「私、頑張りました」助けられた医師と吉方掛かり始め
2015-04-15 Wed 00:03
00doctor001.jpg




耳にタコが踊っているかもしれないですが-



評判がよいクリニックへの掛かり始めや、
治療へ期待が持てるような
医院での不妊治療など、
多くは皆さんの九星気学での星を出し・・



それから効果を上げるために、
現住所からの吉方を拝見する事にしている。





何故なら、
これまでにそこが評判が良くても、
何も考えずに行って、
掛かり始めをされたお客様と、
ある程度でも時期や方角を見てから・・



きちんと行かれた方では、
後から何年もの統計を取ってみると、
かなり効果や治療の成果が違っているのも、
長く仕事をしていると分かるから・・。





(T^T)そうハードでは無い掛かり始めで、
ワタシ自身がモニターと言いますか、
被験者となって、
年間や月間くらいの吉方で掛かり始めをしてみて、
自分でも、その効果を確かめている場合も多い。




お客様へアドバイスをするために、
その効果などを、
体験談としてもお話しが出来たりするからだね。





・・さて・・・




「あなたはベーチェット病です、
だから○○病院しか権威の医師がいないですから」




とか・・・




ある眼科では、ワタシの仕事のため、
きちんと早めに電話でキャンセルを入れたのに、
何が気に食わなかったのか、
次回にやたら当たられ、挙げ句には・・





「○さんのお近くに違う眼科医がいるでしょ?
ソッチへでも行ったらどうですか」




( ̄▽ ̄;)え・・・?




当日、二、三時間くらい前に、
電話でキャンセルしただけなのに、
ウチへ来るな、来る資格が無い的な言われよう。




ついでに、
左目が網膜剥離気味だから、
レーザーで片方の目で15万円と言われたんだけど。




網膜剥離気味だの、レーザーで治療だの、
それが片方で15万円だの・・・
そりゃ正規の医療費だったら、
違わないのかもしれないですけどね・・。





あなたはベーチェット病です、の皮膚科には-




「精密検査、お盆を挟んで結果が出るまで
ワタシが大変な気持ちでしたが・・
何でも無いそうですから」




最後には失明する確率が高いという、
難病であるべーチェット病と誤診した
某皮膚科の女性医師に精密検査後に結果報告をし、
(二度と行かないし・・)


それはそれでスッキリはし、
知り合いにはあの皮膚科には行かない方が良いよ、
~と口コミで広めておいたのだが・・。





ウチに来るな、網膜剥離気味、
レーザー治療に15万円・・



で、そんな^_^;
放り出され方をされた眼科だったけど。




違う眼科に変えましたよ、
ちゃんと方角も見てからですが。





この顛末は以前に書いたけれど-


で、覚えていらっしゃる方も
おいでかなとは思うのですが・・。





結果、網膜剥離気味でも無く、
レーザー治療で15万も必要は無く、
反対に・・



「そんな検査漬けにしなくても良いんです」


~と、網膜剥離の権威の、
地元でも著名なクリニックで明言して頂いて一安心。





その後にこれまで10年以上も、
網膜剥離のもの字も無いくらいに普通です。





変えようが無い医師やクリニック、
ましてや病院などなら、
仕方がない場合もありますが・・




あまりにナンな個医やクリニックは、
酷い扱われ方をしたら、
医でもある訳だし、
申し訳ないけれど、
セカンド、サードオピニオンをすべきだと、
吉方などの要素だけでは無く、
必要だとワタシは感じますけれどね・・。





(T^T)さてはて他にも・・・


こうした、ちょっとどうなのよ的な医師を、
不定期に何度か書いていましたが -




反対に不信感だけではない診察、
丁寧に診察してくれて、
手術などで少し医師という存在と、
置かれたワタシたちの状況がプラスで変わった、
そんなドクターのお話をば・・。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 09b002_20150414231029400.jpg


ハート医療関係の方たちも大変でしょう
↓・・様々なストレスを抱えているだろうし




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方どうぞ・・・☆








 00doctor002.jpg




ずいぶん前の事で、
でもまだ数年くらいしか経っていない前、
母が目の、白内障の手術をした事があった。





70代後半だったし、
眼科以外にも内科に二ヵ所、
病院に一ヵ所と、計四ヵ所 -




眼科から
紹介状を書いて頂いたのは良かったけれど、
現在、掛かっていたその医院と病院から、
初診に白内障だからと、
それぞれの医師の、
診断書を取り付けなくてはいけなくなり・・



一ヵ所は郵送で済んだけれど、
後の二ヵ所へは母本が、
診察と診断書を作成に行かなくてはいけなくなった。





それは大変だったけれど、
仕方がないので計三ヵ所の医院とクリニックへ。





一週間か、十日くらいで、
最初の眼科、内科×二ヵ所、病院×一ヵ所と、
四ヵ所の診断書などを用意し・・
また、大きな病院へと、
今度は入院手続きをしにまた再診へと。





その大きな病院で一番、驚いたのが、
医療設備がかなり新しかったこと。





医療設備はやたら高額なので、
医だと大変だとは思うけれど・・



しかもクリニックや一般の個医だから、
まあ、どこも似たり寄ったりなのは分かるけど、
大手の病院は検査自体が早い、早い。





「あっち向いて下さいね~」



バババッ!・・・

(見たことが無いハンディな機器登場)




『え、これだけで半分検査終わり!』




母と顔を見合せて驚く-




それから、
各診断書と診察で、
やはり進行は老なため遅くても、
病状を見れば今一つということで、
予約をしてから両面の白内障の手術となった。





担当の医師は、
その病院に赴任されて来たばかりらしかったが、
よく有りがちなのだけど、
理系、医学系には
ペラペラとよく喋るタイプの方でも無く・・




従ってビジネスライクな会話だけだと、
にはもれなく『感じ悪い』としか映らず、
何だかインフォームドコンセントは、
母本位に考えれば不安な内容で終わってしまった。





ワタシとしてみれば、
それは優しい医師なら、なお良いとは思うけど・・



この際贅沢は言えないし、
診察に誤りが無く手術も、
どうにか上手く行けば良いのである。





要するに、感じが悪くても、
せめて見立てとか、、
診断とかがちゃんとしていて、
難病指定の不治の病とか、
訳のワカラン中身で無ければまだマシと考える。




。。



詳しい説明もかなり分かりやすく、
だけど左目はやりにくいし、
リスクも出るかもしれないと・・




聞いていて、
もし母の目に何かアクシデントがあったら、
ワタシもキツいし第一可哀想だし・・

なんて思って沈んでいたけれど・・。





付き添いは不要でも、
両目の手術の日には待ち合い室で、
手術が終わるまで待っていた・・。





無事に終わったようで、
これも記事に書いたのだけど・・




同室になった方がよいで助かったし、
最初、両目が見えない状態だから、
なお心細かった母も、
お隣の彼女のお陰で、
とても楽しい十日間を過ごせたようだった。





ワタシが一番、驚いたのは、
手術が終わり、
たぶん他の患者さんの手術もこなした後、
その医師の男性

・・ワタシよりも一回り下くらいかな-




説明をしに来て下さり、
初診の時よりも余裕がおありだったのか、
こんな一言をワタシと母に言った・・





「○さん(母)も、
高齢なのに頑張ったと思いますが

私も今回、頑張りました・・」





( ̄▽ ̄;)え・・・・・




素直でよいけれど、
「私も頑張りました」は・・印象的過ぎて(笑)




これまで、祖父母に叔母や父親などなど、
一般的な挨拶程度はあったけれど-




そんなストレートに謙虚に
「頑張りました」なんて言われると、
反対に、本当によくやって下さったんだな、と、
患者である母もその家族のワタシさえも、
かなり救われた気持ちになったものでした。





一日置きくらいに病院にお見舞いがてら、
ウォーキングも兼ねて通ったけれど、
母から、あの担当医師の男性が、
スリッパをはこうとしていた母に、
通りがかった際に・・




「まだ包帯が取れないから大変でしょう」



~などと言って、
彼がはかせてくれたり・・
結構、気難しい母も嬉しくなったらしかった。




気持ちが揺らぐこと無く過ごせていたようで、
たまに
よい医師に遭遇することもあるんだな、なんて。





病を抱えた患者さんたちを、
毎日、たくさんの人数をこなして、
もちろん誤診の無いように、
ありとあらゆる部分が問われる医療関係者の皆さん。




でも・・・


過去に疲れ果てるくらい、
嫌な思いをして来たワタシと母だったが、
病院と医師の対応には、
感動すら覚えたのでありました。





自分だけ、家族だけが、
よい扱いをして欲しい訳では無く -




ただ、普通でも病院や、
ましてや手術なんて辛いのに、
優しい言葉が出ないなら、
最低限のフォローくらいはあってもと痛感していた中



数年前のその話は、
これからの病院や手術や、
それ以前の診察や診断に対して・・



ハードなだけの医師では無いという事を、
根本的に変えてくれた出来事でもありました。





(T^T)さて・・・


今年は年間では、
暗剣殺と五黄殺にあたる東西は、
現住所から~は基本的には運気が取れないため、
全くの初診の場合には、
最低限、抜いて掛かり始めにしてください・・☆



・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。







ハート医師も患者も大変・・・
↓・・ぎすぎすしない姿勢が大事




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 10mon004_20150414231154ad2.jpg


(゜▽゜*)いつもありがとうございます。

色々と遅れますが、よろしくね。




別窓 | 体験からのアドバイス | コメント:0 | top↑
<<ちょっと恐いボランティア活動の話 | すみませんワタシは占い師 | プレミアムというマジックにちょいだまされてみる☆日本語のぱぴぷぺぽ>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |