ご老人にはその場での生き方がある
2014-04-12 Sat 00:20
01country001.jpg




自分が年齢を重ねると同時に、
同年輩ならば、
同居、または違う場所に住んでいるでも、
生きていれば同じように年をとって行く訳ですね。




近年は、
同年輩の友達や同窓生などもだし・・


お客様の中でもご夫婦の加齢と共に、


が高齢化


=平たく言えば
お爺ちゃんになったり、
お婆さんと変わったりで、
誰がが、何時かの介護を含めて、
ご存命ならご両への年齢の配慮を・・



例えば・・

どちらかが亡くなり片となっていて、
村や町のかなりな過疎化に加えて、
独りでは心配だからと、街中の
マンション住まいなどを考えている方たちも・・。




今回のBさんも、
ご夫妻とおさんとで暮らしていたけれど、
二人の息、娘さんたちは、
それぞれ普通に結婚をして
実家からは離れていらっしゃる・・。




けれど-


そこに、奥様側が一人っなもので、
一昨年、お父さんを亡くし・・
少し遠い故郷に住んでいる、
彼女のお母さんを呼び寄せたら、
・・ということになったそうだ。




Bさんの旦那様は同居や、
近くにマンションとか高齢者向けの賃貸物件など、
移転と面倒を看て差し上げることには
割と快く同意してくれたものの、
肝心のお母さんの方が二の足を踏んでいるとかで。





「なるほど・・・
それは吉方で引っ越し、とか
そんな単純な問題では無さそうですね」




「分からなくは無いです・・
でもですね、既に戚も殆ど亡くなっているとか
同じく私たちのように、
や娘の所に来ているご高齢の方もいて・・」




どなたか知り合いとか、
親戚の方たちが多いなど、
人間関係の充実した状況でいらっしゃるなら、
娘さんのBさんも理解が出来ると言う。




(T^T)確かに・・・


ワタシがお会いした皆さんでも、
圧倒的に多いケースとしてはコミュニケーションで、
特に女性の場合には、
あまり土地に異様な執着を見せる方は少なく・・



なので、Bさんのお母さんも、
ご家族では「無理しなくて良いけれど」

~とは伝えているけれど・・




「血糖値などが高く、
病院にも定期的に通っている状態なので、
先が心配でという事は分かるのですが・・」




「そうですか、でも高いくらいでしたら
ワタシもですが、
薬だけの服用でも大丈夫ではありますよ」



・・



彼女宅でも、
そしてワタシの疑問としても、
少し保留ではあったけれど・・・



気にはなっていたので、
過疎化する田舎の短いドキュメンタリーなどを、
後学のためにも見ていたり・・。




。。


ある日、よく鳥の話題が出るので、
『ナニコレ珍百景』
という番組を見ていたのだけど・・




その特集番組の中で、
かなりヒントとなるような、
お婆ちゃんの独り暮しの様が映し出された。




え・・・・』




・・とあるかなり過疎化が進んだ地方の、
独り暮しのお婆ちゃんなのだが・・



何が珍百景なのかと言えば、
その地域では、
ナンとその一帯の中にはそのお婆ちゃんが、
たった独りだけが暮らしていらっしゃる・・




つまり・・・


過疎化どころでは無く、
全く一人っきりで、お隣どころか、

自治体の会館にも一人っきりで行き、
帰宅しても一人っきり・・

近隣にはどなたも居ない場だった。




お婆ちゃんを呼び寄せようと、
山の下の町に住む娘さんが、
何度もきちんとお話しをされているようなのだが。



そのお婆ちゃんは昼間は農耕をし、
手作りで食べる物を作り、
たぶん、
娘さんや親戚の方が必要な品々を届けたり、
宅配の業者さんが来ていらっしゃるのだと思うけど。




実に侘しい感じがしなくて、
山の中腹にある畑を耕したり、
家の中のことをされたり・・・



取材に来たクルーとか、
ディレクターのお兄さんに手作りカレーを振舞い、


もう遅いから泊まっていけば・・」

~などと、奥ゆかしく皆さんに勧める。



(゜▽゜*)それがとても可愛く楽しげだった・・・。




途中、Bさんにメールをしてみたら、
即答で『見てます!DVDに録画してます』と。


・・




m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 08cb002_201404112336235ac.jpg


ハート管理人は今の場所でいいかな
↓そういうこだわりは日本人特有だとか




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆





 01country002.jpg




「寂しくないと言えば嘘になるけど・・」




そんなことを言いながら、
にこやかに笑う姿は、
彼女の大切な生活の要素が存在していた。





仕舞いにはお婆ちゃんが神々しく見え、
特集を見るにつれ、
何となく、あのBさんのご高齢のお母さんも、
ワタシたちには判らないような、
人だけ、コミュニケーションだけ、
土地だけといった、
普段、常識とされている価値観ではなく・・



その生き方や場所や、
そこでの生活のリズムや
日課があるからなのでは、と、
とてもためになる番組内容だったのだ・・。




・・お婆ちゃんの大切なモノ・・・




ひいては、ご高齢の方たちなら、
皆さんが生きていらした軌跡があり、
違う場所には無いモノ、譲れないこと、
毎日したいことがたくさんあるのではと。





高齢者の独り暮しは、
確かに大変だとは思うけれど・・


ワタシたちが勝手に、
半ば心配だからとワタシたちの良いように、
生活の事だけを考えてしまう・・




街中は便利でも、
便利なだけで、
人と人との基本的な関わり合いが足りてはいない。



本当は、
その場所でなくてはいけないこだわりや、
吸っている清々しい空気さえ違っているのではと。


・・



番組が終わった頃に、
相談をお受けしていたBさんからメールが・・




『あのお婆ちゃん、
一人っきりでも、
あんなに生き生きされていましたよね
もしかしたら、私はそうしたことを
あまり考えていなかったのかもしれないです・・』




(T^T)それはそれで仕方がないと感じた。



少なくても彼女はの面倒を看たり、
積極的に旦那様に協力を得たりと、
きちんとした意識を持って、
自分の役目を果たそうとしている・・・。




元気なのにすぐに施設に入れたり、
(皆さん、それぞれ理由があると感じますが)

月々の病院の送迎だって、
ご自分もある程度の年齢なのに、
ちゃんと供の責務を考えていらっしゃるし。




ただ・・・


田舎暮らしをされているお母さんは、
番組の方では無いにせよ、
きっと、お母さんなりの生き方や価値観や、
そこに居たい意味があるのだと感じました。


・・



後日、彼女からお電話があった-



Bさんは、あの番組の
お婆ちゃんのDVDを見せたのだそうだ・・。




「あらまぁ、独りだけの暮しはすごいねぇ・・」




そんな感想から、
全てを見終わった後で、
お母さんはこんなことを言ったのだそう。




「ありがとうね~・・
母さん、ワガママかもしれないけど
ここまで潔くは無いんだけど・・

春には桜が咲くし、
祠(ほこら)にはお稲荷さんがいるし・・」




「お母さん、
もういいよ、分かった気がするから」




それから久々に、押し付けでは無く、
お母さんと水入らずで話をしたそうだった。


・・




世の中は少子化している。


一人っもたくさん、いらっしゃると思う・・・。




ただ、命の期限なんて、
が先か、どもが先かなんて、
現世に居るだけでは計り知れない・・。




娘さんや息さんとして、
老境に入られたを看る、
看なくてはいけない時・・・



それは決して
綺麗事を並べれば済むだけでは無いけれど・・



地元に長く住んでいらして、
その場所や人との関わりに
生き甲斐を持っている場合は、
ご病気では無い際には、


やはり・・
ご本人の希望は聞いて差し上げてはと思います。




「春には桜が咲くし、

祠にはお稲荷さんがいるし・・・」




高齢の祖父母や、
病気だった父を送出したので、
現実という部分ではシビアなのも理解が出来る。




ただ、Bさんのお母さんには、
きっと・・


そういうことが何より大事なんだと、
そんな風に感じたご相談でした・・・。



・・





すみませんワタシは占い師


・・・続くかも・・・

。。








ハート色々な人生がありますね・・
↓どれがダメでどれで良いとも言えません




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村



14kuma014_20140411233645dd5.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。


たまに不可解なコメントが入っていますが、
何がどう言いたいのか?私の手に余るので、
とりあえずちゃんと記載したままにしておきます。


バッシングだけの内容はご遠慮下さい、すみません。
変換ミスやコメレスなど、遅れます、よろしくね。



別窓 | 体験からのアドバイス | コメント:0 | top↑
<<続ノスタルジックなお話「金満家の評」 | すみませんワタシは占い師 | お母さん、恐いです「お子さんの萎縮」>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |