病院で泣く人☆子離れできないお母さん
2015-07-11 Sat 01:05
00mother001.jpg




ある時、の代わりに、とある病院
(ベッド数とかワカラナイので病院と呼ぶことに)
~に薬を貰いに行くことになった・・。




内容が内容なもので、
以下、病院とだけしておきますが-



昼下がりの時間帯は比較的すいているため、
その辺りにそちらに伺うことにしていた・・。





受付を済ませ、
処方薬の順番を待っていたのだけど、
待合室で待っていた時に、
ワタシはこの病院では、
あまり見かけない同年輩の女性がいらした。




診察は終わっていたようだったし、
だからと言って、どうやら
処方された薬を待っていた様だけでもなかった。





まだ待っている患者さんがいたし、
たまたま
その女性の隣に座っていただけなのだが・・。




どんよりした奥さんの立場のような女性は、
一人分くらい間を空けた隣だったけれど、
何かを待ちながら、
ついに、ダムが決壊するような勢いで、
失礼ながら古い表現で言えば、
さめざめと泣き始めたのでありました・・。





『え・・どうしようか・・・
ワタシに何が出来るんだろー
しかも、誰かが来るかもしれないし』





最近、わんわんとまでは行かないまでも、
ワッと泣き出し、
年上と思われる女性が泣いているのを、
こうした場所では見たことが無かったもので。




少し驚くと共に、
余程の出来事があったのかなと、
その時点では心配だったけれど -





・・が、そのうちに、
看護師さんの帽にラインが入っている、
主任さんとか看護師長さんらしい、
もっとご年配の関係者がいらしたので、
ちょっとほっとした感じになった・・。





看護師さんは、
ワタシとその泣いている女性の間に、
静かに座って、
更に静かな会話をし始めたのでありました。





「ヨネタさん(仮名です)ね~
先生が、これ以上は薬は出せないって・・」





出せない、に反応し、
更にしくしくと涙が増加したような彼女は、
ことさら泣く勢いを強めた・・





「毎晩、お酒飲んでるからですか?
止められないの、寂しくて寂しくて」





「アルコールに抗精神薬を過剰に摂取すると
それこそ、後から大変な事態になったりするのよ」





(×_×)大変に申し訳無かったのだが、
ワタシは普通な俗物なもんで、
耳がダンボのよ~に研ぎ澄まされてしまった。




しかも、ただならぬ様だったし、
自分も服用していた抗精神薬の話だし、
ヨネタさんと看護師長の会話を拾ってしまった。





「どうしてそんなに寂しくてお酒を?
ヨネタさんはご家族がいらしたでしょ?」





さめざめ泣く女性のサイドに座り、
嗚咽をもらす彼女の肩を撫でながら、
今度はヨネタさんの事に受け答えしていたのだけど。





・・でも彼女は・・・




「息が大学卒業したら、
帰って来るって言ってたのに
企業に勤めが決まっちゃって・・・」





「だってそれは仕方がないでしょう~
反対に、こうした中で言うのもあれだけど、
良かったじゃないですか・・


今どきは働かないとか、
に毒づいてニートとかいうおさんも多い中」





・・わんわん、さめざめがまた勢いを増した。


・・






m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 08cb002_20150711004518ea9.jpg


ハート愛情と、その後の適度な放任と・・・
↓・・というだけではないですが・・・




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと読んでみたい方だけどうぞ・・・☆






00mother002.jpg




たぶん、その泣く女性は、
確かに息さんの大学進学や、
聞けば、大企業に就職されたとか、
そんな事は傍らでは喜び嬉しいのでしょうけど・・


(だってこの期に及んで大企業とかナンとか
自慢を会話にきっちり入れていたし)



ただひたすら寂しいのだと思う、
旦那さんはまだ現役らしいし・・。




ワタシよりも年上の男性なんて、
それこそイマドキの若い男性とは違い、
育児だって奥さん任せだと思うし、
家庭より男は仕事だ、とか明言する人が多かったしね。





・・ただ・・・



たぶん、一人っか、
または女のがもう一人と推測されるヨネタさん。





どもは小さいうちは、
それはが手を掛けて育てたり、
家に不在な伴侶の代わりに、
幼稚園、小学生、中学生、そして晴れて大学へなど、
本当に成長が楽しみだと感じますが・・。





中学生辺りで反抗期に拍車がかかり、
無事に高校に進学した辺りからは、
特に男のって「ママ」とか、
しみと愛情を込めて言っていたのが、
何時しか母ちゃんとか、ちょっととか、
照れくささから母への呼称が変わったりする。




変声期を喜ばしく思いつつも、
ママからちょっと、だけの呼び方で、
これまでに無かった疎外感を感じるのではと。





(T^T)独身者のワタシが、
明言しにくい母と子についてですが・・




横のヨネタさんには、
やはりアルコールと抗精神薬のブレンドでは、
生命の危機感や、その先に
うつ病といったキーワードを感じるため・・



医師の専門的なアドバイスが必要だろうし、
今となっては慰めがある方が良いと感じるけれど-





今、男の子を育てていらっしゃる
(お子さんへの依存が女の子でも、
なお強いですからご注意を)


お母さんたちには -




残酷なようだけれど、
幼少のお子さんのうちは良いけれど、
先を徐々に考えた場合には、
何時か息子さん、娘さんが、
あなたの元を離れて大学生になったり、
その後には社会人となったりすることを、
子育ての先にちょっとだけでも意識しておくこと。





お子さんはあなたの子どもでも、
皆さんが大人になり、
今の旦那さんと結婚をしたように、
好きな異性を連れて来る日が必ず来るということ。





『子離れ出来ない





~というのは、
今、かなり問題になっていて、
それはこうした世の中だし、
縦横の人間味のある繋がりが
昔よりも失せてしまっている中・・・




唯一、血を分けた子どもに対して、
寝食を忘れてまで、
ひたすら愛情を注いでしまった結果も、
色々な意味で分からなくもない気がします。





。。



人は何時しか旅立ち、巣立ち、
違う道を歩いて行くものなので、
その辺りを甘受しながらの方が、
後々、皆さんが救われると思うんだな・・。





楽しく子育てをされている皆さんや、
まだ反抗期なんて関係がないお母さんには・・





「ふん、何よ、あなたなんかに言われたくないわ」




などと感じるかもしれない・・・。





けれど、子どもの成長は早いです。




息子や娘さんに依存してだけ来てしまった方は、
まさかの第二のヨネタさんになるかもしれないし、
それは、彼女のような立場にならないと、
確かに理解がしにくいとは思いますが。





回避方法としては、
子育てが一段落した段階で、
ある程度の仕事を始めてみる、
出来なかった趣味をまた始動してみるなど。




一番はお子さんべったりにはならないで、
自分という存在が、
成長した子ども抜きに好きなことを継続させること。





反対から考えれば、
ヨネタさんの息子さんはかなり順当に生きてらして、
東京の大学に進学し、
更に一流企業にも就職が出来た訳ですね。





会社では、学生の頃とは段違いだろうし、
ハードな人間関係もあるかもしれない。


が、それが社会だし、
一様ではなくても皆さんが似たような道を通過する。




お母さんは確かにちょっと悲しいかもしれない。




でも、その後のこうした違う喜びを、
違う場所で共有するということは、
小さい頃と何ら変わらないのだと思うのです。


・・




・・ワタシはその時、帽子のラインが違う、
看護師長さんの言葉が、
後から何となく見に染みた・・。





「私も今は一人なのよ
つまらないことを言うようだけど、
人間は何時か一人になってしまうのよ
それは誰でも同じようなものなのよね」





『 ( ´△`)看護師長さん、ありがとー・・


その言葉、
ワタシの場合、母が亡くなった時に、
ちょっと思い出してみたいと思います』





・・でもって・・・



母として頑張って来たヨネタさんに、
陰ながらエールを送りつつ、
平穏な毎日になりますように祈っていたいと思います。


・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。









ハート人間は不思議です・・・
↓最初から手がかかってしまうもの




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


11kumab003_20150711004723ff4.jpg


(゜▽゜*)いつも読んでいただきありがとうございます。

考え方はいろいろありますが、

一部でもご参考になりましたら・・。

誤打は読んでいてね、レスなど遅れます。



別窓 | かなりマジメなお話 | コメント:0 | top↑
<<先生たちの魅力で見るバラエティー番組「プレバト」 | すみませんワタシは占い師 | 命名 ☆ 変わった名前過ぎると子どもが負担です>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |