厄年3年間の結婚と入籍について
2015-01-24 Sat 00:11
 00yaku-m001.jpg




毎年、お付き合いをしていたカップルから・・




「結婚をしたいのですが、
今年は私が前厄年だったと思いまして」




厄年って、今年はどうなんでしょうか?」




(T^T)3年間の厄年の回りで、
大厄の場合にはちょっと難しいけれど・・



厄年と後厄年には、
結婚に関する事については
意外と無難だったりもするので、
その解説などをしてみたいと思います。



・・



気学をメインにしている鑑定師さんにも、
伝え方ややり方は色々あると思いますが-




厄年の方の特性を活かしてみる、
後厄年の場合のマイナスを反対に利用する・・




そんなノウハウを、
20年以上も続けていると、
ある程度、失礼ながら統計が取れるため、
その後のアドバイスにも、
出来るだけ反映させるようにしています。





・・さて・・・



日本で結婚=入籍という場合、
その多くは、
女性が男性側へ嫁ぐという形になることが殆ど。





これは、パートナー側のに、
同居をするケースもあるけれど、
同居などをしないで、
二人だけの戸籍を持つようになるとしても、
どうしても男性側のの系譜に入るという事に。




・・この、多くは男性の系に入る
という事を考え、
例えば女性側が八白土星で、
大厄年(本厄年)であっても、
男性の方が一歳違いの七赤金星とか、
後厄年の九紫火星なら・・





前厄の「離宮」に入る男性側の運気を活かし、
男性側の運気に乗り-




二人で離別を敢えて起こす事で、
奥さんになる側が厄年であっても、
旦那さん側の「二人の戸籍を別に持つ」事で、
厄落としとは行かないまでも、
それにより近い状況を作り出す事になります・・。





何も彼が前厄年とか後厄年では無くても、
基本的に上昇する一白水星(厄年明け)、
二黒土星、四緑木星、五黄土星などなら・・



厄年や八方塞がり年では無いので、
そちらに沿う事も可能だったりする訳ですが。





(T^T)更に・・・


前厄年や後厄年、
ではなくて一白水星や二黒土星などの、
基本的には運気が上がっている星であっても・・




皆さん、それぞれの星の位置が良い月に、
結納(~の代わりの族の食事会などや
御先祖様のお墓参りなども)、
結婚式、それに伴う新婚旅行などを行うよう、
外せない「吉方での役所の入籍」と共に、
トータルでアドバイスをしています・・。



・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 06ba01_20150123231700c8f.jpg


ハート人生の一大事ってありますね
↓そういう大事なことへは慎重に




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆






00yaku-m002_20150123231627ca2.jpg




・・さて・・・



厄年の伴侶、
彼の系に入る場合も-




坤宮という位置には入るけれど、
厄年の場合には個人的な金銭を、
自分や族のために使うには悪くないため-




大厄で北に位置するよりは数段マシなので、
彼の九紫火星が、
運気の上がっている月に、
「結納(本当は一番大事)」、
「吉方での引っ越しや入籍」
「共通する吉日での結婚式」などをアドバイス。





・・まとめてみます・・・



厄年
八白土星の皆さんには申し訳ないけれど、
特に彼の姓を名乗る事になるような、
系に入るという場合には、
北側に位置する大厄年(本厄年)なら、
来年度を待って頂くようにしています。





これはいくら女性側が、
一白水星や五黄土星とか
運気が良い場合でも、
実際に相手のの姓を受け継ぐ場合、
やはり男性に合わせるようにするのがベターだと。





来年の2月3日の節分までは控え、
2月4日の立春を待って、
彼女宅から~彼宅の方角が吉方で、
お二人の運気が、
申し分が無い月にとお伝えしています。





厄年の七赤金星、

後厄年の九紫火星の方で、

特に男性サイドが前厄や後厄でも・・




同じようにお二人にプラスな月や、
それに伴う
引っ越しや入籍などを伝えています。





反対に・・・



彼女側がお婿さんを迎えるという場合には、
その彼が養子縁組をする事も考慮し、
彼女側が申し分が無い運気の年と月に・・。




これも、一概には言い切れませんが、
出来るだけお二人にプラスの内容にするように。





素朴な疑問として-



もし、
彼女側の妊娠などで結婚関連を急ぐ場合、
出来るだけ早めに来ては頂いていますが・・




仕方がないケースとして、
お二人のお宅から見た吉方や、
共通する運気の上がっている月を選ぶ事に・・。





(×_×)ただ、やはり・・

を継ぐ存在が男性であっても女性であっても、
基本的には
「大厄年」は避けるように配慮をします。





結婚は、簡単に考えてしまえば、
単に入籍だけをすれば良いと思いがちだけれど-




実は大切な家と家との結びつきで、
長く続く家に新しい人間を迎える、
その方が家の系譜を受け継ぐという事です。





・・なので・・・



やはり、あまり芳しくないと思える、
星の位置の皆さんへは、
よほどでは無い限り、
次の年などをお勧めするように心掛けていたり。





余談ですが・・・



もちろん、一生を左右するような、
仕事を新しく立ち上げるとか、
仲間も連れて新規事業をおこすなど、
かなりの勝負となるような事にも・・



大厄年(本厄年)にはあまり良い事が無いため、
積極的にはお勧めはしてはいないのですね。





(T^T)厄年、去れど厄年・・・



全てがダメとは言えませんが、
先々に明るい未来を考えたい際には、
一般的には、
マイナスの年間は避けた方が良いと、
27年の鑑定期間でもお伝え出来る内容です。





「急いては事を仕損じる」




チャンスはある程度、
時期を選んで待つ事も大切・・。




なので、
結婚に関する一連の事はもちろん、
家族の人生も巻き添えにするような、
一生を掛ける仕事なども、
中身にはよりますが、
良い時期、良い吉方などで、をお勧めです・・☆


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。











ハートさまざまなシチュエーションがあります
↓・・その方の星の位置で違うアドバイスに




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村


 00kumab002.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

一部でもご参考になりましたら・・・

有料ですが鑑定もお受けしています(PC画面から)。

誤打は読んでいてね、コメレスなど遅れます。




別窓 | 体験からのアドバイス | コメント:0 | top↑
<<ファザコンで選ぶ男性も父似 だけど・・・ | すみませんワタシは占い師 | ストレス解消には好きなものを食べる>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |