葬儀あとにお祖母ちゃん引っ張られる・・
2013-12-13 Fri 00:30
02soulmate001.jpg




仕事柄、意外によく聞くお話です。



エピソードの後に、
では、どういった心構えが必要か?
ワタシなりの考え方で恐縮ですが、
参考に書いてみたいと思います。


・・




Eさんはその日、実家に呼ばれた・・




「お婆ちゃんが危篤なの、
仕事が大変だと思うけど、
会社に言って出来るだけ早めに帰って来てね」




Eさんは愕然とした・・



祖母ちゃんには、
秋のお彼岸に会ったばかりで、
血圧の薬は飲んでいたけれど、
それ以外にはさして体調も悪くなく、
母からのそんな電話を受けても、
第一声が「うそ!まさか」で、
俄には信じられなかったからだ。




大丈夫かな、お祖母ちゃん・・』




・・Eさんは会社に届けを出し、
新幹線が走っている主要都市まで向かい、
それから在来線に乗り換えた・・。




彼女は三十代になった女性。
こちらの、東京が本社で、
その支社に勤めてから10年くらいになる・・。




地方で、
まだまだ東北の大きな都市に、
学業だけでは出せないなど、
田舎ではあまり理解の無かった中・・



Eさんのお祖母ちゃんは、
煩かった親戚に
「ウチの孫のことには口を出さないでくれ」


~そんな風に親戚がやたらと多い地方で、

嫁であるお母さんをかばい、
タフな宣言をしてくれたそうだった。




晴れて大学に受かり、
それから普通に
キャンパス生活を送ることが出来たのも、
亡くなったお祖父ちゃんの代わりに、
本家を切り盛りしていた祖母のお陰だったのだそう。




『死なないで、せめて私が着くまで・・』




彼女の祈りにも似た願いは、
だけれど、
結局は叶えられないまま、
運ばれたお祖母ちゃんの病院に着くと、
Eさんは白い布がかけてある姿に、
腰が抜けてしまう感じになってしまった。




・・それから・・・


パタパタと葬儀のことや、
その手配、会社への連絡などで、
あっという間に時間が過ぎ去って行った。




その後、
葬儀後にお母さんから聞いたのは、
ちょっとどうなのか判断に困る話だったのだ。




「実はね・・最近、
マルヤマさんの奥さんが亡くなっていてね
殆ど急死で、脳溢血だったみたいで」




「え、お祖母ちゃんが
よくお茶飲みに行ってたマルヤマさん?」




「そうなのよね、でね、
その時は何とも無かったんだけど・・
初七日(亡くなって七日目)辺りにまた伺って来たら、
ウチに帰ったら急に泣き出して・・可哀想だって」




(T^T)Eさんのご実家は田舎によくありがちな、
近所隣で鍵をかけてもいず、
知り合いの仲なら敷居も無いような所。



つまり、近所隣の仲が良く、
亡くなった奥さんとも年齢差があっても、
町内会のイベントや旅行などにも出かけていた。




マルヤマさんというお宅の奥さんには、
小学生と中学生の子どももいたし、
何より夫婦仲も珍しく良く、
多めに作った夕飯のおかずのやり取りもしていたり。




お祖母ちゃんの血圧は安定していたのだけど、
Eさんのお母さんは、
いつになく平常心を失っている姑を危惧したそう・・。




それから、お母さんはこんな風に続けた・・




「こんなことは言いたく無かったけど、
向かい側のヤマグチさんがカンが強くて、
何でも、ご葬儀に出た時に
マルヤマさんの奥さんみたいな人が見えたって・・」




「え、気味が悪いこと、言わないでよ」



・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 09b003_20131213001439e59.jpg




ハートたまにあることですが・・
↓必要以上の同情は禁物です・・




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村





もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆







 02soulmate002.jpg




「そりゃそうなんだけど・・
話す人が居ないから、
あんたに聞いて欲しかったのよ~」




それこそ、
何時にも増して真剣な母の話に、
彼女Eさんは更に続きを聞くことに・・。




・・かいつまんで書けば、
そのヤマグチさんの奥さんは、
葬儀の精進おとし(葬儀後にお膳を頂くこと)に、

Eさんの地方では当たり前で
近所でより集まって、
精進料理、生物抜きの精進揚げ、
つまり天ぷらや煮物などを作り振る舞った。




まだマルヤマさんがお若かったので、
お酒は不謹慎になるとの配慮だったが、
親戚と共に精進おとしの席に座って、
食事をしながら歓談をしていたそうだ・・。




そうしたら、
Eさんのお祖母ちゃんの脇に、
誰か見覚えがある女性がいたと・・



ヤマグチさんは近眼が酷いので、
よくよく見たのだけど、
どうしてもそれは亡くなった遺影の通りの顔をした、
マルヤマさん、本人だったらしい・・。





それから、何週間もしないうちに、
今度は、
Eさん宅のお祖母ちゃんが続いて亡くなった時、
その、マルヤマさん宅で、
祖母ちゃんに寄り添う、
マルヤマさんの故人の奥さんを思い出し・・




ヤマグチさんはふと思ったそうだ・・・




『もしかしたら、マルヤマさんは寂しくて、
Eさん宅のお婆ちゃんを引っ張ったのではないか』




その話を、
感が強いヤマグチさんに聞いた時、
Eさんのお母さんはハッとしたそうだった。




『引っ張った、
祖母ちゃんがマルヤマさんに・・』





(T^T)ここで今日のポイントを☆



一連の出来事は、
たまたまだと感じる方もいらっしゃると思うけど、
これは親戚にもたまにある出来事で、
引っ張る・・という表現は不適切かもしれない。



だけど・・・



このEさんのお祖母ちゃんのように、
どこも体調が悪い予兆も無く、
ほぼ突然に亡くなった場合、
そんな風に言えなくは無かったりする。




つまり-


親しい以上の仲であり、
毎日、行き来をするくらい、
公私共に依存性も高い存在だと、
あながちそれは違うとは言い切れない。




他人である方たちでも、
こうした例は結構ありもっとあるケースが・・。




とても仲のよい、
ソウルメイト繋がりのようなご夫婦でも言える。
特に、女性である奥さんが先立たれた場合・・




殆ど家庭を切り盛りしていた奥さんが、
身の回りの家事が何も出来ない旦那さんを心配し、
心配のあまり引っ張ることもある・・。




統計でどうとかデータで何だとか、
ハッキリした数字がある訳では無いですが、
ワタシや巫女さんの知り合いの友達の中では、
少なくないけれど、あるケースです。




対策というハッキリしたノウハウとしては、
またありきたりですが・・



知り合い以上、友達、親友に近い存在で、
失礼ながら、亡くなられ、
お通夜やご葬儀に参列しなくてはいけない場合、
必ず護身用に鮮度のある海水を、
小さなビニ袋やピルケースに入れて持参を。




特に、亡くなる前にその方の夢を見た、
日頃から周囲の人や家族に

『あなたは感が強いから

~そんな評価をされているような場合や皆さんは、
十分に気をつけて持参をし、
常々のように玄関に入る前に、
清めで祓い、口をすすぐこともやって下さい。




更に-

普通の同情は当たり前だと思います。



が、悲しみのあまり、
必要以上に故人に感情移入し過ぎないこと。



『私が変わってあげたい』


・・そんな過剰な思い入れも避ける方がと思います。




『旅立つなら迷わずあちらに行って下さいね
天界での幸せを祈っています』



・・そう、無事に送り出すことを促して下さい。


・・



Eさんは、一連の葬儀や、
形見分けなどが終わった時に、
気が付いたことがあった・・・。




祖母ちゃんの亡くなった時の顔は穏やかで、
死因は突然、
心筋梗塞が起きたことらしかったが、
心筋梗塞の割にはあまり苦しんではおらず・・



・・それにも違う意味で納得が出来たという。




「残念ながら、亡くなってすぐの方は、
ワタシにはおりて来ない場合が・・

だけど、Eさんが考えているように、
そのマルヤマさんの奥さん、
苦しまないような
配慮をしてくれたのかもしれませんね」




「それだけが救いです・・
私の本当の理解者だったから、お祖母ちゃん」





亡くなった方が寂しくて、
もしくは、
連れて行きたい強烈な想いで引っ張ってしまう。




多くはありませんが、
決して特殊なケースではありませんので、
身代り思想とか、
家族以上に心配し過ぎるなどは避け、
近親者であっても、
適度な距離を置くことをお薦めしたいと思います


・・







すみませんワタシは占い師


・・・続くかも・・・

。。








ハート訳あって引っ張った親族に・・・
↓母方の祖母がいました・・・




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村


 02kaisetu010_2013121300150234b.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

ご意見・ご感想などお待ちしています。

ハードなバッシングだけはご遠慮ください。

誤打は読んでおいてくださいね、すみません。



別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
<<吉例「SENDAI光のページェント2013」★~散歩とスケッチ~☆ | すみませんワタシは占い師 | 命のある食の大切さを知る☆いのちの授業と志村動物園と>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |