「○番ゲートの○○さん」父の命日に再び想う
2013-03-13 Wed 00:15
04father001.jpg




今日は私事ですが・・・


似たように感じたら、
心置きなくスルーして構いません。



・・



この記事がアップされるのは、
日付が13日になる頃ですが、
3月12日は父の命日だった・・。




そう・・2年前の震災が3月11日、
その次の日が命日なので、
分かりやすいけれど・・


「あの日は11日に明日は命日なので、
お墓参りに行こうね」

と、妹と、
お花やらお供え物などを用意しており、
その話をした後に、
マグニチュード○○の大震災が襲った訳だった。




・・ハッと気がつけば、
生活に追われ、追われて、
命日はとうに遠い日となり、
半年近くが過ぎた夏のお盆もままならず、
秋のお彼岸へどうにか行けたのが現状だった。




色々な意味で、
父はあまり現世では祝福されていなかったのでは、
~などと、
浮かばれない修行の御霊として、
下界に返された時と同じように感じた出来事ではあった。




何度か書いていたけれど、
ワタシたちが見送ったと思っていた彼は、
ご存知の方はご存知だと思いますが、
諸般の違法野鳥捕獲事情で天界の門で
一年、下界へと修行に出されたとのことだったが。




でも、反対から考えれば、
門番に審判され、
現世=下界での所業が悪くても、
ある意味、きっちり修行を積ませられれば、
あまり天界でのステージと言いますか、
そうした位置付けは芳しく無いけれど・・




修行の後に、改心とか、
天界のオキテに沿えるような人になれば、
どうにか上がることは
出来るらしいということでしょうか・・・。




で、かなり間違い無く、
共通して言えるのは天国の門の件・・・




「前も読んだし~、
このヒトばかりのエピソード、
また同じやないんかい!」


~などと呆れられそうなので、
ここでお客様、Qさんという女性のお話をば。


・・




ある日、彼女は
普通に県道片側二車線を走行していらした。




曇天からポツポツと小雨になり、
中は暖房をかけていたので結露で視界が微妙に。




その時、
急に自転車が飛び出して来て、
思わずハンドルを握りつつ初めての出来事に焦り




キャー!自転車」




結局、Qさんの前方不注意で
事故ってしまったが、
ふと気づいた時にこんな声が聞こえて来たそう。




『○番ゲートの○○さん、下界で奥さんがお呼びですよ』




・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 201105241012000_20130312233050.jpg



ハート管理人は凡人なので欲ばっかり・・
↓そりゃほぼ食欲だったりしますけど




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村





もっと読んでみたいあなたはどうぞ・・・☆







04father002.jpg




それから・・



彼女はハッとして、
携帯で県警を呼び、
もちろん目の前に接触した自転車の、
中学生の男の子を助け、
すぐにその旨も119に通報を・・




車はヘッドライトだけが破損しただけで、
同行した救急車が手配した救急病院で、
レントゲンなどで検査しても骨も折れておらず
男の子は擦り傷だけだったので診断書を・・




損保の会社にも連絡をして、
男の子を自宅に送り、
こちらの名刺と連絡先をお伝えして、
事情聴取から
3時間にも渡る事故処理と病院での検査・・




ようやく帰宅した彼女は、
あんな結構な道に夕方、帰宅時に
あまり車が走っていなかったのを思い出した。




そうか・・有り得ない、普通なら、
帰宅時間の夕方5時過ぎくらいは、
いつもならあの県道は混んでいたと思うので。





『え?助けてって祈ったから・・

○番ゲートの○○さんって聞こえたのは

・・これって、もしかしたら護ってくれた・・』





「Qさん、霊感が強いから・・
きっと門内から門外へ出たのかな、
天界の旦那様が来てくれたのでしょうねー」





一年後の春彼岸過ぎ・・


確か天界へは・・
ご本人が亡くなられてから一周忌を過ぎ、
大体はあちらへと
上がる決定があるようなのだけど、
父のように審判のような判断を下されると、



4月の二十四節季
「清明」までに、気付けば、
あちら=天界の門をくぐることが出来るようだ。




それは個人差と言いますか、

霊魂の個体差と言いますか・・・



または、レベルのようなものでもあるのか・・




ワタシだけではなく、
こうしたお客様でもそれぞれのお話で、
そうしたことがあるのを知ったり・・。




・・ヘヴンズゲート・・・





(T^T)現世=下界にいれば、
欲もあれば、仕事で人を蹴落としたり。



山ほどの欲と業と、
まあ、聖人君子ではないんだから、
そういう欲望だらけだったりする・・。




でもこれは仕方がない、今は下界なんだから。




。。


気になっていたのは、
天国=天界の門があっても、
審判だとかジャッジだとかがあるとしても・・


こちらでの普通の人生を生きれば、
余程のことが無い限りは、
普通にくぐれるような気がする・・。




Qさんはワタシと同年代だけど、
数年前に、あの事故を軽減する
フォローをしてくれた最愛の旦那様を亡くしている。




一年以上・・・

彼女は落ち込み方が酷かったけれど、
長女さんに初孫が産まれて一つ助けられたと言う。




都合よく誰にも、
あちらから故人が来てくれる訳では無さそうだけど、
マイナスプラスの法則のように、
何かを失えば、何かをまた手にすることが出来る。





・・天界と、下界と門番と・・・




そんなことが、
確かに、静かにあると、
たくさんのお客様のお話で感じたものだった・・。




『天網恢恢疎にして漏らさず・・』





何時かあなたにも、
最愛のどなたかが護ってくれたりする。




今、今生=現世では、
普通に道を歩んで行けばと、
そんな風に感じた命日なのでした・・。



・・




すみませんワタシは占い師


・・・続くかも・・・

。。










ハート講釈師見て来たような嘘を言い・・
↓だから嘘じゃないですってば・・




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村


 10ch003_20130312233135.jpg



(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

私用でもやや忙しくレスなどなど遅れますが。

ご意見・ご感想などもお待ちしています(^▽^)/

誤打はニュアンスで読んでいてねー☆






別窓 | 天界のこと・・・ | コメント:0 | top↑
<<協力して頑張る「dinner☆ディナー」日本人的感覚のドラマ | すみませんワタシは占い師 | 「後編・いざという時の注意点と防災対策」震災から2年特集>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |