将門(様)の首塚・怨念の場を侮らない
2014-12-20 Sat 00:01
00masakado001.jpg




世の中には、人間の頭脳や力や・・
古(いにしえ)からの体験や教えだけでは、
到底、計り知れない事がある-




ブログの管理人を始めてウン年・・・


(×_×)とうとう、
書いてはイケナイ記事を書く事に・・。



いや・・
冒頭からちょっと大げさな表現ですみません。
それは日本史上、
かなり怨念深いとされている人物に関する事なので。





日本三大怨と言われている怨が-



「菅原道真」



「平将門」



「崇徳(すんとく)上皇」





今回は平将門(様)について-


以降、将門様と敬称を付けさせて頂きます。




。。



今さら何だ?
~と思われる方が多いかもしれませんが、
お客様からご質問があって・・




あまり分からずに、
日本のオフィス街丸ノ内にある、
その場所だけ小さいながら鬱蒼とした、
平将門様の首へ行ってみたそうで・・。




後からネットで調べた時に、
ただの言われだけではなく、
「平将門の乱」の経緯やその後の処刑など・・


戦慄するような歴史を読んでしまい、
かなりビビっていた事が
メールで着信したのですね。




ワタシ、いわくありげな場だとは、
ある程度は知っていましたが-




平将門様の首については、
Wikipediaからの
引用での説明を記載しておきます。





平将門(様)の首について-



伝承では、将門の首級は
平安京まで送られ東の市、都大路で晒されたが、
3日目に
夜空に舞い上がり故郷に向かって飛んでゆき、
数カ所に落ちたとされる。



伝承地は数か所あり、
いずれも平将門の首とされている。



その中でも最も著名なのが、
東京都千代田区大手町一丁目にある首である。
かつては盛土と、
内部に石室ないし石廓とみられるものがあったので、
古墳であったと考えられている。



築土神社や神田明神同様に、
古くから江戸の地における地として、
尊崇と畏怖とが入り混じった崇敬を受け続けてきた。
この地に対して
不敬な行為に及べば祟りがあるという伝承が出来た。



そのことを最も象徴的に表すのが、
関東大震災後の跡地に
大蔵省の仮庁舎を建てようとした際・・


工事関係者や省職員、
さらには時の大臣
早速整爾の相次ぐ不審死が起こったことで
将門の祟りが省内で噂されることとなり・・


省内の動揺を抑えるため仮庁舎を取り壊した事件や、
第二次世界大戦後にGHQが
周辺の区画整理にとって、
障害となるこの地を造成しようとした時、
不審な事故が相次いだため、
計画を取り止めたという事件である・・。



結果、首は戦後も残ることとなり、
今日まで、その人気のない様に反し、
毎日、香華の絶えない程の崇敬ぶりを示している。


・・



こうした、日本史上でも強い念を、
いまだに供養しながら、
神社や町の方やお寺さんが見守っている場は、
日本各地にかなりあるようなんです。





では無いけれど、
お寺で保存しているから
まだ良いようなものだけれど-




ただならぬ念がこもっていそうなのが、
京都近辺に点在する『血天井』という物。




例えば・・伏見の戦いで、
無念の死を遂げた鳥居元忠氏のために、
その自刃の床板を寺院の天井にし、
いわゆる供養のための天井のことですね・・。




これが『血天井』と言われ、
京都で有名な養源寺、宝泉寺などお寺でも、
こうした無念のための供養をしている。





城が陥落し、
自刃(自害)をしなくてはいけない・・



つまり無念!


・・といった結果だと思うので、
いくら供養していたとしても、
亡くなった武将や家来の感情にコラボしてしまうと、
戦乱の世から
ずっと無念を引き摺っているような、
過去のに憑かれてしまう場合だってある。





同じようなお武家様の討ち合いや、
その自刃の供養の血天井は、
大阪市の大広寺や、
岐阜市には織田秀信落城の際の同じ状況で、
その供養の血天井が崇福寺など、
戦乱の世の武士を供養する天井が散在している。





今さらついでに言えば-



海外では、
皆さんも一度は聞いた事があると思う、
エジプト、王家のピラミッドの呪い・・。




これは墓の盗掘のため、
実際に沢山の人が亡くなった訳では無いけれど、
一部、その無知な発掘のため、
エジプトの女神の逆鱗に触れたと言われいる。



・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


05push01_20141219233100808.jpg



ハート見えないだけです・・・
↓・・ワタシも聞こえたらいやですが




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆







 00masakado002.jpg



もちろん、将門様とは時代も、
無念ではなく、
なので念の質も違うとは思うのですが・・。





・・さて・・・



今日の本題の怨深い方が供養されている、
こうした旧跡には、
予めそれが分かっている段階で、
敢えて物見遊山的な感覚では行かないこと。




特に感覚が鋭い、
普段から感受性が豊か過ぎると、
親ごさんや周囲がデリケートと思っている、
小さなお子さんたちは、
どうしても障りがあったりするため・・



連れて行かないのはもちろん、
周囲が配慮して気を付けてあげて下さいね。


・・




(T^T)さてここで今日のポイントを☆



☆都市伝説的な民衆が作り出した話も、
色々な場所や地方にあるけれど・・




日本三大怨と言われているような、
実在した歴史上の人物が、
例え話が変遷しているとは言え、
お寺のお坊さんが代々で鎮魂し、
いさめているような場所はNG。




更に-


お寺だとは言え、
故人が親戚や知人ならまだ良いかもしれませんが。




幕末の志士の墓参が好きだいう彼がいて・・


これも、
不定期に書いていたりするけれど・・




『有名人の墓参り☆尊王志士の墓参が趣味の彼』



で、新旧に関わらず、
お墓は有名な人物であっても、
平穏な世の中では無い時代の人物なら、
興味本位では行かない、墓参はしないこと。




さらに、
今まで書いて来たように、
こうしたや供養塔などにも、
所縁では無いなら行かない方が良いです。





以前、お客様で土地を購入しようと、
ご相談にいらした方がいて・・。



その街中の土地は整地する前には、
どこかの神社だったとの事だった・・。




神社というのは、
干支の神社、稲荷さん、
海神(わだつみ)系の神様がまつられている場。




その他に、
将門様のようにでは無くても、
戦乱の世の何らかのいわく付きの武将が、
鎮魂されていたりする場であったりして・・。




その、以前に神社だという土地へは、
小さなお子さんもいらしたお客様だったので、
違う土地を見つけるようにとアドバイスした訳です。





・・触らぬ神に祟りなし・・・




昔の人はよくいったものですね。



ただ、まさか、
そんなが鎮魂された、
ハードな首だとは知らなかったお客様は、
何も冷やかしで行った訳ではなく・・




障りを受けるような事もせずに、
を見て来てしまっただけだったり・・




だから良いとか悪いとか、
単純な判断はしにくいけれど、
いわくありげな首があったなんて、
しかも三大怨
一人だった事も判らなかったそうだから。





かなり有名なエピソードなので、
それこそワタシが敢えて書くのもと思うけれど-




今や司会でも人気の、
お笑いの爆笑○題の太△光氏・・
(ファンでございます・・)



番組でとは言え気の毒に、
将門様の塚を蹴ることになったそうで・・。




・・それから・・・



何がどうだったのかは定かでは無いけれど、
確かに仕事が無くなり、
何年か表舞台に立てなくなったのは、
将門様の首塚の研究者にも、
番組や行為自体にも問題があったのだと
皆さんに知らしめる事に至ったようだ・・。





(T^T)さて・・・


お客様にはそれから
さして障りのようなモノは無かったそうだった。





知っていて興味本位なのか?


知らずして、
真面目に手を合わせて来た違いなのか?




定かでは無いにせよ、
日本三大怨・・
言われがあり背景もある訳だから、
決して侮ってはいけません・・




ワタシが一般的な霊のために持参していたり、
枕元に置いたりしている海水塩-



塩の簡易お祓いなんて、
こうした皆様には効かないので要注意です・・。



・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。








ハート供養をする意味のある存在があります
↓伊達や酔狂では冷やかさないように




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村


 015kuma030_201412192333178ef.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

一部でもごん参考になりましたら・・・

誤打は読んでいてね、コメレスなど遅れますが。





別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:4 | top↑
<<クリスマス直前吉例「こんな本はいかがでしょう♪」 | すみませんワタシは占い師 | 警告!年末詐欺とヘンテコな営業電話>>
こないだ、豊臣が追い落とされた時に、
京都の四条河原だったかで、一族根絶やしに
殺された、って話を読んでました。
で、昔の人って残酷だなあと思ったのですが、
この記事を読んでいて、なんとなくそうする理由が
わかったような気がします。
なんかねー、ウチも平家の分家の末端の末端らしんですけど、ウチの母親とかがもうプロになりなよってくらい、呪詛すごいんですよん。
で、末裔が呪詛するたびに、それが首への「無念」の供給口になってるような気がしますね。
私は近づかないですよ、今更帝都物語に関わりたくないですわ(笑)

2014-12-20 Sat 12:12 | URL | サエコ #-[ 内容変更] | top↑
- My Dear サエコ さん -
v-22(゜▽゜*)こんにちは~☆いつもありがとうございます・・。
まあ、シュミレーションだけでしか可能ではないですが、
現代劇での時代ものはたぶん、ぬるいんだと思われます。
それだけハードな容赦ない世の中だったのだと思いますが、
それでも○国の女帝の拷問なんかよりはマシかなぁ・・・^_^;

あ、そうなんですか、ウチのジイの実家でも同じようなことを言っていたので、
反対に平家の栄耀栄華ってどこまでの規模だったのかという事に興味があります。
呪詛って、どれだけなのか自分では考えられないもので、
どうも限界を感じてしまうんですけど(;^_^A


2014-12-21 Sun 00:43 | URL | mecha #-[ 内容変更] | top↑
余談どすが、平家の残党ってすごい多いらしいっすよ。
平家も本筋のほかに4つくらい筋ありやすし。
なにかの戦いのときかは、東北に落ち延びたらしいし
次の戦の際には播磨とか、八墓村伝説の界隈に落ちて
壇之浦の時は九州に逃げたらしいっすから。
以外とmechaさんとはそーいうご縁だったりして。
首に墓参り来んか!って、枕元に立たれないうにしとかなければ(笑)

2014-12-22 Mon 10:09 | URL | サエコ #-[ 内容変更] | top↑
- My Dear サエコ さん -
v-22(゜▽゜*)こんにちは~☆ありがとうございます・・。
今生では分からないことですよねー、死んでみないと・・・
とか書いたらなんか誰かに言われたり、
ネットでビミョウなことになたりするんだろうなー。
(半分冗談です、憑かれているのですみません)
2014-12-24 Wed 00:16 | URL | mecha #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |