ペットセラピー☆心の傷による引きこもりに
2015-06-14 Sun 00:36
00family000.jpg




男性は感情が比較的ストレートで、
しかも実は女性よりも打算的では無く、
屈折した生き方を強いられてはいない場合-



かなり繊細でデリケートな人も多い・・。





特にティーンや学生で、
まだアルバイトなどもしていないなら、
なおのこと、世の中の人と関わる時間も少ない。




・・なので、
対人関係や体験談から生まれるような、
大人だったら意外と簡単に出来る対応が、
すんなりとは出来ないで悩む事も多い・・。





ここにお客様の息子さんで、
F君という、
まだ大学生になったばかりの青年がいる。




F君はごく普通に、
幼稚園、近隣の小学校、学区内の中学校・・



それから、勉強は頑張って、
地元でも進学校として有名な
偏差値の高い高校に受験をし、
更に通学が可能な
隣の県の国立大に合格をしたのだという・・。





(T^T)それまでは・・


お客様でF君のお母さんでもある、
Uさんからお聞きした限りでは、
大体は順当に進んで来たと言う -





その風向きが、
追い風から向かい風に変わったのは、
大学二年、
まだ専門のゼミには至っていなかった時期だった。


・・




ある日、
Uさん宅に固定電話へ連絡があったそうだ。




家に居たのは、
午前中に休講になったF君だけで、
遅い朝ごはんを食べた後に、
午後の課題の下調べをパソコンでしていたらしかった。




とりあえず電話を受けると、
それはお母さん方のお祖父ちゃんからだった。




彼女は旦那さんと、その長男F君、
そしてF君の三歳下に妹がいる四人家族だ。





「Uは居ないのかい?
携帯の番号をお祖父ちゃんは知らないから
お母さんに電話で連絡してくれないか?」





普段、慌てるような話し方をしない祖父が、
その時には酷く落ち着きが無く、
それは次の言葉を聞いてすぐに分かった。





「お祖母ちゃんが病院に運ばれたんだ
心筋梗塞で、今は○○病院にいるから」




「え?お祖母ちゃん、大丈夫なの?」




「集中治療室に居るんだよ、
だからUに連絡をしておくれ」





F君は今度は自分が焦った・・
のUさんは、
昼間は確か医療機関に居るため、
携帯電話の電源をオフにしていた筈?・・




とにかく、
完全にオフでは無い事を祈り、
の携帯電話に伝言くらい残そうとしていたが。




やはり運悪く切った状態だったため、
今度は医療機関の名称を調べて、
受付の女性に伝言を頼んだのだが・・。





それから父や妹のモバイルにも、
お祖母ちゃんが心筋梗塞で運ばれた病院や、
集中治療室に居る内容を伝言し、
とりあえずお祖父ちゃんの居る
○○病院へとタクシーで向かった。




・・向かった先の病院の集中治療室では、
面会謝絶になっていて、
看護師さんがパタパタと行ったり来たりしていた。




「お祖父ちゃん




「Uには連絡が出来たか?」




「携帯が繋がらないから
仕事場の人に言伝てしたけど」





「そうか、
仕方がないよな場所が場所だから」





・・それから・・・



お母さんのUさんがようやく到着した時には、
お祖母ちゃんは処置のかいも無く、
亡くなってしまった後だったそうだった・・。





F君はに目に会えなかったお母さんが、
祖母の遺体にしがみついて、
いつに無く号泣していたのを、
虚しく見ているだけしか出来なかった・・。




連絡が遅れたのは本当に仕方がなかった。




だけれど、
お祖母ちゃんのご葬儀の後に、
彼F君の態度ががらっと変わってしまったと言う。





「・・息子は悪くない、
医療機関の仕事をしていれば
突然のにはこうした事もあるからと
きちんと話したり、慰めたりはしたのですが」





「そうですね・・ウチでも、
御さんのに目に会えなかった、
お客様からのお話はよくお聞きします」





「そうなんですか・・
何だか、私がお祖母ちゃん(Uさんの母)
に会えなかったのは、
自分の責任だからだと思い込んでしまって」





「失礼ですが、息子さんが引きこもってから
何ヵ月くらいになりますか?
ご飯やトイレとか、
日常の事は普通に近いくらいは出来ていますか?」





「そうですね、
気が向けば食事は一緒だったりしますが
大体は時間を外して、
家族と会わないように食べていたり


インターネットでは、
友達らしき人は居るようですが
大学にも休学届けを出したばかりで・・」


・・






m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 06bana02_2015061400251610a.jpg


ハート単純な問題ではないのですが・・
↓・・意外とこれまでにはない手立ても効果が




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方どうぞ・・・☆









00family002.jpg




(T^T)あんな事があってから、
Uさんの息子さんは初めての肉と、
それが一番、優しくて好きだった祖母だった事-





しかも・・・



一番はに目にも会う事が出来なかった、
のUさんへ、
反対に彼が自身を責めているのだそうで。




様々なタイミングの悪さや、
多感なためのショックのため、
半年くらい自宅に引きこもっている息子さんへ、
であるUさんはどのようにすればと、
本当に悩んでいらっしゃる様子だった・・。





引きこもりと言う単語だけでは、
皆さん、それぞれが
違う問題や悩みを抱えていらっしゃるため、
これはこうですよ、とか、
だから晴れやかに変わりますとか、
そんな安易なアドバイスはしにくい・・。




ただ、会話の中で、
以前に犬を飼っていて大切に育てていたこと、
今は横の友達繋がりが希薄で、
昔のように友に来て貰ったりなど、
反対に逆効果のようだと言うこと・・。





それで、ワタシは敢えて、
お客様の中での何人かの方が、
犬や好きなペットを飼った事によって、
少しずつ、気持ちが安らいで行き・・




すぐにどうのこうのと言う効果は無くても、
引きこもりをしてしまった男性の多くが、
責任を持って、生き物のお世話をする事により、
かなり状況が改善されたケースをお話してみた。





「・・そう言えば、あの子少し前に、
動物の番組を食い入るように見ていました」





「動物を飼ったからと言っても、
それが却って負担になってしまう事もあります


ただ、ワタシの昔の体験でも、
長く鳥(よく慣れた文鳥)が居てくれたから
その存在は大きかったと感じましたしね」





「分かりました、息子に言ってみます」




「その際に、からかったり、
家族の皆さんに最初に言ったりしないで
Uさんが息子さんと二人で決めてみて下さい」





「二人で・・・」




「お聞きしていると、息子さん、
色々な事に真剣過ぎて完全主義のようだから
自発的にしたい、飼いたいという
自分の気持ちからにさせてみてはと」





(T^T)ここで今日のポイントを☆


引きこもりのお子さんに、
何が良いかなどは、ペットの場合には、
あくまで、すり替え的なやり方でもある。




すり替えとは、言葉は悪いですが-



つまり、何故?
自宅の部屋に閉じこもったのか、の、
根本的な理由や本人の意思などが、
確認出来ていない部分があるのは否定出来ない。





ただ、このUさんの息子さんは、
連絡が取れないのを自分で責めている、
が、母のUさんは、
既にそれは仕方がないとキッパリ諦めて、
甘受していらっしゃること・・。




では何故、ペットなのかは、
過去に好きで自発的に飼っていた犬がいて、
受験辺りに亡くなってしまってからは、
ペットは不在だったこと・・・。




だったら飼えば解決するのか?は、
それは
やってみないと分からない部分もあるけれど、
こうしたタイプの男の子には効果があったケースが。





御さんは、
では、ペットんでしまったらと、
またマイナスに考えてしまうけれど・・



命は何時かは現世から居なくなり、
そうした現実も、
きちんと向き合わせながら、
ナビが出来るのなら理想的ではある場合もある。


・・




何ヵ月かして、Uさんからお電話が来た・・。





ペットショップへ行ったら、
少し大きくなってしまってケージではなく
広い場所にいたわんちゃんが気になって
その子を連れて来ました・・」





「分かります・・
ちょっと可哀想な感じな子だったりしますよね」





「そうなんです、ミニチュアシュナウザーで
でもとても嬉しがって、1ヵ月経ちますが
毎日、朝晩と散歩に連れて行ったり
まだ先は分からないですが・・
以前よりはやる気が出ているようで、
親としては久しぶりにホッとしています」





「焦らずに、ゆっくり見守って下さいね
気分が良さげでも、大学への復学などは
本人が行きたいという気持ちを大切にして下さい」





・・何かが起爆剤となって、
過去のトラウマが再燃したり、
誰もが普通だと感じている出来事でも、
その人に取ってはハードだと感じることもある。





引きこもり・・は、
現代では大きな問題となっているけれど、
単純には言い切れない、
様々なケースが存在しているものだったり。




たまたまだったかもしれないですが、
ペットセラピーのような結果を招く場合もあると、
Uさんの息子さんのことで感じたのでしたが・・。





親御さんとしても、
また、イジメなどで仕方がなく
不登校に至ったお子さんもいらっしゃる。




イジメというのは過ぎた場合には、
親御さんが犯罪としても告発出来る場合も多い。





大変ではあるけれど、
過干渉をし過ぎない、自発的に考えさせる・・




何かのきっかけで、お子さんが、
劇的に変わる場合もありますので、
先を諦めないで下さい・・。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・


。。








アメリカでは受刑者にペット飼育で
↓更生するケースも多いそうです・・




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 ThankYou2011_20150614002605b7e.jpg


(゜▽゜*)いつもありがとうございます・・。

記事に関しては個人守秘のため、
シチュエーションやイニシャルは変えております。

一部でもご参考になりましたら・・・。



別窓 | 体験からのアドバイス | コメント:0 | top↑
<<罪よりも犯人を憎むのは当たり前「絶対零度」再放送ドラマと『絶歌』 | すみませんワタシは占い師 | 天変地異は自然界の怒りの結果☆素直にオキテを守る>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |