厄落としシリーズ「たまたま離婚してしまいましたが」
2015-03-05 Thu 00:12
00broken001.jpg




昨年の秋頃の事だった-




近県に住むYさんから、
久しぶりにメールで連絡を頂いた。




彼女は30代の奥さんで、
何年か前に結婚をし、
隣の県庁所在地に嫁いだのだけど・・





嫁いだ時から、
ちょっとマザコン気味な旦那さんと、
あちらの実家と何かにつけて折り合いが悪く。




たまに着信するメール内容を見ていて、
『大丈夫なのかしら?』
~などと、ワタシの方が危機を感じていた。





Yさんは、
とりあえずは恋愛結婚だったけれど、
既にお式の招待状を出した後に、
あちらの実家と旦那さんの結び付きが、
うんざりして来てしまったらしい -




とにかく、
吉方で入籍や引っ越しを拝見はしていたが、
それよりも何よりも、
アッサリした彼女宅と、
小田舎の長男事情を抱えた彼との、
親族間の事が心配ではあったのですね・・。





メールの返信を打ちながら、
最初はご無沙汰をしている挨拶や、
近況などを送信していたけれど・・




2通目に、
やはりこんな内容が書いてあった。





『○さん・・
私、やはり離婚することになりました
と言いますか、
もう離婚届けを出してしまいました』





(T^T)うむむ・・そうだったのか・・



当たり前と言えば、
当たり前の結末なような気がしたのでありました。




どうしようと思いつつ返信をしたのだけど・・。





『出来れば仙台の実家へ一旦、帰って、
それから次の事を考えたいと思います


届けは出しましたので、
出来れば吉方でそちらに帰りたいと思い
引っ越しに関するアドバイスをお願いします』





え、もう離婚届けを?・・


いつもながら行動力のある人だ。





確かに30代になったばかりだし、
お子さんも産まれてはいなかったから、
ある意味、離婚はお互いが納得ずくなら、
きっと簡単だったのだろう・・。





しかし・・


離婚されてまだ、
彼と同居中らしいので、
それは居心地が悪いだろうなと・・。





それから-



Yさんと会話して解説をする事になり、
メールで生年月日などを記載してもらった。





返信が来て中身を読んだら、
丁度、彼女が八白土星であって、
(2月3日までは昨年ですね)
前厄年で、離宮に入っていたため、
これはかなりの厄落としとなっている事が判明。





思わず電話をする前に-



『失礼ながら、
今年(昨年ですが・・)は、
Yさんが前厄の離別期ですから
かなりの厄落としになっていますよ』



~などとメールで返信をしてみたら・・




ことのほか彼女は喜んだようで、
反対に気遣うまでも無く、
即答で返信が返って来た・・。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 09b002_20150304215931959.jpg


ハート厄落としのためにという故意でも
↓・・一部、悪いという訳ではありません




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村





もっと先を読みたい方どうぞ・・・☆






00broken002.jpg




『本当ですか、良かったです!
自分にも
至らない部分があったのは認めますが
彼が実家ベッタリなのには呆れました


それで、ご心配なく・・
今のマンションは
現在は私しか住んでいません
楽です、ストレスも減ってちょっと快調です』





・・そうか・・・



彼女だけになっているなら、
却ってそれは気楽に違いないでしょうけれど。




昨年では○月なら、
そちらからは吉方だったもので、
お電話を頂く日に、
吉方と吉日などをお伝えすることになったのだが。





「○さん、お久しぶりです、
メールのやり取りありがとうございます」





開口一番・・・



とても元気そうなYさんの張りのある声と、
きちんとした内容の会話になったので、
本当にスッキリしたのが分かった。





今年の離婚て厄落としになるんですね?
それをお聞きして、なお気が楽になりました」





「八白土星のYさんは、
2014年は前厄ですから、
運命学的には九星気学ではベターです・・


何でも、
別れれば良いという事ではありませんが、
タイミングが良かったと思います


入籍をされていたのを、
お互い嫌な思いをされて
戸籍を変えた訳ですから・・」





「今でも徹底的に嫌いではありませんが、
どうしても
あちらの実家が彼を頼り過ぎるので


普通のコミュニケーションも難しくなって
私の実家に言ったら、
時間の問題だと思っていたと母に言われて」





「で、2月3日まで、もしくは年内中に
仙台のご実家に戻れるんですね?」





「はい、実は離婚前に、
以前に勤めていた会社に連絡したら
人員が丁度、不足していたとかで、
仕事が決まっていれば
両親にも迷惑をかけないでしょうから・・


一旦、母に仕事に戻れる事を伝えて、
どうせ誰も居ないから戻って来たらと」





「いつもいつもブレない行動力ですね
ご実家でも快諾してくれて良かったですよ」





・・それから・・・



戻る=引っ越しをするのに吉方の、
○月の期日なども合わせてお伝えをした-


・・




(T^T)さてワンポイントアドバイスを




今年前厄年は七赤金星ですが、
これまで空回りして、
関係が修復が出来なくなった存在-




七赤金星は、
南側の離宮という位置にあり、
決断する、腐れ縁を断ち切る、
別れる、離れる、移転するなど、
そうした出来事が起こりやすくもある年。




例えば結婚をしていて、
彼女のようにお子さんがいない方や、
どうしても継続が難しい仲の相手へは、
タイミングが良い一年でもあります・・。





これはがむしゃらに、
別れを勧めている訳では無いですが、
確かに清算したいパートナーや存在、
勤めている会社でパワハラなどで悩んでいたら、
決断するには悪く無いと思います。




大厄年(本厄年)は八白土星ですが、
例えば大厄年だとしても、
マイナスだけでは無く、
必然的ならば今年離別を起こしても、
それも悪くは無いと言えます・・。




※因みに -



七赤金星の方たちですが・・
S5年、14年、23年、32年、41年、50年、59年、
H5年、14年 生まれの方たち。
(2月4日から~翌年の2月3日まで)



ただし、S50年の1月18日生まれ、
H5年の2月2日生まれの方たちは、
前年49年生まれと同じとし八白土星となります。



・・



その後、今年になって、
Yさんから、
無事にご実家に引っ越され、
元の会社へ勤務しているなど、
前向きなメールが着信した・・。




決意した女性は何時も強いと思う。
覚悟を決めたら、
後ろを振り向かない場合が圧倒的に多い。




・・今年は大厄年(本厄年)だけれど、
昨年、大きな厄落としをしているので、
大厄のマイナスも、
そう、大きくは来ないと感じるのですが・・。





さて-


単純に、
タイミングとだけは言い切れませんが、
たまたまであっても、
マイナスだと考えていた事が、
いわばタイムリーな厄落としとなる場合もある。




今後の彼女の普通の幸せを、
心から祈りたい気持ちでありました・・。



・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。








ハートお子さんがいれば簡単ではないです
↓・・お子さんだけの理由でも無いですが




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い・鑑定へ
にほんブログ村


 15-6s2_2015030422014560f.jpg


(゜▽゜*)いつも至らない文章を読んで頂き、

ありがとうございます・・・

一部でもご参考になりましたら。

誤打は読んでいてね、コメレス遅れます。



別窓 | 体験からのアドバイス | コメント:0 | top↑
<<「春財布」いつもよりは運が上がる買う吉方 | すみませんワタシは占い師 | 続ノスタルジックなお話「焼き芋屋の兼」>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |