別れと別居☆女性から嫌われた二人の男性
2015-08-12 Wed 00:14
00goodbye001.jpg




最近、何人かのお客様から、
今の旦那さまへの文句や、
ついでの元などへのブーイングを聞くことに。





(T^T)そりゃ男性だって、
前向きで行動力のある女性が社会進出し・・



こうした世間の風潮に右に習えをして、
言葉は悪いけれど、可愛いげがない女性も急増。





主義主張ばかりを通すようになった、
女や奥さんを横目で見つつ・・
そんな奥さんや女とかに日頃の怨みくらい、
タラタラと言いたいとは思いますが・・。





まあ、もしかしたら、
後学のためになるかもですので、
しばし、お付き合いください -





ご相談の旦那さまへは、
一人は別居中、もう一人は家庭内別居に近く、
また一人の方は旦那さまではなかったため、
既に先月には別れていらっしゃるとのこと。





それが今回に限って、
何故か似たような男性への不満点だったので、
なるほど、
と感じた性格の共通点などをまとめてみます。




先月、
一年くらい付き合っていたと別れたAさん。




それは自分にもNG点はあるのでしょうけど、
そのが決定的にキツいと感じたのは・・




『人に合わせない、合わせられない』


・・という部分があまりにも強かったため。





例えば・・・

知り合いの仲間同士で飲み会になったと。





最初っからそうした仲間のイベントに、
その方が入りたくないなら、
それはそれで行かなければよいのだし、
「都合が悪いから」とか理由をつけて、
丁寧に断れば良い訳でしょう~?・・





女が「え?」と思ったのは、
予定された日に飲み会があって、
日にちは大丈夫だからと返事をしておきながら、


当日、大好きなサッカーの
試合があったのを忘れていたようで、
録画すればよいものを、
リアルタイムで見たいからとそちらを優先。





まあ、大好きなら仕方がないけれど、
断りの連絡も無しで、
しかも、飲み会前に集まる喫茶店に、
彼女Aさんが彼の到着を待っていたらしかった。




彼の仲間との飲み会だから、
彼女に取っては初対面の人もいるし、
そんなサッカーの試合なんて分からなかったから、
彼が来るのを待っていた・・。





途中、5分、10分と待ち合わせ場所に遅れ、
心配して彼女がLineでとか通話で連絡しても出ず。




仕方がないから、
Aさん判断で飲み会に参加をし、
割りと面倒な彼氏がいないため盛り上ったそうな。




。。



次の日に何故、来なかったかとか、
彼から聞かれた飲み会の様子なんかを話したら-




先ず、当たり前のことだと思うけれど・・




「え!・・
サッカーの試合見たいから来なかったの?
だったら最初から
行かないと返事すればいいじゃない」




それに対して、
彼が来なくて何だか申し訳無かったと、
付き合いで飲んだだけなのに・・





「普通、彼氏が来なかったら行かないだろ
何で俺の友達と勝手に飲んでるんだよ?」


~などと逆ギレされた・・。





そんな試合優先で、
約束をすっぽかし事件が幾つか -




・・その度に全部、
彼女が飲み会に参加した訳じゃないけれど。




同じ理由で、
サッカーの試合と分かっていても、
とりあえず行く予定にしていたのは、
仲間に声をかけられなくなるのが嫌だと^_^;




つまり、サッカーの試合と分かっていても、
声をかけられたかっただけ、
仲間外れにされたくなかっただけだったという理由。



・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 06love003_201508112257338a3.jpg


ハートそういう部分だけではないですが
↓一部のことから気づくことも多いです




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆








00goodbye002.jpg





予定を蹴る方がよほど、
仲間にはマイナスイメージになるだろうに、
Aさんはやってられなくなり、
先月に「別れましょう」宣言をしたようで。




ただ、の仲間は良い男性が多く、
そちらと意気投合したもので、
サッカーの試合がある時に、
が来ないのを知っているため、
たまに会合には出たりしているようだった。





「寂しいからとか約束しても、
出ないなら約束しなければ良いでしょうし
仲間の皆さんも分かっていたようでしたが、
なんか、
それだけじゃなくて全体的にお子様でした


・・




別居をされているBさんのケースから -



『奥さんを信じないしつこい男性は嫌われる』





Bさんは子育ても一段落した主婦だった。




昔っから知っていて、
長い間、聞いてみたいことがあった際に、
ウチにいらしてくれていたのだけど・・。




別居は敢えてしていた訳ではなく、
の一時的な単身赴任での理由だったらしい。




。。



かなり真面目なBさんの日常を、
ただの知り合い程度の人が、
あらぬ噂を旦那さんに言ったことから、
元々あったと思われる、
旦那さんの奇行が始まったらしい・・。





(T^T)単身赴任をしていた旦那さん、
止せばいいのに近所の噂好きお節介爺さんに、
こんな風に言われた一言を信じてしまった。





「あんたの嫁が
○○町で知らない男と歩いていたぞ」




・・知らない男と歩いていた・・・





「大体、営業の補佐なんだから、
その噂好きな爺さんには知らない男性
例えば営業マンと歩いていたりって
日常ではよくあることなんですよね」





Bさんは馬鹿らしいながら・・


このままだとようやく、
娘が一人立ちして他県に就職し、
あと10年もしないうちに退職にもなるし、
まあ、いささか問題はあっても、
老後は今の旦那と暮らすつもりでいたのだが -





「ホント、奥さんを
それだけ信じられない人も珍しいです
しかも、もっと
信頼が出来る人からの話ならまだしも
近所の噂好き爺さんの話を信じ始めたなんて」





「・・もしかしたら?
旦那さん、ご自分にやましい事でもあったとか」





「あー、なるほど・・
だったらなお馬鹿らしいとしか言えません」





・・それから・・・



Bさんの旦那さんは、
懐疑心のカタマリと化したようで、
毎週、単身赴任先から帰宅すると・・





「その男とはまだ続いているのか?
何で黙ってるんだ?
何か言い訳とか言えないのか」





ねちねちねちと、根拠の無い話をされ、
仕事で疲れている中、
うんざりしたBさんは、
とうとう、自分が家を出てしまい、
今はアパートで独り暮しを始めたのだそうだ。





「それが、誰から場所を聞いたのか?
毎週、週末にアパートまで来て
相変わらず同じ話をされるんですよ~」





「旦那さん、何をどうしたいんでしょうね」





「ホント、先日なんて
お前が謝れば許してやる、
帰って来ても構わないとか言い始めて
大体、許すも許さないも何もしてないんですから」





Bさんは、今、
東京に仕事に出た娘さんに訳を話し、
離婚に向けて準備中だと言う・・。





これらの話は、
カップルの一部の話かもしれないけれど、
その一部があまりに不毛な場合、
例え10パーセントの中身だとしても、
重たさのある10パーセントなら、
それで判断がついてしまう場合も多い -





自分の都合を優先したいなら、
サッカーファンのなら、
予め試合の日は約束を入れなければ良いのだし、
仲間がそうした事だけで離れてしまうなら、
それだけの人間関係なんだとも思う。





別居をされた方に関しては、
長年、連れ添った奥さんよりも、
近所の爺さんの言動を優先している点で、
既に夫婦間に亀裂を自ら入れてしまった。




奥さんを信じられない理由が、
もしも奥さんではなく自分にあるなら、
それもまた違う意味でNGだと感じますが・・。





付き合っていたと別れる、
連れ添ったパートナーと離婚する・・。




どちらもちょっとしたボタンの掛け違いとか、
お互いの理解不足だという事が多い・・。





特に男性に言いたいのは、
スイッチが入ってしまうと、
周囲が見えなくなる男性脳の持ち主なので・・



付き合っている、暮らしている女性に、
何らかの事があったのなら、
つまらない懐疑心を燃焼させる以前に、
もっとよく普通に会話をする事だと・・




今回のお二人の別れ話で、
かなり痛感した次第でありましたが・・。



・・






すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。









ハート修復できることから向き合う
↓失いたくない人には特にコミュニケーション




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 04kuma016_20150811225907a89.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

誤打は読んでいてね、レスなど遅れます。



別窓 | 体験からのアドバイス | コメント:0 | top↑
<<お盆話2015その1「祖父の所望とお墓参り」 | すみませんワタシは占い師 | この夏元気になれるドラマ3つ『ナポレオンの村』ほか>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |