手に文豪を呼ぶ作家が亡くなって☆ワカラナイ霊は恐い
2015-10-31 Sat 01:04
 00reikonn0011.jpg




ある日、新聞の訃報の欄に、
友達の友達でもあった、
作家の男性が亡くなったことが記載されていた・・。





ワタシは直接には面識は無かったけれど、
友達は俳なので、
その男性作家とは知り合いを介して、
ずっと関わりがあったようだった。




友達は彼ら文壇の仲間と、
何度か趣味のトレッキングをしたり・・



連句というのか、何かの競作というのか、
メールで俳句が共通のテーマで、
回覧板のように回って来たりと、
文系の気持ちをそそられるような活動をしていた。





それにしても亡くなるには、
まだまだお若かったと思うのだけど・・。




生みの苦しみを続けて行くのもハードだと、
そんな風に某国営放送のドキュメンタリーで、
彼が素直な心境も語っていたこともあり・・



なので、
そりゃあ作り手、書き手の立場なら、
オリジナルな作品を世に出すのは、
彼が言っていたように苦しみが先行するのだと思った。





そんなこんなで、
失礼かもしれないけれど、
友達や奥さまや周囲の皆さんには、
亡くなる悲しみはひとしおだと思うのですが-




もしかしたら、
一部では楽になれた部分もあったのかな、
・・なんて、半分は部外者でしかないワタシには、
正直、そのような感想でしか無かった。



・・




ただその作家は、
彼にしか書けない個性が際立つ作品を
生み出していた事も確かだったけれど、
一風変わった書き方を友達から聞いたことがあった。






「・・何でも、あの方、願うんだと言うんですの」






(T^T)昔、
『兼高かおる世界の旅』という番組があり、
世界を飛び回るようなハシリの番組の中・・



そのままタイトルになっている彼女、
兼高かおる様は、
あの時代、とても憧れていた
有名な美リポーターの草分け的存在だった。
(現在もご存命でいらっしゃいます・・)




彼女は東京の山の手言葉を、
実に品よく喋ることでも知られていた・・。





・・まあ、そこまででは無いにせよ、
の友達もまた、
昔は羽振りが良い大棚の娘さんで、
東京生活が長かったこともあり、
兼高かおるのような言葉を操る女性・・。




かなり下町的なラフさだけのワタシには、
ですの、ますの、そうでございますのなど、
聞いているうちには構わないのだけど、
典型的な地方都市の間なため、
たまに彼女との会話に疲れを感じることはあった。





でもって、
地方都市的山の手言葉の俳友人は、
次に更にちょっと怖い、
その作家の癖のような行為を話した-






「願うって、
いわゆる神頼み的な願掛けとかですか?」





ワタシは根っから単純なもので、
よもや?とは思いつつ、
その友達にこんな風に聞いたのだけど・・。





・・彼女はやや眉間に皺を寄せて言った・・・





「いいえ・・
それが願うとは言ってみても
術のようなことらしいのです





う゛(×_×)降術とな?・・・



・・






m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 2013093016130000.jpg


ハートそんなこともあったりし・・・
↓そういう彼もいたりして・・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村





もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆








00reikonn0022.jpg




「ということは、その方、
誰か文豪で亡くなった間を呼び寄せるとか?」





「そのようですの・・
昨年、お会いした時には夏○漱石とか
またはもっと巧みな文体で、
あの方の作風に合うような昔の作家のようで」





「なるほど・・・

でも、もしあちらから降りて来た作家が
居心地が良いからと、
彼の体を借りて居続けるということも
もしかしたらあり得るのではないですかね?」





「さて、私には、
その辺りは聞くに聞けない所なのですが・・」





いわゆる一つの降術-



またヤバいなやり方をしてるんだな~なんて、
彼女の山登りの写メールでしか
知らない作家の顔を思い浮かべ、
その降のやり方はワカラナイけれど、
ワタシは珍しくぞっとしたりして・・・。






さて・・・



簡易な降術に近い、
皆さんもご存知の『こっくりさん』や、
昨今、ネット動画でも話題となっている、
『○○さん』などなど・・・




いわゆるそうした天界のを呼ぶやり方は、
洋の東西を問わずに民間では流行りがある。





(T^T)ただですね・・・


ご注意されたいのは、
そんな降って、
まっとうに天界に行かれた方たち
・・だけでは無かったりします。




例えば多くの文豪と呼ばれた方たちは、
自死をしている方が圧倒的に多いこと。




この辺、検索して頂ければ分かると思いますが-





更に・・・



こっくりさんや○○さんなどであっても、
それが天界へ行けずに、
訳あって下界をうろうろしているかもしれない。




天界へ上がれない訳ありの霊だったりすると、
長く居心地が良い皆さんの場や、
周囲に取り憑く事だって無くはないんだね。





なので対策としては-



当たり前ですが・・

先ず、むやみやたらと、
ヤバいモノを呼び寄せてはいけないということ。




脅かしではなく、
気の弱いや、霊を祓えない皆さんには、
そうした訳の分からない降霊は、
最初っから辞めた方が良いと思います。




呼んでしまったとしても、
それらまがまがしいモノを、
いさめることが出来ない場合が殆どですしね・・。



・・




亡くなった作家の彼に取って、
そうした文豪と呼ばれた作家を呼び寄せるのが、
今回のような夭折(若くして亡くなる事)
に繋がったなどという確証は無いかもしれない。





知る範囲では、
まさかのべつまくなし霊からの力を借りて、
作品を書いていた訳でも無いでしょうけれど。





ドキュメンタリーで見た彼は、
線の細いイメージだったので、
どうあれ作家という何かを生み出す仕事は、
実際のところハードだったとの感想もあった。





まさか全ての作家や、
芸術家に当てはまる事でも無いけれど-




『何かが降りて来ました』




~ということを、
仕事中に表現している方は少なくないし、
実際に呼ばずして降りて来る芸術家も多いと思う。





では、だからと、
二つに簡単に分けるのもナンセンスかもしれないけど




何かが自然に降りて来る作家



何かを故意に呼び寄せる作家





決して二つのパターンでは無いにせよ、
そんな啓示を受けたり、
故意に呼んだり、
そうした要素もある程度は必要なのかと、
亡くなった男性作家を思って感じたのですが。





・・でもね・・・




その『何か』というのが、
ワタシが思うに、
必ずしも作家や文豪ではなく、
得体が知れない存在だったら・・・。





やはり、ワカラナイモノは、
呼び寄せ過ぎてはいけないと、
仕事柄、ちょっと恐ろしくもなったのでしたが。




見えない存在というのは注意が必要だと思います・・。



・・






すみませんワタシは占い師




・・・続くかも・・・


。。














ハート生きているとそうではない
↓境界というのは曖昧だったりしますが・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 015-11_20151031004922b36.jpg


(゜▽゜*)いつも読んで頂きありがとうございます。

管理、若干忙しくしておりまして、

様々なことが遅れております、ごめんね。




別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:2 | top↑
<<それはないよ人事異動☆でも過ぎた正義感は押さえめに | すみませんワタシは占い師 | 街中同系統神様よりお達し有り☆不義理な三か月>>
おっしゃりたいこと
おっしゃりたいことが、すごくよく、わかるような気がします。

引き寄せない、霊を利用しない

気をつけなければと、つくづく思いました。
いつもありがとうございます。
2015-11-23 Mon 01:35 | URL | milk #-[ 内容変更] | top↑
- My Dear milk さん -
v-22(゜▽゜*)こんにちは~☆
こちらにもありがとうございます。
自分では自覚が無い霊媒体質だった場合には、
その気づきから始めた方が良いのですが・・・

milkさんは以前からずっと自覚があって、
様々な場や人でご苦労されていますので、
意識を取り立ててそうしたダークな部分に合わせないことでしょうか。

この方は自覚もあって、更に創作に活かしていたので、
その霊が自死などをしている場合が多いジャンルですし、
どうしても自分の命も危うくなってしまいます・・。

クリエーターや作家、芸術家の皆さんは大変ですが、
そういう部分では要注意なのだと感じました・・。







2015-11-23 Mon 21:12 | URL | mecha #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |