続ノスタルジックなお話「遠足の天」
2014-05-06 Tue 00:01
01ensoku001.jpg




パニーニとマフィンの
クリームチーズと生ハムサンドイッチだ~、
5色イナリに肉巻おにぎりに人気キャラ弁だー



(T^T)なんつーお弁当にキャパが無い。



どころか、
ようやくスーパーが出て、主婦に光が射した、
そんなちょっとだけ痛い時代・・・



・・嗚呼、昭和30年代・・・




・・で、今日はこんなお話。


・・



先日、某所、某旅行会社で、
担当者の手配ミスのため、
楽しい筈の遠足が、
事件にまで至ってしまったことがあったけれど・・。




そりゃあ、色々な意味で皆さん、
怒るのは当たり前だと思ったし、
気付いた段階で違う手配だって
可能だったんじゃなかったのか、とかね。




学校では遠足の前に、
行く場所を調べたり、
ただ向かうだけではなく、
途中には社会見学にもなっていたりする。




父兄だって同じ・・・


遠足には小学生ならオヤツや、
当日のお母さんやお祖母ちゃんや、
事情のある生徒さんでも、
どなたかの手作り弁当などを持参したり。




「ユウちゃんの好きなハンバーグとね、
玉子焼きは外せないよね~・・
で、別にイチゴとメロンのフルーツを・・」




母子家庭だったり父子家庭だったり、
朝は早いし・・


弁当作りが好きなお母さんや親族には、
日頃の腕の見せどころとなり、
そうでは無い皆様にもハラハラドキドキの、
お弁当作りとなっていた筈ではと・・。




更に、かなりキャラ弁が流行っている中、
ふなっしーやくまモンや、
異常に流行している妖怪ウォッチのキャラとか。
(すごいことになっとりますが^_^;・・)



いわば、
生徒と父兄と学校側を抱き込み、
弁当とオヤツの百花繚乱なコラボを見せるイベント。




さてはて-



そんな某会社の社員は、
幸いに見当たらなかった昭和中期の時代でも、
やはり遠足はフツーにはかなり楽しみで、
春の軽い運動会と共に気候の良い
四月下旬から~五月辺りに開催されていた。




「Hちゃんさ、低学年でもオヤツは200円?」
(因みに、昭和40年なら
200円は今の500円以上くらいかな・・)




「そうだよ、何買おうとか考えるよね




ワタシが妹に聞いた意味はその裏には
『ガタイの小さい低学年は
200円だと不公平なんじゃないんかい?』

なんつ~、姑息な意図が潜んでいたのだが・・




まあ仕方があるまい、
世の中は今よりももっと
公平で穏やかな空気が流れていており、
たぶんそんなことを考えるのは、
お馬鹿な姉(高学年に差し掛かる)くらい。




お祖母ちゃんの実家は、
今や昔の面影などは微塵も無いような、
マンション群に席巻されてしまっているけど・・



例えば先進の技術の粋を集めたような、
スカイツリーのお膝元でさえ、
良い感じの下町情緒溢れているような、
あまり極端には変わらない東京・・


であるように、
子どもの頃に住んでいた場所は、
出来るだけ変わらないで欲しい気持ちだったりして。




昔住んでいた場所のその頃には-


スーパーマーケットと、
呼べる店舗が出来ていて、
ようやく主婦層には安堵が出来るような感じに。




ただ、まだつるべのある、
日本昔話に出て来るような、
ポチャンと桶を下に落として水を汲む、
古い怪談みたいな家々も
渾然一体と存在していたものだった。




(゜▽゜*)でもって、
バナナはオヤツには入らないらしく、
新しいスーパーで、
今をトキメクキャラメルやチョコ菓子・・



エイトマンとか、
狼少年ケンとか鉄腕アトムや、
ジャングル大帝キャラ付き菓子を、
散々吟味しながら200円分購入したのだった。




お天気の必須アイテム・てるてる坊主は、
旅行マニアだった、
因縁の祖父と祖母とか出掛ける時のように、
天候を破壊するための、
こちらのオモワクの果てに、
逆さまに吊るされることは無かったが。




「最近では一番、可愛く作ったよ~」




「ワタシたちは○○海岸だって
展望台、初めて行くんだよね」




(×_×)そんな小学生二人の様子を、
ある程度冷ややかに見ていた従姉Rは、
フッとため息をつきながら言った・・。




「小学生に戻りたいわ」




今春はまだ
伯母の引っ越しは無いようだったけれど、
Rはまたまた宿題を2つ抱え、
能天気なワタシたちを羨ましげに見ていた。




・・さてはて・・・



てるてる坊主は、
その出来栄えの役目を果たしてはくれたようで、
ビミョーな雲の具合は気になったけれど、
バスで行く遠足はめでたく決行!となった・・。


・・




m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 05ba01_20140505234435484.jpg



ハートGW最後の日には楽しい話題を・・
↓知っている方も知らない方もそれなりに




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村





もっと昔に浸りたい方はどうぞ・・・☆









 01ensoku003.jpg




今となっては、
春・秋の遠足の状態も反対だったのか^_^;
行く場所も六年間もあるため、
ワタシの記憶が定かでは無い部分は否めない-



けれど、それはシャッフルでも失礼という事で・・。



足では行けない遠くまでのバス遠足は、
とりあえずは無事にスタートを切った。




今では、痛ましい三年前の震災と津波で、
恐らくその場所は
人が入れ無くなったかもしれないけれど、
50年も前のそこは、
高い山ほどでは無いにせよ、
平地では見られないような植物も咲いていた記憶が。




途中、真面目な昭和中期では、
ついでの社会見学的なコースも回ったけれど、
既に昼近くになれば、
どちらへ向かった生徒たちの頭の中には、
一時大流行した『脳内メーカー』で見ればきっと・・



『弁当・弁当・弁当・弁当・弁当・弁当』



でもって、
真ん中辺りには『オヤツ』の一単語が・・・。



または
『食欲・食欲・食欲・食欲・食欲』で、
せいぜい『休』くらいな単語で、
脳内が埋め尽くされていたに違いない。




では皆さん、楽しいお弁当の時間ですよ~」




担任の先生が告げる中、
既に三々五々散った生徒たちは、
そこそこ仲の良い生徒たちとグループを組んだ。




(T^T)今で言えば・・・

いくぶん軽い発達障害を持つ生徒も、
確かに昔には居たりしたけれど、
あの時代にはとりあえず、
気の利いた先生なら生徒に振り分け、
でも今一つの感触なら、
先生がその子とお弁当を食べたりしていた・・。




ガツガツとおにぎりやサンドイッチ、
オーソドックスな、
のり巻きやいなり寿司を食べていた中、
かなりの驚きの声が男子生徒の集団から聞こえた。




「ショウジ君、すげぇ!」




「俺にもちょっとだけくれよー




いつもは大人しいために、
あまり校庭のスポーツ遊びにはまぜて貰えない
男子・ショウジ君のお弁当は、
キャラ弁では無いにせよ、
とってもプロっぽい二段重ねのお弁当だったのだ。




「あ~、ショウジ君のお父さんて確か
△△って、
パン屋さんのレストランに勤めてるんだって」




「ふーん、すごいね、美味しそうだった」




ある意味冷めた女子たちは、
一度は華やかなお弁当を覗きに行ったけれど、
今さら彼のプロ仕様の中身を頂く訳には行かず、
ワイワイとまだ騒ぎに熱中している、
付け焼き刃友達になっている男子を見ていた。




「なんか、男子ってアホだけど、でも・・・




「やっぱり浅ましいって言うか・・」




ショウジ君の周りには、
あたかもハエのような男子たちが群がっていた。




子どもたちの騒ぎで、
湧きに湧いたその最中
突如として不穏な空気と冷たい外気が流れた-




01ensoku002.jpg




「あれ?・・・」




・・・・・」




お弁当はまだ1/3程度しか食べていない中、
かなり嫌な液体のツブツブが、
パラパラと落っこちて来たのであった・・




「雨だ!弁当しまえーー」




一点俄にかき曇り、
大粒の雨が空から落下して来た・・。



それは瞬く間に大変な雨足に変化をし、
先生たちが誘導する中、
そそくさと身支度を済ませて、
来た方向のバスの駐車場へと逆戻りに。



それからは、
文字通り散々な残りの昼休みと化した。




バスの中は雨足が夏の雷雨並みだったので、
気密性のやたら高い中、
生徒たち各シートで2/3のお弁当を食べるはめに。




「でもさぁ、
これが歩きの遠足じゃなくて良かったよな」




一人の男子が不穏な空気と
おびただしい
あらゆる弁当のおかずの匂いの中で言った・・。




最初はナンダヨー的な、
ビミョーな空気だったのが、
その一言で納得する穏便な空間に変わった・・。





・・・ 天気より 匂いよりも 空きっ腹 ・・・




学校に戻る道すがらは、
その子の大きな一言により、
何となく納得と、仕方がない理解の中、
バスガイドさんが付く遠出だったから、
和やかにアカペラ的なカラオケ大会とうって変わった。


・・



・・もちろん・・・


妹たちは低学年コースで、
違う場所へと行っていた訳だけど、
バス全体が局地的な大雨で濡れていたのは、
ワタシたちの学年だけだったようなのだ・・。




「あはは、私たちは楽しかったよ~」




「うーん、途中で雨さえ降らなかったらなぁ」




能天気姉妹の会話を聞いていた従姉Rは、
またまた面倒くさい宿題を目の前にして、
ポツリとこんなハードな一言を言った・・。




「今日さ、
ベトナム戦争の事を習ったんだわ
戦争で食べるモノも無いよりは数段マシだよ」




・・・・・・・・・・




・・確かに・・・



小学生の廊下にも、
痛々しいその戦争の様子が、
パネルで貼り出されていたけれど・・




でも、恐らく珍しい
彼女のイヤミとも取れる発言は、
能天気姉妹にバズーカ砲を一発オミマイしてくれた。




その後、あらゆる運動会や遠足で、
急に悪天候に泣かされる自分が・・


雨女・・と呼ばれるような人種だと知ったのは、
社会人となって働いた、
最初のお花見でありましたが・・・。




・・嗚呼、昭和の時間は遅く流れる・・・


・・




すみませんワタシは占い師


・・・続くとも・・・

。。








ハート管理人は休めたかな・・・
↓暇と言えば暇ではございましたが




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村


 
 02kumab02_2014050523521142d.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

あなたの子ども時代の想い出などなど、

ご意見・ご感想もお待ちしています・・。

コメレスや誤打訂正など遅れます、ごめんよ~。



別窓 | ノスタルジックなお話☆ | コメント:2 | top↑
<< 『諦めない継続力』それが一番大事~♪ | すみませんワタシは占い師 | 星座と血液型で決めつけては・・・>>
こんばんは~!
子供の頃、遠足は楽しみでしたね~♪

僕らの頃はオヤツは300円までだったかな~
で、10円のチロルチョコやうまい棒のような安いオヤツを数多く買って持って行った覚えがあります!(笑)

お弁当は楽しみでしたね~♪
今考えると、母もいろいろ考えて苦労して弁当作ってたんだろうな~(しみじみ・・・)

2014-05-06 Tue 01:11 | URL | おもちゃのひろくん #-[ 内容変更] | top↑
- My Dear おもちゃのひろくん -
v-22(゜▽゜*)こんにちは~☆いつもありがとうございます。
そうですよ、きっと、お母さん息子さんたちにお弁当頑張ったと思います。
授業が無い、先生が唯一煩くない、掛け値なしに楽しい・・
三拍子そろった学校行事でしたよね(^ー^)v

毎回、しみじみしたお話だけ書きたいのですけど、
ブログの趣旨上、それだけだと・・とか悩みます(笑)・・。
2014-05-07 Wed 01:07 | URL | mecha☆ #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |