病院でいらない霊を憑けてきた話
2015-11-08 Sun 00:38
 00rei-1501.jpg




今は戻っているけれど、
最近、久々に何やらフツーでは無い食欲が襲った。




(×_×)ワタシのことを知る人なら、


「そんなのいつものことじゃない」

~とかナンとか言われそうですが-





生活習慣病になっていたため、
そりゃ甘い菓子はいただくにはいただきますが、
乱れた食生活にはならない気持ちで過ごすことに。



冗談ではなくて、
食べる=余分な脂肪となるので、
やたらと食べたりはしないことにしていた。





外食はしても、
どうしてもそのオリジナリティのある、
お店独自の美味ツユを飲んでしまうため、
約15年間くらい
店舗のラーメンは一切、食べてもいない。
(割と好きだからちょっとツライ)




かといって、
そんなにストイックな内容ではあ~りま~せんが、
結構、後ろ向きにはならないようにと。





生活習慣病になってからというもの、
毎日歩くのは困難だけど、
大体は週に5日はウォーキングをし・・




頑張ってみて数年も経ってから、
どちら様かの研究で、
ただ歩くだけでは
筋力増強や生活習慣対策にもならないと、
散々、歩いた後にそうした発表があり、
若干、凹んでいたところ・・




よく聞けば、
天皇陛下ご夫妻が
毎日の運動に取り入れていらっしゃる、
スロージョギング的な、
歩き方のメリハリをきっちり付ければ良いとの事で。


だったら、
最初っからやたら早足なため、
メリハリは、早足の速度を少し減速させれば、
効果的という中身だったのでちょい安心 -





まーー
朝から三杯飯食べてるような見た目なため、
過食してるだろう的なことを言われるけれど、
これまでには朝ご飯でおかわりをしたのは、
高校生くらいからあまり無かった。




意識して、
野菜サラダにチアシードを大さじ一杯、
常温の水でタピオカみたいにした半分に、
ヨーグルト、野菜がたくさんの味噌汁、
それに玉子一個くらい。




炭水化物は、
抜くと問題が生じる場合もあるため、
砂糖以外には通常の半分くらいに留めておく。




・・てなことを、
日常化するまで時間がかかったけれど、
そうなれば、
昔は餓えたイノシンみたいだった食欲も、
かなりフェイドアウトして来るものなんですね。




。。



そんな時に、
まさかの食欲の異常な増加 -




うむむ・・・・・




異常な食欲とは、
何かを食べている時には、
自分が食べていることを冷静に考えられない状態。




不気味なことに置き換えれば、
あたかもワタシ自身が食べた感じがなく、
遠隔操作かなんかで、
やみくもに何かを口に入れてしまう食べ方。





うー、検診も控えていたし、

でもこれは!と思い直し・・・




ふと気付けば○曜日に親の付き添いで、
大きい病院へ行ったのを思い出したのでありました。





・・変だな、護身用の海水塩はバッグと、
上着のポケット、他、
何ヵ所かに分けて入れたはずなんだけど?





でもその時、
あっ!」と更に思い出したのは、
親が通院するその総合内科の窓口に、
『消化器内科』というプレートがあったことで。




更に暇にあかせて、
総合内科の各科のプレートをまじまじと見つめ、
余りそちらには行ったことの無かった消化器科へ、
ウォーキングがてら通過してしまった・・。



行かなくてもよい科の周辺を、
歩いてウロウロしていたのを思い出した -


・・






m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 06love003_20151108002613410.jpg


ハート一概には言い切れませんが
↓私の場合は多いことでもあったり・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆






00rei-1502.jpg




(T^T)失礼な書き方ですが・・


病院という特殊な場所は、
病を治す大切な場ではあるけれど、
不治の病になったりしたら、
それこそ亡くなられたりする患者さんも少くない。




もちろん自分でもかかったり、
大小に関わらずお見舞いに行ったり、
入院した親族の付き添いや、
定期的な洗濯物の交換や差し入れなども、
同居に関係なく、
行かなくてはいけないものだったりする訳ですね。





が、実は病院という自体、
様々な理由から実は苦手なのですが、
老化してしまった親の付き合いには愚痴れない。




何度目かで時間をつぶす場所とか、
何をどうしたら退屈をしないか、など、
静かに院内をひたすら歩く他に、
半日がかりの長い時間を費やしていたのだけど。




その、消化器科は親と同じ内科だから、
散々、時間をつぶした後に、
待っていた間にその科の、
6枚のプレートを頭の中で読んでしまった。





『○□科、○○科、○△科、
□○科、血液科、消化器科か・・』





( ´△`)そう言えばハトコのお爺ちゃんは、
昔、胃ガンになったなぁ・・。



なんて、
止せば良かったのかもしれないけど、
嫌な思い出の方に走ってしまった -





あの時代、
まだまだ医療が進んでいなかったから、
ハトコPのお爺ちゃんは、
かなり苦しんで亡くなったと、
ワタシの祖母が(お爺ちゃんの妹にあたる)、
ショックだったらしかったのだ・・。




確かに、Pのお爺ちゃんて、
小さかった頃のワタシたちから見ても、
70代の後半でも鉄棒でガンガンと懸垂し、
顔も昔はイケメンだったと思われるような感じ。





妹だったお祖母ちゃんには自慢の兄だったし、
そんな兄の最後が、
そうした状態だったらやはりショックだったと思う。


・・といった、
消化器科=お爺ちゃんの悪い思い出に。




『可哀想だったなぁ・・・』




可哀想、可哀想、可哀想・・・



何故か疲れた頭の中を、
ぐるぐると気の毒、可哀想、という、
当たり前だと思うのですが、
かなりな同情モードとなっていた訳です。



折しも、外は雨で、
湿気も過剰にあるという、
霊の皆さまにはカッコウな条件下だった・・。



・・




(T^T)さて今日のポイントを☆



同情という感情は、時と場合によっては、
悪いことでは無いと思いますが・・




一般より多くの方が亡くなるような場所で、
嫌な思い出話を考えながら、
ちょっと強い受け身的な感情に陥った場合-




霊感といったモノが、
人より強いワタシのようなタイプの方は、
どうしても『呼んでしまう』場合があったりする。





たまたまだったけれど、


たまたまではなく・・


親族の病気が可哀想、気の毒、
くらいの感情はまだしも、
見ず知らずの方へとか、
その場で死んでしまった人への過剰な同情は、
あまりするべきでは無いのですね。




亡くなった方へ、
酷いことを、と思われるかもですが、
これは一部では仕方がないと思います。




親族や友達だけではなく、
知らない霊まで呼び寄せてしまったりするから。




念の強い霊には、
護身用の塩なんて利かない場合もあるので、
気を付けて下さいね・・。


・・




さて、過剰な食欲は、
霊の障りとは無関係という場合もあります。




ストレスの多い仕事をしていたり、
環境が合わない家庭や場所で、
同じような精神的リスクがあったりすれば、
満腹中枢が満たされ無かったりで、
霊とは関係が無いケースもあるのですが。




ただ、ワタシの、
今回のような出来事もあるので、
特殊な場所へ行かれる際には気を付けて下さい。





かつて無い食欲 -



強すぎる眠気と共に、
ふらふらと意識が飛んだまま、
冷蔵庫を開けたり、
食べたくも無かった食べ物を、
やみくもに食べる時にはご注意をば。




そんな時には塩があるなら、
キッチンの天然塩でも構わないので、
口に塩を含み、手に塩を刷り込んで、
うがいと手洗いをしてみて下さい。




後は・・・


メンタルが弱っている時には特に注意。




『いらない霊にはとりあえず追い払う』



『気持ちの中では罵倒するくらいで』





うーん、次の付き添いは、
必ず、マイナーモードには気をつけよう。




・・でもって、メンタルにも気を配ろう。
次回の反省点へと繋げるようにガンバるぞ。



・・





すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。









ハートこうだという場合とそうではない場合
↓違いを考えることも必要です・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 15-6s2_20151108002636f0d.jpg


(゜▽゜*)いつもありがとうございます・・。

色々と遅れます、すまない・・・。

誤打は読んでいてね、ごめんよ。


別窓 | 霊から学ぶこと | コメント:3 | top↑
<<サイコパス役・菜々緒様が怖い!刑事サスペンス『サイレーン』 | すみませんワタシは占い師 | 高齢化☆長生きすればよいわけでもない・・けれど>>
ふらんきんせんす、おすすめですよ。
教会で司祭が香炉に縄つけたみたいのを振り子みたく振りながら歩いてますが、あれの中身が乳香を焚いてます。
アロマにもあるのでお試しあれ。 私はふらんきんせんすの香りの基礎化粧を買おうかと思ってます。
2015-11-09 Mon 01:16 | URL | サエコ #-[ 内容変更] | top↑
今日も
病院へ行って来ました。
0感の私でもあそこは疲れます(苦笑)。

週に5日以上、病室に父の見舞いに行っていて気づいたのですが、看護師さんや理学療法師さんの、ほんの少しだけ過剰な明るさは、ヤバイものが近づいて来ないための技術なのが、やっと解って来ました。
2015-11-09 Mon 22:10 | URL | ニャホニャホ #7CropVt6[ 内容変更] | top↑
- My Dear コメントをくださった皆さんへ -
v-22(゜▽゜*)こんにちは~☆コメントありがとうございます・・。


v-22サエコさん☆
フランクインセンス・・Amazonの○活の木のをお気に入りにしてみました。
乳香、でしょうか?こうした際に効果があるのかな・・。
その変遷を読んでみたら、なんとなく理解が出来る感じでもありますね。



v-22ニャホニャホさん☆
今、そうした状況にあるんでしたよね・・・。
元気がよい、健全な方や、気にしない母のような人には、
およそ関係が無い感じは、その職種の皆さんとの共通項なのかも。
凹んだ際には↑のサエコさん情報をご参考にしてみては。




2015-11-10 Tue 00:32 | URL | mecha #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |