男性に対する諦め☆女性に関する認識
2013-04-14 Sun 00:25
 04he-to-she001.jpg




大げさなタイトルですが、
分かりやすく簡潔に書いております。



要は男女の違いについて・・。



何度か同じテーマで書いていましたので、
興味のある方だけ読んで頂ければ・・。


・・



最近、女性側から、
よく彼や旦那さまの立場、
つまり女性側から見る男性の言動について、
結構な愚痴を言われて・・



仕事としてはきちんとお受けしていますが・・



愚痴、それは仕方がないけれど、
女性には男性サイドの生き物としての違いを、
男女のカップルなら、
旦那さま予備軍になる彼へ、
女性という生き物の違いを解説したりしている。




・・もちろん、科学的にとか
深い意味で生物学的になど、
学術的な見地なんかでは無く、
長い鑑定歴の中で感じたことですが・・





(T^T)先ずこれは、
どこかで誰かが一様に言っていることですが・・



生物学にはきちんとした根拠がある‐




・・の構造、そして
太古の昔から男女としての進化と役割が違うため、
男性と女性では、
生き物的に大きな違いがあるということ。




実は、この一言で、
多くのことの説明が終わるようなものです。





・・つまりですね・・・



違う生き物なのだから、
無理強いや異性に同性並みの理解を求めるのは
所詮、無理で難しい」・・ということです。




それを頭に入れて頂き、
以降の普通のアドバイスを聞いて下さい☆


・・



例えば -



前にも書いたけれど、かなりよくあるのが・・




『話を聞いてくれない夫や彼』




例えば、仕事から帰宅した旦那さまが、
食事中に話をしても聞いてくれていない。




さらに、
テレビでリアルタイムなスポーツを観戦していて、
食事も終わってくつろいでいるから、
お茶やコーヒーなどの飲み物を渡しながら、
観戦中、または対戦ゲーム中に話しかけるとする。




「ねえ、あなた、
今日はね~会社の○○さんが・・」




「ごめん、後にしてくれないか、急ぐ話じゃないなら」




奥さんが(`Δ´)ムカッ・・・




「どうして話を聞いてくれないの?!」




×これこそ ブッブー・・なのであります。




男性のは女性のように、
多くのことを一度に出来ない構造になっているという・・。




女性がポテチ食べながらテレビを見つつ、
手元でスマホアプリで今日の献立を・・・



「あ、ついでにそういえば
洗濯機を回していたんだっけ・・」




・・なんつ~ことは出来ないそうなんですわ。
(じゃ聖徳太子って女性?とか思ったりして・・)




で。。



そんな男性構造においては-



一つのことは必死だし、
併用とか、同時進行で
2つ3つなんて困難以上のナニモノでも無い。




さらに・・

男性に取ってはたかだかスポーツ観戦、
対戦ゲームの最中・・だけでは無いから。




特にリアルタイムの、
今、目の前で繰り広げられている
大好きなスポーツの場合、
『戦いの真剣勝負の最中』だからね・・・。



例え対戦ゲームとしても、
女性がただのゲームじゃないと考えるのとは訳が違う。




・・スポーツなら、
目の前にサッカーボールを奪回したメッシが、
グラウンドをひた走る最中・・



または、楽天の田中将大が
ツーアウト満塁、ツーストライク、スリーボール、



つまり次の田中の一球で
何点かが入るか入らないかが決まる!




この回が後から大きな意味を持つ訳だ・・・




プロセスが大切な男性に取っては、
試合の真っ最中の選手の動き、試合運び、
何一つ欠けても流れが読めなくなってしまう。




男性の真剣勝負を真剣に見いっている彼に、
女性の感覚で「くつろいでいるから」と思い込み、
こちらの感覚を押し付けてはダメなんだな。




旦那さまなり彼の、
スポーツ観戦やゲームは、
男性の側からすれば
大切な内容であるということをお忘れ無く。



・・




m(u_u)mここでおねがいいたします☆



 06bana-03_20130413234729.jpg



ハート相手に求めすぎることが多くても・・
↓そ~りゃあ無理っていうものですし




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村





もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆







04he-to-she002.jpg




じゃあ、一体、何時?
真剣な話をすれば良いのか、は・・


男性が比較的真剣に新聞を読んでいたり、
テレビを見たりしていない時でしょうね・・。




他愛ない話は、
ほぼ多くの男性が一番、苦手とする分野。
女性がお茶でダラダラと楽しく会話するのと違い、
それは仕方がないと思い直すこと。





きちんとした話なら-



「今、○○のことを話ししたいけど、
聞いてくれるかしら?」


などと、彼に余裕が見られる時を選ぶこと。



でもって、世間話なら同性のお子さん、
または話を聞いてくれる友達にしてみよう。





さて・・



反対に、男性のお客様が、
たまに奥さんから聞いて、
こちらにいらっしゃるのだけど・・




「買い物なんかはものすご~く真剣で、
要らないようなバッグや靴を買っているのに、
こちらが買う物や趣味にはイチャモンをつけられて」




×これも ブッブー・・なのであります・・・。




(T^T)例え、くだらないように感じる買い物も、
実は反対に、女性に取っては、
スポーツや趣味と同列に等しく、
たかだか同じような買い物では無い・・。




だいたい、
女性の買い物に付き合わなくてはいけない場合、
根本的には解る訳が無いので・・




「お茶をしていて待つよ、
そこのド○ールにいるけど、
一時間くらいならかな・・
後は、せっかく君と来たから、
違う場所で美味しいランチにしたいんだけど・・」




この中でのキーワードが・・・


待っている場合、
彼女が行きたいカフェや喫茶店は避ける。



時間をある程度、指定し、
その後に連れ合いである奥さんや彼女と、
買い物でなく、美味なランチタイムなど、
目的が彼女の買い物だけではないことと、
ランチタイムやスイーツで、
彼女へ買い物以外の特別感をイメージして貰うこと。





女性に対する特別な配慮と心遣い-



これは日本の男性が苦手な項目だけど、
奥さんであれ彼女であれ、
多くの女性が求めている部分でもあったりするから。




。。


まるで○田純一様のよ~だし、
かなり身の丈には合って無いと感じる場合、
最初っから
女性のタフな買い物には付き合ってはいけない。




特に、バーゲンの場合、
時間勝負、体力勝負なので、
普通の感覚の一般男性には困難極まり無いから。




買い物は、
多くの女性には生き甲斐だったりするし、
それは男性サイドが好きな趣味や、
スポーツや車なんかに没頭するのと同じようなものです。




まあ、男性である旦那さまや彼には、
すこぶる苦痛だとしても、
それが男女の大きな違いなのでありますね・・。




同じような物、
それはコレクターの男性側が、
全く同じようなアイテムを
複数、買い求めるのと似たり寄ったり。




はなから理解よりも、
タイトルのように「女性に関する認識」


・・だけして頂き、
こうした違いなどに詳しくなさそうな彼女や奥さんなら、
それはそれで可愛い・・などと、
男性サイドで気持ちに余裕をお持ち下さい。





さて、まとめです・・





(T^T)前に『話を聞かない男、地図が読めない女』
~というベストセラー本があったけれど、
それは読んではいないけど、
こうした男女内の違い、
生物としての違いを書いてあるのだと思う。





「どうして分ってくれないの?」



それは男女の差異が大きいからです。




「何故?無駄な話ばっかりなんだろう?」



それはあなたが男性で相手が女性だからです。





「男性に対する諦め☆女性に関する認識」



・・そう、『違いという部分』で考えること。





反対に・・同じ共感と、価値観
そして会話の間合いや配慮などなど・・・


~そんな部分が、
とても合致した異性だったら、
それは大切な相手にもなり得るということも言えます。





男女は違う、内もそれによる行動形態も、
もちろんベーシックな考え方も・・



理解に近づけようとする努力も、
そういうことが分かっている方が楽だし、
違う生き物だからオモシロいのではと思います。




一部ではありますが、
例も含めて分かりやすく、
質問が多い内容を挙げて説明してみました☆



・・





すみませんワタシは普通の女性の占い師


・・・続くかも・・・

。。







ハート異なる=異性と言いますか・・
↓まー、そう言っても面倒なことも多々ありますが




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村



 18kuma024_20130413234802.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

えーと、いつも通りですみません・・

やや忙しく遅れます、色々と・・。

誤打は読んでおいてくださ~い、ごめんよー。




別窓 | 体験からのアドバイス | コメント:0 | top↑
<<人の裏側のお話「ミュシャとキャパ」 | すみませんワタシは占い師 | 熟年離婚が増えていますが・・・>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |