新年の神棚より声が『あんこ餅は置いておけ』☆そこのお女中端女日記
2016-01-07 Thu 00:25
 00godtome-016-03.jpg




ウチではささやかだけれど、
神仏=神様が祀ってある神様と、
亡くなった血縁者のお仏壇には、
神様たちには神様たちへの礼儀で・・




外側に飾る松飾りにも、
厄除けや魔除けの役割はあるのだろうし、
意味が深いとは思うのだけど -




何年か前からは玄関先のお飾りと共に、
画像のような神々を奉り、
御神酒や好きな食べ物などをあげることにしている。





(T^T)また・・・

仏壇には父や、
その前のお祖父ちゃん、お祖母ちゃん、
小さくして死んだ、
父の姉だという事実上は伯母さん、
父の妹である年下の叔母さんなどが入っていて-




それなりに御位牌などもあるため、
神棚には祝い用の海老柄だけど、
仏事用には昆布の熨斗紙に、
小さなおサル(干支の申)が載った鏡餅を置く。





神々の飾り付けは、
や親族に不幸があった際には飾らない。




・・のだが・・・




昨年は遠縁には、
一部不幸があったようなのだけど・・



喪中欠礼の葉書には、
ワタシの見知らぬ母方の遠縁の人の名前が。





暮れにも近いクリスマス過ぎだったし、
既に神仏への飾り付けも購入していて、
間違いがあったら失礼になってしまうため、
母にはきちんと確認をしてみた・・。





「○△さんてどなた?
ワタシは初めて目にする名前なんだけど」





欠礼の葉書の名前は、
母の弟(叔父)だけど、
その名前には母も馴染みな様子ではなく-





「○△さんねぇ・・え、誰だっけ?」





ワタシには分かりようも無いし、
叔父さんの親族も考えてはみたけれど・・




何分かあまり無い記憶をたどっていた母は-




あ・・・



~と言って、ようやく思い出したようだった。





「○○のお姉さんだと思うわ、たぶん」





やや嫌な予感がした、
一夜飾りにならないように、
29などの9が付かない日・・・




つまり30日に飾り付けをするアイテムが、
その方には大変、失礼ながら
殆ど駄目になってしまうと思ったから。





。。




「・・その人は知らないし、
申し訳ないけど殆ど面識無いし
欠礼も遅いから飾り付けはやって良いよ」





『 ( ̄▽ ̄;)orzえ!そうなの・・・ 』





・・そりゃ確かに初めて聞く名前だったけれど。





まあ、とりあえず・・・


筆頭の親が言っているんだから、
しかも知らない方だったし、
ワタシもいい加減に面倒くさくなり、
そのまま通常通りにすることに落ち着いた。


・・





m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 08cb002_2016010700140343a.jpg


ハート怪奇とは言えないまでも・・
↓そうではないとも言い切れない




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村





もっと先を読んでみたい方だけどうぞ・・・☆







00godtome-016-02.jpg




29日の9を避けた、
晦日からの一夜飾りも避けた30日 -




玄関の松飾りを飾り、
神棚には本当は、
尾頭付きの鯛などを捧げると思うけれど、



ウチでは^_^;何年か前から尾頭付きにしても、
デカイ海老に変えていた・・。




何故かと言えばその海老が、
まんまおせち料理のメインと化するから。





玄関の松飾り、
神棚の神様たちの飾り付け、
それに尾頭付きの海老と御神酒(お酒)を・・。




御神酒を少しにしようとお酒をついだら、
またちょっと耳に響くモノがあった。





御神酒はなみなみと入れよ」




「え?・・・」





確かに神様たちはお酒がお好きだったなと。


なので、
なみなみとお酒を捧げたのでありました。





さて・・


仏壇には昆布の熨斗紙にお供え餅、
明日には晦日だから年越し蕎麦などをあげる。




・・さらに・・・



晦日という一夜飾りを避け、
30日に飾った海老はおせち料理に、
御神酒は、と思ったら・・・




(×_×)端女(はしため)と、
神様に呼ばれているワタシに、
このような声がまた聞こえて来た・・・。





「御神酒は下げるでない」





あ、はい、分かりました・・・



お下げいたしませんので、
ゆっくりお召し上がりくださいませ・・。





・・ということで、
お酒はそのままに新年を迎えることになった。





三日とか、場所や風習によっては、
七日、二週間もの間酒を酌み交わし、
お正月行事をする地域もあるらしいけれど-




ワタシとしては仕事もあるのと、
餅が今一つ好きではない母のために、
おせち料理などは二日で切り上げてしまう。




でも、二日の間は、
お雑煮やあんこ餅も神仏にお供えをする。




 00godtome-016-01.jpg




一日、二日が過ぎ、
二日間、新しい食べ物をあげていたが、
三日めにそれらを下げようとしたとたんに、
今度はこんな声が聞こえて来た・・・





「まだ、あんこ餅は下げなくて良い」





『(・_・ )へ?・・・

あ、あんこ餅をですかい?・・・ 』






何十年もお供えをしていたけれど、
あんこ餅を所望される神様は初めてだったので、



びっくりはしたけれど・・




下げなければ良いだけだと思い、
あんこ餅をそのままにしたのでした・・。





「お母さん、
今回の神様はあんこ餅が好きらしいよ」



~なんてことを言うと気持ち悪がられるため、
何も言わずにおき、更に時は過ぎ去った。





四日めにはさすがに、
あの時あんこ餅はお下げしましたが、
まだお酒好きな神様たちへ、
御神酒はあのままにしていたり・・




ワタシのには天照大神様の御札があり、
毎朝、そちらからお祈りしている。





・・さてはて・・・



ただ、神棚などは伊達や酔狂で、
イージーに作り付けてはNGでもあり、
ご商売をしているお宅とか、
生業に対して必要だったら意味があると思います。





(T^T)ですので・・・

新しくを建築する際には、
その近隣の氏神様を祀るか、
もしくは昔から所縁のある神様を祀るなど、
きちんとした考えによって祀ること。





さて -


仙台や近隣の町では、
松ノ内が二週間でもあります。




飾ったお飾りは14日の『どんと祭』で、
近くの神社で燃やしていただくことになる。




無病息災、内安全などを祈りながら、
火にあたると一年間、風邪をひかず、
体調によいとされている・・・。





お正月はお子さんには、
冬休みだし、お年玉は貰えるし、
楽しみが満載だけれど・・・



仕事や商売をしている大人たちにも、
それは年頭の神事などに関しても、
また意味が深いものだったりします。




子どもも大人も、
それぞれの目的や云われや行事など、
皆さんに取っては必要なことを、
最後まで執り行ってみてはと思います。





・・不謹慎ながら、
元気であれば来年は、
一体、どんな声が聞こえて来るのか?




ただの端女(お手伝い)としては、
ちょっと楽しみでもあるのでした・・。


・・






すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。








ハートまあ、そういうこともあったりします
↓あなたのお宅にもきっと・・起こるかも




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村

 
09higan06_20160107001420023.jpg


(゜▽゜*)いつも最後までありがとうございます。

急いで書いたもので変換ミスなどあったら、

大変にすみませんです・・・

レスなど遅れますが、よろしくね☆


別窓 | 占い師宅怪奇現象? | コメント:2 | top↑
<<新年度(2月4日から)の厄年へのポイントと気構え | すみませんワタシは占い師 | おまちどうー(^▽^)/クマちゃんクイズの正解とオマケ12星座占い>>
質問があるのですが
この記事を読んで、神様が身近に感じました。

そこでハタと気づいたのですが、どうしたら良いのか分からないので、出来ましたら御助言を頂きたいのですが……。
昨年の暮れに私の父が亡くなってしまったのは以前に申し上げましたが(脳梗塞で9月入院→心筋梗塞で12月に死亡)、最後の入院の4年ほど前から腰の骨が崩れてきて、歩行器無しでは歩けなくなっていました。
で、当然神棚には手が届かず、踏み台にも上れる状態ではなかったため、この数年、ほとんど手つかず状態になっています。

ホコリくらいは払おうと思っていますが、仏壇に供えるように水を差し上げたほうが宜しいでしょうか。
その場合、湯呑みのような陶器に注いでお供えすれば宜しいのでしょうか。
また、その湯呑みを置く場所は、神棚の小さな社(?)の中央部にある階段下に置けば良いのでしょうか。

普段住んでいなかった家という事もあり、父が突然に居なくなってしまったので、尋ねる人がおりません。 常識知らずな私の事を憐れんで(笑)、どうかひとつアドバイスを頂けたら幸いです。
2016-01-11 Mon 23:17 | URL | ニャホニャホ #7CropVt6[ 内容変更] | top↑
- My Dear ニャホニャホ さん -
v-22(゜▽゜*)こんにちは~☆コメントありがとうございます・・。
ニャホニャホさんご実家には「神棚」と「仏壇」の2つがおありなんでしょうか?

お仏壇には過去に亡くなった方たちが、
また、お仏壇とは違う拙宅のような神棚の場合には、
お父様がお札を近隣の氏神様からなど、
頂いていらした神様の痕跡があると思われます。


神棚も仏壇もあるのでしたら、
先ず、仏壇の場合にはお位牌などがあったりすれば、
家々の宗教でもお茶やご飯などの上げ方が違います。
(ウチは浄土真宗なので、ご飯とお水とお茶を毎朝に・・)

仏壇の他に神棚というモノがあれば、
今は何もお札などが入っていない場合には、
その家に住むか、住まないか?も問題になります。


ニャホニャホさんがそのまま継続してお住まいになるなら、
仏壇へは檀家さんでもあると思うお寺の住職さんにお聞きすること。
または、お父様と同じ宗派のご親族にお聞きするなどで、
朝に差し上げる品やお茶などのやり方を伝授されること。


・・神棚もある場合ですが・・・

次の次の記事でワタシなりに
『自宅の神棚が放置されていた場合』という記事を、
15日付で書いてみますので、一部でもご参考になりましたら・・。
なので神棚の場合にはしばしお待ちください。


2016-01-12 Tue 20:42 | URL | mecha #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |