ペットを飼って引きこもりが・・・
2013-10-20 Sun 01:01
02pet-200.jpg




「引きこもり」といっても、
お母さんに暴力とか、
食卓にもリビングにも顔を見せないとか・・



いわゆる、マイナスにより近い
・・と思う立場だったりするけれど・・・。




(T^T)ワタシとしては、
長い間の引きこもりでは無いけど、
そうした、世間での
マイナスイメージがある状態になったことがある。




でも、自己弁護では無いけれど、
問題ばかりではなく、
暴力を起こすような存在でも無く、
家事手伝いというのも立派な一つの仕事だと、
認めるべきなんじゃないかと感じている・・。




つまり-


ご両が共働きで、
さんや娘さんがいわゆる家庭に居続けても、
食事の用意や、
いや、それ以前に買い物なんかもしてくれ、
掃除、洗濯、炊事をこなしてくれていたら、
考え方によってはかなり助かる存在だと思います。




現在は主婦としての仕事は
きちんと家政婦並みの給料に換算され、
例えば、男女の離婚の際には加算されて、
奥さん側の、
正当な報酬として請求することも出来る訳です。




引きこもりであっても、
家庭のために役立っているなら、
もちろん、ご夫婦とは違うけれど、
そうしたことも評価に値すると思うのですね・・。




・・さて・・・



ここにケンタ君(仮名)という、
とお客様Cさんの息さんがいる・・。



ケンタ君は、小学校、中学校と、
とても快活な明るい男のだったそうだった。




。。


高校時代にとある事があってから、
学校へは行けなくなってしまったという・・。




クラブ活動はバスケ部だったが、
高校2年の時にそう強くは無かった学校で、
珍しくとある大会の予選を勝ち、
県大会までに試合が運んだそうだった・・



高校3年の中で欠員が出てしまったので、
急遽代打として彼が抜擢された・・。




(×_×)ワタシには、
バスケットボールは詳細が分からないけれど、
3年生の突然の欠員のフォローというのは、
まれに勝ち得た試合なら、
なお、かなりのプレッシャーだというのは解る。




・・・だけど・・・


シュートが間違いなく決まって行く中、
どうしても試合慣れなんかしていない彼は、
相当、プレッシャーに押し潰されたようだった。




代打のケンタ君だけが悪い
・・とは思わないけれど、
ぼろ負けならいっそ諦めもつくかもしれないけど。

どうも・・・
彼、ケンタ君への空気が冷ややかに変わったそう。




それから・・

一部の先輩からは優しい言葉もあったけれど、
バスケの試合のマイナスよりも、
尾ひれが付いた面倒な噂話が飛び交い・・
痛手は彼の方が大きくなり、
ケンタ君は高校へ行けなくなった・・。





「・・部屋に閉じこもっているだけでしょうか?
食事は皆さんと一緒に食べていますか?」




「はい、その辺は大丈夫なんですが・・
しかも、悪いねとかこちらにも気遣いしていて」




「息さん、マジメなおさんなんですね、
ワガママじゃなく・・
だったら却って本人は辛い出来事だったでしょうね」




「自分で言うのも何ですが・・
お兄ちゃんは長男ぽくおっとりしていて
マイペースなので、
どうにか消化出来るタイプですが・・

次男のケンタは反対に活発で前向きだけど、
プライドと責任感は人並み以上なもので・・」




・・それから、
Cさんは色々なお話をして行かれた-




こちらからは・・
不登校なら無理強いは絶対にしないように、
本人が戻りたい気持ちも尊重してあげること
~など、をお伝えしたが・・・



既にそれは各長期の休みを経ていて、
お母さんのCさんや、
ご家族も心配なのだということは明白だった。




悪いことに、
その間に理解者だった、
仲の良い長男さんが東京の大学に受かり、
自宅には独りっきりの時間が増えた・・



が、今は、共働きのCさん夫婦が不在の中、
ケンタ君が家事を頑張ってくれているという。




「静かに独りで居るのが
大丈夫なら構わないと思うのですが・・
このまま家事をやらせているだけで良いのか」



・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 201105241011000_20131020004048bfe.jpg



ハート人と共存できる家族・・
↓これは一つのやり方でもありますが・・




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村





もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆







02pet-201.jpg




「あの、差し出がましいような提案ですが、
あくまで・・一つのやり方と言いますか


そうした息さんがいた方が、
寂しくないようパグ犬を飼ってあげて・・
うつっぽい状態も緩和されて、
また、一年くらい後に
学業に復帰したというケースもあります」




ペットですか・・

昔は私も仕事を辞めていたので、
幼稚園辺りには豆芝を飼っていたことがあって
マイホームを買って息二人の学資のため
また仕事に復帰したもので・・


でもペットとして飼ってみて、
今のケンタが世話が出来るか・・」




「息さんに、
気持ちを確かめてからにして下さい
本人が面倒を看るのが嫌なら
無理には避けて下さいね、意味が無いので」


・・




(T^T)ここで今日のポイントを☆


簡単な気持ちで犬や猫などを飼えば良い
~という訳では無いのです・・


小さな命も大切なものです。
お世話が出来なくては意味が無いですから。




ただ、おさんが不登校や、
家庭の事情で引きこもりになってしまったなど、
色々とあったお客様の中でも、
ペットで癒され・・
すぐに学校へと繋がった訳では無いですが


・・先ず本人の精神状態の改善になること・・・




普通に人間的な部分を取り戻して行けた例は、
沢山ある訳では無いけれど、
状況の打開策としてはプラスに転じることが多い。




ペットセラピー』は、
今や 世界的に人間の人格の改善や、
自閉症児のドルフィンセラピー、


捨て犬を受け取り、
各々・・犬を世話をしてもらうことは、
受刑者の
矯正プログラムの中にも取り入れられている。




病んでいる度合いにもよりますが、
病が精神的なものだったら専門医へ掛かること・・



ですが-


こうしたコミュニケーションへのマイナスの場合、
本人の意思確認をきちんとしてから、
世話をすることを放棄しないことを条件に、
ペット・・犬では無くても本人が飼いやすい種類


・・既に大きくなっているとなつかないので、
ちゃんとしたペットショップで
アドバイスを受けて、大人になる前の
わんこやにゃんこ、慣れやすい鳥などを。




人間が生きて行く過程で、
様々な要素が必要なように
ペットへのお世話や愛情を注げるのを、
約束させた本人へ任せること・・


ペットがハードな状況では無い場合、
責任を本人に取らせるようにして下さい。




・・わんこに対してあまり強く言えない
ワタシが言うのも何ですが、
責任が持てないなら飼わないことです。





02pet-202.jpg




それから、何ヵ月かが過ぎ、
ある日、Cさんから丁寧なお手紙が来た。




心配だったけれど、
仕事柄、余計なお節介になるようなことは、
プライベートでは控えているもので、
積極的には連絡が出来ないので・・・



でも、手紙から、封筒の綺麗な桜の柄で、
何となく穏やかそうなイメージが伝わって来た。




拝啓・・・から始まる内容は、
手短ながら分かりやすく、好意的で、
更にちゃんとワタシがホッと安心をしたのだった。




・・あれから・・・



昔、Cさん一家が飼ったことのある豆芝を、
ケンタ君との約束で飼い始め、
以前よりもずっと明るくなって来たようだった。




あまり出なかった外にも、
毎日、豆芝の散歩で朝晩、
近隣へ出かけて、途中休ませたり、
公園で水を飲ませたり・・



近所のスーパーにもどうにか行くようになり、
積極的にドアを開け、
わんこを連れて外出することを否定しなくなった。




Cさんの手紙には、
もし、ペットが亡くなったらどうしようかとか、
不安要素もあるけれど、
今は少しずつ
前向きになった息を見守ることにしましたと。




・・御さんは大変だと思う



成人するまでは保護者であるし、
自分も挫折がありそうな日々の中、
家族分の心配事にも相談に応じなくてはいけない。




だから、ペットに全てを任せて、
としての責任を放棄しろなんて事ではありません。




動物の裏切らない行動は、
無償の愛を人間に与えてくれるという。


少しでもピュアな気持ちになるには、
そんな掛け値なしの愛は必要だと思います・・。




・・まだ、自分から学校へ行く気持ちになるには、
時間がかかりそうだけれど・・



偽善的ではなく、体験からも、
ケンタ君が出来るだけ現状を打開して、
学校へ通えるよう心から祈っていたいです。



・・





すみませんワタシは占い師


・・・続くかも・・・

。。











ハート動物は命のあるもの・・・
↓家族として暮してほしいです・・




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村



 18kuma024_20131020004154d29.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

感じ方はそれぞれだと思いますが・・・

バッシング以外のコメントもお待ちしています。

コメレスなど、遅れます、すみません・・☆



別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:0 | top↑
<<続ノスタルジックなお話「祖父母の廻」 | すみませんワタシは占い師 | 「塩 再び」病院のお見舞いや付き添いには>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |