自分の姉妹の怨念が飛んで来る・・・
2014-05-16 Fri 00:17
01sisters001.jpg



Uさんは最近、
原因不明の頭痛に悩んでいた・・。




日中はそうでも無いらしいけれど、
特に夕方とか、夜中とか、
不定期に耳鳴りや偏頭痛がし、
それが一ヵ月くらい続いた・・・。




何せ重た苦しいし、
これではいけない、
もしかしたら脳内の病気や、
何か他の病気での自覚症状かもしれないと、
地元でも有名な、
脳神経関連の病院へ診察をしに行ったそうだ。




『後から必ず伺います』



~との内容がメールで着信したので、
その病院への掛かり始めの吉方だけを、
とりあえずメールで送信していた・・。




・・それから何日かして、
自宅への予約が彼女から入った。
明日にはいらっしゃるという事だったけど。




(T^T)その時に・・・

少し前に、複雑な様相に至った、
Uさん実家の内情を思い出したのだったが・・。


・・



そこそこ資産家だった彼女の実家では、
何年も前に家業が思わしくなくなり、
ついには株式会社だった家業の全てを閉じ、
その後始末をするに至ってしました。




どうにか債権者などへ、
きちんとした状態になるべく
ご一家で頑張っていらしたが、
筆頭の名義人だったお父さんが
何年か前に亡くなってからは、
お母さんと妹さんの三人で暮らしていた・・・。




。。



彼女のお話だけでは無く、
知り合いからなどから聞こえて来た事があり-




どうやら-


同居中の妹さんという人が、
性格が意地悪を絵に描いたような女性だったらしく、
お姉さんであるUさんに、
介護が必要なお母さんを看せたまま・・




自分は左前になる以前とあまり変わらなく、
独りで、東京に観劇だわ、
はたまた旅行だわと、
独りだけ気ままな生活を続けていたらしい。




更に、昨年、
闘病生活の果てにお母さんが亡くなり、
ささやかな持ち財産を二人で分けたらしかったが、
色々な出来事で疲れ、
今後、勝手気ままな妹との同居生活が、
辛く居たたまれなくなったUさんは・・




実家が華やかだった頃から、
懇意にしていた
親切な男性のお宅に一緒に暮らすことになった。




途中、ある程度の経過を聞いていたけれど、
暴虐武人で、
何も協力的では無かった妹さんよりは、
奥様と何年も前に離婚されていた彼と、
あるならそのお宅で一緒に暮らす方が、
妹さんよりは数段マシに感じられたのだけど・・。


・・



「原因が分からなくて・・




病院に行ったUさんが、
ウチにいらした際には、
以前とあまり変わらない感じだっただけでも、
こちらの方がいくぶん安心をした・・。




「妹さんは・・今は、
どんな生活になってらっしゃいましたか?」




「え・・、ああそうですね・・
叔父が経営するアパートがあったもので
そちらに独りで住んでいます・・
あれから、何の音沙汰も無いもので」




「今の彼の元に引っ越しされる時にも、
かなり大変だったようでしたが・・」




「はい、大変も大変で・・
母を看病したのは私だけなのに、
勝手に自分だけ男を作って抜け駆けだとか
お姉さんは勝手だとか・・
さんざんヒステリックな暴言を吐かれました」




「実際、看病も病院への行き来も、
何もしない妹さんの代わりに、
Uさんが殆どされていたと記憶していましたが

しかも、
お父さんやお母さんを看取ったのは、
Uさんがその都度、病院へいらしたと」




「・・そうです・・・
いつのまにか私がした事が、
妹が全てやったことになっているらしくて」




そんなこんなだから・・
気になったのは、
以前から恨みがましかった妹さんの、
姉であるUさんに対する怨念のようなモノだった。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 06ba01_20140515215231f26.jpg


ハートケースは一つだけではありませんが・・
↓こうしたこともあるということです




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆





01sisters002.jpg



「確か・・
引っ越しの時にも色々ありましたよね」




「もう、思い出すのもキツいです・・
叔父夫婦にあること無いこと暴言を・・
ただ、叔父たちは妹の性格とか
AC(アダルトチルドレン症候群)である事とか
大体は知っていましたのでまだ・・」




「言いにくいのですが、
妹さんからの念
まあ怨念のようなモノが、
生霊として飛んで来ているかもしれません」




「生霊や怨念ですか・・
そう言えば、引っ越しする前に、
恨んでやる、上手く行かないようにしてやるとか
私にそんな言葉で脅しを・・」




「なる程、
ではちょっと彼の協力も必要ですが、
生霊の簡易なお祓いをしてみましょうか」





(T^T)最初はちょっと訝しげだった彼女も、
並々ならぬ引っ越し前の妹からの言葉を、
敢えて思い出して・・



出来るだけ前向きに、
塩での簡易なお祓いをする気になったそう。


・・



主に一般的に生霊と呼ばれている、
芳しくない霊は、大方の場合には、
本人が意図的に送っている訳では無いことも多い。




生霊の説明というのも難しいけれど、
主観的なだけでは無い感覚で、
かなりピンと来るものがあった・・




彼女Uさんの場合のように、
昔から恨みがましい存在がいて、
このケースの場合には妹さんだけど・・




更にその個人的な怨念のターゲットが、
彼女本人に特定出来るような場合には、
おそらく執拗な怨念が、
彼女の方に飛んで来てしまうケースも、
何人かのお客様で判る事があった。





「塩ですね、海水が主成分の・・」




「簡易なお祓いというのは、
実体験からもお客様へのアドバイスからも、
意外と効果があることが分かっています・・


同居されている彼へ、
不思議な内容だと
誤解があまり無いよう説明をしてみて、
玄関の四隅の盛り塩と護身用に所持して
様子をみていて下さい・・」




「分かりました・・
鮮度が落ちたら取り替えれば良いんですね」




「そうですね、効果を上げたい場合にはぜひ」




それから・・・


Uさんは一キロの粗塩を買い自宅へ戻った。

そして、
玄関への盛り塩や護身用に携帯をし、
その後の報告が来たのだった・・・。


・・



霧が晴れたように、彼女の偏頭痛が
完璧に治ったという訳では無かったけれど・・




盛り塩や携帯の粗塩を意識してから、
以前のような頻度では、
ガンガンとした頭痛では無くなったと、
後日、メールで報告を頂いた・・。




続けてみること、
見えないモノの障りがある場合には、
どうしても精神的に弱くなりがちだけれど、
敢えて負けない気持ち、
こちらが執着し過ぎない軽いいなし方も必要となる。




偏頭痛の理由が、
彼女の妹さんだとか、
ましてや
その怨念だといった確証は無いかもしれない。




ただ、旦那さんが医師の奥さんや、
葬儀などの人の生き死にに関わる
仕事をされているご家族では、
塩だけでは無いですが、
予防のためにも効果をあげているのも確か。




強い心が保てない場合、
人はその隙間に何かが入りこむ事もある。




(T^T)科学者や医師の皆さんは、
科学や医学などだけで、
解明が可能と思っているかもしれませんが、
決してそれだけでは無い事も多い・・。




気持ちの強さを保つと共に、
いわくある場所や人間には、
予め防御する霊的なノウハウもあるべきだと、
僭越ながらワタシは思います。


・・



Uさんは、少しずつ頭痛が軽減され、
今も地道に護身用の海水塩を、
意識して使っていらっしゃる現在です・・・。


・・





すみませんワタシは占い師


・・・続くかも・・・

。。






ハートごく普通にご病気の場合もあります・・
↓多方面で十分に気をつけて下さい・・・




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村


11kuma007_201405152152598b9.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

ご意見などなどお待ちしています・・

変換ミスの訂正やコメレスなど遅れます。



別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:2 | top↑
<<アクシデントが大厄と後厄の厄落としに | すみませんワタシは占い師 | 五月病対策「早めに気付くこと・周囲が気付くこと」>>
変なことを言うようですが、
最近『自分(syugyousou)に喧嘩を売ってくる人間は、助けを求めているんじゃないか?』と思うようになっています。
とても面倒なのですが、リアル社会では相手をせざるを得ないので、真剣に喧嘩をしています。
結果、相手は『変わり』大体は仲良くなれています(唯一の例外は私の力量不足か?)。

記事を読んで、この『妹』にとても腹が立ったのですが、
よくよく考えてみると、この『妹』さん、『(おそらく良くできた)姉』に認めてもらいたかったのではないかと思いました、小さい頃からず~っと。
だから喧嘩を売った(もちろん本人に『助けて欲しい』という意識はない)。
だけど姉は相手をしてくれなかた。
どうしていいのかわからないまま、(自分を救ってくれない)姉を恨み続ける…
私にはそんな構図に見えてしまうのです。

じゃあどうすればいいか?
私なら自分をさらけ出してでも相手の心臓をえぐります。
大袈裟な表現ではありません。
そこまでいくと、逆に本当の信頼が生まれます。
私だけの特殊な能力ではないと思います。
ただし、それ相当の覚悟は必要ですが…。
2014-05-18 Sun 01:34 | URL | syugyousou #l3W7yd.M[ 内容変更] | top↑
- My Dear syugyousouさん -
v-22(゜▽゜*)こんにちは~☆いつもありがとうございます・・。
熟読させて頂きましたが・・・この方の場合には無理でしょうねー。
そもそも男性と女性という生物の違いがあります・・・。
第一、妹さんの潜在意識の中で姉を、という部分が妹さん自身が分かっていないから。

そこまで身を削って受け止めることが出来るのは、
姉妹ではよほどの愛情が無ければ困難だと感じました。
それ相当の覚悟があるとしたら母性の健全な母親くらいだと思います。


そんなことをしたとしても、無理だということを、
お姉さんも、お受けしたワタシも痛感していましたので、
結果的には痛み分け的な別居というカタチに至ったと思います。




2014-05-18 Sun 21:24 | URL | mecha☆ #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |