バスルームより・・「ありがとうって伝えてください」
2017-04-30 Sun 00:14
 a0002_003507.jpg




つい最近・・
Jさんは少し年の離れた友人を亡くされた。




仮にAさんと呼ぶことにするけれど、
その男性の友達は、
彼女のお母さんが教師をしていた時の教え子で。





後に鍼灸師となったために、
肩こりや筋肉痛の際に、
家族ぐるみでお世話になっていたという。




それは長いお付き合いで、
鍼灸院へ通ったり、
恩師であるお母さんの誕生日には、
外で飲み会を開いたりしていたそうだ・・。





そんな長い中で、
Jさんのお父様が亡くなり・・


次第に足腰が弱ったお母さんのために、
Aさんが彼女宅まで来て施術しに来てくれたり。




JさんとAさんとの、
普通に幸せな毎日は続いていたようだった。





・・それが・・・



Aさんが還暦を過ぎた頃、
鍼灸院を営みながら、
彼女のお母さんのような、
高齢化されて足腰が弱って来た方たちのため、
家を回って施術をするようにもなった。





(T^T)何年かは続けていたそうだけど・・


いわゆる体調が芳しく無いだけではない、
ガンの末期のご老人宅を回るようになってから、
今度はAさんの方が、
とあるガンにかかってしまったのだ・・。





大変に失礼ながら、
たぶん、そうした方たちの気のようなモノを、
彼が受けてしまった事も、
原因の一つかもしれないと、
Jさんは感じていたそうだ・・。




何故かと言えば、
彼は心優しい人だったし、
お気の毒にと同情をしながら回り、
末期の方たちの家を回ってからの、
体調の異変だったそうだから・・。




それでも彼は通院をしながら、
更に悪化したら入院をし、退院をつつ、
お客様のご老人を施術していた。





ある日・・

まだ彼が元気な時にJさんが呼ばれた。





「・・Jちゃんに言うのもと思ったけれど、
ごめんね、余命が短いみたいだから」




だから一度、
Jさんに会って話をしたかったと言われた。





彼には別居していた奥さんはいたし、
二人の息子さんもそのお嫁さんもいたので、
いくら奥さんとは今一つであっても、
家族がいたらどうにかなるだろうと。




彼女はそのように思うことで、
自分のやり切れない気持ちの行き場を、
どこかに探していたと言う。




・・ワタシは僭越ながら、
Jさんのお話を度々、お聞きして、
色々な友人の在り方があるんだなと、
いつも何だか感心させられていたのだけれど。




そのうちに、彼女つ゛てに
彼Aさんの悪化した容態をお聞きし、
ワタシの方が残念な気持ちになっていた。

・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 02kumab02_20170429221412f3e.jpg


ハート残念と思うことが多い昨今
↓せめて後悔のない生き方を大事に・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆



バスルームより・・「ありがとうって伝えてください」の続きを読む
別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
| すみませんワタシは占い師 | NEXT