夫、退職後の誤算☆Wさんの場合
2015-05-23 Sat 00:14
01couple01.jpg




何となく世間は自分の主張に明け暮れ、
例えばそれだけじゃ無いのでしょうけど-



権利や利益ばかりを先に追求する、
人にはいい加減で思いやりも無く・・



なんて事が、
ちょっと前よりもやたら増えたようだ。





「これからの自分の幸せだけ、
それと私の子どもだけで良いの・・
え?夫、所詮他人だもの関係無いわ」





「あいつの豪胆さにはウンザリだよ
昨日の夕飯って、
○○のカップ麺だけって無いよね


でね、今はアイコちゃんて恋人がいてさ
だから分かられないうちに
離婚を持ち出すことにしたんだ」





・・( ̄▽ ̄;)はあ、そうすか・・・




近年、ワタシの人生相談にも、
ちょっと双方の中身をお聞きしないと、
どうにも判断がつかない相談が増え -




そりゃ、自分の主張を通したいのは、
分からなくは無いけれど、
その後のお子さんへの配慮とか、


離婚したとしても・・


奥様側なら、
一人の養育費だけではままならないので、
ご実などもあてにしにくいならば、
もちろん、仕事をしなくてはいけなくなる。




旦那様がいかような方だったかは、
その場に居ないと分からない事もあるし、
夫婦にしか理解がしにくい事もあるんでしょう。



だけど、お子さんは、
お二人のDNAを、
確実に継いでいたりする訳ですが・・・。





アイコちゃんがいかがな女性かは?
ワタシには計り知れないけれど、
アホな既婚者に貢がせるだけ貢がせて、

サヨナラをし・・



後は違うもっと条件がよい独身男性と、
めでたく(なんですかね?)
結婚された若い女の子なんかを見ているため・・




物事は最後まで、
ラストまで見届けないと分からないと、
常日頃からワタシは感じているのですが。




とかく人間は色々な面で、
かなり怖い存在だと痛感する日々ですね。


・・




さて、ここにWさんという、
還暦を過ぎたご夫婦がいらっしゃる。




彼女のパートナーである旦那様も、
後何年かで
退職した後の嘱託の仕事も終わるという、
熟年のご夫婦だった・・。





旦那様は名の知れた企業に勤務で、
一たん退職した後に嘱託で勤め直した会社でも、
仕事の手腕が認められて、
その数年間は、
意気揚々といった感じで過ごされていたようだ。




息子さん二人は国立大を出て、
一人は東京の総合商社へ・・



もう一人は地元採用ながら、
本社は東京にある
大手損保会社に就職をしていた・・。




長男は東京で結婚をし、
初孫が出来て喜びは倍増し、
次男は結婚しても、
パートナーと共に子どもを作らない主義だとかで、
それはそれで個人の自由だろうし・・。




まあ、いわば絵に描いたような、
一般的な幸せなご様子の族で・・



とにかく、ワタシのお客様の中でも、
あまり問題が無くて、
上手く行っているご庭も珍しかった。





・・でも・・・



それほどでは無いにしろ、
Wさんのような一般的な庭で、
僭越ながら叔母の例を挙げれば -




叔母は以前は、
旦那さんと、とても仲が良かった・・。




おしどり夫婦と呼ばれ、
子どもたち(ワタシの従弟ですが)は
とりあえずそこそこの大学に入り・・




従弟は今では新しいを建て、
叔母夫婦には孫も出来て、
とある時までは、
たぶん普通に幸せだったと思うんだな・・。





さてはて・・・

ワタシの親戚と、お客様のWさん、
一体、何がどのように共通しているか、と言えば-




『夫の退職』





~旦那さんが退職して、
ほとんどに居たり、
共有する時間までを考えてはいなかったこと。




この辺り、
意外と距離感があった関係なら、
仲良くも出来ていたのだとも思う訳です。




休みの日くらいなら、
1週間に1日~2日くらい、
連休だとしても、
普通は休みが明ければ会社へと勤務に戻る事に。


・・






m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 09b003_20150522233357ae6.jpg


ハートいつもは平気だったのに・・・
↓・・そうではなくなる時が来る・・・




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方はどうぞ・・・☆






01couple02.jpg




。。



Wさんや叔母がいくら、
常日頃にパートナーである旦那様と、
一般庭より仲の良い二人であっても、
とても長期で会社や勤務先を休む事って、
なかなか無いものだったりしますしね・・。




さて、
既に経験済みのリタイア組のご夫婦なら、
タイトルと共に推測が出来ると思うけれど、
めでたくWさんの旦那様が勤務が終わり、
エンドレスのような毎日の生活に・・。





(T^T)そう~なんですね・・・


いくら仲が良かったと言っても、
会社勤務だったら、
昼間は別々な行動だったでしょうし、
奥さん一人だけなら昨日の余り残りで、
さっと昼ごはんを終わらせたりするけれど・・




旦那さんが一緒だと、
合わせて食べなくちゃいけないし、
結局は朝ごはん、昼ごはん、夕飯と、
しっかり3食を網羅しなくてはいけない。




休みには1日くらいだったリビングの、
旦那さんソファー占拠が毎日に変わる。




・・かと言って、
古くは企業戦士的な仕事ぶりだったため、
趣味と言えば会社の付き合いのゴルフや、
パソコンだって中途からの導入だから、
男性サイドの趣味では無かったら、
奥さんの方がネットに詳しかったりして。





1食増える事すらストレスになり、
旦那さんを見送りした後には、
少しだけゆっくり出来る
主婦の時間帯があったけれど、
その時間帯も無く、一緒、また買い物も一緒・・




毎日、毎日、事が増え、
旦那さんはたまにしか手伝いはしない・・。




昼ごはんが1週間の中で、
似たり寄ったりなメニューになると、
味付けとか食材とかに文句を言い始める。





それは本当に、
リタイアされた旦那さんがいらっしゃるなら、
実はどちらのご族も似通っているのですが。




退職した彼を労おうと、
1日目にはにこやかだったが、
1週間、半月、そして1ヵ月が過ぎ・・



奥さんであるWさんは、
日々つのるイライラが隠せなくなって来た。





隠せなくなった後には、
つまらない事で二人して口喧嘩になり、
口喧嘩は日に日に増えたそうだった -





「あんなに仲が良かったのに・・
Wさん宅も似たような状況になりましたか」





彼女は度々、
ウチにいらっしゃるようになっていたが・・


毎回、
『それはどんなご族でも変わらないですよ』
~などと話してみて・・





得策では無いかもしれないけれど-



一緒に居る事に慣れること。



一緒に居たく無い場合には、
別々の趣味で違う時間を作ること。



または本当にずっと一緒に過ごしたいなら、
夫婦で同じ趣味を始めてみること。





常に感謝の気持ちなんて、
偽善的なことは無くても良いから、
とりあえず、
旦那さんが存在しているマイナスでは無く・・


良かった事、取りえを感じる事、
プラスの部分を考える。





リビングに一緒とか、
食事でキッチンに一緒の際に、
同じ場所に居る時には仕方がないけれど、
相手との快適な距離というのがあり、
(3~4メートルくらいだそうですが)


目的が終わった後には、
場所があるなら、
奥さんが違う場所に移動するとか、
テレビを見たかったら、
違う部屋にも一台、置いておくこと。




『親しき仲にも距離感あり』




これは誰もが感じる事であり、
これまでは環境や状況が違っていただけと、
冷静に思い直す事が大切だと、
様々なご夫婦や親戚を目の当たりにし、
ワタシが勉強をさせて頂いている部分。


・・




「・・私、自信が無くなっていて」




「それは、
たまにしか一緒では無かったからで
常に一緒という状態を、
特に女性は好まない方が多いですね」





「なるほど、そうなのね・・
言われたように、
今までのガーデニングとか、
刺繍の時間を増やしてみるわ」




「それとWさん、
毎日が暇だからとか、
有り余る時間があるでしょうとか
旦那さんに言うのは禁句ですよ」




え!私、かなり言っていたかも」




「嫌みにしか聞こえないですよ~
そんなの当たり前ですし・・

好きなら趣味で
男性だけの‘男子厨房に入ろう会’とか、
男性だけで、手際が悪いのが同じような
料理のサークルとかを勧めてみては?」




「男性だけの料理教室を、ですか」





「こちらが愚痴だらけになるように、
旦那さんにも愚痴を言って吐き出す場所とか
そうした事に、
配慮してあげると良いようですね」





・・これだけでは無いけれど、
あんなに現役の時には評価されたパートナーが、
だけになっちゃうのは、
ある意味、可哀想と言える訳です。




そりゃあ毎日、同じ時間ばかりなのは、
あちらだって同じ気持ちな筈だと思います。





室内でも快適な距離とお互いに違う楽しみを。




または、それほど一緒が嫌では無いなら、
シニア向けに楽しめる場所もたくさんあるので、
旦那さんをストレスが感じ無いくらいに、
ちょっと連れ出すのも悪く無いと思います。




『親しき仲にも距離感あり』




こんな部分を大事にし・・



お互い様な状況だと思いますし、
余生がそう多くはない年齢だったら、
ちょっと考え方と付き合いの仕方を変えて、
楽しく過ごす方がよほど良いと、
ワタシは感じるのですけどね・・・。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。







ハートほぼお互い様だと思います・・・
↓・・こうした事も時間の経過に任せてみる




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 19kuma010_20150522233427bda.jpg


(゜▽゜*)いつもありがとうございます。

変換ミスは読んでいてね、コメレス遅れます。



別窓 | 体験からのアドバイス | コメント:0 | top↑
<<どこまでがパワハラ?新入社員指導の苦悩 | すみませんワタシは占い師 | 「暗い性格を明るくしたい」ママ友の指摘で悩む>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |