続ノスタルジックなお話「テレビ出演の嘲」
2015-01-18 Sun 00:16
00nos2015-01-1.jpg




ブルーレイだ~
サイトからダウンロードだ~、
BSにデジタル放送だー・・・




(T^T)なんつ~ことは全然関係ない、
魚眼レンズのよ~に顔が映る
ブラウン管に真空管が真っ盛り・・


インターネットも無いそんな時代-




・・・嗚呼、昭和30年代・・・




・・で、今日はこんなお話。



・・




ワタシたち子どもたちは、
冬休みも終わりを告げいささかうなだれていた。




それもその筈、
クリスマスにお正月、
ついでにどんと祭という、トリプルで楽しい
年中行事が過ぎ去ってしまったからだ・・。




年末年始のイベントが全て終わり、
では次は?と言えば、
地味な節分の豆まきくらいかなとかね。





その前にお祖母ちゃんが、
カビたお正月の餅飾りを、
カビをこそげて揚げる、
餅の揚げ餅を阻止すべく餅飾りを、
判らないようにどんと祭の松飾りの中に忍ばせた。





ψ(`∇´)ψカビた餅飾りはめでたく、
どんと祭のご神火の中に投じられたようで、
ワタシたちは廃品により近い
カビ餅の犠牲にならずに済んだのだったが・・。





祖母は、オヤツの一回分の
飾り餅が失せていたのを、
すっかり忘れていたようで、
子どもたちはこの作戦が使えそうだと、
今年から学習をしたのだった-





。。




そんなぬるい日々を送っていた家族に、
ちょっとしたニュースがやって来た・・。





「パパ(当時、だけをこう呼んでいた)、
会社のコマーシャルに出るの!」





が勤めていたデパートで、
何やらコマーシャルのための係りが、
辞めたとかナントかで、
今で言う番組の
CMに生で出演する事になったそうだ。




時代は30年代終わりくらいか、
高度成長期に差し掛かった40年代の初め辺り。
CMもほぼ収録ではなく、
当日に生で流されることが多かった。





テレビが全盛期になりつつある時代で、
しかも、が出演するのは、
丁度、小学校が半ドンだった、
土曜日の昼のドラマの時間帯・・。
(その頃は土曜日の学校は昼間で)





ワタシたち子どもたちも、
当然のように同居の大人たちも色めき立った。




色めき立ったついでに、
生オンエアのまだまだ前なのに、
噂は千里を走ったのだった・・・。




「え~、Nちゃん、テレビに生出演するの?
いつ、見るから絶対に」





たのもし講に行った先の、
黒猫を代々飼っている下宿屋さんも、
むろん、鼻高々なお祖母ちゃんがリークした、
ハトコP宅でも何週間か前から、
コマーシャル出演の噂で持ちきりとなっていた。





「おー、オジチャンも出るかテレビ




「Nも立派になったもんだなぁ」





(×_×)今にして思えば、
ただの30秒スポットへのCMなだけなのに、
まだ、テレビの生出演なんて、
あまり出る人間がいなかっただけだった訳で。





噂は勝手に町内中に広まってしまったのだが-




「Rちゃん、
土曜日のコマーシャル、ちょっと楽しみだね」





何時もは何気にクールな従姉も、
やはり、初の家族出演ということで、
珍しく笑って言った・・





「・・緊張するのは、
きっとおじちゃんも変わらないんだろうね」





緊張』・・それは、
あまり改めて考えた事が無い言葉で、
改めて考えた場合、
冷静になれば結構、キツい事かもしれなかった。




さて・・・



いざ、週末のコマーシャル出演という週に、
は何だか緊張という、
言葉のマジックに掛かってしまったのか、
かなりナーバスになっていた・・。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 09higan06_20150117230620bc2.jpg



ハート温故知新というほどでもないですが
↓・・のどかな毎日は捨てがたい




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけドゾッ!





00nos2015-01-2.jpg




「30秒なんでしょ、大丈夫だって
あっという間に終わるからー」





どちからと言えば、
親よりは数段、タフな母親が、
事も無げににエールを送っていたが、
当の本人はそんな励ましとか慰めとかも、
耳には入っていなかった様子だった。





「Nちゃん(の名前)、
何だか・・会社がスポンサーの番組に
役者になって出るらしいよ」




「・・会社から出演を大抜擢されたって」





^_^; 何時しか噂は、
本当に根拠の無い噂と化して、
町内をとっ越して町中にもじわっと広まった。





・・は普段は普通にしゃべる方だけど、
出演という前の一週間は、
何となく寡黙になってしまっていたようだ。



・・




ついに、その土曜日はやって来た-




つまらない噂も乱れていたけれど、
所詮、根も葉もない中身だったし、
家族は気にはしていなかったのだが・・。





下宿屋の同僚のオジチャンと、
スクーターに相乗りして会社に向かうを・・


ワタシやRや妹、
お祖母ちゃんやお母さんや伯母さん、
それに、いつもは影の薄いお祖ちゃんまでも、
期待ばかり先行する眼差しで父を見送った。





ワタシと妹、従姉Rは、
半ドンの学校の授業は受けたけれど、
浮き足立つ気分は変わらず、
終了ベルとクラスのホームルームの中身も、
いい加減、忘れつつ帰宅した・・




コマーシャルは、
指輪なんかの宝飾品らしかったのだが、
指輪でもネックレスでもどうでも良かった。




だけど、お腹は減っていたので、
パクパクとトーストなんかを頬張った記憶が。





「正午からだよね、○○ドラマシリーズって」




不可思議な噂は、
何故か千里を駆け巡ったけれど・・


祖母の息子が初めてテレビに出るため、
普通の会話さえも上ずった感じになっていた。





「お祖母ちゃんね、たかだか30秒だからね~」





(T^T)お母さんが言う言葉は、
もはや、祖母には聞こえてはいない・・



父と性格が酷似しているため、
そんな態度もソックリだったのだ。





あの時代、
テレビからは正午にはピッピッピと時報が鳴り、
いよいよ家族にはかつて無い緊張感が漂った。





『○○ドラマシリーズです・・』





「始まったね、最初かなコマーシャル





その時、華々しく、
ドラマの前の一番、最初にCMは流れた-





「パパだ!・・・





30秒の短いような、
ちょっとだけ精神的な拷問のよ~な、
コマーシャルの中で、
指輪を紹介する父と、
そのインタビュー形式で聞く女性アナウンサー。




00nos2015-01-3.jpg




。。



何秒か流れた後に、誰もが気がついた・・





「おじちゃん、顔上げてないね」




ホントだ、下を向いたまんまだ」





父は全く顔をカメラに向けてはおらず、
30秒の間で一度もいわゆるカメラ目線が無く、
うつ向いたまんまのアングルで、
とうとう最後までうすいリアクションのまま、
宝飾品の解説だけを果たしたのだった・・・。





え~~~!




30秒は呆気なく終わりを告げた・・





「・・何だろ、Nったらば




「恥ずかしかったんじゃないの、お父さん」





それは、派手に駆け巡った噂が、
やたらへんちくりんで誇大であればある程、
まるで肩透かしを食らったような、
やや残念な気分に陥ったのでありましたさ。





・・・ 初テレビ 緊張感で 押しつぶれ・・・





千里を駆け巡った噂には、
呆気なく幕が降ろされて、
そんな話があったのも、
何だか演歌の歌詞のように鳴りを潜めたのだが。




いつも元気なお祖母ちゃんは、
予想外の息子の控え目過ぎるリアクションに、
しばらくは意気消沈していたりして・・。





・・でも・・・



ワタシたち子どもは、
嫁と姑の小競り合いが少なくなり、
反対に、
ちょっと穏やかな日々を送れていたのでありました。





・・・嗚呼、昭和の毎日は低刺激で過ぎ行く・・・


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。








ハートそんな日々の様子を文字に
↓戻っては来ない昭和の温度




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村


 02kumacb002_201501172307253ea.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

たまには忙しい記事ではない文章で・・

誤打は読んでいてね、コメレスなど遅れます。



別窓 | ノスタルジックなお話☆ | コメント:0 | top↑
<<訳のワカラナイ男性(夫)の嫉妬に悩む | すみませんワタシは占い師 | 今年は三碧木星が中宮☆八方塞がり年の両極>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |