「こんな厄落としは嫌ですね」厄年の厄落とし
2013-01-08 Tue 00:15
201301-badtime001.jpg





新年にいらしたお客様のBさんは、
つい昨年が厄年で、
2月の節分まではカウントダウン状態・・


幸いに何事も無いまま年を越せるかな、
~などと安堵していた・・。




何事も無いように、
これ以上、病気とか
亡くなる人間が身近でありませんように、
後1ヵ月、どうか無事でありますように・・・
願いが通じたかのように、
先ずは無病息災は叶った一年だったと思えていた。




何故、そんなに彼女が懸念していたかと言えば、
厄年の一昨年は、
大好きだったお祖父さんが亡くなり、
それは体調も思わしくない八十代後半だから、
何時、何があってもおかしくは無かったそうだけれど。




「申し訳ない言い方ですが
お祖父さん、
Bさんの厄を持って行ってくれたんですね~」




(T^T)あまり簡単には言いたくは無いけれど、
確かに前厄、大厄、後厄のいずれかの年で、
親族が亡くなると、
そんな厄落とし的なことに至るものなので。




「そうでしたか・・・
身近な親族の中で一番好きだったので何だか虚しく
ただ長生きすれば本人も大変でしょうと思いつつも」




「自分でも分からなく無いですよ~
でも、失礼ながら、
体調が良くないご老人の方からの方が
例えば・・Bさんのご両親よりはまだ・・」




「まあそうですよね~
私は父と仲が良くないので
母が先に逝ったら、と思うとまた面倒でもあるので」





誰かが亡くなればと、
まさか日々願っている訳では無いけれど、
介護も大変な状態の中で、
やはり一般的には、
年功序列での方がトラブルは少ないと思います・・。




。。


安堵する気分もつかの間、
師走の最後の最後に、
雇用されている半官半民の会社に、
こんな風に言われたそうだ・・。



「来年からシフトを変えますので・・
Bさんの時間も変えて頂くことに決まりました」




・・具体的にシフトを変えるとは?・・・



「シフトを変えると言っても
ただ半官半民であっても、
この不景気な最中、勤務時間を変えるだけで、
体の良いリストラ対策により近いです」




「契約社員に近い雇用条件でしたよね
でも、ちゃんと福利厚生もあって・・
それで雇用時間だけが変わるのでしょうか?」




「・・いえー、時間が変わるんだから
時間が減らされる上に、
時間給だけしか頂戴出来なくなるということです」




「そうか、やはりそうですよね・・」




「○さんに厄年のことや厄落としについて
何年かお聞きしていますが
これもかなりなマイナス要素だから
‘厄落’としということになりますか?」




厄年にマイナス要素だけがあれば
それが全て‘厄落とし’という訳では無いですが
厄年ですし・・内容的にはそう言えますが」




201301-badtime002.jpg




(T^T)そうフォローしてみたものの、
Bさんはガッカリした様子でこんなお話を・・




「大好きだったんですよね~仕事が・・
障害を持つ子どもたちのヘルパーでしたが
やりがいもあるし、子どもが好きだし・・」




彼女は大学の時に、
教職の免許こそ取得はしていなかったけれど、
教育学部だったので特殊な免許は持っていた。



今の仕事は取得していた資格を活かせ、
子育てのさ中、忙しい旦那さまを送出し、
毎日、母親と奥さんをしながらも、
これまで休むことなく仕事をして来た・・


そんな経緯もあって、
彼女なりに頑張って来たとワタシですら感じていたし。




「う~ん、ありきたりな慰めでは失礼ですが
極論かもしれませんが・・
シフトは半分に減らされたのですよね?

辞めて欲しい・・という
リストラよりは数段マシだと思いますし
今は、当たり前だと思いますので
ガッカリしていて構いませんから・・
奥さんという立場に少し甘んじても良いのでは?」




「まあ、そう言えばそうですよね~・・
旦那にも○さんと同じことを言われました
借金がある訳では無いし半分でも続ければって」




「励ましてくれた訳ですね・・
良い旦那さまじゃないですか
なら、まだ実施されてはいないので
年度末まではこのまま出来るのだし
それから、やってみて不都合がある時に
改めて考えてみてはと思いますが・・」




・・最後に彼女は・・・




「これで十分な厄落としですよね~
でも、こんな厄落としは嫌ですね・・」




そんなことを言ってらしたが、
反対に‘十分な厄落とし’ということで、
キッパリと吹っ切れそうだと言っていた・・




確かにマイナスの要素だけが起これば、
単純に厄落とし・・とだけは言えないけれど、
大切なお子さんや旦那さま、
ご実家のマイナス、
特に対応出来ない負のアクシデントなどに出たら、
それも違う意味でショックだと感じます。



だから仕事へのリスクやシフト変えで良いか?
~と言えば、それで済んで良かったとは、
もちろん言い切れませんが・・




色々なカタチでマイナスが出ると言われる、
厄年のマイナス」ですが、
あれば改善策だって見つかると思うし、
人生が急転直下で終わる訳でも無いので、
それを甘受しながら、考え方も変えて行くべきだと、
Bさんの出来事で改めて感じた次第でした・・。




クサイことを書きますが、
諦めた時点で運も逃げて行きます。



せっかく生きているんだから前を向け」・・

そんな励ましの言葉で締め括りたいと思います☆


・・





すみませんワタシは占い師


・・・続くかも・・・

。。






 
ハート明日にはどうにかマシになっている・・
↓そんなイメージトレーニングも大事です




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村



100618ani0123_20130107222032.jpg


(^ー^)いつも最後までありがとうございます。
ご意見などなどお待ちしております・・。


お振込確認後になってしまいますが、
鑑定もお受けしております、宣伝です^_^;


あ、変換ミスは読んでおいてください~。




別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:2 | top↑
<<続ノスタルジックなお話「火鉢の能」 | すみませんワタシは占い師 | ラップ音とポルターガイストの夜・・なので塩お祓い>>
新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

参考に、勉強になる記事をいつも拝見しています。
私は年回りが巳年年女の五黄土星という年になり、数え年では37才女性の厄年になり、星回りを気にする年になりましたw
(満年齢で現35才、今年4月に36才)

私は昨年振り返ると、上半期はいいことが多く、下半期10月からあからさまに乱調で、「人が原因の災難」が多く、挙げ句の果てに松葉杖の療養生活になりました(全治は近いですが)。
厄落としというと多少気が休まりますし、それにしてもやけに早すぎる前払いかなと思います。
この今の気が休まった状態を保ち、今年の平穏を祈りますf^_^;
今年も記事を楽しみにしていますp(^^)q
2013-01-09 Wed 13:34 | URL | Florist Sumire #-[ 内容変更] | top↑
- My Dear Florist Sumire さん -
v-22(゜▽゜*)こんにちは~☆
明けましておめでとうございます、こちらこそ宜しくどうぞ・・。
現住所からの移動の結果(実家の往復や旅行など)にもよりますが、
ここ何年かの動きの結果としてリスクが派生する場合もあります・・。

五黄土星は「八方塞がり年」ですが結果が出せる年でもあります。
4月の牡羊座なら前半が上昇、牡牛座なら年間では後半がUPに転じます。
そんな部分を大事にされて普通に活躍してください・・☆




2013-01-09 Wed 21:46 | URL | mecha☆ #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |