厄年などの厄払いは必要なのか☆再び
2016-09-30 Fri 00:32
00god-yaku00.jpg




どちらかと言えば神道寄りのワタシが、
毎回、否定的な記事を、
意識している訳では無いのだけど・・




厄払いについて、
二人のお客様からご質問があったので、
否定だけでは無い、
厄払いについてのプラスとマイナスを書いてみます。


・・



タイトルの『お払い』は -


厄介なものを払うとか、
すす払いなどにも使われますが・・


『お祓い』はまがまがしいモノを祓う、
悪魔祓いなどに使う文字。





(T^T)ただ・・・


ワタシはお祓いといつも書いていますが、
変換すれば『厄払い』と出ますので、
今日はお払いと記載して書いて行きます。





『厄払い』は厄年などの場合に、
厄除けのために神社などで、
特別なお払いをして頂くことですが・・




「厄払いは必要なのか?」


~と言われれば・・



簡単には、
必要と感じる方には必要だし、
特に必要と感じない方には必要では無いと、
当たり前のようですが、
ワタシはそのように答えていました。





東北では場所柄、土地柄で、
必ず厄払いをする習慣があったりします。




盛岡に嫁いだお客様は、
同窓会の時に集まった皆さんで、
同窓会ついでに、
厄払いをしに神社へ行く習慣が分かり、
ちょっと地域性で迷っていました・・。




その時にも-



「Aさんが必要と感じる場合には、
厄払いをすれば良いし、
そう感じない場合には要らないのではないですか」



・・などと答えていたものですが。




あれから十何年、
特に必要性を感じなかった彼女は、
特に厄払いをしなくても、
普通に健在に暮らしていらっしゃいます。




たぶん東北でなくても、
場所柄、土地柄で色々とあると思いますが。





・・反対に・・・



昔からの習わしで必ずしなくてはいけないとか、
決められているような所では、
否定しないで、
習わし通りにすべきだとは思います。




そんな場所柄土地柄の際には、
土地神様や氏神様や他、
大切な習慣としてあるものなので、
例えば嫁に嫁いで来た場合など・・




しきたりとして決められているなら、
習慣や習わしも、
いわば郷に入れば郷に従え、
~ということだと思います・・。




大人だけではなく、
そこで生まれ育ったお子さんには、
習慣的な厄払いならばやるべきだと言うこと。



・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 05push01_20160929221407e9d.jpg

ハート厄払いにもいろいろありますが
↓一般的なもののお話です・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読みたい方はどうぞ・・・☆




厄年などの厄払いは必要なのか☆再びの続きを読む
別窓 | 体験からのアドバイス | コメント:0 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT