失恋ショコラティエで紗絵子様の女子力を見習う
2014-03-27 Thu 00:11
01lost001.jpg




つい最近、ドラマで最終回となった、
通称月9の『失恋ショコラティエ』だけど・・



ワタシが言うまでもなく、
同タイトルの人気コミックを、
嵐の松本潤・主人公でドラマ化したもの。




今さら松潤や石原さとみや水川あさみ
(敬称を略させて頂いております)
などなどの皆さんのファンを敵に回すような、
つまらないドラマ評を書きたい訳じゃないのですが。





(T^T)何故?ワタシが、
珍し~く、恋愛ドラマ、更に月9にはまって、
毎回楽しみにしていたかと言えば-




主人公の小動爽太(こゆるぎそうた)役、
松潤がハーフっぽい
イケメンだからでも無く、
自分が部類のチョコレート狂だから、
中で様々なチョコレートが出てくるのは
眼福で素敵だったけど・・・




いや、何てったって、
主人公を取り巻く四人の個性の違う性が、
それぞれ、いつも対峙している
お客様のタイプにも当てはまり、
とても恋愛相談のためにもなったからだった。




もちろん、コミック自体の作品も、
Amazonの立ち読みで、
お、ドラマ化したら人気が出そう♪」

~なんて思うくらいだし・・・




ドラマ全体のテンポも脇役も非常に良く、


なおかつ、


憧れの性に振られた
トラウマをモチベーションに、
フランスにショコラティエ修業に出る主人公の、
優しいけどの往生際の悪い部品の描き方・・




三角関係、四角関係、
お若いが織り成す人間模様に、
また、それぞれのコンプレックスが絡み、
意外とただの恋愛模様だけでは無い所が、
登場人物の人間分析と共に飽きなかった。




原作、脚本、キャスト、そして音楽と、
なかなかに面白かったのでありました・・。




01lost002.jpg



さて-



・・特に今回は中でも三人・・・



天然系小悪魔キャラの、
ショコラティエ松潤を翻弄する、
ある意味最強の性-


高橋紗絵子(石原さとみ)、




松潤の店舗スタッフで、毒舌で隙の無い、
けれど、実は裏側では彼を励ましたり、
気のイイ部分が表現出来ないでいる-


井上薫子(水川あさみ)、




一時的に爽太のセフレに甘んじてしまい、
結局はどっぷりはまってしまう役、
名実共にモデルの、


加藤えれな(水原希子)・・・



この三人の個性の描写がまた
なかなかに素晴らしかったんですわ~。





(T^T)え~、たぶんですね、
自分の性という・・
悪く言えばそれゆえに
狡猾に成らざるを得ない、
そんなのパーツを隠しているような・・



ある種、健気さとリバーシブルな
前の皮を被ってしまっている、
一見、ガサツに演技しているような・・



そんな女を認めたく無い女性には、
恐らくは最大の敵対視となる彼女・・



高橋紗絵子(石原さとみ)なのですが-




この『天然系小悪魔キャラ』
と呼ばれるタイプの女性、
昔で言えば、
ぶりっ子により近いキャラクターは、
これまでのワタシの仕事の中では、
かなり人気が出るタイプと名言出来る。




先ず、
自分の可愛さを熟知している上に、
ある程度は計算も打算もあるんだろうけど・・


女性より
山ほど高いプライドに生きる性を、
無理なく適度に持ち上げる術を体得している。




・・性がカッコよく振る舞えば、
賞賛して良くない部分を否定はしない・・




始末が悪いっちゃ悪いかもしれないけど、
自分のモテ度を知っているため、
容姿はまあ紗絵子様の場合・・
(役が石原さとみなので
可愛いのは確かなんだけど)



そうでは無い容姿であっても、
きっと天性の天然キャラなもんで、
天性の立ち居振舞いが可能だと言うタイプ。




ワタシのよーな年齢になっちゃえば、
既に恋愛はリタイアしている毎日なもんで、
どなたがモテても、
人気でもつまらない嫉妬には繋がらないけれど。




その引きのオババ目線で言えば、
紗絵子は例え、
ダメンズに一回くらい引っ掛かっても、


「あ、間違ったわ


くらいで、
次には違うダメでは無い性をgetしちゃうだろう。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 194635_1239150940_20140326232420ac1.gif


ハートコンプレックスの無い人間もつまらない
↓何時かそれを踏み台にして行くことも




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村





もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆






01lost0023.jpg




。。


多くの性が『あの人嫌い』ってのは、
自分から見たらライバル視をしているからで。



更に反対から言えば、
『彼は好きだわ』とか『可愛~い』とか、
そんなどうでも良い賞賛をする相手は、
自分で嫉妬も感じず、
していないタイプの
ライバルでは無い相手のことも多い・・。




ではタイトルにした、
紗絵子様の子力を見習う、だけど・・




チャーミングなのに、
コンプレックスから自分を認めたく無い、
つまり性や女のパーツを、
ことごとくスポイルしてしまっているかのような、
井上薫子(水川あさみ)は、
はなから恋敵でもあった紗絵子を嫌うのだが・・



次々と天然系紗絵子は、
lineやメールの文面の相談に乗り、
ファッションさえも、
薫子の秘めたる可愛さを指摘して、
中でとりあえず付き合ってみた性にさえ、



「薫子さん、今日の印象は何だか違いますね」


~なんて誉め言葉を言わせてしまうように。




・・つまり紗絵子は、
松潤の妹役の彼女にも添削アドバイスで、
あちらからこちらを見直させるキッカケを作る、
作れてしまう女性だったりするんだな。




(T^T)いわば今どき風に言えば、
かなり女子力の高い女性だったりする。




否定的な生き方をして来た薫子が、
とうとう紗絵子と観劇に行ったり、
親しく本年で会話したり・・・



こんな女性が周りに居ると、
フレキシブルな対応なために、
見た目と共に性の好印象をさらって行ってしまう。




・・コンパの女王的な存在だけど・・・



もし、あなたがモテたかったら、
結構、お付き合いの参考になったりする。




それは、やたら媚びを売るのと、
自分の魅力を知って、
綺麗で可愛い女の子になる努力とは
一種、似て非なるモノというのを、
ワタシは僭越ながら改めて知るべき、
認めて努力もすべきなのだと感じますが・・。




ラスト、
自分を好きになれつつある薫子さんは、
何だかこれまでになく清々しい・・



嫌だとしか思えなかった自分の内面も、
女性という部分をスポイルして来た気負いも、
紗絵子によって、
計らずも素直に気付かされるから・・。




さてはて-



一番、心配なのは、
傷心の爽太に「Hしよ」と、
その時のある種ノリでセフレになってしまう、
いたいけな えれな のタイプ・・・。




最後まで『私は爽太君のセフレでイイの』

~なんて言いながら-



実はリバーシブルには、
一球入魂の気持ちを秘めているため・・


たぶん、いつも二番手の性と関わったり、
ダメンズを、
知らず知らずのうちに拾ってしまう、
お客様の共通性にも酷似しているから・・。




水原希子はチャーミングで、
役もモデルだしかなり良いセンだったのだけど。




役のえれなはもしかしたら、
あのドラマ中で一番、
酷い傷付き方をしたと思われる。



彼女にアドバイスするなら-



でいい、じゃなくて、
じゃなくてはいけない気持ちを持つこと』


・・かな・・・




可愛い女性なんだから、
ちぐはぐな態度や曖昧過ぎる言葉で濁すのは、
ハッキリ言ってモッタイナイですよ。




さて-



その人の見た目や状況は、
端から見れば羨むモノかもしれないけど・・


実際はそれぞれに根深いコンプレックスや、
これまでの恋愛の痛手やトラウマを抱えている。




コミック版は熟読した訳では無いけれど、
今回の『失恋ショコラティエ』の女性たちには、
少なからず皆さんだって、
誰かに感情移入が出来たと思われる。





(T^T)結果・・・


無理くりにまとめる訳ですが、
頑なな女の中に常に新しい風を吹き入れ、
女性としての魅力をきちんと出したいなら、
やはり天然系小悪魔キャラ紗絵子様は、
恋愛を上手くやって行くにはかなりお手本になる!


と・・


あのタイプの好き嫌いは別として、
とても勉強になった次第でございました・・。





^_^;20年前にやっていたら、
解りゃしませんが、
ワタシもフツーに結婚していたかも?・・



まあ、そりゃ解りゃしませんけど・・・・。


・・





すみませんワタシは占い師


・・・続くかも・・・

。。








ハートそうだと思う人もそうでない人も・・
↓何かは学習できることもある




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村


12kuma002_201403262324594d5.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

ドラマを知らない人は、

動画でも見ることが出来ます。

誤打は読んでいてください。



別窓 | ☆幸せワンポイント計画 | コメント:0 | top↑
<<お雛様顛末その後・・とお位牌放棄発言の罰 | すみませんワタシは占い師 | 続ノスタルジックなお話「御不浄の求」>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |