付喪神(つくもがみ)に感謝して電化製品の長寿を祈る
2015-06-02 Tue 00:32
 0tukumo001.jpg




『精密機械や電化製品は吉方で買う』



これは何度か書いていたのですが・・




「本当なんかい?」




「うっそ~、そんなことある?」




などなどの疑問符がふつふつと
湧いて来る方もいらっしゃると推測されますが。





(T^T)それを実践するワタシとしては -


事務所を街中に出す際に、恩師に
超ピンポイントの吉方をアドバイスして貰ったのが、
かなり納得が行く結果となって・・





^_^;しかも、
まだまだ壊れもせずに10年以上、
その時に買った品々が元気で使えていたりし



長くお付き合いすれば、
自ずと愛着もほこほこと湧いて来て、
かなり満足をする昨今となる訳ですね~。





でもって・・・


では、
6月6日の『芒種』~7月6日の間の超では無いけれど-



吉方で電化製品などを買うなら・・



一白水星と二黒土星は「南西」


三碧木星、四緑木星は「南東」


五黄土星、六白金星は「南西」「北西」


七赤金星、八白土星は「北西」


九紫火星は「北東」



※現住所から~見ての場合なので、
住んでいる場所からの家電量販店、
または、ネットショッピングでも、
住んでいる場所から見て・・にするとベター。




 0tukumo002.jpg




・・さてはて・・・



こうした内容とは、
実は真逆なワタシなりの考え方があり -




それはタイトルの通りに、
付喪神に感謝をしながら、
かなり頑張ってくれている電化製品に、
なでなでしながら叱咤激励、
いや、というよりも・・





あたかもムツゴロウさんが、
大好きな動物を目の前にしてやるような行動。





一番、よく働いてくれる割には、
この年数の中で、
頑張ってくれている相性のよい洗濯機君。





「よ~し、よし、君はよいこだ
よい仕事をしてくれてありがとうね」




なでなでして老を労いながら、
更には、
良きパートナーでもあるため、
きちんと感謝の言葉をかけてあげている。




アホのよう、馬鹿らしい、
そのような感想さえ
出て来るのは仕方がないですが。
ワタシに取ってはバカにはならない事実です。





これは、例えて言うならば、
男性なら好きなフィギュアとか、
趣味のアイテムを愛でて、
大切にしながら飾ったり、
家族には内緒で夜中にニンマリしながら、
触ったり酒のツマミ的に眺めるのと同じ。




女性では、
頑張って買ったヴィトンの
モノグラムのトートバッグを、
好きなスタイルに合わせながら、
にっこりして悦に入っているのとも似ている。



・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 09b003_201506020017427b9.jpg


ハート愛用品にはがこもります・・
↓・・それを逆に使うという部分




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方どうぞ・・・☆






0tukumo003.jpg




付喪神(つくもがみ)について-



付喪神(つくもがみ)とは、
日本の民間信仰における観で、
長い年月を経て古くなったり、
長く生きた依り代(道具や生き物や自然の物)に、
神や霊魂などが宿ったものの総称。



この九十九は「長い時間(九十九年)や経験」
「多種多様な万物(九十九種類)」などを象徴し、
また九十九髪と表記される場合もあるが、
「髪」は「白髪」に通じ、
同様に長い時間経過や経験を意味し、
「多種多様な万物が
長い時間や経験を経て神に至る物(者)」
・・のような意味を表すとされる。


(Wikipediaより -)





・・でもねぇ・・・



白昼、こんな還暦に近いおばはんの、
硬い洗濯機や冷蔵庫にすりより、
不思議な行動を目の当たりにすれば・・




知らん方にゃあー・・ただの


『家電なでなで婆あ』なんつー、
ゲゲゲの鬼太郎に出て来る
砂かけ婆あみたいに見えるかも~~。





ただし、そんなこんなで、
ワタシなりの根拠はあり、
丁寧に使う事と付喪神に祈ること。




つまり、吉方で買う以上に長持ちを祈り、
なでなでして、
愛でることに意味があったりするので、
全くの持論ではありますが、そうしている。





意味と言いますか -



欲しいだけ欲に任せて買い、
要らなくなったら、
ある程度は修理でまだまだ使えるのに、
すぐに捨て去ってしまう昨今・・




昔、手塚治虫氏の漫画、
「鉄腕アトム」がモノクロでアニメ化された時、
アトムももちろん、ロボットなのだけど、
仲間のロボットが間に使われた後に、
空きカンのポイ捨てみたいな感覚で捨てられてしまう。



そんなシーンが何度かあった・・。





ワタシはまだ小学生で低学年で、
だけど、子供心にショッキングであったものです。



使うだけ使い、酷使してから、
気持ちの宿ったロボットを廃棄してしまう。




何だか虚しさややるせなさを感じて、
そうした回を見ていたのだけど・・。




 0tukumo004.jpg




要らなくなったら、それは
必要が無くなったという事には違いないし、
少し壊れたロボットや機械なんかは、
燃費とか、修理代とか、
一般的なリスクをかけてまで、
また使うのは無意味なのかも知れない。





だけどね~・・・



燃費の悪い壊れた機械を、
無理矢理使えという訳では無く・・



物欲以前に『本当にそれが必要なのか?』

~を考えてみると -




一日くらい経過させてしまうと、
次の日には、
衝動買いだけは抑える事が出来たりする。





(T^T)これはまた、
コレクターと呼ばれる方たちの、
様々な品のコレクションとは違いますよ。





実用性という部分を考えた場合、
書画、絵画、骨董品、ヴィンテージの玩具や、
男性サイドの趣味のコレクションとは、
また、意味も用途も違うため・・




奥さんがこの記事を読んだからと言って、
旦那さんのきちんと
カテゴリーされたコレクションを捨て去るとか、
否定するとかでは無い訳です。

(まー、たまに過剰な方がいらっしゃるけれど)





買おうとする電化製品や、
今では販売されているロボットや、
そうした『使えばが宿る品物』に関しては、
情緒的な書き方で恐縮ですが、
きちんと必要なのか、
まだ家に使える品があるのか・・




無駄にしないためにも、
基本的に物を大切にする精神を、
先ず持ってからにされてみてはと思います。





付喪神(つくもがみ)とは、
長い年月を経て古くなったり、
長く生きた依り代(道具や生き物や自然の物)に、
神や霊魂などが宿ったものの総称。





一般的なアイテムなら、
未使用品などのリサイクルでも、
結構、ちゃんとした物が手に入る現代。




品によっては、
大量消費の無駄さ加減も抑えられると、
細やかながら考えたりするのでありました・・。




「千里の道も一歩から」・・・



そんな草の根的な意識も持ってみてはと思います☆



・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。








ハート品物を大事にしましょう・・
↓・・そのような気持ちも大切にね




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 0tukumo005.jpg


(゜▽゜*)いつもありがとーございます。

一部でもご参考になりましたら・・。

誤打は読んでいてね、レスなど遅れます。




別窓 | ☆幸せワンポイント計画 | コメント:0 | top↑
<<続ノスタルジックなお話「雨雲梅干しの憂」 | すみませんワタシは占い師 | 天から使命を与えられた成功者の法則>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |