ドラマ『オトナ女子』に学ぶ昨今の40歳女性事情
2015-12-02 Wed 00:03
0aotona01.jpg




ドラマ・映画『アンフェア』シリーズの、
ヒロイン雪平で当たり役を勝ち取った篠原涼子。
(敬称を略させて頂いております)




アンフェアの展開の仕方は、
ドラマから映画へといった、
貪欲な営利主義的姑息さは否めなかったけれど、
悔しいことに『アンフェア』という作品のファンとしては、
どれもスカな内容でもなく楽しめた。





その立役者である彼女が、
久々に一般的なOL役を演じている、
木曜日夜22時からのフジ系ドラマが話題となっている。




タイトルもなかなか面白く、
ヒロイン中原亜紀役の篠原涼子が、
ベタであっても、
ドラマとして楽しみに待てるようなものにしたいと、
意欲的なコメントも言っていらっしゃる・・。





・・さて・・・



40歳というと女性の皆さんはご自分も含めて、
どのようなイメージを抱いていらっしゃるだろうか?





40歳・・・



曖昧ながら色々な意味でスレスレでもあり、
どんな女性でも揺れ動く年齢。




作家の高山(江口洋介)には女性も40代過ぎれば、
結婚の可能性は2%以下だとか、
ビミョーな暴言を吐かれながらも、
ある会社の
アプリケーション開発セクションで働く中原亜紀は、
次第に不思議なアクシデントを挟んで、
一作家と担当者だけではなく、
男女としての距離が縮まって行く-




確かにこの辺、
ベタなストーリー展開ではあるけれど、
見ている視聴者たちの期待を裏切らない。





揺れ動く40ジャスト・・

そのヒロインは篠原涼子の他に、
吉瀬美智子、鈴木砂羽・・。




何かと問題を抱えている、
強烈な個性的の男性たちには -




作家・高山文夫役の江口洋介、
篠原涼子の戦友のような経営者で、
典型的なプレイボーイ役栗田純一役に谷原章介、
女心を惑わせる先生役に千葉雄大、 
亜紀が振られてしまう編集者に平山浩行 他・・


さすがに見いってしまうキャスティングと演技。





脚本はかつて阿部寛の『結婚できない男』で、
高い視聴率を弾き出し、
『梅ちゃん先生』他、ヒットメーカーの尾崎将也。



演出は田中亮、関野宗紀。



プロデューサーは中野利幸。



テーマ『花束』は中島美嘉が歌っている -




0aotona02.jpg




前回は亜紀が後輩の女の子に、
根拠も無いデマをSNSに流され、
しかも酔った写真をわざと掲載され・・
男癖の悪い女みたいな拡散のされ方を・・。





挙げ句の果てに、
理由を後輩から聞いたまでは良かったが、



「じゃあ、まあいいや」


~てな許し方をすれば、
後輩に「偽善者!」などと罵られ、
踏んだり蹴ったりな状況に・・。




彼女が酔っぱらったのには、
年下のヒモ(斎藤工)のような彼氏から解放され、
ようやくできた新しい感じがよい編集者の彼氏
池田(平山浩行)に事実上、振られたから・・。




「正直、忙しくなって(仕事で)
ホッとしている自分がいます・・」




などと、言われてしまったためだった。





『上手く行ってたつもりだったのに・・』





トシに関係なく頑張れば、
後輩から変な嫉妬をされ、
手の込んだ意地悪を仕掛けられ、
(下手すると犯罪だってばさ)

よってたかって「辞めればいいのに」的に、
疎ましがられていたりする・・。




昔っからの彼氏には、
裏で酷い裏切られ方をし、
バカな彼はまた亜紀に舞い戻ろうとする。
(高山がいなしたけれど)


でもって今度はまだ良い男性と思いきや、
実際にはキスもつまらなくトキメキも感じ無かった。




私には後が無いと思い直した矢先、
不条理な結果に終わってしまったのだ・・。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆


 05me03_20151201235503334.jpg


ハート男はつらいよ・・いや、女もツライ
↓そんな大人女子たちのストーリー・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村





もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆







0aotona03.jpg




(T^T)そうなんである、
世の中はそんなに簡単には運ばなかったりする。





・・でもなぁ、
篠原涼子演じる中原亜紀は、
ワタシから見ればそりゃ前向きだし、
かといってやたら無茶をしている訳でも無い、
年甲斐も無く(というだけでは無いですよ)
意地っ張りではあっても、
つまらないお局様のように、
理不尽に後輩をイビる訳でも無い・・。




実は年齢的な部分を気にしながら、
管理職として自分を社会に合わせてしまう、
可愛い健気な女性だったりする。





後輩や同僚の嫌味を交わしながらも、


「昔なら、それは辞めていたかもしれないけど
今はこの仕事を長くやっててそれも含めて私だから」

(的な明言を吐く・・セリフはちょっと違います)




ホント、
男性の中間管理職もきっついけれど、
女性の中間管理職は、
こんな男社会ではかなりツラいんである。



そりゃー女性は40歳ではなくても、
年齢に関係なく何歳になってもきっついんである。





上からは数字を求められ、


40歳まで20年近く頑張っていたりすれば、
もしかして潰しも利かない年齢になっているし、



年下のデキル後輩には追い抜かれ・・



しかも彼女のようにちょっと無理しちゃうと、
クールさを気取る個人主義的な後輩に、
いわれの無い意地悪までされてしまう。





亜紀の親友である吉瀬美智子演じる大崎萠子は、
亜紀の上司で、
分かりやすいプレイボーイ(谷原章介)に興味を持たれ、
いざ、数多の女の子をソデにして、
結婚!という時に実の母親が立ちはだかる。




破談にしようと反撃する彼にそれでも毅然と、



「それが私のスタイルだから」



・・とは言ったものの、
しっくり行かないことに反面、
自己嫌悪に陥ってしまうことに・・。





同じく親友の坂田みどり(鈴木砂羽)は、
よく出来たシングルマザー。
三人もの男の子を女手一つで育てて来た。




・・が、男の子だって、
中学生や高校生にもなれば、
彼女も出来て様々なことが起きたりする。





彼女の息子の担任である若い教師(千葉雄大)は、
自分が趣味でやっているダンスの練習に、
そっとみどりがやって来て、
その熱気のある行動に見入ってしまう・・。




彼女の方が最初、
彼を気になってしまうのだが、
教師は教え子の母の彼女を好きになってしまう。




だけど・・


ダイレクトなラブコールにみどりは、
担任でもあるし嬉しい気持ちはあるけれど、
女で生きることよりも母で生きることを考え、
彼女自身が線引きをしてしまう・・・。





0aotona04.jpg




こうした、
三人のそれぞれ別な生き方は、
誰かに感情移入が出来るかもしれない。





・・40の女性ともなれば・・・



時にしたたかであり、


反面ピュアで健気であり、



女を捨ててまで子どもを守らなくてはいけない。



ある人は仕事を頑張っていても、
何故か好きな男性には素直になれない・・。





ワタシはあのような、
チャーミングな40歳では無かったけれど、
仕事一筋に頑張るシノリョウに、
何だか半端に中間管理職に近かった昔を思い出した。




数字を突き付けられ、
とノルマと後輩の指導と -




上手く行かなかったらヤケ酒だってしたいし、
人知れずして、
やみくもに独りで荒れたい時だってある。




その前に、
たぶん綺麗で前向きな女性に、
同じ女性はつまらない嫉妬をすることも、
彼女の置かれている会社の立場で判る気がする。





パソコンを入力しながら、
淡々と後ろのテレビを流し見していたけれど、
屈折しながら亜紀を好きになる高山や、
亜紀自身が素敵な女性でもあること、
仕事とオフと愛のバランスなんて、
同時進行では上手く行かない現実など・・。




流石は尾崎将也の脚本 -


名女優と俳優の入り乱れ具合だし、
少しウキウキする自分がいたりするんですね。





12月に入ってしまったから、
オンエアの回数は少なくなってはいるけれど、
今は無料の民間テレビのサイトもあり、
興味のある方、特に色々と社会や会社や、
似たような年齢で、
さ迷う日々の女性なら必見かもしれません。





篠原涼子様演じる、
亜紀を崇拝してる訳じゃないけれど-



女が一生懸命で何が悪いんだよ!


~なんて、ワタシの方がベタな感想になってしまう。





40ジャストの女性たち・・・



女の子とは呼ばれなくなっても、
可愛い女子の部分はずっと大事にしていたい女心。




今日はドラマ『オトナ女子』と、
その中に存在している、
たぶんたくさんの女性たちに共通する立場など・・



意外にただのラブコメには終わらない、
見方によっては深いドラマのお話の話題。




まだまだ佳境は続くので、
迷える女子にはとてもおススメします☆



・・






すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。









ハート頑張っていない女子なんてそういません
↓ありとあらゆることを抱えて生きてます




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


 05me03_20151201235503334.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

誤打は読んでいてね、レス遅れます、すまない。




別窓 | そんなワタシのウラ話 | コメント:0 | top↑
<<欠け物件は購入しないほうが良い☆お客様のご質問より | すみませんワタシは占い師 | クマちゃんの小芝居劇場「え、そういう理由だったのか」>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |