春彼岸の墓参で「桃色のお花ありがとう」
2013-03-19 Tue 00:23
06temple01.jpg




ワタシのブログでは、
彼岸のお話はたくさん書いておりますが、
先日、早々とお墓参りに行って来た時のことです。



未熟な画像ですが、
母のお寺のあのロバちゃんと共に、
その時のお話を書いてみたいと思います☆


良かったらお付き合いください・・。


・・




・・先日、妹たちとお墓参りへ行って来た。



先ず、祖父母や叔母、
父の遺骨が埋葬されている家の墓参からに。




一対の花生けに花を、
祖父母も父も好きなお菓子と淹れたてのお茶を供え、
お線香に火を点けて黙祷を・・




幸いにお寺さんはかなり近くにあり、
親族のお寺と共に
割りと楽に墓参が出来ることも確かですが。




・・さて・・・



実は、かなり前に、
あまり芳しくない事が起きた時に、
ワタシの母の実家の話とは別に・・



父方の親族がいわゆる拝み屋と呼ばれている、
辺境の祈祷師の門を叩いたと・・。




相変わらず「きぇ~~!」的な、
聞いたこちらが恐怖な感じで、
だけど、その祈祷師は
こんな言葉を目の前の親戚に告げた。





「本家の墓の脇に小さな墓がある
そこへは誰も線香もあげないので、
女の子が寂しがって嫉妬をするのじゃー」




親戚は、確かに、
本家の大きい墓の脇にあるお墓には、
彼岸にもお盆にも何も供物や花も
あげてはいなかったことを思い出したのだった・・。



わらわらと帰宅した親戚の叔父は、
親族にその祈祷師の言葉をワタシたちにも告げ、
(・・そういうのも何処か浅ましいかもですが)





06temple02_20130318224259.jpg




それから・・


親族中に回覧板の如くに伝えられ・・



その後、生きていた頃の父も母も、
そしてワタシたちも
いたいけな女の子のイメージが伝わって来て、
積極的にお線香をあげたりしていた・・。




自宅のお墓と共に、
本家の墓参もしたけれど、
脇の小さなお墓が女の子と知ってから、
ワタシも妹もお線香や供物などを置いて、
一緒に祈って来たのだけど・・




今年はお花が分けやすい種類があり、
ピンク色のスターチスを一本を手にして、
その小さな方のお墓にあげてみた・・。




大きなお墓にも、
昔死んだ、小さな女の子のお墓にも祈り、
桶と柄杓を持って去ろうとした時、




『・・ありがとう、桃色のお花・・・』




そんな風に聞こえて来た・・・



妹たちと車に乗り、
さっき、あの
女の子のお墓に花をあげた時のことを言うと、
似たような感覚がある妹は・・




「あら、そうなんだ・・
じゃあ次はもっとお花あげた方が良いね~」



・・なんてこと話し合った・・・




・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 08cb002_20130318224553.jpg



ハート母は墓参へ行くと体調を崩します・・・
↓そんな方はご注意されてください・・




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村





もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆








06temple04.jpg




どんな幼少期にどういう理由で亡くなったのか?
ワタシたちは全く分からない昔らしいけれど、


たぶん、嬉しかったのかな、
薄いピンク色の小ぶりな花の小枝が・・。




小さなお墓の女の子のことを知った親族に、


その後・・・



芳しくないことがピタッと止んだか?と言えば・・・



その親族とは疎遠になっているもので、
その辺のことは今は全く分からない・・。




ワタシが思うに、
そう言われたからと付け焼刃で墓参をしても、
それは自分の個人的な理由でもあり、
中の女の子はどうなんだろう?などと・・。




人様のこと、
特に親族のことを悪く書くつもりは無いけれど、
や気持ちの部分は、
出来るだけ大事にしたいかなと、
自分でも反省をこめつつ思ったり・・。




とにかく、お彼岸の時、
彼岸には何故か不思議なことが起こったりする。



それは、そんな時期なんでしょうし、
亡くなった方にも大事な時なのだろうと・・。


・・




・・さて、春のお彼岸ですが、
なかなか遠くて実家へ帰れない、
または色々な個人的な理由で帰りたくない、
帰りたくもない・・




(T^T)演歌の歌詞のようですが、
そんな個人的な事情のある方も、
遠距離や仕事があって無理な方は、
あなたが住んでいる場所、
現住所から、実家、または、
既に実家も無く、
親族のお墓に所縁の親兄弟が入っている場合・・




・・その場合にも、
今、いる場所から手を合わせ
その場から~その方向へ向かって・・・




「すみません、
墓参りやお位牌のある場所へ行けないので、
から御冥福をお祈りしたいと思います
あちらで仲の良い人たちと暮らしていますように」



~そんな風に祈ってくださいね☆




 06temple03.jpg



↑お寺のロバ夫妻のお子さん超ラブリーなんですね・・



・・



その際に、申し訳ないですが、
どんな場所であっても、自死された方へは・・



あなたや君が霊感が強いなら、
くれぐれも下手に同情はせず・・




「修行は大変でしょうけれど
天界へ上がるまでシッカリ頑張って下さい・・
私は助けてはあげられませんので・・」


~で、構わないと思います。



こう言っては何ですが、
失礼ながらこちらへ憑依されると大変なので。





・・お彼岸、されどお彼岸・・・



近場でしたら、
墓参りは出来るだけされた方が良いですが、
出来なくても、
気持ちをそちらに向けて祈ること、
ワタシは気持ちは大切だと感じます。




因みに‐


彼岸は春なら春分の日を挟んで前後一週間。



秋も同じように、
秋分の日を挟んで前後一週間あります・・。




お近くにあるなら、
ぜひ、まだ時間がありますので、
自前でお花やお線香を持参され、
墓参りをしてみて下さい・・。




気持ちが向かない方は、
それはそういう時期が来ればで良いと思います。



何時か邂逅する、
そんな時だって・・・
きっと来ることを祈っております☆



・・





すみませんワタシは占い師


・・・続くかも・・・

。。








ハート管理人にあるのは常にマイペース?・・
↓出来ないこともありますよ、人間だし




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村



 06temple05.jpg


m(u_u)m いつもたびたび、多々遅れてすみません。

ご意見・ご感想などなどお待ちしています。

バッシングや誹謗中傷はご遠慮ください。

変換ミスはとりあえず読んでいてね☆



別窓 | 天界のこと・・・ | コメント:2 | top↑
<<続ノスタルジックなお話「大根の痛」 | すみませんワタシは占い師 | ときめく物だけを残してHAPPYです♪>>
これは
素敵な記事です。 その女の子も嬉しかったのでしょうね。 小さなお墓にピンクの花一厘。 美しいです。

2013-03-25 Mon 16:24 | URL | ニャホニャホ #7CropVt6[ 内容変更] | top↑
- My Dear ニャホニャホさん -
v-22(゜▽゜*)こんにちは~☆いつも遅れていてすみません。
この声は気のせいだとは思えず、すぐに妹に言ったら・・
「もっとお花をあげようね」と言っていたのでホッとしました。

この女の子がどんな子で、その小さなお墓に入ったのか、
祖母が亡くなった今では分かりませんが、
あちらに上がって、普通に暮らしていて欲しいですね・・☆

2013-03-26 Tue 19:56 | URL | mecha☆ #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |