一人っ子の夫を見て第二子を産む決意
2013-06-22 Sat 00:15
02ch001.jpg




子育てで忙しいLさんが、
ようやく旦那様のお休みの日だからと言って、
こちらにいらした・・・



いつもシッカリした印象で、
前は人と関わる仕事をしていたので、
お話自体がきちんとしている感じ・・・。




彼女は意を決して、
次のお子さんをと考えた末、
その具体的なことを煮詰めにいらしたのだった。





「・・ちょっと心配ですが
Lさんの決心は固いですか?」




「私はたぶん、大丈夫だと思います」





目の前にいて会話をしていた彼女Lさんは、
四十代になったばかりの女性だったが・・




三年前に第一子を出産され、
三十代の後半だったから心配もしていたけれど、
取り立てて難産でも無かったし、
お子さんも順調に育っていた・・。




Lさんは、年齢もだし、
近年にご実家のお母さんも亡くなっていたので、
娘さんは一人っ子でも良いと思っていたようだ。




・・全面的に依存したい訳では無いにせよ、
また出産となれば、
全く独りでは心許ないし、
家事などが苦手なお父さんだけでは、
ある程度だけでも頼る訳にも行かず、
第二子はどうしようかと半分は悩んでいたためで。




。。



お子さんが産まれる一年くらい前に、
ちょっと遅めに結婚したLさんは、
一人っ子だった旦那様のことを冷静に見ていて、
ある種の危惧感を感じていたそうだ・・。





(T^T)つまり・・・

あまりにのんびりし過ぎていて、
それだけなら別に・・
穏やかな旦那様ということになるけれど・・




子どもと彼女が居ても、
分けたりしないまま、
自分だけで食べ物をさっさと食べちゃったり、
一般的なマイナス面を普通に彼に注意をしても、
四十代も半ばの男性が凹んで落ち込んだり・・




・・どうも?
家庭夫人のお母さんに、愛情一杯に、
のんびり育てられたのだと思うけれど、
その家庭の中での『社会性の無さ』に、
一々、ビックリしてばかりいたそうだった。





そこで、ふと彼女は思った-



一人っ子って友達にも多いけど・・



仕方がないとは思うけれど、
愛情も、品物も食べ物も、
大体は自分独りの所有になる訳だから・・。




三人兄弟、姉妹だった彼女は、
その中で兄弟姉妹の集団の決まり事のような、
争ったり、仲良くなったり、
共有したり、助け合ったり・・




親だけではなく、
それから自然に学ぶことが沢山あったのを、
今更ながらに思い出したそうなのだった。




特殊な仕事のため、
敢えて特別な
社会性などは必要が無いと言っても、
将来、目の前の一人娘がこんな感じになったら、
反発を与えてしまうかもしれない・・




全く独りということでは無いけれど、
ある程度の集団では無かった、
そんなことが、
微塵も感じられない彼に半ば憤りもあったから。




なので、『一人っ子という存在』に対して、
横一線では無いにせよ、
今、育てている娘にもせめて、
もう一人くらい兄弟や姉妹がいれば、
仲が良くても若干悪くても、
違う人間といるメリットがあると考えた。





「前厄年ですし・・
不謹慎な言い方はしたくないですが
いわゆる‘厄落とし’にもなりますね・・

以前に掛かったクリニックが今年も来年も
辛うじて掛かれますから悪くは無いですが」



・・






m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 05me03_20130621232353.jpg



ハート妊娠と出産のことはデリケートです
↓が、お子さんに兄妹という気持ちも分かります




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村





もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆







02ch002.jpg




「今年と来年までで第二子が出来なかったら
それはそれで諦めますが・・
もし出来たら嬉しいかなと思います」




「もし、妊娠が分かったら連絡下さい
ストレートにクリニックに掛かれない時には
お父さんがいらっしゃる、
ご実家を経由出来るかもしれませんから」




「あ、父の所に一泊してからでしたよね?
順当に行くなら私は平気なので
その際にはご連絡しますので」




「・・しかし、
そんなに旦那様が今一つなんでしょうか、
一人っ子は沢山いらっしゃるけど
まあ一人っ子という特性はありますが」




「う~ん、どうなんですかね~
ただ、ひたすら心配にはなりますよ・・
娘も彼を見て育っている訳ですから

これで通用するんだ・・とか思われると
私が言うのも何ですが、
社会をナメている感じもしますから」




「なるほど、分からなくは無いですが・・
無理してまではお薦めしにくいですよ
やはり年齢のこともありますし・・
あくまでも
Lさんの体調をメインに考えて下さいね」




「はい、無理はしないように考えてみます
私に何かあれば、
第二子どころでは無くなりますから」





・・一人っ子・・は、ある意味幸せだとは思う。



まっとうに普通のご両親なら、
その愛情も、与えてくれる品々も、
リアルタイムでみんな自分の所有になるから。




。。



子どもの頃は良くても、
ご両親だって高齢化の波が押し寄せて来る訳で・・




とすると・・



(T^T)家庭で何らかの問題が起これば、
それも含めて、
自分で対処しなくては行けなくなるし・・



最初は良いかもしれないけれど、
後々の心理的な、物理的な負担だって、
独りで背負わなくてはいけなくなる・・。





でも・・私事だけど、
父が長い間、病気のため、
一ヵ所の病院だけではなく、
何ヵ所の病院の行き来や入退院を繰り返していた時-




妹やその甥っ子がいてくれ、
入院のためとか、手術のために
同意書を書かなくてはいけない他に、
一緒に行ってくれて、大変さを共有してくれたお陰で、
ぶり返したうつ病も、
薬が少し増えただけで終わった感じだった。




究極に落ち込んだ時、
母親や妹や甥がいて、
嫌なことも分かち合えたことは、
やはり、何と言ってもとても助かったのだった・・。




良く考えたら、
Lさんが色々な意味で、
娘さんに兄弟姉妹をと思うのは、
お母さんを亡くされた時に、
妹さんが居てくれ、
お兄さんが葬儀を取り仕切ってくれ・・


気持ちが萎えていた彼女を、
静かに助けてくれていたのだと思った。





・・妊娠と出産は女性には大きな、
ハードな一生の仕事でもある・・・




小児科も、
その前の産婦人科も少なくなってしまい、
出産する前には、
検査などなど結構な出費ともなる。




だけど・・・



生きている時間が長いと、
彼女が旦那様だけに危惧した気持ちもだけど、
それだけでは無い意味でも、
娘さんを独りにしたくないのも、
振り替えればかなり理解が出来る感じだった。




あ、いや・・・

一人っ子の否定記事なんかではありませんよ。




従姉も一人っ子ですが、
独りであれば、自ずと自分を信じて行くことが、
また、その人の人生の中で培われて行くそうで・・



立場や人数が違う中での、
覚悟のようなことも出来ると感じます・・。




要はその中でも、その外でも、
出来る限りのことをして行けば良いのだと、
そんな風に感じますが・・・。



・・





すみませんワタシは占い師


・・・続くかも・・・

。。








ハート何にせよ家族は大事ですね・・・
↓独りでもそれが合っていれば良いと思いますが




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村



 11kuma007_20130621232423.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

考え方は色々で良いと思いますが、

いつも一つの考え・ヒントとして書いています。

コメントなどお待ちしています・・

いつも遅れ気味ですみませんが・・☆





別窓 | 体験からのアドバイス | コメント:0 | top↑
<<続ノスタルジックなお話「家庭訪問の舞」 | すみませんワタシは占い師 | 「まだ仮設住宅にいます」☆原発は未来の子どもに必要なのか>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |