高橋竹山と津軽三味線と風雪ながれ旅
2013-09-10 Tue 00:38
 02tikuzan001.jpg





カラオケが溜まったストレスと、
溜まった霊の要らない情のための吐き出し


~ということは書いたのだけど・・



あまり歌わない演歌で、
ど~にか歌える石川さゆり様の『天城越え』や
『津軽海峡冬景色』を歌っていると、
演歌のカテゴリーに目が行くことがある。




たまたま、北島三郎様の、
よく紅白歌合戦でトリとなっている、
『風雪ながれ旅』を見つけたことがあった。




紅白歌合戦では舞い散る紙吹雪と共に、
見てはいたのだけど、
歌詞まではよく、聞いていないことが分かり、
何度か歌ってみたのでありますが・・




これが-


昔、ドキュメンタリーで見た、
ワタシが大ファンだった
津軽三味線奏者の第一人者、
高橋竹山のこととだぶってしまい、
その後、その歌を歌う時には、
見事な津軽三味線の音を思い出していた。




・・と、思って検索をしたら、
やはり高橋竹山の生涯を元に作られた歌だそうで、
なるほど、歌詞が良く出来ている筈だわ、
などと再三、感慨深い気持ちになった・・。


・・




津軽三味線と高橋竹山との出合いは、
高校時代の時で・・




ある親友がお祖母ちゃんのために、
彼の津軽三味線の
ステージのチケットを買っていたことがあり・・


だけど、彼女のお祖母ちゃんは、
あまり積極的なタイプでは無かったようで・・




「チケット、半額にするから行かない?」




「お祖母ちゃん、コンサートに行かないの?」


~と、ついにワタシへとやって来たのでした。




お祖母ちゃんが、
積極的な方で無くて良かった、
そう思ったのは、コンサートを見終わった、
高橋竹山の三味線の音色を生で聞けた後だった。




津軽三味線か・・・』




正直、その頃の彼は、
渋谷の伝説のライブハウス、
ジァンジァンや色々な民謡の枠を超えた場で、
既に活躍をされていた時代だったのだけど・・




高校生にはまだ、
津軽三味線の「つ」の字も知らないほどで、
友達にチケットを半額で譲り受けられなかったら、
きっと、生の津軽三味線の演奏なんて、
一生、聞いていなかったかもしれない。


・・



彼を知らないながらも、
知らないジャンルだけに、
当日はちょっとワクワク感があり・・


開演する前に周囲を見渡せば、
席は満席になっていて、
文字通り熱気と熱狂的なファンが溢れていた。




6時開演・・・




辺りが暗くなり、
ナレーションでは目が不自由だった高橋竹山の、
不遇な生い立ちなどを解説していたが、
友達は「あまり、同情を誘うような話なんて
最初にしなくても良いのにね・・」




(T^T)ワタシも同じことを思った・・


それから、暗闇の中、
重たい緞帳が上がって、
一番に聞いた津軽三味線の音色は、
ユーモアのある竹山氏のトークと共に、
高校生までには感じたことの無いような感動を、
ワタシと友達とに与えてくれたのだった・・。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



201105241011000_2013091000244318a.jpg



ハート津軽三味線は音色が独特です・・
↓間近で聞くと感動する楽器の1つです




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆







02tikuzan002.jpg
 



・・怒涛の演奏の全てが終わり、
会場は割れんばかりの拍手が鳴り響いた。




70年代なので、
それまで行ったコンサートと言えば、
チューリップくらいだったけれど・・



その、人生最初の津軽三味線の音色と、
それを弾く高橋竹山という人は、
文化的な刺激の無かった自分の中で、
インパクトと共にに一石を投じたのだった。




それから、ワタシはその後もまた、
彼のステージを再び見ることに至る・・・。





・・ふと、その時も、そしてその後も思った・・・




人に取っての印象深い音楽や、
広い意味での芸術って、
知らずにいればそのまま過ごしてしまうけれど・・




・・弾き手や歌い手、
書き手や描き手が与えてくれる、
これまでに無い音や絵や書道や、
その他諸々の表現は、
芸術の秋だからと言うだけでは無く・・


掛け値無しに感動が味わえることは、
ぜひ経験するべきだと思うし、
かつて無い経験が、
その後の人の生き方を変えることもある。




故・寺山修司の著書に
『書を捨てよ、町に出よう』という、
今回の記事とは
関係は無い書物タイトルがあるけれど、
ふと、そんな著書の名前が浮かんだ・・。




ワタシの高橋竹山体験だけでは無く、
様々な実体験から得られる
感覚への刺激は何物にも変えられない。




それは何も音楽や芸術だけではなく、
最初に手にした玩具でも、
誕生日プレゼントに貰ったパソコンでも、
最初に走ったグランドでも良いと思う。





(T^T)何かを見たり聞いたり、
手にしたり使ったり、食べたり・・・



どうしてもネット社会になってしまい、
パソコンを通してしか
見られないことばかりに変わっているけど・・




やはり目の前にある現実を見たり、
実際に人と会って
話を聞いたりする刺激が薄れてしまっている中、
体温が感じられる体験は、
人間が楽しく生きて行く中での大切な刺激や、
の栄養にもなっていたりする・・。




何であっても、
あなたや君のに響けば良い、
そんな現実から逃げてばかりの生活だけでは無く、
体験というモノを少しでも体験し、
気持ちやの中の財産として
積んで行ってみてはと思います☆




・・音楽や細かなバチさばきの音色を、
敢えてワタシの稚拙な文章にしても、
たぶん、何の感動も無くなると思います・・。




なので、
今は大変に有難い
YouTubeやニコニコ動画など、
高橋竹山氏の見事な津軽三味線の弾き方や、
『即興曲・岩木』などの、
バチを逆さまにして演奏する、
曲弾きの様子などが見ることが出来るので、
興味のある方はぜひ、ご覧になってみて下さい。


・・



・・あの時、
暗闇に浮かぶ高橋竹山の、
手の先にしっかりと握られたバチから、
津軽三味線の弦に与えられた音色は、
何をする時にも、何処かにしみじみと残っている。




『風雪ながれ旅』を歌う時、
竹山のきっとナレーション通りに
不遇だった過去を想い・・



でも、その代替えなんか出来ない音色は、
虚しい時にも厳しい冬景色として、
違うイメージでに鳴り続けている。




カラオケの歌だって、
誰かの歌だって、素晴らしい歌手の声だって、



・・いや・・・歌だけじゃなく・・・




やはり感銘を受ける経験は、
無理強いしたい訳でも無いですが、
変えたい自分がいるなら、
意味が大きいと感じます・・・。




これから、何かのカタチで、
きっとに一石を投じるような
響く出来事が起こるように、
何歳になっても遅いということは無いけれど、



特に-

まだお若い皆さんにも、
人生に大きな意味がある経験があるように
心から祈っていたいです。



・・





すみませんワタシは占い師


・・・続くかも・・・

。。







ハートあなたが感銘を受けた音楽は?・・
生の演奏でなくてもそういうのはありますね




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村



 14kuma030_201309100026317af.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

ご意見・ご感想などもございましたら・・

気分の悪くなる誹謗中傷はご遠慮下さい。

^_^;遅れます、いつもすみません・・☆



別窓 | そんなワタシのウラ話 | コメント:2 | top↑
<<夏の終わりの疲れが出やすい9月 | すみませんワタシは占い師 | 今の親よりも多く輪廻転生している人>>
(*^▽^)/★*☆
心に一石を投じる何かを求めて、その何かとの出逢いをきっかけに、人生が好転する、、、自分が変わり周囲が変わる、、そんな出逢い、いいですね。

津軽三味線と聞いただけで、東北の極寒の地で寒い、寂しいというニュアンスだけが先に伝わってきてしまう、南国育ちのmilkでした。
2013-09-10 Tue 02:27 | URL | milk #p6CkwyQg[ 内容変更] | top↑
- My Dear milk さん -
v-22(゜▽゜*)こんにちは~☆
ありがとうございます、大変に遅れてしまってすみませんですー・・。
音楽でも人でも芸術でも、何でも・・感動が味わえるようなことに出会いたいものですね。

東北のイメージは身近だとそんな感じなんでしょうねー。
津軽・・・青森は寒いですが意外と文化は奔放でオモシロいですよ~。
ねぶた祭りのハネト(参加する格好)になって踊るのも楽しいです。


2013-09-11 Wed 22:58 | URL | mecha☆ #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |