保会社の対応係りを入れる -





(×_×)ワタシも・・

小さい事故を起こしてしまった過去があるため、
事故を起こしました、はいそれで終わり解散!

~なんてことにはならないものなのですよ。




・・Cさんの義理の弟さんという人は、
その事故対応や損保会社も関係なく、
自分が悪かったにも関わらず、
車をぶつけた相手の方への保障どころか、
保険すら加入してはいなかったらしい。

・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆

 
 06ba01_20160729223733e79.jpg

ハート家族と親族と・・
↓結婚をすれば相手の問題も出ます




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆




困った親族はどこにでも存在しますが☆Cさんのケースの続きを読む
別窓 | 体験からのアドバイス | コメント:0 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT