この世に産まれて来た意味がある☆ドラマ「すいか」から
2013-07-22 Mon 01:16
 02wm001.jpg




選挙のことは
皆さんが記事にすると思いますので、
ワタシは敢えて勝ち得た政党の、
皆さんに言いたい一言だけを・・



「公約を忘れず邁進して頂き、
一個としては‘原発再稼働反対!’」


・・これだけに留めておきたいと思います。



・・




さて、ブログは毎日、何を書こうかな~と、
迷う日や延々と悩んでしまい、
記事自体お蔵入りになった内容もあります・・。




ためになることを、なんてだけ考えていると、
な~んも書けなくなってしまうのですが、
今回はずいぶん前のドラマながら、
終了後にはDVDまで購入した、
良い影響を与えてくれたドラマをご紹介します。





(T^T)これは・・ワタシだけではなく、

何かが足りない、何かが違うんじゃないか・・・



でも自分には何も出来ない・・なんて、
かなりマイナスモードに陥り、
常に自信が持てないまま、
今の生活に少しだけ苛立ちを感じているような




そんな不特定多数の皆さんに、
感受性さえあれば、きっと
勇気と元気を与えてくれるお話だと思います☆




02wm002.jpg




 「すいか」



・・は、2003年の
日テレの土曜日9時のドラマでしたが・・



当時は確かに地味な内容ではあり、
ネット社会もモバイルも、
ここまで異常な発達を遂げていなかったため、
一部、玄受けはしていても、
評判には繋がってはいませんでした。




。。



後に「第41回ギャラクシー賞テレビ部門賞」、
脚本家の木皿泉氏は「向田邦子賞」を受賞、
「第21回ATP賞テレビ記者賞」他、
テレビでも権威ある賞を幾つも受賞し、
再評価をされ改めて再放送もされています・・。





あらすじ-


世のしがらみでガンジガラメになり、
にっちもさっちもいかなくなり
行き詰まっている30代半ばの信用金庫職員が、
売れない漫画家、大学教授、大学生の大家など、
風変わりな々が住む"賄い付き下宿"
ハピネス三茶での出会いや出来事を通して、
本当の自分を発見し成長してゆくドラマ

舞台は世田谷区三軒茶屋・・・。


・・



脚本もプロデューサーも去ることながら、
今ではその皆さんの殆どが著名になっている、
ドラマ中のキャストもドンピシャ・・。




小林聡美演じる早川基子は、
平凡な信用金庫のOLながら
実家で母に甘えたままの依存状態・・
かたや母も一娘依存気味で、
親離れ、子離れがされていない関係-




このメインの小林聡美が、
(以降、敬称を略させて頂きます)
子役だった辺りから、
本当に役になり切ることが出来る巧い女優さん。


平凡とか一般的とか、
そうしたワタシの周りにも居そうな物を、
現実を載せて立ち回ることが可能な・・。





 02wm003.jpg




更にその母の、
白石加代子が実にはまり役と言いますか、
さすが舞台畑が長いだけに抜群の演技力。
一人娘依存性の母親を、
少し奇々怪々なニュアンスで演じている。





人間模様が交錯する舞台になる・・
「ハピネス三茶」の住人になって行く過程も、
そこに住む住人たちの並々ならぬ個性も、
派手やかでは無いにしろ確かな役の捉え方で巧い。




長い間、大学の教授職を続けている、
気風のすこぶる良い気の強い美人、
浅丘ルリ子は、
このドラマの毅然とした役どころで、
ワタシはなお好きになったりしました・・。




・・さて、基子を取り巻く住人の一人、
亀山絆(ともさかりえ)は、
中でも話に深みを与えている重要な役だ。



トラウマを抱えた双子の女の子の妹だが・・


双子なのに、出来の良かった姉だけを、
差別的に好きだった父親を持つこと、



そして・・


大好きだった姉を、
突然に亡くした心の闇を拭えないでいた。




彼女は実は名家の生まれだけれど、
姉亡き後、ハピネス三茶暮らしをし、
今はしがないエロ漫画作家だった。




が・・


ある日、実家へと戻った時に、
自分を嫌いである筈の父親が、
書庫にその彼女の作品を全て集めているのを知る。



たくさんの自分の漫画作品、文庫本、雑誌が、
大事に父の書斎の奥深く仕舞われていた。




父は妹の絆をただ、
疎ましくだけ思っていた訳ではないことも判る・・。




そこで、ようやく父親の愛情を初めて感じ、


・・不出来な双子の妹だった彼女の邂逅が・・・



・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 09b003_20130722005538.jpg



ハート管理人は適度に自分を突き放すかなぁ・・
↓BGMもなかなかにオモシロかったです




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村





もっと読んでみたい方だけで構いません・・・☆








 02wm004.jpg




・・基子が、ようやく独立し、
綺麗事だけでは無かった紆余曲折の果て-




ガンになった母親を見舞いながら、
退院後にやっと親ばなれが出来た時、
母は紅白のお饅頭を彼女に渡す・・


それが彼女の「独立記念日」となり、
下宿先の皆さんに紅白饅頭を配るシーン。




小林聡美の信用金庫の同僚、
馬場万里子役に小泉今日子・・




彼女は3億円の使い込みがバレ、
現在は逃亡者となっているが・・



親友に近い同僚の前代未聞の不祥事は、
後々の基子に色々な陰影を投じてしまう。




横領?・・


ある日、突然に、
そんな衝動にかられるのは、
実際にはあまりあり得ないけれど、
気持ちはOLをしていたのでかなり理解が出来た。




芝本ゆか(市川実日子)は、
勝手にスリランカへと行ってしまった
父親の代わりに、
ハピネス三茶という、今どき珍しい
賄い付きの下宿を
切り盛りしなくてはいけない大学生の女の子。




毎日の献立は気持ちのこもった物で、
若い身空では大変そうだけど、
彼女が居てこのハピネス三茶という、
昭和の香りがするレトロな下宿が舞台で無いと、
この物語には魅力が半減してしまうだろう・・。





 02wm005.jpg




・・何処かにありそうで、
隣にでも存在していそうで、
同僚や同級生なら有り得そうで・・



でも、そんな一般的な下宿の々は、
何かしら過去の深い傷を持って暮らしている。




あんな子、いたなぁ・・」




「あはは、ウチの准教授に似てるかも」




ある場所の、あるたちの間模様は、
実際にありそうで、かなりリアリティーを持って
より親近感を感じることになる・・・




特に・・比較的早い段階で、
基子が、崎谷教授(浅丘ルリ子)に明言されて、
半ば荒んだ気持ちが解き放たれるシーンは、
それを見ていたへのエールとなる・・




「・・私のような間て居てもイイのでしょうか」


(DVDを見る暇が無くてすみません、
でもこんな感じの言葉でした)




・・精一杯に聞いた、
そんな自分の中の不安を暴露した彼女に、
崎谷教授はこう言う-




「いて良し・・・」




つまらない、とるに足らないと、
自らを過小評価していた彼女は、
その一言で少しずつ
自分の足で歩き始めることが出来るようになる・・。




実際、父親の看病などで、
いつも病院を行き来していたワタシには、
「いて良し」がものすごく響き、
何だか基子に自己投影をしているかのようだった。




他に-


バー『泥舟』
‘帰ってちょうだい’と閉店直前に
お客に決め台詞を放つママにもたいまさこ、


崎谷教授の昔の教え子に高橋克実、
双子の妹、絆に恋する若い男性に金子貴俊、


大筋に+ 一話完結のドラマ中には、
毎回、ゲストの女優や俳優が出演する・・。





 
02wm006.jpg



・・10年も経っていますが、
楽しくもほのぼのとし、
ある意味、定番の定食のような親しみやすさ。



根底に流れるテーマは誰かに共感もでき、
あなたや君もこの中の物の誰かに、
たぶん感情が移せるかもしれません。




それと同時に-


「この世に産まれて来たのには意味があり、
誰一人として無駄な存在なんて居ない・・」




命を軽んじるような現代、
いて良しな人間であると自負して行けば、
必要とされているあなただと自信を持てる、
しみじみとした静かな感動を感じる作品です。




痛む自分がいて、
ちょっと元気が無い毎日・・・



感受性の度合いは違うので、
皆さんの琴線に
どのように引っ掛かるかは定かではありませんが、
ワタシには今でも・・
「輝く私のドラマベスト1」に君臨したままです・・。




夏休み、自分探しをしたい方へは、
ぜひお薦めしたいドラマ作品・・・

サイトやDLや動画、
DVDやブルーレイがあれば、
興味のある方はレンタルもありますので☆



・・






すみませんワタシは普通の占い師


・・・続くかも・・・

。。






 


ハート管理人にあるのはもう一つ・・
↓いわゆる一つの脳天気?・・・




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村



02wm007.jpg



(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

あなたの好きなドラマなど、

建設的なご意見などなどお待ちしています。

変換ミスはとりあえず読んでてね・・☆





別窓 | そんなワタシのウラ話 | コメント:0 | top↑
<<スマートフォンに連絡出来ません・・・それも時代 | すみませんワタシは占い師 | 引っ越しの「一泊経由方法」について>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |