こんな時だから防災チェックしましょう
2015-06-20 Sat 00:15
00sinnsai15-1.jpg




9周年記事にコメント、ありがとうございました。



二日に一度は、
たぶん、自分の何かのサイクルに
合っていたのだと思われます。



(゜▽゜*)これからも宜しくお付き合い下さいね☆





・・さて・・・



10年目に入る一回目の内容ですが-



昨今、突然の火山活動や噴火、
それに伴う地震、伴わない地震・・



更には平野での竜巻や突風、
天気の急激な変化など
数え切れない天変地異が起きています。




少し前に・・
決して驕った気持ちからでは無く

『天変地異は自然界の怒りの結果☆素直にオキテを守る』



・・という、
実は自然界の怒りであるらしいと、
スピリチュアルな面での記事を書いたのですが。





「実際、そう言われましてもね」




・・的な感想の方でも、
もし、自分が唐突な噴火や、
震災のような大規模な地震に襲われる・・




実際にそんな経験をされた方たちは、
では、そんな過激な天災が起きた際に、
いかに人間一人が非力かを感じたと言っているのです。




怪我やアクシデントももちろん、
生きていて元気な場合でも・・



一番は、普段は気にもせずに使っていた、
電気、水道、ガスなどが、
一瞬にして断たれてしまう
いわゆる『ライフラインの寸断』
・・という憂き目に遭う訳ですね。





自分でもあの東日本大地震の時-



長い長い地震の後には、
今、便利に使っている電気はもとより、
トイレから水が出ない、洗う事も出来ない。




むろん、
電気というモノはあらゆる品が存在していて、
スマートフォンや携帯電話や、
一般的な固定電話、パソコンなども、
いくら充電を欠かさない生活を小まめにしても、
とにかく、
震災の場合で言えば、
一気に何も稼働しなくなってしまったので・・。




あの時にはまだ3月で雪がちらほらしていて、
アナログなストーブが大変に役立ったのを、
今でもハッキリと覚えています・・。




アナログの煮炊きが可能なストーブは、
カセットコンロと共に、
出来れば今後、暑い夏以外なら、
何時でも煮炊きも、お湯も沸かせて便利です。



何せエアコンだって、
ライフラインが戻らない限り使えないので。





でもって、
電気を発電出来るような今どきの家でも、
その限界がきっちりあると思いますので・・。




逆転の発想で-


無ければ大変に困る家の家電製品の代がえや・・


しのげる食べ物や水は必須ですが-


それ以外にも通院されている方なら、



保険証や薬など-


各警察や自衛隊の皆さんが、
ハードな地域から帰還された際に、
頼めたりする場合もあります。




記載するとか、手元にデータがあるなら、
防災用品に必ず入れておくお薬手帳があれば、
薬品だけでも助かるため大変に便利ですね。


・・






m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 08cb002_20150619235841fa0.jpg



ハート身に付けるのは意識・・・
↓・・強い心と判断力が求められます




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆










00sinnsai15-2.jpg




・・さて、
ネットショッピングで食材を買っていたのに、
電気が来ていないためパソコンも使えず、
食材が買えない、よって料理が作れない、
大人ならまだ我慢出来たりしますが・・




お子さんたちが「お腹減ったよ~」と泣いていても、
近所のコンビニでも略奪こそ無かったけれど、
食べ物なんて、
あっという間に無くなっていて、
とにかく「普通だった事が出来ない」ものです。




・・なので・・・



今回はある程度、これまでの事をまとめて、
分かりやすい基本に立ち返って、
そんなあれこれをお伝えします。





先ず、防災用品や最低限、
常備していた方が良いアイテムに関しては、
リンクでの過去の記事をご参考に・・




☆防災リンク

マグニチュード9の地震体験から①備えあれば憂いなし最低限アイテム


震災後8ヵ月経過マグニチュード9の地震体験から②「とっさの際の注意点と気構え」




一つの燃料に頼るのは危険「東日本大震災体験所感」



震災から四年☆自分のためと考える防災



震災から3年①「サバイバルに強くなる





↑どうしても防災がメインですので、
重複した内容なのはご容赦ください・・。




^_^;ただ -


「過去の記事をリンクしただけじゃないんかい?」



などと思われたくもありませんので、
これから、最低限に要る品や、
とっさの心構えなどについてを書いてみます。





1:地震や天災の場合の基本と気構え-



とにかく最低限の食べ物や
飲み水を準備しているのが先決ですが・・。




特に地震になった場合には、
なる前にきちんとした帰宅経路や
(電車や交通機関が止まり帰宅難民化しますので)
家族で、出来れば集まる、
自治体指定の避難場所は決めて記憶しておくことです。




会社に居るなら、
ある程度、仲間が周囲に居る訳ですね。


震災だけでは無く、
地震による火事なども起きていたりするので、
辺りに注意しながら、助け合って、
帰宅出来るなら帰ること・・。




とっさだと、人は焦りますが、
冷静さが大事だと感じます・・



そんなアクシデントに対して、
メンタル的な部分を鍛えておきましょう。





2:災害が一たん終止した時に-



地震、火山の噴火、台風などからの水害、
災害の種類にもよるのですが、
日頃の避難訓練などを侮らないで、
時間があるのなら家族で出て、
消防士さんや、
自衛隊の皆さんからのレクチャーを受けてみること。




これも四年前の震災を例に挙げれば、
まさかの地震が3分という長さだったもので・・。




怪我に気をつけながら、
点けていた火は消した方が良く、
揺れが収まるまでは頑丈な柱のあるような、
扉が開けやすい部屋で揺れ無いまで待つこと。




ただし、もろい家もあると思いますので、
揺れ(水害なら多量な水に注意)がどうにか収まったら、
最低限、戸締りをして安全な集合場所へ行くように。





反対に災害対策された丈夫な家なら、
もちろん、周囲の火事などが無いか確認し、
度合いにもよりますが、
家族と手分けして昼間なら暗い夜に備える-




夜ならなおのこと気を付けて、
用意していた灯関連のグッズを使う・・




または防災用のロウソクなどを点けて、
用意する中身に入れておくと便利な、
電池式ラジオで状況の確認をされて下さい。





3:家族で用品出来るアイテムを用意しておく-



前後しますが、
ワタシが書いている記事中にあるアイテムは、
実体験上、大切だったりしますので・・




検索で色々と出て来ますから、
家族で相談などを予めした際に、
必ず必要なウチのアイテムなどと共に、
揃えておけば困らないと思います。





水は飲み水とトイレで流すために、
いつも書いていますが・・


流すための水を、
お風呂か石油用タンクなどに真水を入れていると、
とにかく流せますし便利だと思います。




・・さてはて、
リンク中の文章を読んで頂き、
地震には津波が、
台風には嵐と水害などが、
火山の噴火には、火砕流や石が降って来たりと、
様々な天災がありますので-



「ウチは絶対に大丈夫」



~などと言った、
変な自己過信は禁物でしょう・・。




『備えあれば憂いなし』



『転ばぬ先の杖』




ある程度は地道な備えや、
基本的な、
防災への意識をちゃんと持っているべきだと、
被災地に居ると感じます。




(T^T)何時か何処かで、
なっては欲しくない天変地異が起きた場合、
予期しなかったでは遅すぎる事もあります。




ご家族で意識を持って、
対策を考え、調べて、
そうした事を大事にして下さいね・・。


・・






すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。







ハート家族と自然とあなたと・・
↓・・生きることを考えるなら大切




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


11kumab003_20150619235906a5b.jpg


(゜▽゜*)今後もよろしくねー・・・。

相変わらず誤打などは読んでいてください。

コメレスなど遅れます、すみません。


別窓 | 体験からのアドバイス | コメント:0 | top↑
<<「幸せって何ですか?」私が悩むお客様のご質問から | すみませんワタシは占い師 | クマちゃんの小芝居劇場 「重大な発表って・・・え?まさか」>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |