続ノスタルジックなお話「運動会バザーの力」
2015-09-15 Tue 00:21
00undo-01.jpg





海外への修学旅行だ~、
USJにディズニーランドだ~・・



(T^T)なんつ~レジャーに種類がない、
映画会や運動会が花形だった頃。




もちろんインターネットも無い不便な日々。



・・嗚呼、昭和30年代・・・





・・で、今日はこんなお話。



・・




東北の夏休みは25日くらいで終わるため、
休み中の宿題も、
割りと早く提出することになる訳で・・





今年もまた、
母親泣かせな休みの課題の提出は、
またまた母親のプランが通り、
まるで毎年
親が自由研究や課題をこなしているかのようだ。





「あんたたち、毎回いい加減にしてよね!」



~とかナンとか言っていた母だったが、
9月になった時に彼女を小躍りさせる出来事が-




母が苦肉の策で、
頑張って片付けた妹の課題が賞を取り、
更にそれは小学校内の受賞ではなく、
市内の児童のコンクールだったため、
やたら気を良くしていたことがあった。





「ほら見なさい、お母さんの才能だね」





そんな得意げな母を見ながら、
従姉Rとワタシと妹は思った・・。




『叔母ちゃん、喜んでいるけれど・・』




『お母さんの文才は小学校低学年並み?』




・・だって、良く書けていても、
所詮、低学年に合わせたと言ってみても、
これが高校生の作文とか読書感想文だったら?


~なんて可愛くないことを、
密やかに考えるのでありましたが・・。





・・さて・・・



9月も中旬くらいになると、
来月の運動会の準備なんかに入る。





今だと簡略化された運動会が多いけれど、
のどかな昭和中期には、
家族でお弁当を持参して来て、
お昼休みには家族揃ってみんなでご飯を食べる。




更には、隣の児童公園には屋台が出たり、
近隣のお店がバザーを開いたりして、
運動会の競技やお昼ご飯の他に、
一年に一度の違った楽しみがあったのですね~。





徒競走とか、順番制を入れた先生が決める、
まさかのリレーの選手に抜擢なんてことだと、
ハラハラドキドキな待ち時間が苦痛だけど・・




( 〃▽〃)もし、そんな不運があったとしても、
その間やその後のバザーとか屋台を、
苦痛と引き換えにすり替え行為にし、
究極の娯楽と食欲を残しておく。




00undo-02.jpg




おバカなようだけど、
こんな能天気な小学生にも、
かなりストレスに感じる事があったりするから。





「○ちゃんは何にするの?」




「うーん、冷凍イチゴは入れる」




バザーにはあらかじめ、
児童には希望の食べ物を選ぶように、
学校からプリントが渡される・・。




バザーの引き換え券を選ぶ時には、
ちょっとウチでは食べたことが無いような、
美味しい食べ物を選ぶことにしていた。





今なら大きなスーパーには、
冷凍のみかんだけでなく、
ブルーベリーやカットフルーツが沢山あるが-




あの時代、冷凍イチゴというのは、
運動会にしかお目にかかれないモノで、
ワタシはこよなく、
その冷凍イチゴを楽しみに、
嫌な競技やらリレーやら徒競走を、
我慢しながらこなしていたと思う・・。





・・すると、横からRが・・・




「いいよね~、小学生は
うちら中間テストになるんだよ
小学生に戻りたいなぁ、全く・・」





夏休みの大量な宿題の時と同じように、
フゥーッと深いため息をついて、
また再びウンザリしているのでしたが。





そんなのはどこ吹く風とばかりに、
妹とワタシは期待を胸に、
バザーの記入用紙に書く手が浮かれた。


・・




運動会の前の準備期間に、
ナンと、ちょっとした事件が起きた。




その時の担任が止せばいいのに、
リレー順番制を入れた先生で、
嫌な予感はしていたのだけど、
あいうえお順でワタシがメンバーに入ってしまった。





リレーのメンバーですが、
UさんEさんとOさんとKさんの四人です」





( ̄▽ ̄;)え゛ワタシもかいな?・・・




その日から、
バザーの冷凍イチゴどころではなくなった。





仕方がないけれど、
ワタシと共にあまりリレーに貢献しにくい、
Oさんこと、ヒロミちゃんと、
二人で悩みながら特訓をすることになった。


・・






m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


09higan010_20150914223425998.jpg


ハート楽しみと苦しみは同時にやって来る
↓そんな時代のそんな出来事・・




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村





もっとタイムスリップしたい方はどうぞ・・・☆






00undo-03.jpg




前に、違う学年の時にやらせられていた、
砂袋をいくつか入れた古タイヤにヒモを結んで、
その頃に流行っていた
『巨人の星』の星飛雄馬の、
大リーグ養成ギブスとは行かないまでも・・




簡易な足速めタイヤで、
秘かに市民会館(公会堂と言っていた)の、
建物脇の川が見える空き地で、
学校から帰ると特訓をしたのでありましたが。




ウチに帰れば、
夕飯でお腹が一杯になったのと、
古タイヤ特訓の疲れで、
ぐったり、いや、ぐっすりと爆睡した。





「○ちゃん、何だろ?」




毎日、ぐっすり寝てるね、ご飯のあとに」





そんなRと妹の不思議な顔付きも何のその、
足速めタイヤ特訓は地味~に続けられたのだった。



・・




遠足に次いで運動会もまた、
何故か雨模様に途中で変わるという、
毎年、天気が急変する不吉な予感の中-





どーにか天候にも恵まれ、
だけどハラハラドキドキのリレーがあると思うと、
既にウンザリとした気分だったりした。




日曜日なので、
従姉Rや伯母ちゃんも、
途中からお弁当を持って見に来るという。





「えー!やめてよ





Rは小学校時代も中学に入ってからも、
足が速いので有名で、
常にビリになったクラスでも、
アンカーになれば何人もごぼう抜きし、
いつもクラスを優勝に導いていた人物である。




中学に入ってからは、
陸上部にしつこく勧誘されていたが、
本人は興味が無いと言って、
文化系の部に入っていたりした・・。





リレー、間に合うように見に行くからさ」




『う・・・・・』





不吉な天気に不吉な気持ちが追い打ちしたが、
そこで足踏みしているワケには行かないので、
早々と学校へ向かった・・。





校庭にはきっちり白ラインが引かれ、
万国旗がはたはたとはためいている。




運動着に紅白の帽子、
校舎の前にはテントが建てられ、
バザーの場所や、
児童公園にもテキヤのおにーさんたちが集う。




嫌が上にもう~んど~か~い!
という雰囲気は高まり、
そして、嫌なことは意外と早くやって来るもんである。





玉転がしとかパン食い競争など、
愛嬌がある児童の競技は続き、
低学年の徒競走までが終わった。




いざ、楽しみな昼ごはんと思い、
家族席を見てみると従姉Rと伯母ちゃん母に、
こともあろーにハトコPまでがやって来ていた。




『昼ごはんの後にリレーなのに・・』





 00undo-04.jpg




イマイチドキドキは止まらなかったが、
一番楽しみにしていたバザーのコーナーに。





「え?あれ、違うや




持参したバザー券には、
一年間も待ちに待った冷凍イチゴの券がなく、
代わりに冷凍みかんと記載されたチケットが。





( ̄▽ ̄;)れ、冷凍みかんて・・・





どうやらワタシは、
間違ってみかんにチェックをしていたらしく、
みかんを受け取り愕然としてしまった。




他ののしイカやチョコレートを受け取っても、
何だ気分は晴れず、
がっかりしているところにヒロミちゃんがやって来た。





「あ、○ちゃん、どうしたの?」




「間違えた、みかんとイチゴを」




そう言うと、みかんを見てヒロミちゃんは言った-





「みかん、好きだし4個もあるから、
イチゴと代えてあげるよ




「え!いいの」





足速めタイヤ特訓仲間のヒロミちゃんは、
快く冷凍みかんとイチゴを交換してくれたのだ。





家族とおにぎりやら稲荷ずしやら、
卵焼き、ウインナーにお漬物など、
定番のお弁当を食べ、
一番に期待していた冷凍イチゴも食べると、
何だかいつもよりパワーが出てきた感じに。





リレーが低学年から始まり、
いよいよワタシたちの番になった・・。





「ヒロミちゃん、ガンバろう!」




「うん」





四年生の女子リレーは、
最初はあまり差は無かったけれど、



最初はビリだったのが・・・



途中からイチゴパワーかギブスの効果か、
ヒロミちゃんが一人抜いて、
ワタシにバトンタッチし、
それから、これまでに無い速さで、
ワタシも一人抜いたのでありました。





「○ちゃん!いいぞ」




コーナーで誰かの声がしたけれど、
気にせずにアンカーにバトンを渡した。





・・・ 何時になく 風になれたよ 冷凍イチゴ・・・





四年生女子リレーでは二位になり、
景品も鉛筆よりはマシな品物になった・・。




ヒロミちゃんとワタシは、
珍しく担任の先生から誉められたので、
本当に嬉しかった結果に喜んだ。





「ヒロミちゃんありがとねーイチゴ
お陰で元気が出たよ~」





帰宅前に、
ワタシは違う友達と屋台の金魚すくいをした。





友達が二匹、ワタシは一匹だったが、
金魚すくいでまともに金魚が捕れたのが奇跡で。




その金魚は、
ちょっとばかし色があせたけれど、
次の春まで生きていたのでありましたさ・・。





・・嗚呼、昭和の無難な日々は更け行く・・・



・・





すみませんワタシは占い師




・・・続くかも・・・

。。









ハート秋の夜長にはこんなお話を
↓・・懐かしい想い出はなんですか




FC2ブログランキング





人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 11kuma007_20150914223516eee.jpg


(゜▽゜*)いつもありがとうございます。

誤打は読んでいてね、レスなど遅れます。



別窓 | ノスタルジックなお話☆ | コメント:0 | top↑
<<ゴミ部屋の住人に幸せは来ない☆タイプと風水と | すみませんワタシは占い師 | 転勤でマイナス方向に引っ越しに・・・>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |