新しいデカい病院にて右往左往
2014-12-30 Tue 01:06
00hospital001_20141230005213be6.jpg





今年もあと、
2回のブログ更新ですが、
年末カウント、で、
年始には吉例クマちゃんクイズも開催するつもりです。




(T^T)占い師らしい話(?)
~の方が良いのかと思ったけれど、
最後から2番目なので、
さらっと書きたい事をアップしてみます☆



多忙だとは思いますが、
ラスト2話までお付き合い下さい。


・・



・・先日、母に付き添って、
病院・・と言っても画像でバレバレですが、
新しくなった大きな病院へ行った訳ですね。





それはそれで色々とあったのですが-



その前に、
以前にも何度か書いていましたが、
飽き飽きしている方、ごめんなさい・・




ワタシは様々な意味で大きな病院て、
かな~り苦手で、
病院関係者の皆さまには
大変に失礼だとは思うけれど^_^;





・・特に、古い病院・・・



当たり前のようだけど、
古い病院とは古い建物な訳で、
古い建物という事は、
歴史があったりするんですよ・・。




歴史がある裏には、
そこが戦争の戦火にさらされた、
長い時代の背景なんかもあったりすると・・




という事は、
それだけたくさんのご病気の患者さんや、
集う病を抱えた方々が、
古ければ古いほど、数知れずというくらい、
数多(あまた)だった過去があるので。




いわば歴史の生き証人的な建物は、
そこが人が行き交う、
駅舎とか、役所などなら・・・




「まあ、
何てアンティークな建物なんでしょう」



とか・・



「大正の様式美があるなぁ・・」



・・などという感想になったり-




。。



いい加減ウッサイようですが・・
病院という場合には、それだけでは終らない。





長い長い歴史のある中、
建てた方々の思い入れから始まって・・


ご病気の患者さん、
不治の病で入院をされ、
残念ながら若くして亡くなった皆さん-




病院という物が建てられた
明治時代くらいからなら、
そうしたたくさんのご病気や怪我の皆さん・・



日清、日露戦争、
第一次世界対戦、そして第二次世界対戦・・




多くの戦争の中で、
戦争の数だけ御遺体が運ばれて来たり、
治療が出来なくなってしまい、
失意の中で亡くなった
民間や兵士の皆さんが存在していたりする。





ワタシのような半端な霊感持ちには、
そんなあちらに渡っていらした方々、
あちらに渡れずに、
所縁の場所で浮遊していらっしゃる方・・




またまた当たり前のようだけど、
そうした方々が、長ければ長いほど、
失礼ついでに言えば、古い建物、
特に病院にたむろされているのですね-





以前の移転前の病院には、
見えないけれど、
気配がおびただしく感じられていたけれど・・



当然と言えば当然のように、
新しい病院にはまだ亡くなった方が少なく、
結果、スカスカする気がするほどに、
ほぼ、な~んも感じられ無かったのですわ・・。




が、じゃあ何で、
今回、新しい病院の話なんかい?と言えば-
引っ張ったつもりは無いけれど、
これがまた、
母のような高齢者には違う意味でキツい




美しく広く、
システムが確立されていて、
入り口では体力の無い方には車椅子なども・・。




待合室には待合室めく、
どんより度合いが殆ど無いだけでなく、
決してビジネスライクでも無く、
しかも、電光掲示板に受付ナンバーが表示される。




働いているスタッフ、
医師も看護師さんも技師の皆さんも、
何だかド古い場から解放され、
何時もよりも活気が漂っている感じ・・・。





・・だけど母が4時半、
ワタシは朝の5時に起き、
冬だから真っ暗な中、
何時もは食べない朝食を食べ、
それくらいなら誰でもやっとるわいと、
突っ込まれるの必至だけど・・




大体、
ブログ更新が仕事と家事が終わった夜中、
2時に眠り、朝の5時は約三時間の睡眠に。




母は病院だけでも疲労するからと、
その時にはタクシーを呼ぶので、
以前のように自前の車で凍結した道を、
冷や冷やしながら走行しなくても大丈夫。





・・でも、何だ?・・・



睡眠は待合室で仮眠し、
大丈夫だったから良いようなものの、
何だか、さっきの受付から疲れがドッと。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 05me03_20141230005232e7c.jpg



ハート少ないです、念の深い方たちは・・
↓・・でも多いです、やることが・・




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村




もっとそんな話を読んでみたい方だけドゾッ・・☆





00hospital002_20141230005220eda.jpg




そんな時・・・



目の前の二つくらい前の椅子に座った、
お婆ちゃんが代弁をするような態度になった。





「何処に行けばいいの、私、イヤだからね!




すぐに看護師さんが来て、
お婆ちゃんに話しかけ、
ちゃんと優しくフォローし始めたのだけど。





お婆ちゃんはどうやら、
入り口の親切な受付のボランティアさんや、
新しくなった病院の係員さんに、
受付や場所やなんやかやを聞いて、
エレベーターに乗って、
二階に来たまでは良かったけれど・・




杖をついてらっしゃるようだし、
前の古い場所からは、
タクシー片道分で\500くらいの違いがあり、
それほど遠く無くて助かったけど・・。




片道\3000強、往復で\7000近くだから、
母は体調が並みでは無いため、
タクシー移動は本当に仕方がない -




ワタシなら生活習慣病のため、
日々数千歩のウォーキングが必須だし、
バスと地下鉄を乗り継いできっと、
この新しい病院に来ると思うんだな。




で、そのお婆ちゃんが、
足が痛い以外には健康なご様子だったが。




もしも、バスや
地下鉄なんかを乗り継いで来ていたら、
ロケーション次第では朝から早く来なくちゃダメだし、
杖をついているから、
ご高齢ならば、それだけでしんどい・・。





「私、もう来ないから、薬要らないから!




形成外科に行くらしく、
お薬の袋を持っていたり、
中身でどんなくらいなのかが、
看護師さんは判ったようだったけれど。



お婆ちゃんは、もう、色々な諸事情で、
ハッキリ言って新しさに辟易していたらしいし、
駄々をこね始めたんだな・・・





ワタシがもし、70代後半とか、
ウチの母のように
付き添いで娘なんかがいない場合-




80代を過ぎたりしたら、
アナログな手続きで済んでいた受付や、
見知らぬ(当たり前だけど)エレベーター、
あたかも郊外型ショッピングモールのような、
あちらから~こちらまで、
えらく遠い行き来にはひたすら疲れてしまいそうだ。




疲れ果てたお婆ちゃんは、
でも、優しい看護師さんがナビしてくれ、
同じフロアの
形成外科へ連れて行ってくれたようだった。





で、診察がど~にか終わり、
知らなかったとは言え
何故か、精算までの受付を、
電光掲示板で表示されると勘違いしていたワタシは、
隣に座った、何回か来ているようなおじさんに




それ、直接、持って行って良いんですよ」



~などと言われて、はっと気付き、
無駄な時間を何十分かダダ過ごしてしまった。





入り口の自動受付、
二階の診察室へ行きまた受付、
診察は電光掲示板への表示・・




それが、角度によっては分かりにくく、
更にワタシのような初めて来た人間にも、
帰りにまたストレートに受付を通し・・



でもって、
その用紙を一階に出して精算し、
更に、出た処方箋を
大型ショッピングモールのような病院の、
出口から出た違う場所の調剤薬局へ持参する・・。




(×_×)調剤薬局では、
母が以前行っていた薬局と違うため、
改めてその調剤薬局のアンケートに記入を・・




どこも感じは良いのだけど、
薬が出来た後に、
近辺に歩くのがもう疲れたという母と、
仕方がないので、
またショッピングモール的なだだっ広い病院へ逆戻り。




・・んん・・レストラン?・・・



いや、食券を買うような食堂といった感じの、
カフェ以外に一つしかない食堂は、
これがまた、何でそんな遠くにある訳!


ってくらいに遠く・・・




最後にタクシーに乗車した後には、
これでバスや地下鉄を乗り継いだら、
次の日には高齢者なら一日、
延々と眠っているくらいに疲弊してしまいそーだった。





「疲れた・・・」




定休日だから良いと思ったけれど、
キレイで広々としているのは良いけれど、
先ず、50代でこんな疲れるなら、
あのお婆ちゃんが逆ギレしていたのも、
かなり理解が出来る気がした訳ですわ。




『便利なことは不便でもある』




近未来SFチックな設備の病院・・



若い方には、
ヘでも無いかもしれないけれど、
大体は病院に通う方は何らかのご病気をお持ちだ。




便利なのか?どうなのか?・・・




駄々をこねていたお婆ちゃんを考え、
最初っからスマートフォンだったら面倒くさく無いのを、
10年後に、ガラ系から
~スマホだと今さら馴染めないし疲れる・・。





「あのお婆ちゃん、ちゃんと家に帰れたかな?」




声をかけてみたら、
一緒にお茶を飲んでいた目の前の母は
既にグーっといびきをかいて眠っていた-



きっとすべてが新しい、
しかも広い広い病院で疲れたのだろう。





(T^T)文明とは、
生活やハードや道具やPCなども、
何時もそんな進化なのかもしれない-




新しいこと、便利な筈なこと、
それは、誰にどう照準を合わせるのかでも、
ビミョウに違うんでしょうけど・・




「進歩するなら、ボタン1つでとかにしておくれ」




ある一定の年齢を越えた人間や老人には、
便利とは必ずしも言えないんだなと、


今更ながらアナログ作業の有り難みと、
人の温度というモノの違いを、
あからさまに感じて来たのでありました・・。



・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。








ハート通院できるだけ幸せなのかい
↓そこんとこ複雑な感じでしたわー




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村


23kumab01_20141230005322b8c.jpg


(゜▽゜*)今年もいつもありがとうー。

誤打はいつもながら読んでいてね。

色々と遅れますが、常のことでごめんよ~。



別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:0 | top↑
<<とりあえず追加で新年のご挨拶も☆今年最後のご挨拶をば・・・ | すみませんワタシは占い師 | 光のページェント☆今年は短縮で「散歩とスケッチ」>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |