新年度(2月4日から)の厄年へのポイントと気構え
2016-01-09 Sat 00:47
00yaku2016-1.jpg




厄年については、
厄年、大厄年(本厄年)、後厄年とありますが -



毎年書いているのですが、
その三年間には別々に意味があります。





・・つまり・・・



三年間が全てダメだと言う訳ではなく、
年ごとのプラスとマイナスなどを、
ある程度把握しておいて、
やらない方がよいことはやらない、
出来るだけやれることはやってみる・・。




年ごとの意味と動向を考えてみることで、
無理な計画を避けたり、
次の年に回したりといった行動に活かせるものです。




・・まだ九星気学では、
2月3日の節分までは昨年の範囲だけれど・・



今回の記事では三年間の意味についてと、
そんな特性と、
出来るだけ対処する方法などを書いてみます。





また・・



今回だけではなく、
後々に前厄なら前厄、大厄年(本厄年)なら大厄、
後厄には何がベターなのか、
それぞれの乗り切り方などを、
別々に記事にして行きたいと思います。



・・



今年の前厄年は六白金星の皆さん-


T11年、 S6年、15年、24年、33年、
42年、51年、60年、H6年、15年 ・・




そして・・


大厄年(本厄年)は七赤金星の皆さん-


T10年、 S5年、14年、23年、32年、
41年、50年、59年、H5年、14年 ・・




昨年に大厄年(本厄年)の八白土星の皆さんは、
今年は後厄年となります-


T9年、 S4年、13年、22年、31年、
40年、49年、58年、H4年、13年 ・・




※ここでご注意を・・

年間を2月4日の立春から~
翌2月3日の節分までとするため、
例えば1月25日生まれとか、
2月1日生まれの方は前の年の生まれに数えます。




S41年1月16日生まれの人の場合には、
七赤金星ではなく、
前のS40年となるため八白土星で後厄に。




S51年の2月2日生まれの人は2月4日前なので、
S50年のスパンに入るため、
六白金星ではなく七赤金星となり、
前厄年ではなく今年が大厄年ということです。


・・




さて、次に厄年の、
三年間のそれぞれの意味と、
ある程度のアバウトな回避方法を書いてみます。


・・




m(u_u)m ここでおねがいいたします☆



 05me03_2016010900271379d.jpg


ハート知っているとちょっと楽
↓最低限ですがご参考に・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村





もっと先を読んでみたい方はどうぞ・・・☆








00yaku2016-2.jpg




厄年の場合 -


今年は六白金星の方たちですが、
前厄とはその星が、
南側の『離宮・りきゅう』に位置してる年。




離宮という名称の通り、
これまでの状況から変化がある時でもあり、
違う場所や人事異動などもあり得る場合が。




反対に・・


これまでの腐れ縁を清算したり、
離別が起きたり、必要性から起こすことで、
いわゆる『厄落とし』にもなることがあります。




リスクとしては、
別れたくないパートナーや好きな恋人など、
自分に取って大切な存在とは気をつけて下さい。




つまらない喧嘩別れをしたり、
修復が出来たはずなのに意地を張ってしまい、
関係が悪化させる事などは、
望んではいないなら避けるべきでしょう。





厄年(本厄年)の場合 -


厄年の場合には北の
『坎宮・かんきゅう』に位置する年を言います。




イメージとしてもなのですが、
北に位置する意味は
停滞、終止、新規には不向きなど、
積極的に人生を変えたりチャレンジするには今一つ。




全てが良くないという事ではありませんが、
自営業やオーナーなら、
今年は十分に注意をされることです・・。




もしも転職なら、
時間をプレイバック出来はしませんが、
転職や会社の経営者が、
何かを変えるなら前厄年に・・。




それこそ全財産をかけた勝負や、
違うジャンルへの参入なども慎重さが必要です。




00Yaku16.jpg




厄年の場合 -


『坤宮・こんきゅう』という南西に位置し、
昨年の停滞期よりも徐々に上昇は望めます。



ただし、
通説的には後厄は金銭面には滞りもあり、
大厄年とはまた違う、
金銭の運用が必要となります。




かなり違うのは、
後厄の坤宮に位置する年に、
多くの金銭を貯めるよりも軽く流すくらいにし、
必要な家電製品などをリニューアルする。
(吉方で購入すると家電も長持ちします)




もしお子さんが新入学などで資金が出たり、
予めきちんとした計画の元に増改築する、
これも吉方でなら新車を購入するなど・・



無理に貯蓄するよりも、
必要な品々を購入するには良い年でもあります。




でも、後厄ですから、
まだ慎重に構えて頂きながら、
たとえ使って流す方が良いとは言っても、
ギャンブル性のあるような中身はNGです。




そして・・・



大変に不謹慎なようですが、
この三年間で、ご自分、または夫など、
パートナーの親族の方が亡くなると、
失礼ながら『厄落とし』が3割~半分以上、
出来てしまうと、
伝授してくれた恩師に教えられていました。




どなたかが亡くなってしまうのは、
大変に残念な事ではありますが、
何も言わずに
(ある意味感謝をこめ)手を合わせて下さい。


・・




・・厄年なんて気にならない、
という方もいらっしゃいますが、
ワタシは別にそれはそれで良いと思います。




。。



何か大きなことを始めたり、
人生をかけた勝負のようなことなら、
分からなくて良いとは決して断言は出来ません。





特に北に位置する、
万事停滞する大厄年(本厄年)に、
一世一代の大勝負に出ても、
それがビジネスや経営などでしたら、
何年かは余力で回るかもしれませんが、
30年近くもこの仕事をしていれば・・





『・・△△さん、
昨年が良いとアドバイスしていたのに、
わざわざ今年に変えたのは何故?・・』



~などと危惧を感じながら、
以降、いらしていないお客様の動向を、
地方のフリーペーパーなどで拝見することが。




信頼があり、
いくらその方の人望があったとしても、
現住所から大凶の方角での店舗だったり・・



今回のような記事での、
勝負には不向きな大厄年だったりすれば、
三年~数年くらいで、
何故か商売が回らなくなったり・・・。




前厄年ならまだしも大厄年の場合には、
より慎重に物事を運ぶ必要性があると、
様々なお客様の結果を目の当たりにし、
痛感することも多いものです・・。





本日は
『三年間の厄年の意味と特性』などについて、
さらりと記事にしてみましたが・・



こうしたことをある程度考えて、
無駄なく無理なく動く、動かずに先送りにする、
生き方の中に活かしてみてはと感じます。



・・






すみませんワタシは占い師



・・・続くかも・・・

。。








ハート今回は三年間の意味などを
↓それなりの対処をしてみましょう・・




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村


1212fan003_201601090027588e0.jpg


(゜▽゜*)いつもありがとうございます☆

ミスがあったらごめんね、レスなど遅れます。


別窓 | ☆幸せワンポイント計画 | コメント:0 | top↑
<<新成人と一般の大人に普通に贈るごくフツーのはなむけ | すみませんワタシは占い師 | 新年の神棚より声が『あんこ餅は置いておけ』☆そこのお女中端女日記>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| すみませんワタシは占い師 |